月別アーカイブ / 2013年10月

 面白かったので。



進化ゲーム理論の枠組みを用いたソーシャルゲームにおけるユーザの利他的行動の分析

http://www.slideshare.net/cyberagent/ss-26809354



 前提条件として、利他的プレイヤーが最終的にHPの多いボスを倒す、そして全員にリワード(報奨)がいくのであれば、結果として利他的プレイヤーが利己的プレイヤーを排除するモデルが成立するよね、というシステム論があるわけなんですが、基本的にはこの研究ではそれを踏襲しています。


 ただし、現実にはHPの多いボスを倒すことで全員にリワードが与えられるような環境はあり得ません。出されたピザは人数分で等分されるのです。結果として、利他的プレイヤーとはゲーム内で与えられた環境でしか存在できず、そこから導き出される数理モデルも所詮は「プラスサムゲーム下では人は優しくなれる」ということ以上は実証できないでしょう。



 もっというならば、ここで論じられているゲームシステムはゴールなき永続が前提になっています。常にユーザーは時間を使い、ひたすらゲームは発展していき、終わりなくキャラクターもボスも強化されていきます。しかし、実際にはゲーム理論で問うならばなおさら目的志向、つまり勝利条件による行動の制約が為されなければOR的な余地は存在しなくなってしまいます。



 そして、利他プレイヤーとして定義される人々の行動は強いボスをクリックするだけです。そこに利他行為として必要なリソースはほぼそのプレイヤーの手間しかかかりません。100円1,000円物理的に譲渡するわけでもないゲーム中の行為に利他もファンタもありませんよ。



 サイバーエージェントが今後この実証に引き続き取り組むのであれば、より良いゲームシステムを選ぶ必要があります。それは「ディプロマシー」です。



ディプロマシー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%BC





 利他プレイヤーと利己プレイヤーというクソみたいな線引きは存在せず、まず自分が生き残る、そのためにはどう立ち振る舞うかというモデルを検証することが、この手の研究においては極めて重要な概念であることは間違いありません。というか、ソーシャルゲームみたいにリソースの増大が無限大なプラスサムの世界をモチーフに数理モデル組んでどうするんですか、という話です。



 研究チームには猛省を求めつつ、サイバーエージェントには上記ディプロマシーのソーシャルゲーム化を強力に推進し、スマホとスマホの向こうでプレイヤー同士が血圧を上げ顔を真っ赤にして罵りの言葉をぐっと我慢しつつ低姿勢な外交文書をちくちくと送り続けるこの世界観を実現して、そこから数理モデルを形成していただきたいと切に願う次第です。



 今後ともよろしくお願い申し上げます。





(補遺 13:07)



 「この発表のどこがおかしいんですか」というメールを頂戴しまして、どうも本気でこの発表の面白さと可笑しさが分かっていない人がいるようなので、簡単に補足します。



・ そもそも、調査の場となっている当該ゲームは、システム上、ボスをプレイヤーの攻撃の加算で倒す仕様である。



・ そのボスを倒すことができれば、原則としてその攻撃に参加したプレイヤーすべてに報奨が与えられる。



・ つまり、ボスの攻撃に他プレイヤーと一緒に参加する行為が、仕様上、プレイヤーにとってもっとも利得が大きくなるような仕組みとなっている。



・ 当然の選択として、このようにボスの攻撃に積極的な他プレイヤーを、そうでないプレイヤーよりも多くフレンドに置いておく行為が合理的である。



・ プレイヤーは利他的な行為を選択しているのではなく、利己的行為の延長線上で他人と一緒にボスを攻撃し報奨を得ようとしているのであって、ゲーム中プレイヤーが利他的であるほうが有利だという結論は到底導き出せない。



● また、このゲームはプレイヤーが時間を使えば使うほど原則としてキャラクターが強化され、目的は常にストレッチされる。

 → そうであるならば、フレンドの選択においては「(このスライドで定義される)利他的なプレイヤーであるか」も重要だが、それ以上に「自分以上に強いキャラクターを持つプレイヤーか」「自分並み、あるいはそれ以上にこのゲームにおいてアクティブなプレイヤーか」といった他の定義も発生する可能性が否定できず、利他的なプレイヤーを奨励するゲーム仕様へフィードバックするには不充分であると指摘されるべきだ。



 もしも本気でゲームデザインにこれらの数理モデルをフィードバックするのだということであれば、当然のごとくリソースが増大する一方のゲームは不適切で、ゼロサムゲームをベースにORを策定しなければ無意味ではないかと考えられます。本来の利他とは、自身の目的を達成しようとする行為を選択するに当たって、自身の有益なリソースを払ってでも他者の利益のために配分するよう振舞い、その結果がどう積み重なるかという定義がなされるべきだからです。



 いじょ。


 ということで、無事アブラハム・ホールディングス社およびアブラハムプライベートバンク社ならびに関連会社(以下アブラ社)に関する報道が出たようです。一番槍を入れた日経はこれはフライングではないのかという気もしないでもないですが、アブラ社総帥・高岡壮一郎さんの奥さんを配置転換してまでネタを取りにいった日経グループの英断には頭の下がる思いであります。



アブラハム処分勧告へ 監視委「投資助言を逸脱」

海外ファンド無登録販売と判断

http://www.nikkei.com/markets/features/12.aspx?g=DGXNASGC02006_02102013MM0000

アブラハムPB社「いつかはゆかし」事業に対する公開質問状(訂正あり)(報告あり)

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/03/post-4ccd.html

【謹告】アブラハム社から公開質問状に対する回答はなし

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/03/post-b316.html

アブラハム「いつかはゆかし」の業法違反と誇大広告(有利誤認)について(修正あり)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20130818-00027346/



 一連のアブラ社に対する嫌疑については、「3. アブラハム社はハンサード社から積立商品の販売手数料を別会社で受け取っているのではないか?」でも述べておりますので、興味のある方はどうぞ。よくみたら、2013年3月なんですね。半年ですか、SESCは思った以上に早く対応していただけたようです、通常、一年半ぐらいかかってもおかしくない案件だと思っていましたので。


 なので、いろいろと温度が高まる気配は感じつつも、何かあるとすると来月ぐらいなんじゃないのと高をくくっていたら、突然アブラ社が炎上したのでこちらも少々困っておるわけですが、アブラ社の中の人曰く高岡さんご自身は本件処分が行われる報道と事実関係について激しく憤っておられるとのことで、これは金融庁からの処分が行われれば行政訴訟待ったなしという胸熱の展開になること必至です。



 もちろん、処分勧告が出るまでにいたった経緯は特段変わったものはないとのことで、聞く限りでは「これは黒ですね」「そうですね」「じゃあ処分勧告しましょう」という平和なノリであったと伝えられています。まあ、事実関係を知る人たちが総出で当局に寝返っているようですからな。



 細やかなロジックは、結構アブラ社側が後付けで云々抗弁していたようでして、当初の説明と食い違っている風に感じるのも見事ですね。



 これでしばらくはネット上でアブラ社の広告をぽちぽちする機会も減ってしまうのかと思うと寂寥感で一杯です。高岡さんも資格取り直して普通に営業すればそれで良い可能性も残されているので、涙を拭いて頑張っていって欲しいと思います。



 なお、海外にプールしてた金が裏金認定されて売上と判断されてしまったわけなんですけれども、さてこれはどのように納税されるのでありましょう。行政訴訟で突っ張っているうちに国税庁に突撃されて重加算税などという定番の展開とならないよう、高岡さん一同アブラ社の皆さまの奮闘を祈念しつつ、本稿を締めくくりたいと存じます。



 ご静聴ありがとうございました。高岡先生の次回作にご期待ください!


 ネットでのツッコミについて言葉を寄せてみました。







ボケるよりリスク低い? 世間は「ツッコミ過多」傾向に〈AERA〉

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130930-00000009-sasahi-life


 ただ全体的に特集として各界のツッコミ人のコメントを取っていて、むしろこちらのほうが興味関心を抱かずにはいられないような面白い仕上がりでありました。お疲れ様でございます。


 まあ、言いたいことは分からないでもないんだけどさあ…。



「正義派の農政論」

TPPで1俵2200円の米がやってくる

http://www.jacom.or.jp/column/nouseiron/nouseiron130930-22295.php



 そりゃあ農家からすれば、凄い安い価格のお米がやってくるわけですから、商売上がったりだ、と言いたい気持ちは理解できます。



 でもねえ、それは保護されてきた業界だからですよ。それ以外の世界では、海外との産業競争や価格と品質のつばぜり合いをやって生きてきている。海外との競争に負けて潰れる製造業あり、生き残りをかけて海外へ生産拠点を移転する化学会社あり、それが経済ってもんだと思っております。



 翻って、8倍の価格差の維持を前提に、日本の農業の採算を取るという方向の議論はさすがにもうやめたほうがいいんじゃないでしょうかね。2,000円の米が入ってくるという予測をしていながら、16,000円の日本産米を守れ、維持しろというのはどういうことなのか良く分かりません。


 「日本はTPPで、米をはじめ農産5品目を死守しなければならない」とかいうお話、これは日本の消費者や納税者が、日本の農家のために、割高なお米を買ってくださいという主張ですよね。



 全部、農家と農政だけの都合じゃないですか。

 もう少し、日本人全体が受け入れられやすいような議論になりませんかね。



 米国ルールを採用するのが反対だ、と言いつつ、その価格差を維持する目的は単なる農家のエゴに見えてしまいます。なぜならば、安くて安全でおいしいお米が輸入できるのであれば、消費者、つまり農家以外のすべての日本人にとっては利益になるからです。



 もちろん、農家にはいますぐ死んでもらいたい、なんて思ってはいませんよ。

 ただTPPで米などを除外するべきだ、と主張したいのであれば、お前らの採算性とは違う別の、公益性がたっぷりのロジックで説得してくれないと。



 ちなみに、かの記事の文末に「ASEAN+3」を提唱したマハティール元首相の言葉が引用されているんですが、アメリカ抜きの地域FTA構想やったところで、アメリカからだけお米を輸入するわけではありませんよ。日越間、日中間でのお米貿易交渉が紛糾するだけのことです。



 個人的には、とっとと聖域を減らして関税を大きく引き下げたほうがいいと思いますよ。いきなりゼロにしろ、という話ではなく、いま現在の馬鹿馬鹿しいほどに高い関税障壁を下げるだけで猶予期間と競争原理が生まれ、危機感を持った地方が農業の経営改革をさらにすすめて、もっと良い農業に日本は転換できるかもしれない。そういう話です。



 地方経済が、非都市圏が、という問題とセットになりやすいんですが、そもそも助成金や補助金がないと成り立たない地方経済って、形を変えた地方への所得移転や公共事業と一緒じゃないですか。道州制どころではありませんよ、これでは。


 興味深かったので。本稿は元記事を否定するものでも批判するものもありませんが、一応。



「優秀」な医療機関はごく一部、

医療のビッグデータが示す現実とは

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38789



 たぶん、この書き手の多田智裕さんは自明のこととして敢えて触れていないのかもしれませんが、論点としては2つ。ひとつはその症例が手術するべきものであるかどうか、次に、患者にとって「”優秀な”医療機関とは何か」です。


 もちろん、NCDで取り扱うデータは麻酔手術のものである以上、そこから導き出されるデータは疾患別の治療成績と一部の予後であって、これをもって有効な情報を導き出せるかというと微妙なところです。だからこそ、情報の読み取り方を理解できない国民が勘違いをして騒ぐ(あるいは週刊誌などで面白おかしく報道される)危険を考えて公表しない、となるわけですけれども、実際には、大きな生存リスクを負った手術を多く行う病院は平均以下の技量しかもたないと判断される傾向が出やすいのが実際だろうと思います。



 おそらくは、症例別、進行度別に分かれたさらに細かい属性データから「そこの執刀医は能力的に高いか否か」というジャッジも今後はされていく可能性はあるのでしょうが、この辺のスコアを気にし始めるとターンアラウンドの見込みのない患者は手術しない傾向が出てくるでしょうし、いったん落としたスコアは経年的に追えてしまうと二度とその医院や執刀医の名誉は回復しないということになります。



 したがって、今後この手のデータが意味ある形で活用されるとすると、どのような経緯のどういう進行度の症例が、どのような処置をされればどのくらいの生存率上昇に寄与するか、といった点と、卒2クラスからベテランにいたるまでのスキルカーブがどのように上昇し、どんな頻度で手術を経験すれば全体のスキルアップに繋がるのかといったシステムズアプローチが重要なのだろうなあと外野からは感じる次第です。



 なおmixiの外科手術はいつになりますでしょうか。


↑このページのトップへ