月別アーカイブ / 2015年07月

 伊藤園の『そば茶』の愛飲家として世界的に著名な私は、その伊藤園が『麦のソーダ』なる謎の新製品が月初に出ているというので帰国後速やかに購入し飲んでみたんですよ。



 これはおいしくないですね。



 試しに、一日4リットルは伊藤園『健康ミネラルむぎ茶』を飲み干し、日々大量の明治『ラブ』とヤクルトを消費している山本家三兄弟に飲ませてみたところ、長男は吐き出し、次男は我慢して飲むけどもう飲まないといい、三男は泣き出しました。惨憺たる結果です。



 Twitter上でも、驚きの声が多数上がっている模様です。








 個人的には、大学時代に喉がカラカラになった際に文連(自治会)委員の加藤くんに渡されたメッコールというおいしくない飲料を口にしてしまいしばらく悶絶したトラウマが蘇ります。あれは生命の危機でした。今回の『麦のソーダ』も、熱中症対策というからにはぬるくてももう少しおいしく召し上がれるような飲み口にしていただきたいと思う次第です。









 やはりここはラグビー愛好家の森喜朗先生にそっと差し入れしたり、Suicaで買えるようにして夏野剛さんに絶賛されるようなマーケティングを繰り広げて被害者を増やす活動に努力していっていただきたいと思います。



 こちらからは以上です。













 すっかり告知を忘れていた! ということで、普段お世話になっている楽天イーグルス… とは別のAAA球団でやっております選手評価の仕事がセプテンバーコールに向けて大忙しになっておりますが(といっても私はフィールドには出ずにひたすら条件別データから「最高の40人」を選出するシミュレーションばっかやってますが)、昨今のSABR関連でトピックになっている件を差し障りのない範囲内で掲載しました。







 よく見たら楽天ブックスは売り切れてますね… すいません。







 シーズンが終わらないと何ともいえないんですが、昨今日本人選手のMLB移籍については、かなり精度の高い成績予測モデルが出てきたということで、メジャー各球団はMLBやAAAで起用したい日本人選手のリストアップに入っているとのことでして、ちょっと気が抜けない感じです。話を聞いていると、やはり、日本人でMLBに通用するのはピッチャーだけなんだろうなあというイメージに近いですね。


 また、一個前の8月号ではアドバンスメディアでご一緒しているスタットキャストを取り上げていただいております。何が大変かと言うと、いままでは画像処理であれこれやっていたものがレーダー+CG補正でかなり正確な選手パフォーマンスが分かるようになってしまいました。いままでMLBや下部組織、NPBでもありがちな「一見、うまそうな守備だけど実は守備範囲が狭かったので名手でもなんでもなかった」選手のあぶり出しが進んで、最近では「守備要員でお前のことロースターに入れてたけど、よくSTATSみたら守備範囲うんこだったわ。明日からマイナー行きね。細かいこたぁ代理人に聞いてくれ」って例が続発しております。これぞ容赦ない大国アメリカ。



Img_5019



 SABR学会などで取り上げられるのは再来年以降になってしまうと思いますが、各球団は現在この仕組みを疲労度計測に使おうということであれこれ取り組んでいます。一般の野球ファンには見えない数字の塊ですし、外部に漏らすと選手会や代理人から訴えられるなどの問題もある一方、この前他の球団が雇ったハッカーにヒューストンのサーバーがクラックされデータが吸い出されるなど、知らん間にサイバー戦争になってて危険が危ないです。頭痛が痛い。







 NPBに上陸するのは放送事業以外では来年以降だと思います。あくまで、いま取り上げられているのはテレビ放送などでの演出であって、現場に生かされるのは少し先じゃないかと。弊社データビークルでも、野球以外の統計モデル処理のための製品開発が終わっていて、ゆるゆると納品が進んでいたりします。



プラネットがビッグデータ分析プラットフォームとしてデータビークルの「DataDiver」を導入

http://enterprisezine.jp/article/detail/7078



 そのうち、選手の状態管理や疲労・故障といった非常時系データ処理については、現場のコーチやトレーナーと一緒になってこの手のパフォーマンスデータがリアルタイムでやり取りされることになると思いますね、はい。



(追記 12:39)



 完全に忘れておりました… すいません。

















 ということで、今週のホウドウキョク『真夜中のニャーゴ』は、支持率の秘密を語ります。

 営業秘密もいくつかありますが、何をベースに支持率を見るべきか、影響をどう判断するか、将来どうなるのか、といった部分を厳密に説明したいと思います。



ホウドウキョク

http://www.houdoukyoku.jp/pc/



 本当は、今回の安保法制の強行採決ライクな話や、新国立競技場の話が支持率にどれだけ影響したかを説明しようと思ったんですが、パネル調査の結果がまだ戻ってないので残念ながら来週以降に持ち越し。すいません。


 で、今回は世論調査って信頼できるんで続いているんですよ、っていう調査界隈では当たり前の教科書的話を枕に、具体的な調査手法と統計的な分析についても語ります。



 なお、私どもデータビークルでは公的機関や政党など政治産業にも係わり合いのある調査業務をお引き受けしておりますが、基本的には外形的に確認できる調査資料をベースに解説する予定ですので品質には問題ありません。



データビークル

http://www.dtvcl.com/



 アメリカでは大統領選その他でネイトシルバーさんという人が画期的な票読みを実現しましたが、我が国においては国民の政治参加が投票行動に直接もたらす影響は比較的少なく、都道府県別・地区別の定点調査も特定の機関や大手マスコミの一部で情報を蓄積しているに留まります。おそらくは、日本の政治分析において画期的な手法の革新はしばらく先になるかとは思いますが、それでもかなりのことが分かるようになってきましたのでそのあたりを問題ない範囲で解説するつもりなんですよね。



 そういうわけでチェキラ☆(死語)。

















 さすが、メディアアクティビストさまであります。



Tsuda_150721



 サイトを見物にいったところ津田大介さんのサムネイルがいっぱい出てて素敵なんですが、他にもいろんなジャーナリストや文化人の方が参加されるんですね。








Tsuda_2_150721



 スピーチには小林節せんせや香山リカせんせ、若い世代からのアピールとしていま話題沸騰のSEALDsの皆さんも参加されるようで、溜池山王に実家のある私としては迷惑なんですけどしょうがありません。脚立とビールでも持って見物にお伺いしようかと思っております。



 そして、参加申し込みのところにこんな文言が。



[引用]-



以下へのご同意をお願いいたします。 *

賛同するにあたり、「安倍政権NO!☆0722首相官邸包囲」は市民による完全非暴力の直接行動であることを了解し、私たちは過去もふくめて暴力的な行為による要求実現を行う個人・団体ではないことを誓約いたします。



--



 まあ、反政権デモに暴力革命を実現しようという団体が混ざっていたら大変ですからね。しょうがないね。



 賛助団体一覧とか見てますと、割と素敵な団体が多数参加されているようです。





【事務局】

首都圏反原発連合/原発をなくす全国連絡会/PARC NPO法人アジア太平洋資料センタ



【実行委員会参加団体】

SEALDs(ex-SASPL)-自由と民主主義のための学生緊急行動-/東京デモクラシークルー/秘密保護法を考える市民の会/若者憲法集会実行委員会/高江ヘリパッド建設反対現地行動連絡会/C.R.A.C./差別反対東京アクション/官邸前見守り弁護団/自由法曹団/TPPに反対する弁護士ネットワーク/新宿BEER&CAFEベルク/国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会/日本婦人団体連合会 /農民運動全国連合会/全日本民主医療機関連合会/全国商工団体連合会/全国労働組合総連合/東京地方労働組合評議会/新日本婦人の会/全国農業協同組合労働組合連合会/安倍政権の教育政策に反対する会(2015年7月20日現在)



Tsuda_3_150721



【賛同団体】

総がかり行動実行委員会/民主主義と生活を守る有志(SADL : Small Axe for Democracy and Life)/NPO法人 奥間川流域保護基金/ヘリ基地反対協議会/わんから市民の会/ヘリパッドいらない住民の会/首都圏青年ユニオン/9条の会・おおがき/平和・人権・環境を守る岐阜県市民の声/みん宿ヤポネシア/早稲田9条の会/東京芸術大学教職員組合/アベ NO THANK YOU ! /株式会社鹿砦社・『NO NUKES voice』編集委員会/パパママぼくの脱原発ウォーク/国会前希望のエリア/沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議/政権にNO!東京・地域ネットワーク/U-20デモ実行委員会/全日本建設運輸連帯労働組合中央本部/にいざ市民ホーキの会/子どもたちの心のおと/全国保険医団体連合会/中野協同プロジェクト/杉並コマまわしの会/10万年生きるゆかいな仲間(さる)たち/山中比叡平九条の会/日本共産党呉西地区委員会/一般社団法人 マガジン9/区民の生活が第一/『10年後の未来を考える』会/練馬民主商工会/昭和堂三代目/辺野古への基地建設を許さない実行委員会/ONE LOVE 高江/ゆんたく高江/from Earth Cafe OHANA(2015年7月20日 現在)



【「安倍政権NO! ☆ 0322大行動」への賛同団体】

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン/のりこえねっと/ヘリ基地反対協議会/高江ヘリパッド建設反対現地行動連絡会/高江ヘリパッドいらない住民の会/沖縄平和市民連絡会/麺屋どうげんぼうず/株式会社鹿砦社・『NO NUKES voice』編集委員会/阿佐ヶ谷イネル/私が東京を変える/安倍政権にNO!東京・地域ネットワーク/アベ NO THANK YOU ! /東京平和委員会/ママデモ/東埼玉百人委員会/FB憲法九条の会/ONE LOVE 高江/中野協同プロジェクト/0301 Countdown Live実行委員会/早稲田9条の会/立川平和委員会/パパママぼくの脱原発ウォークin武蔵野・三鷹/杉並コマまわしの会/みん宿ヤポネシア/ふじさわ・九条の会/ゆんたく高江/日本平和委員会/基地のない平和で豊かな沖縄をめざす会大阪/平和・人権・環境を守る岐阜県市民の声/9条の会・おおがき/首都圏青年ユニオン/全日本精神疾患民主患者同盟/U-20デモ実行委員会/OoA.Against.Racism/わりことし/自交総連 上北沢自動車学校労働組合/東京芸術大学教職員組合/辺野古への基地建設を許さない実行委員会/



 なにぶん猛暑ですので、熱中症とかにならないよう、気をつけてお越しください。











 なんというか、大スペクタクルな感じがするんですけど。



首相が新国立競技場計画の見直し正式表明へ

http://www.47news.jp/FN/201507/FN2015071701001142.html



 ここにきて、産経新聞が7月14日時点で元首相であり組織委員長の森元さんにインタビューしたのを満を持しております。



森喜朗元首相 「新国立競技場の経緯すべて語ろう」 

http://www.sankei.com/politics/news/150717/plt1507170002-n1.html



 森さんは何かを作って嘘をつく人物ではないし(だからいろいろ知性について言われながらも支えられて一国の首相にまで登り詰めた)、前半の人間同士のやり取りについての事実関係はおそらく間違いないところなんでしょうが、後半がポイントですね。


[引用] 問題は総事業費だけど、そこは腹をくくって国家的事業だからということで納得してもらうしかないんです。大事なことは、五輪は国と東京都と組織委員会が協力してやることなんです。そして経費を徹底的に精査すること。僕が組織委員会にきて2000億円くらいはすでに圧縮したよ。



 それでも東京都が3000億円、組織委員会もトータルで7000億~8000億円はかかる。でも国は2520億円しか出さない。おかしいと思いませんか。3対8対2だよ。




--



 要するに、森さんは指示は出していたけど具体的な総事業費の内容について吟味する権力はあっても能力が備わっていなかったということですね。東京都が3,000億? 組織委員会がトータルで8,000億? これはいったい何の話なんですかねえ…



 で、インパール状態になっていることは去年10月の段階で森さんがご自身の口でおっしゃっています。



東京五輪の見積8000億円 森元総理「全部再検討を」

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000037429.html



 ある意味で、試算を正直にお話いただいてきてるんですよね、森さんには。周辺が問題に気づくのが遅すぎたというよりは、ふつうこの手の予算の問題、それも5倍になったとかいう話はトップが自ら騒いで要件の練り直しを指示し、物事の優先順位を決めて、優先順位の低いものは切って、切られた要件の担当者や関係者にはトップ自らがお詫びにいくというのがマネージメントだと思うんですよね。



 箱物だから批判ということではなく、もしもプロジェクトが炎上したのであれば鎮火させて再始動させるためのプロセスというのが大事だということです。トップが部下や関係者から言われたことを「よっしゃよっしゃ」で聞いていたら、そりゃこうなりますよ。周りだって、森さんを大事にするでしょう、話を聞いてくれるんだから。



 まあ、このタイミングまでインタビューを抱いていた産経新聞はGJでしょうし、時間をかけて議論する余裕もないでしょうから、あとは安倍政権が「どうにかする」ことができるのかでしょう。少なくとも、いままでのように森さんに一任してすべてお願いという形では進められなくなりました。あーあ、というのが正直なところですけれども。



 このあたりの論考は、あんまおおっぴらにできない事実関係もあるのでもう少し詳しくメルマガにでも書いておきたいと思います。













↑このページのトップへ