月別アーカイブ / 2014年05月

 告知だーっ



「中川淳一郎とやまもといちろうの2014年上半期ネットニュースMVP発表会」

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/23644



 今回はネットウォッチ界のニュースター、著書販売も好調とのうわさのHagexさんをゲストにお呼びしてのネットニュースMVPを下世話に華麗に開催したいと思っております!!



 最近出たhagex氏の著書はこちらです。







 当日買って持ってくるとサインくれるかも!


 とてもゲスい話題をネットから拾ってきては紹介スタイルが好評のHagexさんの最新エントリーをお楽しみいただきつつ、皆様のご来場を待っております。当日はよろしくお願い申し上げます。



女子大生と合コンできる「ハーレムコン」がいろいろと酷い

http://hagex.hatenadiary.jp/entry/2014/05/22/123153


 スタンドオフなしでそのままチャージ来ました。まあいずれ来るところですね。



米 サイバー攻撃で中国軍将校5人を起訴

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140520/k10014564331000.html

U.S. Charges Chinese Army Personnel With Cyberspying

http://www.nytimes.com/2014/05/20/us/us-to-charge-chinese-workers-with-cyberspying.html?hpw&rref=world&_r=0



 顛末についてはきっと『電脳事変~サイバーインシデント・レポート』あたりで詳述されると思いますが(流し目)、注目すべき点からいいますと中国国営企業という言い方をしているところでしょうか。


[quote] “We allege that members of unit 61398 conspired to hack into computers of six U.S. victims to steal information that would provide an economic advantage to the victims’ competitors, including Chinese state-owned enterprises,” Mr. Holder said.



 はい、その一社は現在大きな疑惑の中に立たされている台湾企業(ただし資本は中国大陸系)ですね。そして、横浜にも出入り業者がいると思われます。先日、ここと極めて関係が深かったと見られるグループによって、三菱重工が攻撃をされ、そのまま逃げ切られて時効を迎えてしまったわけですけれども、他にも幾つか興味深い痕跡はあるようでして動向が注目されます。



三菱重工サイバー攻撃、「中国在住の女性」関与か

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1703Z_X11C13A2CR8000/



 間違っても我が国のネットワークがこのような攻撃の対象となったり、同盟国に対する攻撃の踏み台とならないようもう少ししっかりとした対応が取れるといいのですが。



 なお、サイバー攻撃対応のために”次官級”の人員を配置したいという話が出ておりましたが、国内治安や公衆安全の延長線上なのか、安全保障の枠組みで検討するのかの綱引きがありますので当面は大勢に影響ないものと思われます。



サイバー対策で次官級専門官 政府、ポスト新設

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1901M_Z10C14A5PP8000/



 我が国も早くサイバー攻撃してきた人たちを特定して身柄の引渡しを求める交渉ができるところまでいきたいですね。まあ、いまはせいぜい「超機密情報」のラベルのついたグロ画像を大量に送りつける程度のことしかできませんけれども。


 冒頭にこれだけ書くと別の池田さんかもしれないし、とにかくネット界隈で話題になるあの池田さんもこの池田さんも全体的に濃い口であるので誰が対象者になったとしてもあまり不思議はないわけです。



 そんな話をいままで死ぬほど「はなだ しね」と言われてきたであろう花田紀凱さんが書いておられて興味深いところです。それだけ書くと大半の人が「ちゃんこ屋?」とか「ヤクルトにいた炎上系中継ぎ?」などと思うのでしょうが。



いけだ しね

http://bylines.news.yahoo.co.jp/hanadakazuyoshi/20140517-00035399/




 花田さんのエントリー本論としては品がない書き方だなあという以上の見解はないわけなんですが、とりあえず大物宗教家から面白経済学者までいろんな類の池田さんに対して万能に効く「いけだ しね」がタイトルに来たとき、筋道として考えるべきであろう「池田が安倍政権を気に入らない、批判する、これは自由。しかし、一国の総理をつかまえて『しね』はないだろう」が霞んでしまいます。



 なんですかね、このいけだという言葉の破壊力。イケダでも構いませんが。



 他に花田さんがどんな記事を書いてあるのかと思って見てみたらKADOKAWA御曹司の角川太郎さんに対するホモセクハラ話なので、それはそれで品性という二文字に対する海よりも広い意味合いについて思いを馳せてしまうんですけれども。私もそういう意味ではゲスいので、今後気をつけますとしか申し上げようもありません。



 まあ、そういう話をしていると「ハゲ しね」とか書かれて、私以外のすべての薄毛の皆さんに呪詛がいってしまうわけなんですけどね。


 今日なんか突然リリースされてて焦った。



Sushi! Ninja! Zombies!

https://itunes.apple.com/us/app/sushi!-ninja!-zombies!/id872487892?l=ja&ls=1&mt=8



日本語版

https://itunes.apple.com/jp/app/sushi!-ninja!-zombies!/id872487892?l=ja&ls=1&mt=8



 とにかく寿司を投げるアクションゲームです。寿司を投げてゾンビに食べさせて昇天させるのが目的です。寿司を握るには、両脇の握りボタンを押しながら、出てくるネタを指二本でタップして握るとベルトコンベアーに皿に乗った寿司が流れてくるという仕組みです。



 右までいった寿司が流れ去っていかないとか細かいことは言わない。




 Euphoros Inc.は弊社制作子会社でありまして、アプリ開発については受託が多いんですが、今回はラピッドプロトタイピングをUnityでやるという王道で試してみました。簡単に言うと、少人数短期間でどこまでコンテンツを制作できるかを突き詰めていく技法ですね。



 実際、このアプリも制作一ヶ月ちょいで申請、制作陣もほとんど残業なしという作業スタイルでプロジェクトを完遂しております。



 本来であれば、O2O向けやボスその他用意して課金要素を入れる方向に発展させるタイプのコンテンツなんでしょうが、私は課金を気にせず楽しめるゲームが作りたいんだ!!!



 「狙い通り寿司がゾンビに当たらない」というご意見も頂戴しており、もう少しチューンするかもしれませんが、カスタマイズやタイアップその他柔軟に相談乗りますのでご関心の向きはいつでもどうぞw


↑このページのトップへ