月別アーカイブ / 2013年03月

 【祝】プロ野球開幕! と思ったら、なんか横浜DeNAベイスターズがスタートダッシュを敢行しました。開幕投手藤井とか舐めてんのかカスとか思って本当に申し訳ございませんでした。平にお詫び申し上げます。クリーンアップが3番モーガン→4番ブランコ→5番ラミレスとかって、それってリグスラミレスラロッカやカブレラローズフェルナンデスみたいな感じであるという理解でよろしいでしょうか。



http://www.tbs.co.jp/baseball/game/20130330DY01d.html



 ボックススコアを見てみると、単純に中日投手陣の不調もあるのかもしれませんけどしっかりとボールを見られる状態に仕上がっているのかなという感じではあります。っていうか、補強が打線に関してはちゃんとハマって普通にベイス強い感じですね。なんてったって、多村や中村ノリさんが控えなんですよ。



中畑ツヨシ単独首位!今世紀初の開幕連勝

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130331-1105424.html


 なんか往年のカープの春先を見るような感じもしますが、やはり問題は投手力ですので、あまり早々に使い切らずにどこまで温存しながらやっていけるのか楽しみでもあります。失速したらしたで面白いし、このままの勢いでいったら名将キヨシ待ったなしの熱い手のひら返しが楽しめますので、どっち転んでもベイスは魅力が尽きません。



■ヤクルト



 一方、我らが東京ヤクルトスワローズ、相変わらず微妙な感じになっています。開幕スタメンに森岡が。二戦目5番に飯原が。昨日挙げた一勝も、畠山と名づけられた豚が一塁へ全力で走っていって併殺崩れの間に取った初回の1点を守りきっての完封勝ちという、セイバー愛好者の脳汁大噴出となる試合となりました。



 3番ミレッジも普通に機能していて、あとはバレンティン、川端という、故障神に捧げた生贄が帰ってくるタイミング待ちなんだろうなあと思います。まあ、二年目小川采配では開幕スタメンが3番濱中でしたからね。そのころに比べれば格段に良くなったけれども、しばらくは左の森岡、松井淳、右の川島慶三、飯原の併用、ってことでいくんでしょうか。ベンチに岩村や武内がおりますけれども、そこは選手層ということで。



 開幕戦は中継ぎが綺麗さっぱり燃えましたが、まあ負け試合はあんなものでしょう。花火師の伝統をいまに受け継ぐ日高や平井にそこまで高い期待をしてはなりません。長い目でいきましょう。



■ロッテとオリックスの死闘



 開幕から両者譲らず2試合連続延長戦、そのどちらもが千葉ロッテのサヨナラ勝ちによって終わるという、オリックスにとっては早くも単独最下位というセクシーな展開となっております。ボックススコアを見る限りオリックスも別に酷い戦い方をしているわけでもないんだけど、なんかこう、とってもオリックスな感じで詰めが甘い負け方をしておりまして、非常にカラスコ的です。



 オリックスはどうも一時的に石毛やレオンの魂が降臨してしまうんですよね。檻ファンはどう思っているのでしょう。



 一方のロッテも、1番根元はともかく、角中、今江、井口、福浦という並びはどうなんだろうと感じていましたが、それなりに機能していてびっくりです。福浦にいたっては髪振り乱してサヨナラ犠牲フライとか放ってましたし。伊藤監督も森脇監督も投手を代えたがる傾向に拍車がかかっていて、夏場がマジ楽しみです。



 個人的には、今日登板する檻のディクソンを早く見てみたいです。たまたまメジャーで観ていたセントルイスの試合で途中で出てきて大炎上していた、あのディクソンが、向かい風のきついQVCマリンのマウンドに立つというのはとても興味深いです。典型的な球威のないライトボーラーでコントロール重視型の先発Pだとは思いますが、似たタイプのバリントン、古くはホッジスが通用した事例もありますので、興味あります。



 ちょっとお出かけするので、また野球エントリーかきたいと思います。


 一家で落ち合って、豚組しゃぶ庵へ行ったわけですよ。このブログでは、ほとんど飯ものの記事を書かないんですけど、この馬しゃぶは泣くほど旨かった。週3回も豚組いったわ。2回は打ち合わせや会合だけど。40年生きてきて、馬しゃぶがあんなに美味しいものであるとは知らなかったわ。や、食べたことはあったのかもしれないけど、がっつり食べる経験はほとんどなかったんだよね。あっさりさおおありしてて、豚しゃぶや牛しゃぶとはまた違った趣があってとっても良い。



 一味唐辛子入れたフルーツポン酢や梅肉、おろしにんにくあたりが好きなんですが、家内はそばつゆやゴマだれで食べてました。



Butagumi_1_130330








 食べた後が、なんか名残惜しいわけですね。喰った喰ったというよりは、食べてしまった… という感じで。いいですね、馬しゃぶ。店員さんに伺ったら、4月いっぱいで終わってしまうのだそうな。冷しゃぶの季節に突入してしまうんですかねえ。



豚組 しゃぶ庵

http://www.butagumi.com/shabuan/

Butagumi_2_130330






 ネットで読んでて面白い著者ショーケースとしては、Cakesは凄く良くできているなあと思うわけなんですが、サービス自体が読ませ方を試行錯誤しているというよりは、読み手の側があれこれ考えながら読みこなす感じのメディアになってきてますね。



 平たく言うと、業界内読者率が高い的な。そもそも業界って何だよって話ですけど。ただ、やっぱりウェブ媒体だけでなく雑誌編集者の人たちと話していると「Cakes読みましたよ」的な反応はとっても多い。どこそこの雑誌に寄稿しましたよということを知って、社交辞令的に「読みましたよw」という流れでなく、ちゃんと読まれている感じがするわけですね。



 そういう私の読みましたよ案内。お勧めの記事とかだらだら書いてみます。



■清水英斗|居酒屋サッカー論



【第1回】なぜ、日本は負けてしまったのか!? W杯予選日本×ヨルダン①|清水英斗|居酒屋サッカー論 ~誰でもわかる深いサッカーの観方~|cakes(ケイクス) https://cakes.mu/r/8Sgf


 えー、私個人はサッカー良く分かりません。分からないけど、サッカーについて熱く語っている人は大好きです。私も野球について熱く語りますが、野球知らない人からするとこういうおっさんに見えているんだろうなあという客観視ができるようになるレベルぐらいまではサッカーについて語っている人を見てます。



 徹マガ(http://tetsumaga.com/)やってる宇都宮さんや、今回読んでて「あっ。これは続き読まなくてはな」と感じさせた清水さんの、文字から現れるある種のお客さんこれだけは分かって帰ってくれよ感がハンパないです。この辺の、戦術を語る肌触りは大好きです。私自身は「本田って誰ですか。ホークスのセカンドですか」ってレベルですけど、分からないなりに楽しいというのはとても大事だと思うんですよね。



 きっとサッカー楽しい人なら読んでて絶対面白いんでしょうけど。くそう、サッカー。文脈が分からんからなあ。勉強するかなあ。



■勝つ組織|佐々木則夫、山本昌邦



勝つ組織|佐々木則夫、山本昌邦|cakes(ケイクス) https://cakes.mu/r/YSgf



 あと、女子サッカーの対談。これまたサッカーはちぃとも分からないけど、この第3回の『ミスから何を学ぶか』を読んで、この新書買いました。もちろん読み終わってもサッカーが何だかいまだに良く分からず、その後youtubeで試合とか観たけどゴツい女の人がサッカーやってるだけで、何がどうミスなのかいまだに理解できていません。



【第3回】ミスから何を学ぶか|佐々木則夫、山本昌邦|勝つ組織|cakes(ケイクス) https://cakes.mu/r/kSgf



 しかし、ある種の瞬間の判断での良し悪しや、ポジション取り、空間認識といったところで戦術や効率が決まるというのはマネジメントとして一番もにょるところです。自分がそこにいるわけではないところで部下にやらせて成果をどう出すかという話ですから、当然のことながら会社がある程度大きくなって「計器飛行」になった経営者であれば痛いほど分かるところであります。



 あらゆる戦略が作戦でキーとなる行動で成果が分かれるというカタルシスの世界、といえば分かりますかね…。



■ぼくらが(台湾に)旅に出る理由|神田桂一



ぼくらが(台湾に)旅に出る理由|神田桂一|ケイクスカルチャー|cakes(ケイクス) https://cakes.mu/r/wSgf



 私のメルマガでもお世話になっている神田さんの台湾関係の記事。何かFACEBOOOKとか見てるとアジアのどっかに逝っているなあとのんびり思っていたものが、実はこんな精神の躍動の瞬間であったとは知りませんでした。先に言えよ。しかし、私が若いころにソ連へいって迷子になったり、スウェーデンにいってのんびりしたりしたときの感動ともまた違った、人と文化の素地が繋がっていて興味深いところです。いいぞもっとやれ。



 この「異文化なんだけど地続きな感じ」は、高校時代、クラスメートだった台湾人の実家に遊びに行ったときに強く感じました。そのときの台北は、いまよりもっと大気汚染が凄かったけど、あの台湾人の不思議なパワーが印象深かったんですよね。その後もちょくちょく台湾は訪問していますが、プライベートではほとんど足を向けないこともあり、神田さんの感覚は物凄く楽しく興味深いのです。



■歴史のプレイヤーとしての意識|船橋洋一



歴史のプレイヤーとしての意識――船橋洋一インタビュー後編|船橋洋一|空気を読まない生き方|cakes(ケイクス) https://cakes.mu/r/1Sgf



 船橋洋一さんのインタビューの後編。近いうちに書評を書きたいと思っている『カウントダウン・メルトダウン』についても、かなり奥深くインタビューされております。



 想定するべきは巨大リスク社会って奴なんですが、本書においてもかなりの部分、危機対応における日本型組織の根本的な駄目さであったり、有事のときに(たまたま)そこにいたトップの品質であったり、いろんな巡り合わせもある中で起きてしまう現象に興味がひかれます。



 この対談を枕として、この本は読んでおくと日本の組織の問題が凄く良く分かるのでお奨めでありますよ。ほんとに。



■簡単&効果的な「法律の名前」知識とは|布施直春



第2回 簡単&効果的な「法律の名前」知識とは|布施直春|「武器」としての労働基準法|cakes(ケイクス) https://cakes.mu/r/XCgf



 労働基準法は、働く側、雇う側が守るべき決め事であり、これを知らなければ自分を守ることはできませんよね、という大変基本的ながら重要なことをしっかり書いておられます。



 実際には、トカゲの尻尾きりや事業不振時の雇い止め、圧迫解雇やサビ残などは横行してて、法律をたてに自分を守らないと職場環境だけでなく自身の立場も守れないというのはどうなのかなと思ってしまう実情があります。



 不思議と、労働環境だけは違法が蔓延して、グレーゾーンどころかブラックでやってる会社が多数あるからこそ、ブラック企業という形でネットで指弾されることも多いんだって言えますしね。



■ウーゴ・チャベス、山口昌男、二川幸夫——2013年3月の物故者たち |近藤正高



ウーゴ・チャベス、山口昌男、二川幸夫——2013年3月の物故者たち |近藤正高|一故人|cakes(ケイクス) https://cakes.mu/r/bCgf



 やっぱり面白いよ、この連載。イチオシというか、お奨めです。ああ、でも死んだ人のことを書いている連載を楽しいとか書いては不謹慎なんでしょうけど、生きた人の形って死んだときに分かるんだなあって再確認するんですよ。



 また、人間ってちっぽけだけど、実績で見たとき結構そびえたってるな、って思います。それだけのことをした人だからこそ、死んだときに近藤さんにこうやって取り上げてもらえるのだろうとも感じますけど、やっぱり建物を見上げるような心象風景って確かにここにある。



 近藤さんの書き方は、前にも触れましたが単に業績を羅列するんじゃないのが故人への興味をかき立てます。なんだろう、この文章の読感。すっと読み飛ばせない感じ。



■【第28回】一人暮らしの方がモテますか?|フェルディナント・ヤマグチ



【第28回】一人暮らしの方がモテますか?|フェルディナント・ヤマグチ|フェル先生のさわやか人生相談|cakes(ケイクス) https://cakes.mu/r/ZCgf



 安心と定番のフェル山さん。人間はさまざま、できる恋の悩みの形もさまざま。ひたすら下世話だけど、ひたすら真正面から悩みに応じるさまは、ある意味で圧巻です。ある意味で、クラスター分析して統計的に解釈してみたい気持ちを抱くぐらい。



 フェル山さんとは生きる人生が本当に正反対で、お互いがお互いの人生の中身や得てきたものを理解しあうだけで数年かかりそうなものだけど、単に書き手として以上に尊敬をしていますし、感じるところは多々あるんですよね。




 前回提示した公開質問状については、結局私宛には何の回答もありませんでした。



アブラハムPB社「いつかはゆかし」事業に対する公開質問状(訂正あり)(報告あり)

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/03/post-4ccd.html

【謹告】アブラハム社から公開質問状に対する回答はなし

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/03/post-b316.html



 また、貴社アブラハム・グループホールディング社およびアブラハム・プライベートバンク社(便宜的に以下アブラハム社と呼びます)から代理人として指定された弁護士に対しても、代理人であるという根拠を示す書類の再提示や、公開質問に対する返答を催促しましたが、これも応答が無い状態です。然るべき回答があり納得すればこのような記事を書くこともございませんので、誠意ある対応がなされず誠に遺憾であります。


 アブラハム社は投資助言業の資格しか持たないにもかかわらず、事実上、保険会社であるハンサード社のラップ口座を積み立て商品として紹介、販売している事実関係については、アブラハム社が抱えている訴訟の内容を見るだけで充分です。営業資料や、その際にアブラハム社からの営業マンが語った言葉もすべて確保してあります。これは、投資助言ではなく、明らかにハンサード社の積み立て商品を売るための営業であって、販売代行であり、その認識があるためにハンサード社からのキックバックがあるものと考えられます。この時点で、すでにアブラハム社は業法違反なのではないかと想定されます。



 さらに、海外ファンドを直接取り寄せなどと称して、結局はハンサード社に対して入金のためのカード手数料やラップ口座管理料を取られているという時点で、広告の内容に嘘があり、有利誤認を導く断定的判断となっていることは明らかなことです。一刻も早く、実態に即した適切な広告表記や適法な業務スキームに切り替え、違法状態から是正をされることを望みます。



 その後の調べで、アブラハム社の経営の経緯およびその代表取締役である高岡壮一郎さんに関して、以下の疑問点が出てきました。細やかな点に関しては、すでに当局へ情報提供を済ませておりますが、困ったことに問題はこれだけではありません。当方はアブラハム社の決算書抄録や海外の偽装関連会社についての関係図も入手しています。アブラハム社および高岡壮一郎さんに対しては、然るべき回答を改めて求めるとともに、過去に行われた適法とは言いづらいビジネスについては謙虚に反省し、不当なSLAPPで提起した元顧客などに然るべき謝罪を行って金銭的・精神的被害を回復するよう努力するのが筋ではないでしょうか。



 高岡壮一郎さんは、自身の会社顧客に対し、アブラハム社など経営する会社の上場の計画を語り、投資家が民主的で正しい情報を元に取引ができる環境づくりに寄与したいという夢を熱弁したそうです(なぜか録音ファイルもあります)。



 もしも、その夢や理想が真実だとするのであれば、いますぐ為してきたことについては真摯に猛省し、正道に立ち返ってビジネスに取り組むことを強く希望します。間違っても、会社は赤字にして納税を行わないでおきながら社宅として六本木ミッドタウンの高級レジデンスに月額120万円の家賃を持ち、周辺の住民に「高岡家はユダヤ系金融機関オーナー筋と親しい」などというご近所爆笑ネタをばら撒いたりしてはなりません。



 結局、貴殿のいまやっていることは、ただの保険商品販売会社じゃないですか。それが駄目だという話ではなく、ビジネスやるなら適法かつ正直にやってくれ、という意味です。よく考えてください。



■約1億円の不思議な売掛金について



 貴社アブラハム社は、多額の広告宣伝費を使って「いつかはゆかし」の集客を業として行い、その顧客や見込み客に対する情報商材を販売することが収益の一角であることは、貴社が株主に説明した内容から明らかになっています。



 ところが、24年7月期の内容をみますと、表面上の決算は売り上げ3億5千万あまり、純利益が1億円あまりと好調であるという内容になっていますが、同時に貴社の売掛金として1億円弱計上されています。



 投資家に対する小口のDVD売り上げと投資助言業が主たる収益であるはずのアブラハム社にとって、期をまたぐ形で1億円もの売掛金が発生するというのは実に不可解なことです。5万円と2万円のDVDが「いつかはゆかし」会員に対し月間100本ずつ売れた月があるように月次決算からは見受けられますが、その月は高岡さん自らが「情報商材の販売は好調であった」と説明しておられます。しかし、実際には月間100本ずつ売れて好調な月でも情報商材販売の総額はたったの700万円程度にしかなりません。残りの9千万はどこに消えてしまったのでしょう。



 また、別の貴社役員の説明では、「いつかはゆかし」を含むアブラハム社のビジネスというのは3ヶ月ごとに〆られる投資助言業フィーと、クレジットカード等で即月で入金される情報商材販売が中心であるため、売掛金の回収が早くビジネスリスクが少なくて済むという内容となっております。これは、明らかに貴社ビジネスの決算書上の現状と内容が異なりますが、実際にはどのようなご事情で(グループ全体の売上高に比して)過大な売掛金が積み上がってしまったのでしょうか。



■HSBC(香港上海銀行)香港の口座について



 上記の売掛金に関して、より詳しく質問させていただきたいのが、HSBC香港の口座です。



 元関係者たちの熱い証言に基づいて調査をしてみたところ、非常に興味深い状況が判明したのですが、貴社におかれましてはその後の経営に関するご説明で「これらの売掛金が解消された」という内容のお話をされているようです。個人向けの情報商材販売の売掛金が満額一括解消されるというのはにわかには理解できません。私も債権回収のビジネスは多少知っておりますが、サービサーを利用するにせよ滞留していた売掛債権が回収されるのはバルクで売却した場合がほとんどです。しかし、入金されて売掛金が解消されたというのであれば、一応はそれは事実なのでしょう。



 ところが、この入金元について辿っていきますと、HSBC香港のある口座にブチ当たりますが、貴社グループとは資本関係の無いことになっています。この会計については、個人向け情報商材がHSBC香港に口座を持つ会社によって一括購入されたということか、本来の売り掛け先とは違う法人が代位弁済したという形しか考えられず、やや不可解なところがあります。



 その口座の名義人は、



Sagacious Trend International Limited, MR. Daijiro Takaoka



となっております。このDaijiro Takaokaさんとは、高岡壮一郎さんの弟さんで、アブラハム社の取締役に就任しておられる高岡大二郎さんという理解でよろしいでしょうか。



 登記情報を洗いますと、英領ヴァージン諸島(BVI)に設立されたサテライトにお名前があり、こちらもSagacious Trend International(以下STI社)があり、貴社関係者のM氏がManagerとして記載されています。しかし、そのオーナーシップは高岡大二郎さんとなっており、アブラハム社とは資本関係はないけれども実質的な兄弟会社としてSESCの臨店検査逃れを目的として迂回させている、という疑いが持たれるかと思うのですが、貴社としては如何お考えでしょうか。



 また、上記売掛金の解消と関係しているとするのであれば、アブラハム社の売掛金を資本関係の無い兄弟会社が買い付けるという不思議な事態になります。売掛金の対照となっているのは情報商材DVDですので、1億円分のDVDがこの実態が良く分からない会社に送られたということになるのでしょうか。



 上記HSBC口座については、残高が日本円で億単位となっています。口座の開設が2010年となっており、主たる入金元は上記BVI法人を経由してハンサード社からのものという理解でよろしいでしょうか。この場合、情報商材のDVD1億円分とハンサード社のキックバック売り上げが上がった企業所得に対する税金はどうなっておりますでしょう。国内営業を行って得た企業所得について、オフショア海外法人を経由したとしても日本で納税しなければなりません。所得隠しの可能性があるのだとすると、金額的に2億円を上回っておりますので、即アウトとなるレベルなのではないかと憂慮いたします。きちんと納税されていることを祈るのみです。



 また、これらの問題について、高岡さんに指摘した元取締役がいたが、事情があってアブラハム社の経営から離れられた、と証言する方がいらっしゃるのですが、これは事実でしょうか。少なくとも、上記売掛金の問題と、HSBC香港の口座の問題を見るに、すでにこの段階で粉飾と脱税の両面が疑われる状態となるのですが、貴社ご見解をお聞かせください。



 以上、差し支えない範囲内でご回答賜れますと幸甚です。

 よろしくお願い申し上げます。




 前号のメルマガ47号が歴史的なバックナンバー売れ行きを示しまして、告知をしないともったいないのかなという気もしてきましたので、発行終わりに目次のご紹介がてら内容紹介をしてみようと思います。



『人間迷路』48号 --北朝鮮方面安全保障特集みたいな感じになっている、韓国サイバー攻撃被弾話と北朝鮮関連報道をメインに書く回

夜間飛行: http://yakan-hiko.com/kirik.html

BLOGOS: http://magazine.livedoor.com/magazine/50



 今回のインシデントは3本です。



■一票の格差問題で右往左往している与野党折衝の件



 3月2日にメルマガで号外を出しましたとおり、高裁では2箇所、違憲判決&選挙無効という事情判決抜きの重い結果となりました。もちろん上告されるわけですが、元最高裁判事や司法関係者の話を詳しく聞くに、大事にしたくない司法の側としても2年前に最高裁で違憲判決を出している区割りのまま選挙を行ってしまったことで「司法軽視の姿勢を是正されることが確約される必要がある」と考えて厳しい決定を最高裁が下す可能性はいまなお否定できないという話が出ます。



 むしろのんびりしているのはメディアや野党の側で、さてどうしたものだろうと思うわけですね。


 ポイントは二つあるようで、片方が「別に2倍未満というラインは違憲判決を下さないための目安って決まってるわけじゃない」こと、もう片方が「原告団は違憲判断が出たので即時解散と全国比例一区の要求を国会議員に対する損害賠償裁判とバーターで突きつける」ことであります。一ヶ月前までは荒唐無稽と与党関係者も官邸筋も笑い飛ばしていたものが、いまとなっては相応に然るべき対応をしないことには不測の事態もあり得るという認識もあるようでして、一部では「司法テロ」「司法クーデター」というようなおどろおどろしい言葉で言われていたものも、実は正当な国民の権利が侵害されてきたのだ、真の意味で民主主義を実現するためには実は通るべき道なのだということもまた、改めて分かる次第であります。



■北朝鮮が面倒くさい件で



 インシデントとしては北朝鮮を先週扱いましたので、連続でやるのもどうかと思いましたが、ご承知のとおり北朝鮮方面の緊張感が勝手に高まったこともありまして二週連続で取り上げてみました。いろんな説が飛び交っていて、正直何が本当なんだか分からんなあと言うのが本音です。ただ、真の意味で「暴発=北朝鮮終了」でもありますので、リアリズムの観点からすると戦争はないだろうと思いたいと言ったところでしょうか。



 ただ、ちょっといままでの北朝鮮ウォッチングとはまったく違う文脈の話が出てきており、これは北朝鮮がかつてなく不安定になっている可能性を示唆するものだ、というのが一致した見方であるようです。メルマガでも軽く触れましたが、どうも本格的に中国のコントロールが効かなくなっているというのは事実みたいで、某所では中国が北朝鮮に介入するシナリオさえも検討し始めたという話まで伝わってくる始末です。



■韓国のサイバー攻撃に関するまとめ



 これまた謎の多い韓国のサイバー攻撃関連ですが、どうやらスキルの程度はそれほど高くない愉快犯によるものではないのかという説が有力視されてきております。実はスキルがあまり高くない某隣国の工作ではないのかという話も平行でありますけれども、そんなことは知らぬ存ぜぬ。



 一般論として、具体的な作戦が伴わないサイバー攻撃はあまり合理的でなく、第二波も来ないことから、混乱そのものが目的のサイバーテロの可能性が高いよなあ、でも何の要求もなくエスカレーションも見られないということで、もうこれは手口からその先の情報が出てこない限り分からん、という結論になりつつあるのが現状であります。そういう話を面白おかしく書きました。はい。



■告知とか、Q&Aとか



 その他いろいろ告知をしております。最近は書き物の発表やイベントのお知らせが多いので、なんかその辺ご関心のある方はチェキラ☆



 以上、よろしくお願い申し上げます。


↑このページのトップへ