月別アーカイブ / 2012年12月

 さすがに海江田万里さんはないだろうという願望をぶち破り、あの民主党の葬儀委員長に選任されたそうです。



民主党:新代表に海江田万里氏90票 馬淵氏は54票

http://mainichi.jp/select/news/20121225k0000e010172000c.html



 この民主党代表選ほど「他にいなかったのか」と他人事ながら興味本位で党分裂を期待してしまう自分の悪魔側の心がやるせないわけでありますが、財テク本といい和牛商法の広告塔といい、何よりも東日本大震災という最大の災厄を前にして重量級閣僚たる経産大臣として存分に政治力を発揮するはずが右往左往の挙句自民党に追及されて公衆の面前で号泣し、いつの間にか役職を解かれ、おまけに小選挙区では東京一区住民が満を持して落としたにもかかわらず比例で復活当選を果たし、喋れなくても与謝野馨さんに自民党ってゼッケンを首からさげさせておけば惜敗率はもっと下がって見事無職となったはずの海江田さんが、まさか野党第一党の党首ですよ。


 何を隠そう、海江田万里先生は我らが慶應義塾大学で、私が委員長を務めた文化団体連盟という自治会の会計幹事をしておられ、議員になったので三田祭で公演に呼ぼうと思ったら法外なギャラを要求されて、控え室に通した下級生の女の子を捕まえて「質疑応答の質問がなってない」等のクレームを容赦なくぶつけられ泣かれるという事態になった記憶も生々しい、慶應義塾大学法学部政治学科の卒であらせられます。なお、当時の文化団体連盟はまだ左翼活動をしておりました頃でしたので、私のいた体制派の自治会とは色も随分違うわけではありますが、彼が民主党の代表とはなあと感慨深く思うわけであります。



 良くも悪くも風に乗る人ですので、彼のバックグラウンドに入る人が重要で、セコンドに輿石東さんなど実力派なのに調整能力が微妙な御仁がついている限りあまり画期的な反転攻勢を仕掛けられるとは思えないわけなんですよね。彼の通称でついている「パペット(傀儡)」という評価もあながち捨てたものではないと思うんです。



 一方、未来の党は未来の党で、正直なんだか分かりません。どういうことなんでしょうか。



嘉田氏、小沢氏に不快感「連絡とれずお隠れに」

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121225-OYT1T00853.htm



 正直、小沢一郎さんについて言うならば「お隠れ」って要は死んだってことなんじゃないかって思ってしまうぐらい不適切な表現だと思うわけですが、語彙を知らずに嘉田由紀子女史が言ったのであれば無知であるし、知ってて言ったんであれば腹黒だろうと思うので、もうちょっと言葉を選んだほうがいいんじゃないかって感じます。



 それにしても、小沢さんは相変わらず「都合が悪くなると電話に出なくなる」という生態の動物であるらしく、これはもう部下率いて党を割る気満々なんだろうと感じます。民主も海江田さんに割らせて再度小沢グループを作るのか、あるいは野田派なるものが出来て分裂して自民党に合流して改憲の流れを持ち込むのか分かりませんが、この負け戦後の敗退側のうだつの上がらなさは異常です。こうなると、社民党も一緒に民主党合流だーぐらいのことをやりかねません。



 本当に、大丈夫なんでしょうか。



 一方、勝てば官軍で組閣人事が固まる自民党も、党人事が出たわけですけれども、党三役の政調会長に高市早苗女史、総務会長に野田聖子女史という、両翼にうんこをぶら下げた不思議な体制をとってきました。こっちはこっちで大丈夫なんでしょうか。文字通り、幹事長石破茂を筆頭とする石破無双で党内の結束を図るというかなりの博打になっております。自民党本部は組織が優秀なので、仮に微妙な人が上にいても大丈夫という判断なのかもしれませんが、これはこれで凄いことなんですが、民主海江田代表とか、未来の党が早くも壊し屋による解体工事が始まる風情に比べるとインパクトが欠けます。



 既存政党がこのような状態ですと、なかなかに「政治不信を払拭する」とかむつかしかろうと思ってしまうんですけれども、これが私たち日本人が戦後70年間営々と築き上げてきた民主主義の現実だということを、有権者自身が理解する必要があると思いますね。




 どうしても市長の座にありながら政党代表と参院選出馬を両立させたいので、現在全力で参議院議員と地方首長との兼職は可能という法律を作りたい橋下徹さん。今日は今日とて、権力分立を三権分立と勘違い、この渾身のボケにツイッター民から全力でツッコミを受けるという高度な政治漫才を披露しておられます。やはり、これはモノが違います(達川風)。














 こうやって橋下さんの一連の発言を見ておりますと、その政治姿勢に対する支持、不支持がどうというよりも「ああ、いまの政治制度というのは、こういう歯止めをしっかり用意してあるから、一時的な人気者によって破滅的な政治にならないようなシステムとして機能してきたんだな」と感動する次第であります。









 こういう「駄目だったとき取り返しがつかない」ことに対する想像力を働かせないトップというのは偉大です。ある程度、理性のある人たちが総じて「なるほど、これはちゃんと妨害しておくべきだな」という仕組みが働くからでもあります。



 事実、ネット世界の白血球T細胞とも言える小田嶋隆さんが敏感に反応、T細胞からの命令を受け取った白血球が現在猛烈に異物に対して攻撃を加えようとしているこの状況は、メディア界隈における上杉隆症状の第Ⅲ期にも似ており好感が持てます。















 もちろん、上記の小田嶋さんの揶揄は橋下徹さんの不倫報道を受けてのことだと思うわけですが、地方自治よりもまずはご自身の下半身の治水事業について討議したほうがいいようには確かに感じます。



 ところで、一連の選挙期間中から選挙後のさまざまな報道で感じる部分もいろいろとありまして、首相指名は当初橋下さんが「安倍氏に」と言っていたのが、石原慎太郎さんに話が通っておらず叱られると今度は自公に対抗というような話が出だして、これはもはや酔っ払っているのではないかと感じるんですよね。



橋下氏「首相指名選挙は安倍氏に」 石原氏は「平沼氏」

http://www.asahi.com/politics/update/1217/TKY201212160258.html

自公に対抗、民主・維新・みんな結集で…橋下氏

http://news.livedoor.com/article/detail/7253278/



 まあ、面白いから別にいいんですけど、橋下さんは今後もずっと楽しく発信していただきつつ、彼を支える党本部や自治体の皆様方におかれましてはしっかりと国民のほうを向いて活動をしていただけるといいなと感じるところであります。



 個人的には、近畿圏比例一位が東国原英夫さんだった、というので「これはヤバイ」と思ったわけですが、大阪の人たちはこれでいいと感じたんでしょうかねえ… もう少し笑えるのであれば「さすが大阪」となるのかもしれないんですけど、あんま洒落になってないような。いつまでルーピー担いでいるつもりなのでしょうか。


 てっきり告知したつもりでいたのが忘れておりました。



宣伝会議 12月15日号

http://www.sendenkaigi.com/books/back-number-sendenkaigi/1094







Enjo_121221






 主に企業や経営者の面白対応がネットでいろんな意味で話題になり物議を醸して炎上していく過程について解説をさせていただいております。楽天やスタートトゥデイなど、正直で前向きな経営者がやらかす案件などで火消しに追われる広報担当者の悲しい後姿について余すところなく語っています。『宣伝会議』には結構好き勝手書かせていただいて、個人的にもとても楽しい執筆でありました。



 ただ、皆さま炎上というと辛いことばかりと思うことも多いかと思いますが、ネットで長らく活動していく中で、炎上せずに末永くやっていくというのは実にむつかしいことです。というか、炎上するぐらい際立っていないとネットというのは埋没するよねという部分も多々あり、私自身もキチガイの人たちに突っ込まれて炎上した経験があったので却ってネットでの活動に幅が出たといってもいいのかなとも思っています。



 やっぱり、ネットで炎上する人たちというのは、相応に有能でひとかどの連中もまた多い、ただし私以外、ということで、よろしくお願い申し上げます。


 六本木ミッドタウン方面に向かって土下座を続けてきた効果が現れ、ヤフー個人で情報配信を開始することになりました。デザインがテンプレな感じもしないでもございませんが、まずは仮運用ということでひとつ。



やまもといちろう 無縫地帯

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/



 そこの中で、ちょうど昨日、2ちゃんねるの西村博之さんが書類送検されたということで、多少の解説記事を大枠でつらつら書き綴っております。適当にご笑覧いただけますと幸いです。



2ちゃんねる「元」管理人、西村博之さんが書類送検された件で

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20121221-00022791/


 まあ、世間体のある常識的な大人であれば、書類送検されたというのは人生の一大事でありますが、西村さんにとっては勲章のひとつぐらいにしか思ってないだろうという点で晴れやかな気持ちで毎日を送っておられるように思います。その一方で、彼が彼の価値観で自由な人生を送るだけではすまないシガラミもあれこれ本来はあるはずなんだろうけどなあ、ということを考えますと、関係者の皆様方におかれましてはお疲れ様でございますという慰労の言葉をお贈りしたいと存じます。だからなんだという話ですが。



 今後は孫正義さんがハゲだという件については慎みある表現を多用することを誓いたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


 またもや無闇に満員になってしまい、立ち見の方にはだらだらトークで申し訳ございませんでした。



 心配された司会役の中川淳一郎さんがあまりのハイペース飲みは、案の定客席後方で完全に泥酔し潰れた中川さんの露な姿が深い哀愁を漂わせておりまして、ただ復活しそうなのを見届けられたため、それを横目に私めは某お役所の忘年会三次会へと向かったのであります。



Nakagawa_deisui_121220



 おお なかがわよ つぶれてしまうとは なさけない








 今回のビジネス書選書については、後日(というかメルマガを配信してから)当ブログで一挙掲載! としたいところでありまして、結構粒ぞろいなんじゃないかと思ったりもします。マジお奨め本もあり、旬の過ぎたと思しき勝間和代女史の怪著『やせる!』もあり、さてどうしたものかと感じるところであります。



 来年も『ビジネス書ナイト』は開催する方向であれこれ考えているようですので、引き続きよろしくお願い申し上げます!!


↑このページのトップへ