月別アーカイブ / 2013年08月

 昨今騒ぎとなっております新日鉄住金の植民地時代の強制労働に関する韓国での訴訟についてですが。



最高裁敗訴なら賠償の意向、新日鉄住金

http://www.47news.jp/FN/201308/FN2013081801000905.html



 聞き及ぶ限りの今後の日本政府対応についてはメルマガに書こうと思っておりますが、日韓間での条約に対する考え方の差はあれども(韓国の最高裁その他司法が日本に伝えたいことの理解はできなくもないけれども)、一連のお話について言えば韓国の司法は全体が狂ってるだろうということです。


 本件については、日韓基本条約と他に日韓請求権並びに経済協力協定(財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定)が重要なんでしょうが、



戦時徴用訴訟「韓国は法治国家なのか」 政府静観、苦渋の決断

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130818/plc13081809240005-n1.htm

日韓請求権並びに経済協力協定(財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定)

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPKR/19650622.T9J.html



 外務省的にも「はぁ?」ということで、メディアに流れている日本政府は静観というニュアンスとは違い、例によってドタバタしておるようです。



 ただ、本件に関してはいわゆる「OINK」事例として済ませるべきことではなく、何より新日鉄住金の特許権も含めた「民間だけではどうにもならないこと」が含まれている以上、日本政府の何らかの対応は必須です。というか、単に新日鉄住金が韓国から撤退すれば良しという話ではなく、特許権が置き去りになれば付加価値の高い鉄鋼工法を含めた知的財産が没収される可能性が高い以上、日本政府の支援が無い限り敗訴の場合は賠償に応じなければ不味いわけであります。



 韓国の大法院については、第二次世界大戦の際に労働者として徴用された韓国人9名が三菱重工と新日本製鉄(住友金属が合併して現・新日鉄住金)に対して損害賠償を請求した訴訟の上告審個人の請求権は消滅していない、との判断を下しています。これは韓国政府の見解とも日本政府の主張とも隔たりがあるわけですね。



 ただ、理解しうる点としては、複数指摘されていることではあるんですけど、日韓基本条約など戦後処理という形で日本がサンフランシスコ講和条約第4条で処理しているものは韓国からすれば「ポスト植民地支配」の清算にはならない、という主張ですね。



 なもんで、本件というのは従軍慰安婦などよりもはるかに英語圏への情報発信と日本の立場の表明を強力に推し進めなければならない事案になったということです。韓国側の主張もまあ理解できるところではあるため(もちろん支持はしないけど)、日本は講和条約や日韓基本条約であくまで戦後処理は終わったと言っているだけで、植民地支配に対する賠償は終わっていないのだ、とかネグる可能性があるわけですから。



 そして、それは一定の説得力は持ってしまいます。



 明らかに韓国の司法はキチガイの部類に入るんですが、国際的にこの辺の話を強弁されると、戦後処理も含めた基本的な東アジアの処置が根底からひっくり返ってしまい、さらなる賠償や譲歩を求められる状況に立ち入ってしまいかねないわけですね。



 ここまでくると「馬鹿は相手にしない」という作戦は通用せず、馬鹿を上回る説得力で味方を世界で確保する作戦でないと、相当にマズいよ、ということは言えるのではないでしょうか。


 なんだいこれ。



マクロミル、キュレーションマガジン『Antenna』を運営するグライダーアソシエイツへ15億円を出資

http://japan.cnet.com/release/30050059/



Antenna_130813



 今6月期の決算がせいぜいあの程度の経常利益に過ぎなかったのに、なんか良く分からん投資をやって、しかも15億も出してるからIRでもやるのかと思いきや質問メール投げても「開示基準に満たないので開示しません」というご回答。まあ丁寧に回答して貰えている分まだ好感は持てますけど、これは実に焦げ臭い。



 なんですか、このA種優先株式。しかも増資前。



 マクロミルの中の連中が言うには、このグライダー社のシャチョーである町野健さんという御仁がマクロミルの社内企画で応募して、それが社内では事業化には到らず、マクロミル代表取締役の杉本哲哉さんがポケットマネーで始めた事業とのこと。書類を見る限り、そのグライダー社の代取はもともと杉本さんで、その後経営に関与していた人は辞めて別の事業に転じていますね。



 っていうか、こんなあからさまに怪しいディールをするような会社さんでしたっけね、マクロミルって。

 当局に私は怪しいので監視してくださいって市場の真ん中で叫んでるようなものじゃないですか。



Guraida_130809








 グライダー社にも昨日、駄目元で質問メール送ったけど、まあ返ってきませんね、いまのところ。



Antenna_130812



 あんなただのRSSまとめアプリで、粒の揃わないウェブメディアの記事RSS収拾しているだけの事業で、何で評価額が60億になっちゃうのか、インチキ臭いし馬鹿馬鹿しくてしょうがないわけです。幾らなんでも、そんな評価額高いわけねえだろ。地味に株主として一言二言説明を対外的にしてもらわないことには納得できないんですよねー。



 変に特別背任だとかそういうネタでないことを祈るのみです。

 まあ、もうサイコロ振っちゃったわけだから、そういうことなんだろうけれども。


 事業名非公開の人材募集のはずが、シティーハンターですら射殺されるレベルの十字砲火で豪快に類推できるというのは志村忠裕的に大丈夫なのかと思うわけですね。



東証一部上場の人気IT企業!

http://consultant.en-japan.com/w_4586402/?KID=1&_PS_=rt%3D3%26startRow%3D1%26jobType%3D89150%26hc%3D1%26page%3D1



Shimura_130812



[引用]

携帯向けゲーム「モバゲー」主力。

ゲームで使うアイテム販売が収益源。

11年末プロ野球球団買収







 クイズマジックアカデミー状態じゃねーか。こんなんでいいのか、株式会社人材研究所。



http://consultant.en-japan.com/c_1338/?_PS_=KID%3D1%26WID%3D4586402%26rt%3D3%26startRow%3D1%26jobType%3D89150%26hc%3D1%26page%3D1

http://consultant.en-japan.com/company_search/desc_consultant_data.cfm?_PS_=rt%3D19%26CID%3D1338%26KID%3D1%26WID%3D4586402%26startRow%3D1%26jobType%3D89150%26hc%3D1%26page%3D1&accID=5863684



 つらつら見物にいったら超いい人そうだぞ志村忠裕。確かに本人写真の雰囲気が極真空手ぽい。



 FACEBOOKも発見したが、暑いからか「東京砂漠」とか歌ってて好感度うなぎ上り。



https://www.facebook.com/tadahiro.shimura



 なんでこういういい人っぽい人物に限って、非公開だっていってる企業の求人を思い切り開陳しちまうんですかねえ。思わず夜の貴重な20分を志村のために使ってしまったわ…。


 日本は典型的な内需主導経済であり、GDPにおける貿易の占める割合は15%程度です。だからといって、外需が要らないという話ではなく、然るべき投資を海外に対して行い、その上がりで円高対応をし、経常黒字を保っています。経常黒字であるからこそ、膨大な日本国債の下落リスクに直面することなく、何となく毎年国債発行額が40兆だいやそれ以上だといってもどうにかなっているわけですね。



中国バブルの崩壊時期と不良債権額を予測する

http://thepage.jp/detail/20130812-00010001-wordleaf

国債(国の発行する債券)

http://www.mof.go.jp/jgbs/


 で、その日本の外需において重要な役割を占めているのが中国経済であることは言うまでもありません。日中関係は冷えまくっておりますが、経済的には大事なお客さんであることに変わりはないわけですね。ただ、そろそろバブルだ崩壊だという話になっておりまして、結構な話になりつつあります。



 the pageに記事を寄せているThe Capital Tribune Japanの内容に補足をするならば(コンパクトに問題がまとまっていてとても良い記事です)、個人的には地域ごとの経済・市況のインジケーターにばらつきがあり、地域ごとに信用不安に陥る地域と、そうでもない地域に分かれるだろうという短期的な予測を持っております。一口に「中国」といっても、都市や地域ごとに経済の特質は異なり、経済崩壊といっても起きる影響は違うだろうと。もちろん、長期的にはいずれ巻き込まれていく運命にはあるわけですけれども。



 そんで、中国経済がバブル崩壊だなんだというほどでもなく、ただの減速でしたというソフトランディングに成功したとしても、中国への輸出が減少に転じるぞという話になると非常にしょっぱい話になります。予測では、一番最初にドイツが凄いことになりそうですが、我が日本も四半期成長が短期的にゼロになってしまうようなインパクトはあるんじゃないかと予測されます。正直、アベノミクスで上がった底が再び割れる規模で落ち込むことは想像できるわけですね。国土強靭化とか言ってる場合じゃありません。



 中国経済の変調については、すでに商品先物に影響を出し始めている状況ではありますが、ぶっちゃけ良かったり悪かったりぐらぐらしています。



正念場の中国経済、乗り切れる?/直近の指標と米欧景気で読み解く

http://thepage.jp/detail/20130808-00010003-wordleaf

東南アジアに迫るバブル崩壊説

Southeast Asia: The Next Crisis?

http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2013/08/post-3015.php



 強気と弱気が交錯している間はバブルは崩壊しないという根拠なき風評に縋るしかないわけなんですが、東南アジアのバブル崩壊の引き金は日本の異次元量的緩和だというお話も出始め、いわゆる「成長余力を巡る国際間競争」は現実のものとなりそうな気配です。日本の場合は、どうせ成長余力はないので、緩和しつつ余財を新興国に投資し続けるほか手段はあまりないのが現実ですけど、うっかり本格的に中国のバブルが崩壊しても一番「被る」のは誰なのかを見極めながらリスクヘッジしていく他ないんだろうなあと思うわけです。



 そうなると、インフラ投資を行って地域の経済維持に努めようという作戦も別に悪くはないのでしょうが、むしろ都心に集中してしまった雇用を地域に貼り付けられるような帰農作戦みたいな方法を考えないと内需持たなくないか、って考えてしまう私は重商主義脳ですかねえ。もちろん異論は認めます、私も確証ないんで。はい。


 何でしょう、このノスタルジーさえ感じさせる、古典的な荒らし。



 すぐ掃除されるんでしょうけどね、何でしょう、この「アメリカはナチ」。実はアーリア民族の国家だったのかアメリカ合衆国。そして「オスプレイはナチスの発明品」。凄い技術力です、ナチス。このそう高くはない知性に導かれたと思われる文言、そしてほとんど宿らない自制心の持ち主としか思えない犯行。もちろん、いろいろ憤ることはあるのでしょう。溜まっているものもあるのでしょう、しかし、どこまでも青く、浅い。ここまで鑑賞に堪える荒らしを久しぶりに見ました。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89

Abesan_130807






 そんなことをしている間に、渡辺独裁なのにみんなの党では江田憲司さんが幹事長職を解かれ、更迭されてしまいました。野党再編とか関係ねえ、お前はお仲間連れてどっかにいけば? って風情が心に沁みます。これで党を割らなければチキン、でもうっすいうっすい財布でどこへ行くの? って感じです。



江田幹事長を更迭=後任に浅尾氏-みんな

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013080700697



 幹事長の光景には浅尾慶一郎さんが。てっきり忠義を買われて元コーヒー屋さんでも抜擢されるのかと思ったら、さすがに現実を見ていたようです。



 一方、山本太郎さんもあれこれ刺されております。さすが人権蹂躙雑誌、他にも問題はいろいろあるだろうに、まず最初にレイプを持ってくるとは流石やることが違います。東京スポーツもまけじと「山本太郎さんすでに離婚していた」という話を持ってきており、このままでは円形脱毛症が進んで松山千春状態になってしまいかねません。私のほうがもはやはるかにフサフサです。



山本太郎氏わずか92日でスピード離婚していた

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/170270/

山本太郎氏 破局劇も円形脱毛症の原因?

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/170430/

山本太郎氏「未成年乱暴疑惑」報道を完全否定

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/170555/



 まさかこのブログで東京スポーツの記事を一日3本も貼る日がこようとは思ってもみませんでした。すべては山本太郎さんのお陰です。山本太郎さんの下半身問題については他にもさまざまあるのと、もう少し社会的にあかんことも中核以外に仕込んでいるようなので、精神的に崩壊して自分から議員辞職でもしてくれんかな、と思うわけですけど、なんかびっくりするほど鈴木寛さんの陣営は何もしていませんね。90日以内に辞職すれば次点繰り上げになるというのに、いつまでお通夜やってるんでしょうか。



 そんな平和な日本の横では、日本の命運を握る(かもしれない)2+2が…!!



露と2プラス2へ、米「スノーデン問題も協議」

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130807-OYT1T00402.htm


↑このページのトップへ