月別アーカイブ / 2014年12月

 何か起きるだろうなあと思っていた家入一真さんのリバ邸ですが、かねてからリバ邸祇園に不穏な話が流れていたにもかかわらず結局誰も収拾することもなく普通に関係者が逮捕されてしまいました。



「司法委員」と偽りマンション借りる…親子逮捕

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20141210-OYO1T50004.html



 この詐欺事案単品は「お、おう」という感じですが、9月に高検から告発されて12月に持っていかれている形でありまして、おそらくこのリバ邸祇園の主たるアクションは契約社員の福徳大輝さんだったであろうと思われます。









 ただ、23歳の契約社員が不動産の契約のために司法委員を装い在籍証明を偽造するという手口を思いつくはずがありません。



 で、同時に逮捕されている福徳直明さんについては、ちょっとググるとそういう人なんじゃないかということはすぐに理解できます。



https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A6%8F%E5%BE%B3%E7%9B%B4%E6%98%8E&oq=%E7%A6%8F%E5%BE%B3%E7%9B%B4%E6%98%8E


 この方面に食いつかれたリバ邸祇園が、NPO法人livertyの応援の元でシェアハウスの運営を行っているのだとしたら、もちろんNPO法人livertyも反社会的勢力に関与していると判断されます。現状では、関係者がリバ邸祇園に深い関与をしていると思われる発言も見受けられるので、これについては然るべき説明と、為すべき処置、対処を行っていただきつつNPO法人格の抹消や棚上げも含めたはっきりした方針を明らかにしていただければと願う次第です。この手の話は「知らなかった」ではなかなか済ませれるものではありませんので。



 少なくとも、プロデュースしたということでブランド出しをしている家入一真さんと高木新平さんについては、(まあ、もらい事故なんだろうけど)ちゃんと経緯の説明だけはしてねという風に思うわけであります。















 これはリバ邸に限らないのですが、シェアハウスについてはかねてから不思議な勢力の進出が各所で発生していて、いわゆるオルグや若い衆の確保の拠点になっていることも多く、個人的にはなるだけ良い形で話が着地し、安全が確保できる必要な規制を議論するべき時期にさしかかってきたんじゃないかと思う次第です。









--



[引用]

読売新聞:



 裁判官を補助する司法委員として大阪高裁に在籍していると偽って、賃貸マンションを借りたとして、京都地検は9日、無職福徳直明(59)(京都府宇治市)、息子で契約社員の大輝(23)(京都市下京区)両容疑者を詐欺などの疑いで逮捕した。



(略)



 発表では、2人は大輝容疑者が住むマンションを借りるため、福徳容疑者が同高裁の司法委員を務め、年間約880万円の報酬があるとの在籍証明書を偽造。今年5月下旬、不動産仲介業者に提出し、同区内のマンションを借りた疑い。



--



 こんなスケジュールで大丈夫か。



http://www.tbs.co.jp/radio/dc/



201412_sp_header2



 ということで、ついに念願のデイキャッチに呼ばれまして、万難を排して(マジで排したw)宮台真司さん、城繁幸さんと夢の鼎談。お題は雇用。今回の選挙では上位2つに必ず入る重要トピックスですが、アベノミクスで雇用は良くなったのかどうかという実に微妙な内容で議論するという。



 なお、画像は私が某所セキュリティの問題でしばらくネットに繋げなかったので私のプロフィール画像が送れなかったというクソみたいな理由で名無しさんみたいな画像になっております。ここに山本太郎画像でも貼られても何ら問題ない勢いです。準備が遅れて本当に申し訳ございません。


 もちろんメインは荒川強啓さんと片桐千晶さん。ここはスタジオの中で目いっぱいに広がった私に対する「誰お前」という充満する空気を満喫して参りたいと存じます、ぜひよろしくお願い申し上げます。



 ところで、日立の高圧洗浄機がプレゼントされるらしいんですが、以前これを導入したら掃除が超捗って家内もお手伝いさんも大満足の逸品でありました。重宝したっすよ。



http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/gardening/washer/faw95/faw95.html



(追記 8日 11:55)



 ついに私の顔写真が入りました!



http://www.tbs.co.jp/radio/dc/



 私の対応が遅れたばっかりに二度手間をさせてしまいましたことを、関係者の皆様に重ねてお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。


 誰ですか、このタイミングで不倫ネタを記事にしたのは。お陰で俄然東京12区がアツくなってきました!



 記事本文はぜひ「フライデー」を買って読んでいただければと思うわけですが。



田母神氏、フライデー「不倫」報道に正面反撃 FBで「交際中の女性守らねばならぬ」

http://dmm-news.com/article/901187/

田母神氏、「フライデー」不倫報道に反論 ネットでは賛否様々な反応が出る

http://www.j-cast.com/2014/12/06222629.html



 そしたら、前回のエントリーで「罰ゲーム選挙区」と面白おかしく取り上げさせていただいた東京12区にさっそく動きがあり、速報値ではどういう理由か田母神俊雄さんの得票予測が急伸。ここ2日で次点争いからのトップ目争いもおかしくないという不思議な展開になってしまいました。公明党太田さん危うし!


 なぜか青木愛さんの票をタモゲミ元帥が喰うという不思議な展開で、移動している票は主に40代50代男女と、本来タモガミ元帥が不評とされる属性が中心になっており、もしかしてタモガミ元帥と青木愛は補完計画だったのではないかと見間違ってしまうほどの合致っぷりで興味深いです。某公共放送の期日前投票の出口調査結果が待望されます。



 それにしても、この手のスキャンダルを公示日後の選挙期間「中」にアテても狙った効果は出ないという経験則を改めて踏襲しております。もう一週近く早く出ていれば、出馬表明の出鼻を挫いて泡沫一直線だったのにと思うと選挙って本当に難しいものだなと思います。いったい誰が元帥の不倫ネタを持ち込んだんでしょうね。



 いいネタも悪いネタもなるだけ公示日前に出揃わせておかないと、という鉄則を思い知った事例でありました。



 個人的には不倫は嫌いだし、元帥のお子さんの心中を考えると割り切れない思いもあり、また新しく親密に関係となった女性との間に愛情が育まれたのだとしても他に方法はなかったのかと感じてしまいます。しかしこれを機に、タモガミ元帥が夫婦別姓やら新しい家族の形やら婚外子の地位向上やらといった、新しい日本の家族の形を正面から議論していただければと願う次第です。



 また、太田さんは依然として優勢なんで、現段階での3万票強の差で逃げ切れればよしって感じなんでしょうか。

 これで政権批判票が党派の意見の差を越えてタモガミ元帥に集まらないように細心の工夫が必要だと思う次第です。


 すでにメルマガで告知させていただいておりますが、夜間飛行と私の手がけます経営情報グループ『漆黒と灯火』というサロンの募集が始まりました。お陰様で第一期50名はまもなく埋まりそうですが、どーも地方にお住まいの方や、海外の方が結構いらっしゃるようで… どうしたらいいのか、スタッフと頭を悩ませる日々です。



経営情報グループ『漆黒と灯火』というサロンらしきものを始めることにしました。

http://ow.ly/FiHmN

山本一郎・経営情報グループ「漆黒と灯火」の活動を開始しました。

https://yakan-hiko.com/meeting/yamamoto.html



 何と申しますか、準備している最中にいきなり解散総選挙になるという、ある意味で運命的なものも感じておるわけですが、このあたりも踏まえて、メルマガやグループのほうでも分析その他いろいろしていきたいと思っております。


 また、当グループはクローズドでありまして、あまり皆さまにいままでおおっぴらにはお伝えしてこなかった私の仕事や考えていることも披露しながら、ご意見を伺える機会を定期的に作っていきたいと思っています。もうすぐ42歳になる私でありますが、さまざまなお引き立てや、頂戴する機会に身を任せていたところ、不思議な出会いや仕事に恵まれ続けておりまして、このような果実は独り占めするべきものではないし、できることでもないと感じるようになった次第であります。



 こだわっていきたいのは、分からない未来、見通しの利かない将来に対して、光明が見出せるような出会いや知識、情報がそこに集まってくることです。不透明であるからこそ、先を見据える覚悟と努力をきちんと持つことが大事だと思っておりますし、私自身も悩んでいることはあります。そういうものを共有できるといいなと強く願っている次第であります。



 随時、私の有料メルマガでも問題意識を開陳していきながら、一歩一歩前に進んでいきたいと考えておりますので、ご関心のある方は是非ご一緒できればと思っております。



『人間迷路』

夜間飛行: http://yakan-hiko.com/kirik.html

BLOGOS: http://magazine.livedoor.com/magazine/50



 よろしくお願い申し上げます。


 ということで、公示日を過ぎました。与党勝利おめでとうございます。最低でも310議席を自公で確保、下手すると340議席を超えるという予測になっている状況のようですが、大丈夫でしょうか、我がジャパンは。



 あんまり勝ちすぎると改憲待ったなしですし、どうするんでしょうね。私は改憲でいいんじゃないのと思ってますけど。



 で、今回は東京各選挙区および全国の都市部、各県1区をメインに見ておりますが、自民と公明とその他という座組みで非常に興味を持っておりますのが外交・安全保障と、雇用の中でも貧困対策の部分であります。社会保障、どこにいっちゃったんでしょう。自民支持者は明確に親米路線、西洋の価値観に親和性が高く、公明を含むその他政党の支持者は中韓ともバランスの取れた安全保障体制を求める、支持政党なしは「興味なし」というくっきりと分かれた結果が出ておりまして、興味津々であります。



 今回の都市部を見ておりますと、いわゆる「罰ゲーム選挙区」がたくさん出てきておりまして楽しいわけです。いいですねえ、この民主主義の糞みたいな側面。例えば東京3区。民主松原仁さん、自民石原宏高さんの一騎打ちに共産のテンプレ候補が挑むという糞つまんない選挙戦が繰り広げられております。



 選挙区の公示日前の事前調査も、公示日当日の各種調査も、松原さん石原さん共に有権者からの支持は低くなっております。もうね、二人とも早く死ね、引っ込めって状態です。投票は義務だから行くけど、匂う糞と匂う糞のどっちがより匂わないかというのを選ぶ戦いです。あまりにもアンモニア臭が強いので、与党に追い風とか、奇襲選挙特有の争点のブレとか一切関係なく、ただただどっちも嫌だという有権者の罰ゲーム感だけが調べる者の心に響きます。いっそのこと帝政ローマの闘技場みたいに、負けたほうが殺されるとかいう仕組みにして見物したほうがいいんじゃないかと思うぐらいの状態です。そして登場するや否やいきなり殺される名無し共産党候補者。悲しすぎます。


 あと、東京17区。なんでしょう、この平沢勝栄がただ粛々とトップ当選をするだけの選挙戦を呆然と左翼が見つめるという水戸黄門も同様の選挙区。どう分析しても、平沢せんせに票が集まる理由というのが「有名だから」と「警察出身者だから」というこれといった内容のない17区ならではの情勢。何故警察だから票が集まるのかはこの辺を読んでください。



諸外国の人たちが信頼を寄せているのはどのうよな組織・制度なのか

http://bylines.news.yahoo.co.jp/fuwaraizo/20141123-00040874/



 そして、みんな大好き東京12区。固い地盤のはずの公明党の代表であるにも関わらず09年の選挙ではよせばいいのに重複立候補を華麗に捨ててしまって青木愛女史に負けてあえなく落選というお茶目な元代表、太田昭宏せんせを擁しております。太田せんせ、お人柄も見識も素晴らしい人なんですが、いまいちその良さが伝わらずもったいない人物の一人であります。で、あまり知られていないことですが、投票行動分析が進んでまいりますといわゆる政党支持率というポジティブにその政党を支持する人たちの動向を見るよりも不支持率、つまりその政党には絶対に投票しない、浮動票だけどこの政党だけは絶対に除外するという傾向が大事なのでありまして、残念なことに公明党はこの不支持率が他の政党に比べて極めて高くなっております。



 なので、こういう際どい選挙区では組織力で勝るはずの公明党が、この浮動票の不支持率が形成する負の組織票が発生して思わぬ苦戦をしてしまう傾向が出るわけでありますね。本部や婦人部がどうのこうのという話はありますが、いままでの出口調査からみますと組織率が下がっているわけでもなさそうなので、外部からは良く分かりません。頑張ってると思うんですけどね、太田さん。



 現在では若手屈指の野次馬都議である音喜多駿さんが雑な分析を書いておられますのでその辺をご覧いただければ。



田母神候補の参戦で、激変した東京12区(北区・足立区の一部)の選挙事情

http://www.huffingtonpost.jp/shun-otokita/election_b_6251914.html



 ただ、惜しむらくは12区の候補者はただでさえ議員への有権者の評価が高くないのに都知事選でもネトウヨ以外全属性マイナス評価という金字塔を打ち立てた田母神俊雄元帥が参戦という糞みたいなビリヤード状態になっていて12区にお住まいの方には深くご同情申し上げます。長年の東京1区住民としては泡沫に塗れた日々を思い出しながら心からざまあみろという言葉をお送りしたいと思っております。



 私はキリスト教徒です。


↑このページのトップへ