月別アーカイブ / 2012年11月

 いま、大沼の身に何かが起きている… そんな予感を感じさせる公示が先日ありまして、世界68億人の大沼ファンから熱視線が注がれ煙が上がっています。



2012年11月公示

http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/kouji/2012/11/index.html


 強制的に任意引退させられたはずの大沼が、自由契約に…? これはまさか獲得を目指している球団がどこかにあると、そういう話なんのでありましょうか。満を持して中一年、今年1イニングも登板しない屈辱を経て大沼がマウンドに上がる日が近づいていると、そういうことなのか…。



 一説には、三年出来高込み6億円という途方もない契約でソフトバンクホークス入りをした五十嵐が、思いのほかアレだったために、五十嵐風の濃い顔のお面を被って大沼が出てくるのではないかとか、同じく戦力外になった小野寺や一場と三神合体してスーパー大沼として復活を果たすのではといった憶測も流れております。空白を経てもトライアウトを毎年受け続ける古木や橋本将といった古強者もおります関係で、俄然今年のストーブリーグは大沼推しであり、球界復帰待ったなしの熱い心で続報を待ち望みたいと思っております。



■ボウカー残留



 CSや日本シリーズでの活躍が認められ、我らがボウカーが残留という吉報が舞い込んでまいりました。ボウカーが生き残った最大の功労者は日本ハム吉川であります。っていうか誰なんだお前。一年活躍したぐらいで第一戦の先発なんかしてんじゃねーよ、と思いましたが、ボウカー残留の原動力になったという一点に於いて球史に名を残したものと思われます。



 まあ、3Aであれだけの結果を残していたわけですし、一塁手として考えたときに石井や小笠原よりも守備が良いということも考えますと、併用でも来季使いたいというのも分かります。というか、ボウカーで駄目なら今年獲れる3Aのプロスペクトで日本野球向きそうな選手がいるのかといわれるとなかなか。



 そういうわけで、素直にボウカー残留を喜びたいと思います。



■暗黒戦士、塩谷逮捕



 なんつーか元阪神って書かれてますけど、文字通り最下位請負人だった我らが塩谷、詐欺容疑で逮捕されてるんですね。驚きました。



元阪神選手 550万円詐欺「生活費に困り金が欲しかった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121116-00000083-spnannex-base



 まだココログに移る前に、随分塩谷は面白くてブログ記事で追いかけてきましたが、まさかこのような形で超弩級のネタを投下してくるとは思いもよらなかったのです。いまのネット界隈であれば、塩谷はただの畜生扱いで終わってしまうのかもしれませんが…。



■田澤ルール



 過去からさまざまメジャーリーグ挑戦へのガイドラインは議論されてきましたし、それこそ野茂批判から野茂活躍後に野茂神聖化という過程を辿ったわけですけれども、日本アマチュア球界から直接メジャーに流れ始めると日本のプロ野球としても困ってしまうので、何らかの歯止めを、といいたいところなのかとは思います。



メジャーリーグ挑戦とプロ野球の「田澤ルール」

http://logbooks.jp/?p=453



 ただ、日本プロ野球界にそれだけの制限を選手に強いる資格があるのかや、極論を言うならば地方の独立リーグだって立派なプロ野球なのだ、経済規模は千分の一だけどとかいう議論も含めていうと、結局のところ日本の野球関連組織ってどうしてそんなにクソなのというところに逆戻りをするのです。



 しかも、高野連であれ大学野球連盟であれ、自分たちでは自分たちなりに頑張ってきたんだという気持ちが強いので、他の団体と有機的に折り合おうとは絶対に考えないのだろうなあということ、さらにはバックについている新聞社同士の抗争から、興行権、運営の仕組みまですべてが入り組んでいることを考えると、田澤ルールの向こう側に見えてくる景色もいろいろとあろうかと考えてしまいます。やれやれ。



■ミレッジ



 今年のミレッジは活躍しましたし生贄も経験するなど、野球に対しては真面目であることが良く分かりまして、さすがヤクルト外人スカウト陣だと改めて思うところであります。で、そのミレッジに酷似していると以前から評されてきた出川哲朗さんが文字通りミレッジと競演する可能性が高まって興味深いです。



燕初!出川をファンクラブ名誉会員に任命(1/2ページ)

http://www.sanspo.com/baseball/news/20121117/swa12111705050000-n1.html



 これ、普通なら「お前、悪ノリしてんじゃねーよカス」と煽りたくなるところなんですが、相手が出川だとなった瞬間に何となく許せてしまうのが出川哲朗の人柄とヤクルトの絶妙すぎるポジションなのかと思うわけです。ヤクルトスワローズファンとしてもリスペクトできる人ですね。大天才テレビくんはなぜか海外NHKで放送しているのをよく観るわけですけど。



 SABR的にも研究しようのないタイプの選手のようにも見えるので、来年も怪我さえなければそこそこ以上の活躍が期待できるなあといまから楽しみであります。レプリカユニ作るかなあ。っていうか、子供も大きくなったし今年こそはもっと神宮に通わねば。



■斎藤隆



 横浜DeNAベイスターズに復帰だそうですが… いや、いいんです。活躍するよりも、投げているところを横浜スタジアムで見られるのであれば。ベイスの若い投手のお手本となってくれればと。



斎藤隆8年ぶりDeNA復帰へ

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/54718/



 ソースが東スポなのが気になりますが、この手のプロ野球人事とプロレス関連は日本最大のクオリティペーパーと思っておりますので、強く信じ込みたいと思います。


 上杉隆さんがやりおったというので、見物にいったところ、本当に提訴に踏み切ったようですので念のため。



【 提訴のご報告 】

http://uesugitakashi.com/?p=2613



 池田せんせ側も軽く反応しておりますが、反訴したら立場的に困るのは上杉さんの側だろうと思うので、どういう作戦を考えた上での提訴なのかが興味深いところではあります。まあ… 単なる上杉さんの自爆の可能性も残るわけですが。








上杉隆氏、池田信夫氏とNHN Japanを提訴

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1211/16/news035.html



 こうなると、池田さん側か上杉さん側か、訴状の内容を明らかにしてもらって何が争点になっているのか知りたいと思う気持ちも強いわけですが、東京MXテレビのやらかしたことも含めて周辺からプレッシャーかけていかないといかんということでしょうかね。



 今回の件は、野次馬の目から見ても明らかに池田信夫さん側に理があると思うので、余計なお節介は承知しつつ、ちょっといろいろ運動してみようと思います。



 いや、それにしても上杉さん、これはあかんで。


 怒髪天を突こうにも怒るべき髪がなくて平和主義者の岩崎夏海せんせですが、相変わらずのハックル節を炸裂させており、周辺に瘴氣がもうもうと漂っております。



Natumi_121116



 なんといっても、「ちきりん」という名前を本人が商標登録申請していたかどで本名バレするという、そんなもん誰も登録するはずないやろ、ちきりん饅頭でも発売予定やったんか、お前は星野監督か(*1)と思わずにはいられない一件で、NAVERまとめサイト入りしてしまうという微笑ましい展開に野獣の花を咲かせております。



人気ブロガー“ちきりん”の正体? かぎりなく本物っぽい人物が話題に

http://matome.naver.jp/odai/2135282759186560301


 まあこんなのウェブ媒体でメディアの仕事をしている人であれば結構な割合で知ってた話ではあるんですけれども、匿名で執筆活動をしたい、自身の経歴のイロをいまの執筆環境につけたくない、という人もまた多いわけでありまして、これはまた凄い勢いで身バレしたなあと思うわけであります。



 っていうか勝間和代女史のラインの割にあんまり読者も被ってなさそうで、またちきりん女史に関しては身バレしても誰にも迷惑がかからなさそうなんですけど、実際にはいろいろあるんでしょうかね。ステマがバレるとか。でも書いてることも考えさせられる面白いことも多いし、あまり今回のことを気にせずはっちゃけて楽しく書き続けていけばいいんじゃないですかね。フォローになってないかも知れませんが。



 今後のちきりん女史として、どういう行動をとるのか気にかかります。私としては「Chikirinの日記」を改名して「いがやすよブログ ~ちきりんは不在にしています」という感じにすると家相の方角的に吉なんじゃないかと思うんですけれども、伊賀など知らぬ! 存ぜぬ! マドモアゼぬ! という態度でちきりん名義で突っ走る方向になるのでありましょうか。なんか誰がどう見てもあのタイガーマスクは佐山聡なんだけど敢えて誰もそれを言わぬでおこうというプロレス的なアプローチになったら楽しいでござるね。



 伝え聞く限りでは、ちきりん女史はキャリアデザインについては非常に一過言ある優秀な人だったと聞いてます。ただ、いわゆる業界分析のようなことは決して最前線でやり続けてきたというわけでもないと思うので、どのようなルートで過去さまざまな業界評論や社会時評をされてきたのか、興味深いところではあります。



 一方で、ちきりん女史の正体バレしてからのハックル岩崎せんせの発言の数々がそれはもう面白いのです。岩崎せんせ渾身のブロマガはこちら。



ハックルベリーに会いに行く

http://ch.nicovideo.jp/channel/huckleberry



 ただ、サイトを下にだだっとスクロールさせてしまうと、変な帽子を被ったおっさんのサムネイルが次々と現れることとなり、ある種のゲシュタルト崩壊に導く悪魔のサイトとなっておりますので、閲覧には充分にご留意いただければと存じます。



 今後ともよろしくお願い申し上げます。


 やらかしたという話が聞こえてきてから、わずか数時間の間に内容が晒されていてネット社会オソロシス。誰ですか、こんな怖いウェブにしてしまったのは。



 リンクについては自粛しますが、本件では内部パラメータがごっそり外部へ吸い出せる仕様になっており、パスワードもかかっていないためデータが抜き出し放題です。これでは盆踊り状態になるのは致し方ありません。URLは敢えて貼りませんが、速攻でサービス閉じて無言の帰宅をするか、相応に長い時間のメンテナンスをして改修をしっかり行いシステムも入れ替えるべき状況のように思えます。


 一番の問題は、ガチャで「有料ガチャを回しても出ない時間帯が設定することができ、実際にそのように設定されている」ことが明らかになってしまったことです。これは有償によるガチャに対して出玉、すなわち当たり確率を変更する仕様が入っていることを意味し、基本的には一般社団法人ソーシャルゲーム協会やオンラインゲーム協会の示したガイドラインに抵触すると言われてもおかしくない内容と言えます。



 なお、当然ですが消費者庁では文字通り不当な価格表示に該当する事項ですので、民間団体が作成したガイドラインに抵触するしない以前の問題も含まれています。



不当な価格表示についての景品表示法上の考え方

www.caa.go.jp/representation/pdf/100121premiums_35.pdf



[引用]



イ 将来の販売価格を比較対照価格とする二重価格表示

販売当初の段階における需要喚起等を目的に,将来の時点における販売価格を比較対照価格とする二重価格表示が行われることがある。

このような二重価格表示については,表示された将来の販売価格が十分な根拠のあるものでないとき(実際に販売することのない価格であるときや,ごく短期間のみ当該価格で販売するにすぎないときなど)には,一般消費者に販売価格が安いとの誤認を与え,不当表示に該当するおそれがある。

将来の価格設定は,将来の不確定な需給状況等に応じて変動するものであることから,将来の価格として表示された価格で販売することが確かな場合(需給状況等が変化しても表示価格で販売することとしている場合など)以外において,将来の販売価格を用いた二重価格表示を行うことは,適切でないと考えられる。




 こんなものは、ネットでコンテンツビジネスをやるにあたって周知されるべき事項であることは言うまでもなく、また出玉確率の変更が仕様上明らかに実装されていることが判明してしまったという点で、関係当局は改めて関心を持つべき事態であるかなと思います。



 で、いろいろとデータが漏れ出ていたのでしげしげと眺めておりますと、どうもサーバー設定をした外注会社なのか、物凄く素人臭くて、これでうっかり課金とか機能充実させていくと本気で大変なことになると思います。方法は敢えて書きませんが、あまりにもクラックに弱すぎる構成になっているように感じます。っていうか、仮にアイテムが複製されても元の購入者のデータと複製した人のデータとが峻別できなさそうな気がするのですが。大丈夫なのでしょうか。SQEX的には、もう少しノウハウのあるチームがいたはずなので、そういうデータ周りだけでもノウハウを共有化してコストをかけてでも堅牢にしておくべきと思うわけです。



 一応、データ上は課金ガチャで排出されない設定になっているカードが、宣伝上出ることになってまして、まあ常識的に考えてこれだけでもアウトだと思うので、誰か早いところサービスをいったん閉じて体制を整えるようご注進したほうがよろしかろうかと感じました。



 なお、フォローになっているかどうかは知りませんが、3DS版の『ブレイブリー・デフォルト』は佳作だと思います!


 最近読み直して、改めて書評を書こうと思い立ちまして。



 本書では、プロフェッショナルのブロガーをおおまかに二つに分けて”本職がほかにある人がブログを書いて本業の助けにしている人”と”ブログを書くことで直接収入があることを期待する人”と定義して、結構ノウハウの中でも「あー。そういうことだったのか」というのを記述しています。






 で、自分もブログをささやかながらやっておりますので、どれをどうすればいいのか参考にしようと思ったりするわけなんですけれども、これがねえ、面倒臭いんですよ。いろいろと、ああしようこうしようというのはありますけれども、アフィリエイトも書籍をお奨めするときぐらいですし、あとはほかのソーシャルからの誘引といっても別に何もしません。ああ、twitterには一応niftyの機能で勝手に流れてくれるのと、FACEBOOKはココログに連動機能がないので気が向いたときにお知らせとして手動でコピペするぐらいですか。



 私個人の場合は別にプロブロガーではないので、というかブログで稼ごうという気持ちはあまりなく、むしろ世の中で起きている馬鹿らしいことや、ネット村で発生している事件を野次馬したら備忘録的に面白おかしくまとめておこうという動機ぐらいしかないんで、だからAMNから誘われないわけですね。徳力さんからアンサーソング的なブログ書かれたけど、私の言いたかったことは伝わっていなかったようだしなあ。私は純然と「なぜ私を誘わないのか」という一点でしかものを語っていないわけですよ。なんで彼はあそこまで純朴で善良なのでしょう。まるで私が悪人みたいじゃないですか。



 話がそれました。ただ、これからブログやるのもねえ、と思う人も多いかもしれませんけど、twitterだFACEBOOKだその他ウェブ系便利ツールだとあっても、ブログのようなものは今後も生き残り続けるでしょうし、形を変えてほかのものへのアクセスの窓口になってくれる、そんなサービスだと勝手に思っております。ブログをやるから儲かるとかではなくて、ブログを通じていろんなものにアクセスしていき、自分の関心領域や知見を広げていくための仕組みと考えておけば、ブログに熱中するほどにいろんな財産が心の中に出来るのではないでしょうか。



 ところで、mixiが最近ユーザーズファーストとかいう謎のキャンペーンを始めて、ロイヤリティの高いユーザーに対して正面から向き合おうという姿勢を鮮明にしてきまして、これはこれで嬉しいことだと思います。やっぱりがっつりといろんなことを試してやっていってくれるのが一番いいと感じますし、企業態度としてようやくそういう目線になってきたかと少し安心しました。社長や経営幹部が一丸となってサービスの建て直しや離れていったユーザーさんの取り戻しを充分にしていけるよう願っていますし、また社員の方も実際はとても丁寧で好感の持てる皆様が多いように思います。望むべきことは、ユーザーズファースト 「ウィーク」 なのでありまして、一週間で終わってどうするんだ馬鹿。毎日やれ。年中やれ。一生やれ。朝起きてから夜寝るまで一秒一刻を惜しまず取り組めって言ってんだよ。全力でやれよ。毎朝投げ込み300球、クロストレーナー2時間だ。っていうか秘書といちゃいちゃしてちゃいかん。秘書は柔道部出身の角刈り男子を選べよ。企業としての使命がゆるゆるだから目移りして収拾のつかないサービスになるんだ。早く滅亡しろバーカ。


↑このページのトップへ