月別アーカイブ / 2013年08月

 今年もお盆に向けて中国から健やかな風がやってきました。



靖国参拝「受け入れず」=中国外務省

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201308/2013080600964



 一応内容を確認しましたが、確かに中国外務省は「中国は受け入れない」と、そう言っておるようです。



首相「閣僚の靖国参拝、心の問題で自由」と容認

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0600R_W3A800C1EB1000/

安倍総理、靖国神社参拝について明言避ける

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000010155.html

日中関係:8月15日までに何が起きるのか焦る必要のない日本~中国株式会社の研究(226)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38370


 予想としては安倍晋三首相は15日の靖国参拝は見送り、副首相の麻生太郎さんと閣僚の何人かが参拝して、中国からクレームが付いた後しばらく無視してナチス発言の清算を理由に麻生さんも含めて内閣改造やって無言の配慮をしたフリをするという流れなのかしらと思うわけですが。06年8月15日の小泉参拝に比する何かがやれるかどうかは大きな試金石でございますね。



 それにしても、やっぱり麻生さんのナチス発言はすんごい絶妙なタイミングで出たなあと思うわけです。良い意味でも、悪い意味でも。もちろん、本人としては追加報道どおり、ナチス礼賛のつもりなどこれっぽっちもなかったことでしょう。ただ、全文文字起こしでも分かるように、肯定とも否定ともとれなくもない物言いであった以上、言いがかりをつけようと思えばついてしまうのでありましょう。



 これも踏まえて今後さらに内閣支持率の低下に拍車がかかっていろんな政策に慎重になるかもしれないし、内閣改造の契機になるかもしれない、ガースーを幹事長にダークアンパンマンを入閣させるという安倍さんが望む座組みにできるかもしれない、実は麻生さんが「一回休み」になって次回総裁選の球として温存されることになるかもしれない、いろんな塞翁が馬が見られるんじゃないかと個人的には思っております。



 中国はおそらく国内事情もあり、また節目であるということを考えて、外交スケジュール通りに言いがかりをつけているというあたりは伝統芸能の域を超えるものはないと思ってますんで、尖閣諸島付近の領海侵犯や靖国神社発言が文字通りバロメーターということで良いんじゃないですかね。なんか巡視船に護られた冒険家のヨットが危険な尖閣諸島周辺海域にやってくるというシュールな絵図があったようですが。



 まあ、伊原局長が中国入りした直後にこれですから、日中関係はいろんな意味で平行線といった解釈でいいんじゃないでしょうか。




 しばらく選挙もないし、どうせ野党再編で反自民勢力再結集のための主導権争いでしょ、ハイハイ二大政党二大政党あーやってらんねえという話なのかもしれませんが、みんなの党で何か起きております。



江田幹事長更迭か、渡辺代表は続投…みんなの党

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130806-OYT1T00205.htm



 みんなの党、人呼んで渡辺商店でありますが、本来であれば民主党の後釜を東はみんなの党が、西は日本維新の会が分け合って、緩やかな連帯を保ちつつ議席大幅増を狙うべきポジションだったはずなんですよね。その意味では江田憲司さんの考えていることも分からなくはない、というよりむしろ妥当なのかもしれませんが、店主である渡辺喜美の旦那のツラを立ててやるような方法のひとつも考えないとまとまるものもまとまらないのは当然であります。



 必然的に、番頭が手代丁稚を連れ、旦那を見限って出て行くストーリーしか目に浮かばないのが何だかなあといったところであります。旦那も番頭もいい加減プライドが高すぎるんや。


 ただ、常識的に考えて、50人もいない現状のみんなの党でさえ満足にまとまらない人たちが、反自民です政策本位といいつつ右も左も一緒ですといったような再編の中軸に来てまとまるはずもないと考えるのが道理かなあと思うんですよね。だって相手は日本維新の会と、民主党脱藩組ですよ。仲良くやれるはずがないじゃないですか。何か凄い求心力か、凄い資金装置でもない限り無理でしょう。



 本来は、反自民の旗頭はリベラル勢力が結成されるはずが、前回の選挙でもご存知の通り綺麗さっぱり左派勢力は無くなりかねませんので、与党自民は自称中道のやや右派、結集するはずの反自民勢力も自称中道のやや右派とかいって、これはもう大政翼賛会ですよ。もはや御用野党的な。むしろ、うっかり自民でリベラル的な思考をしている人のほうがよほど左派っぽくて素敵です。河野太郎さんとか。素敵じゃないですかそうですか。でも橋下徹さんがようやく「自分の人気には翳りが出ていて、全国区では通用しなかった」と感じ取ってくれたようですので、結局政党政治に経験も知見もある平沼赳夫さんを中心に維新の会の国政は切り盛りしていくのであればまあ予測はできるよねといったところでありましょうか。



 折も折、自民党も安倍政権の支持率が10%近く急落、しかもこれから「ナチス発言」の麻生太郎さんの余波もあって内閣改造待ったなしの情勢というのは実に微妙であります。政権の安定が国益に資すると考える私の立場からしますと、どういう形であれ重要政策をしっかり審議し継続的な政策実現をもって日本を立て直していく原動力になって欲しいと思うところです。



 なお、草刈場として人気スポット間違いなしの民主党ですが、海江田万里さんの続投が決まり、各地方組織に挨拶周りをしているようですが、「一年後に立て直しできなければ辞任」とかいう謎のダイイングメッセージをばら撒いており好感が持てます。



民主党の海江田代表、続投を表明 1年で再建できねば辞任

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-210110-storytopic-3.html



 去年12月の衆院選から8ヶ月経った参院選で立ち直る気配も見せず惨敗しておきながら、「あと1年もらえれば立て直せます」と主張する根拠が良く分かりませんし、「立ち直らせられませんでした」といって辞任したあと民主党はどうするつもりなの、海江田さんがクソみたいな手法で劣勢の党立て直しに失敗した1年8ヶ月後は炭になってるんじゃないかと思ってしまうわけでね。



 5日も不思議な事案が民主党で出ておりました。



「無責任だ」民主党内からも批判…3党協議離脱

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130806-OYT1T00319.htm



 まー離脱するんかなー、でももう少し議論が煮詰まって大義名分が世間的に分かりやすくなってからかなー、と思っていた矢先に膝から崩れ落ちた感じで、これも民主党的で微笑ましいです。



 で、どんな重点政策で党を立て直そうとしているのかと思ったら、いきなり松井孝治文学が前面に出ているわけですよ。何ですか、その「新しい公共」って。



民主党7つの重点政策「参院選マニフェスト」・「民主党政策集」の「新しい公共」についてご紹介します。

http://ow.ly/nF9S2



 この「いいね!」が8月6日14時51分現在で29しかないとかよぉ。分かりにくすぎて民主党支持者ですらどう評価していいのか困ってるんじゃないの。3年半の政権運営の中で失望した国民からの信頼を取り戻そうとするのであれば、明確な自己反省を前面に立て、自民党よりも分かりやすく、現実的で、力強いメッセージを帯びたものを少数出していくほうがいいと思うんですけどね。「元気に鎖国! TPP反対!」とか。



 選挙で公然と党の決定に反旗を翻した菅直人さんのことを、まあ確かに党結成の功労者だし元首相ではあるんだけど然るべき処分もできないようではあかんやろなあ、と思っております。



 小さくてもいいから党を残すんだ、いけてる政治家だけ残して遅滞戦術で頑張るんだ、ということであれば、海江田さんは独裁をやるべきなんです。選挙に強い党内有力者とちゃんと握って方針を策定し、党の方針はこれである、異論なき者だけ残ってくれ(もちろん政党交付金は我々がガメる)と言えば、党内綱紀は随分改善されるでしょうしねえ。



 やってる当人は真面目かつ真剣に取り組んでいるんでしょうし、それを部外者が報道だけ見て馬鹿にするのも良くないかとは思いますが、普通は立て直しって企業も政党組織も仕上がりに向けてロードマップを作り見積もりを立てていくものだと考えるので、それがイマイチ良く分からんというのはどうもなあと感じる次第。



 山本太郎さんはどうなるんでしょうね。誰か有識者の方、教えてください。


 告知を忘れていたアッー!!



ビジネス書ぶった斬りナイト6

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/16890



 というわけで恒例となりましたビジネス書ぶったぎりナイト、何と次回で6回目、半ダースに到達であります。いいんですかこんなんで。自己啓発本DISから始まり、カツマー現象を嗤っていたら自分たちよりも先に勝間和代女史その他の旬が過ぎてしまって振り上げた拳の降ろしどころが消滅するというダイナミックな展開に涙するわけであります。



 もうすでにかなりご予約を頂戴しており、告知前なのに何だか恐縮至極でございます、はい。


 今回は、より一層、働く日本人の心に響く経営者本を取り上げつつあれやこれや論じてみたいと思うわけなんですけれども、前回が好評だったので今回は一歩進めて、【呪当選】渡辺美樹本みたいなスタンス… ではなく、もう少し真面目にやってみようということに。

 

「効能」や「読みどころ(注目文の抜粋)」について、余すところなく語りたいのでありますよ~ ということで、諸氏ご参集のほどよろしくお願い申し上げます。


 先般の炎上記事関連で、ホットな反響を頂戴した。それも、問題となった谷口マサトさん関連の話ではなく、その周辺で起きた実に考えさせられる記事だ。



炎上という甘美な果物

http://copiz.hatenablog.com/entry/2013/08/02/125932

LINE発炎上系プロデューサー谷口マサト氏爆誕 featuring 高広伯彦氏

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/07/line-featuring-.html



 書き手が心を折っている。それも、出だしから「こんにちは。ちょっとブログを気力がなくなっているチャランポランナーです」と、いきなり日本語が変。それだけ衝撃を受けたのかもしれない。


 しかしだな。私程度のブログで言及されて心を折っているようでは困る。君の先に、まだまだ道は広がっているのだ。私のヤフーニュース個人アカウントで起きていることを説明しよう。



Yj_1_130802



 真ん中に聳え立つ山が見えるだろう、あれがヤフー砲と言われるものだ。先月、選挙特番を見てうっかりヤフーニュース個人で「創価学会が公明党を応援していることって本来タブーじゃないよね」っていう記事を書いたところ、トップニュースで取り上げられてこの有様である。



「公明党=創価学会」という報道は不適切なのか

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20130723-00026638/



 しかも、比較的ヤフー砲の中でも高度の低いほうだ。7月はこの一回しかヤフー砲が直撃しなかったが、毎月何本か、ヤフートップで取り上げられると数百万、場合によっては数日に渡って合計三千万以上のPVが私のクソのような駄文を読みにやってくる。



 そして、トップ掲載が終わると一気に人はいなくなる。まるでテレビで取り上げられた「隠れた名店」や「秘湯」や「パワースポット」が突然満員御礼になるようなものだ。彼らは、私を見にきたのではない。パワーのあるページにリンクを貼られたから踏んでやってきただけだ。他の記事を読むことなどない。そして、嵐が過ぎると日常に戻る。冒頭の、私が紹介したので桁違いのアクセスがきたという話とまったくの相似形が、ヤフーと私の関係にある。食物連鎖的な何か。あるいは、マトリョーシカ的な。



 では、他の日は閑古鳥が鳴いているのかといえばそうでもなく、ヤフーニュース個人では毎日、2,000から25,000PVぐらい、このブログでは毎日コンスタントに80,000から140,000PVある。これこそ私の実力であり基礎票だと言えよう。だが、そのようなベースロードとは別に、日々書いていれば突然ブレイクする記事が出る。そして、それは狙ってやれるものではない。そして、狙ってやるものでもない。タイミングよく、あきみちさんが書いていたのでご参照。



知名度ゼロからの「ネット影響力」獲得への道

http://www.geekpage.jp/blog/?id=2013/8/1/1



 この手の呪縛から逃れるにはどうするのか? 結論は結構簡単で、数字以外で自分のしたいことを設定すること。読まれようと努力することは大事だけど、何人に読まれたかと考え始めると、際限なく煽らなければならなくなる。煽り続けなければ、数字は維持できないから。



 また、炎上は炎上として、自分なりのクオリティを気にしていれば、あまり問題にならない。いろんな炎上を見てきたし、自分自身も炎上した経験があるけれど、幾つかしっかりと気をつける点を弁えれば、そのままウェブで「生き残る」ことはできる。馬鹿やアンチは見なければいい。ただ、PVやUUに繋がるアウトプットを、と頑張り始めると、鱸 (id:copiz)さんの懸念どおり煽りありき炎上上等でないとPVは取れなくなってゆく。そして、消費される側になって飽きられていく。うまく波に乗れないと数字が取れず、書く気力が失われる。これってブログを書くのも相場を打つのも似ているんだよね。結果にはこだわりたい、でも結果に振り回されると意気消沈したり、損が膨らんだとき手が粗くなる。さらに負ける。そんな感じ。自然体、平常心が一番だと私は考えております。



 鱸 (id:copiz)さんにはリアルで本を出すという野望があるらしい。そういう目標があるのは良いことだ。でも、コンスタントに読みに来てくれる人が増えれば本が出るのだろうか。その意味で、あきみちさんの上の考察は自省に役に立つ。環境に惑わされず、自分に強みのある分野でアウトプットを出し続けることが、本に限らず成果・実績の一里塚なのだと思う。



 そのようなことですので、原稿が遅れております。申し訳ございません。


↑このページのトップへ