月別アーカイブ / 2015年09月

 松浦晋也さんが内閣官房の衛星について、今回の鬼怒川決壊画像のGoogleとIGS計画について書かれている。



情報収集衛星、鬼怒川水害でグーグルにKO負け

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/217467/091400001/



 事実関係としては松浦さんの仰るとおりで、あそこまで金かけておきながら画像2枚かよって話は分からんでもないです。




 ただ、航空宇宙においては、松浦さん指摘の通りコモディティ化した偵察衛星の話はそれこそ2005年ぐらいから議論が出始めているわけで、10年越しの話で「まあそうですね」という話であって、否定する人はいないでしょう。



 一方で、災害情報に限らず、国家が危険だと思ったときに出される映像について、今後もGoogleに依存してよいのかという議論は別であって、例えばGoogle earth 原口(別名「光の戦士」)が言うように領土領海問題の際どい地域の画像が必要だとして、Googleが自在に出してくれるのかというと違うでしょう。あるいは、本当に有事の怖れが出て、中国沿岸やらに変な土木工事が始まったようだ、みたいな話になったときに、中国側からの具体的な圧力がGoogleにかかってきたら、Googleは持っている画像を精密なまま日本に提供してくれるんだろうか、という懸念はあるわけですよ。



 なので、こういう事例については画像の細かさについては「アチャー」と思いながらも、日本独自で情報を収集するんだよという姿勢は採っておくべきであって、いつでもどんな状況でも必ず「別の手段」は国は自前、民間、海外に用意しておくのは重要だって話だと思います。民間の技術は安く調達しつつ、どう保険を打っておくかは考えておくべきで、とりわけ情報収集はとても大事なので、ちゃんと方法は用意しておこうね、ということで。



 その意味でも、今回は災害情報、Google Crisis responseの話でよかったと思います。

 それに、やってなきゃやってないで、一部の連中から「日本政府はなぜ自前の情報収集をやらずにアメリカ従属なんだ!」って批判されるわけでして、まあ私個人としては「どうせ多額の予算を使うなら、もう少しうまくやろうぜ」としか言えないんですけどね。













 ヤフーニュース個人のところに、簡単なステマ関連の記事をAppBank上場承認と絡めて書いてみたんですが、そのマックスむらいさんの動画に200万円以上を突っ込んだと見られるスクウェア・エニックスの『ホーリーダンジョン』が前評判どおり爆死、サービス終了となったようであります。



AppBankが上場承認されましたが、ステマ記事が多いのは問題ではないでしょうか

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20150914-00049509/

ホーリーダンジョン

http://www.horidan.com/pc/



 ドリラーみたいな感じで楽しそうなゲームなんですけどね。私は未プレイですが。


 「ネイティブアドの広告クレジット外し」あるいはステルスマーケティングはだめですよ、という話は各地でしていたわけですけれども、最近になって、加担していた媒体社がバレるリスクに敏感になられたようで、それなりに自浄作用が働き始めたようにも見えます。良かったですね。



 一方で、残った勇者が媒体社においてバレなければ大丈夫だろうという哲学をもとに繰り広げているのが本件でありまして、仕組みもかなり解明されてきた以上、今月か来月にも大口の話がどかんと出てくるのではないかと思います。誰が出すのかは知りませんが。



 また、過当競争となったスマートフォン向けアプリの世界は、冒頭のように「頑張ったんだけど大爆死」の案件が出始め、しかも昔のように一本開発して安いわけでもありませんので、新作がコケると億単位で損害を蒙る世界になってきました。だからこそ、広告が大事だ、ユーザーの期待感を煽れる認知が必要だという話になるわけですけれども、この手のロイヤルユーザーというのは岩盤であって、何がどう刺さるのかはしっかりと考えて手を打たないと大変なことになってしまいます。安易にメディアに金を払い、広告記事やパブプレイ動画を組み合わせれば初動の客が取れるだろうというのは別の意味で問題じゃないかと思うわけですね。



 期待感は高かったろうになあ。アーメン。



--















 告知しないうちに満席になっていて申し訳ないんですが、一応告知です。っていうか、今日だったんですね。忘れていました。無料のセミナーですし、意外とあいてるかも。



Security Online Day

https://event.shoeisha.jp/ezday/20150907/timetable

どうなる?これからのニッポンのセキュリティ、ニッポンの個人情報

https://event.shoeisha.jp/ezday/20150907/session/880/


 まあ、要するにこの辺を語ります。



国家公務員ICカードの個⼈番号カードへの⼀体化について

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/cio/dai63/siryou4.pdf



 今回は休眠口座とマイナンバー問題についてはパスするかもしれませんが、FeliCaを使った簡単ななりすましから、みんな大好きCCC方面の話しもするかもです。



 やー、告知忘れててすいません。













 もともとこの本の愛読者で、某赤字サイトでお奨めしていたところ関係者の目に留まったらしく「おう、今度文庫になるけぇ、貴様帯のひとつも書いてくれんかな」「謹んでお請けいたします」ということで、一筆書かせていただきました。



山本一郎が語る、投資すべきかどうかを自己判断するたった2つのこと

https://nanapi.jp/120819



 といっても、まだオンラインには文庫は並んでないみたいですが、あんまり気にせずKobo向けリンクでも貼っておきたいと思います。と思ったらリンクありました。貼りなおしておきますね。







 本書はいわゆる「モノの考え方」中心の自己啓発本の流れにありながら、内容は完全にオリジナルであり、ネタ本になるようなニューソート系の自己啓発本とはかなり趣が違います。どちらかというと、人として学ぶこと、学んだことを役立てることに主眼が置かれており、私自身も得意とする”心を平静にして、悩んでいる物事を書き出してみて、できることから順番にやる”というアプローチになっています。


 紛れもなく好著なので、別に人生に疲れたり悩んだりしている方でなくとも、自分の時間の使い方やいろんな気の散る状況に陥りがちなときに本書を読み返したりすると良いんじゃないかと思ったりもします。



 この本が本当に優れているなあと思う部分は、単に膝打ちするような明快さや読みやすい文章だというところだけでなく、実践しやすく続けやすいということです。思い悩んでいることを書き下ろして距離を置くとか、慣れると当たり前のようにやることを丁寧に解説したうえで、その悩みを再現性や目利き(見抜き)で評価して、自分には変えられないことは触らないでおくという分かりやすいソリューションで読者を導きます。



 これは証券投資でも受験勉強でも一緒のことだと思うのですが、競争での勝ち残りや収益性を考えるときに、他人の成績を落とすことを考えるよりも自分の成績や収益性を高められる方法を考え出し、コントロールできるところでもっとも最善の結果を出しながら状況の推移を見守るのが一番だ、ということでもあります。



 でも、他人の目が気になったり、意中の結果を求めるために他との比較で順位や評判が頭から離れないことは意外と多いと思います。他人がうまくいかないよう願おうと、自分の評価や点数は自分だけのものです。そこにきちんと神経を集中して、自分がコントロールできるところにまず集中し、ハイリターンをいきなり求めず着実にやっていくことこそが、本書を読み解いていく上でのものすごく大事なエッセンスだろうと思うのです。









 いろんなほかのノウハウからの言い換え部分もありますが、個人的にはそれは鼻について読み進められないというよりは、著者なりの伝え方の工夫であると感じて、むしろ好感を持ちました。それもあって、この本はむしろ万人向けなんだろうなあとぼんやり思っていた次第です。まさかこんなところで提灯書くとは思いませんでしたが、いまでも思い出すと読み返しますし、ちょくちょく人生で立ち止まるときに読み返して損はない本だと感じますのでお奨めしておきます。マジで。



 類書読み比べの対象としては、友人でありデブでもある漆原直行さんが手がけた自己啓発の王道本のコミカライズが出ていまして、こちらも読みやすいかなと思いますので、上記『東大家庭教師が教える 頭が良くなる思考法』で自分なりの心の向き合いが平静にできるようになった際にご一読されると良いかもしれません。







 他にも『道は拓ける』とかそういう類の本はたくさん出ていますが、やはり自己啓発本は「合う合わない」もありますし、読んで実践しようにも「できるできない」だけでなく「続く続かない」はあります。難しいところですが、世の中そんなもんです。







 当ブログはステルスマーケティング撲滅に賛成しています。













 「おもしろいインターネット」という別の意味でおもしろいブログに言及されていたようです。さっき気づきましたすいません。内容はただの珍説だったのでリンクは貼りませんが、いまどき「尖閣諸島に集団的自衛権」とかいう話が出ていてびっくりしました。



Chinsetsu



 すでに大量の議論が出ておりますので、いちいち触れませんけど、基本的には「尖閣諸島は集団的自衛権では守れない!」とかいう話はどうでも良くて、個別的自衛権と日米安全保障条約4条が発動して終わりです。フィリピン海軍に援軍を求めるとか、何かよっぽどの事情がない限り、集団的自衛権とかあんま関係ないです。


 この辺の議論では、すでにプレジデントやニュースポストセブンでなされているのでこの辺でもみておいていただければ大丈夫じゃないかと思います。



尖閣侵略時の自衛隊出動は集団的自衛権ではなく個別的自衛権

http://www.news-postseven.com/archives/20140531_258115.html

防衛元幹部が断言「個別的自衛権でも対処は可能」

http://president.jp/articles/-/12747


↑このページのトップへ