月別アーカイブ / 2015年08月

 なんか最近になって再び規制の話が持ち上がっているようです。知ってました?



法改正で「追跡型広告(リターゲティング広告)」が消滅の可能性あり?

http://netafull.net/marketing/051080.html

しつこく表示のネット追跡型広告が消滅?法改正でネット企業に大打撃の懸念も

http://biz-journal.jp/2015/08/post_10961.html



 話としてはネタフルにあるとおり消費者契約法の改正で云々といったところですが、かくいう私もうっかり『とくダネ!』の小倉さんが話題になったウェブサイトに足を向けた日からいきなりそれ方面の広告が目立ち始め、うんざりする事態に陥るのであります。そこまでそうじゃねえよ私は。



女性目線による「モテる・カッコいい薄毛男性とは?」座談会を振り返って

http://hage-life.com/170



 やかましいわ。


Adsense



 で、ネタフルが取り上げていたように、久しぶりにどういう状況になっているのかなと思ったら、なんか「45歳から54歳ゾーン」に分類されているんです、42歳の私が。なんでこう、ネット社会っていうのは厳しい評価ばかりを私に投げかけてきますかね。消費者契約もあったもんじゃありません。これはもう業者全体が私の血圧を引き上げて寿命を縮めようという国家的な策略としか考えられないです。負けるわけにはいきません。



 この前、界隈きっての剛毛で鳴る板倉陽一郎せんせが本件について語っておられましたが、興味ある人はこの辺を読んでおけばいいんじゃないですか。



「ビッグデータ時代を見据えたパーソナルデータ法制の現状と課題(2)」板倉陽一郎氏(弁護士・ひかり総合法律事務所)

http://wirelesswire.jp/2014/03/20380/



 というわけで、宴会に旅立ちます。さようなら。











 大前研一さんの『大前研一ニュースの視点』というメールマガジンがあるのですが、そこでフィナンシャルタイムズをピアソングループから買収した日本経済新聞についてこのように書いておられます。



~大前研一ニュースの視点~

https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ljnh-mgtbo-2175c551c13dc8c6400720aabd4c6786



[引用]



▼日経新聞は、FT買収を契機にして、企業や財界と距離をおくべき



なぜなら今でも日経新聞の記者は、欧州でフィナンシャル・タイムズを読み、それをもとに記事を書いているからです。



(略)



日本の新聞社として先陣を切って不正を暴くべき立場なのに、企業や政府にべったりで何もできなかった日経新聞。



--




 お、おう…。


 で、先般より業界で話題になっていた日経新聞の記事、タイトルが変更されていて物議を醸しています。



元タイトル「コナミ、ほころび始めた『上月王国』」だったんですけどね。



「コナミ、脱・家庭用ゲームへの急旋回

http://ow.ly/QsxCH



 一瞬、何を日和っておるんや… と思ったんですが、記事の内容を見るに「ほころび始めた『上月王国』」っていい感じでDISってる表現ですので、コナミから「ええ加減にせえや」と言われたら「へーい書き換えまーす」となってしまうのも仕方の無いことなのかもしれません。



 しかし、記事中にコナミの主なゲームシリーズという表があって、ああ、あのころのコナミゲーは楽しかったなあという感傷に浸りつつ、最近のパワプロアプリは廃人リーグと評判のレベル6が修羅の世界過ぎてレベル5とレベル6をいったりきたりする一軍半生活を満喫しています。



 まあ、コナミに関しては言いたいことがいっぱいある人が多いでしょうから、この記事を皮切りにキングダムアンダーファイア状態にならないことを祈るのみであります。











↑このページのトップへ