月別アーカイブ / 2012年03月

 なんか大量に広告投下してて、その割りにどんな番組をやるのか良く分からんので関心の持ちようのないNOTTVですが、業界の熱量も… という感じで、さてどうなるのかなと思っております。

NOTTVはどうなると思いますか?
http://www.facebook.com/questions/2914200580443/?qa_ref=ssp

 どんなコンテンツがあるのかなあと思ったら… そうですか、月額会費がかかりますか。

http://www.nottv.jp/special/lineup201204/

 3DSのいつの間にテレビも不思議な匂いが醸し出されておりますが、それ以上の展開になるのかどうか、緩く見守りたいと思います。

http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/jerj/index.html

 こりゃたまげたなあ、というレベルでビッグな摘発が香港でありまして、噂どころか、ある意味で公然の秘密だったものが突然出てきて騒然であります。ぶっちゃけ、AIJのレベルじゃないぐらいの激震だよねというお話であります。

香港サンフンカイ:共同会長が逮捕-贈収賄の疑い
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M1NH5T6K50YL01.html

http://www.money-link.com.tw/news/newsc.aspx?sn=2012032900500892&k=120

 報道によれば、許仕任氏まで拘束されたということで、許仕任氏といえば香港とメインランドチャイナの橋渡し役であると同時に、香港への過剰な中国共産党からの影響を分別する役割として、行政官としての名声は一定方向ではとても高い御仁でもあります。
 サンフンカイの一族である郭家は主たる一族の金融資産だけで1兆8,000億円ぐらい、また日本ではそこそこ有名な某寿司屋の実質オーナーであったり、高級食材の輸入で名前が取り沙汰されるなど、香港不動産を仕切る一角であるだけでなく香港を中心とした貿易事業の代弁者でもある人であります。

 もっとも、香港というのはご存じの通り危機のたびに実力者が入れ替わるアジアの振り子のひとつでもありますので、暗黙の諒解ともいえる香港行政との癒着を暴かれて摘発ってことは、いろいろ何らか起きているのでありましょう。それはメインランドと香港の間なのか、あるいは対台湾なのかは分かりませんが、重慶で不審な死を遂げたイギリス人実業家の話と併せて、中国の経済成長から社会融和の方針転換の余波なのかしらと思う次第。

 まあ、まったく勘違いで、単純に中国政府が「もういいんじゃね」と摘発に何となくゴーを出したので、例によってエアポケットができて、逮捕に及んじゃっただけかもしれませんけれども。いずれにせよ、驚いたので筋トレの途中ですがブログ記事を上げてみました。

 この前ようやく中国から撤退したはずが、何故かセーバーさんと一緒に中国のキャリア向けのコンテンツ販売を支援する事業を手がけることになりまして、珍しくプレスリリースを打ちました。

中国・東南アジア向け携帯コンテンツ販売事業で提携/イレギュラーズアンドパートナーズ株式会社
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000048334

 シンガポールやベトナム、タイといった地域にも順次提供国を拡大していきますし、またコンテンツプロバイダーには個別にお話させていただいているようですが(営業さんがお話しているのであって私からは特に言ってない)ロシア、東欧地域へのコンテンツ提供や課金代行のビジネスなんぞもアレンジさせていただいております。
 中国でのコンテンツ販売に関しては、ご存知の方も多いかとは思いますが、相当現地に食い込んでいないといろんなことが起きるのと、売掛金の回収に問題があることや中国側の運営会社のアレさ加減でソースコードが他社に渡ったり、なんかサーバーがアタックされてクラックされて顧客情報が全部ごっそり出て逝ってしまったりといった定番の頻出トラブルがありすぎるので、弊社も信頼できる先さんにお任せして事業を拡大してきたところ、ようやくまずまず回るようになってきまして。

中国市場から撤退する弊社から、中国でアプリを売りたい皆さんへ
http://blogos.com/article/25627/

 まあ、私どもも試行錯誤をしている状態です。ただ、中国国内のデジタルコンテンツ販売はそれ相応に伸びておりますので、まったくやらないわけにもいかない、でもリスクは踏みたくない、といったところで、どうビジネスをし、成長市場にコンテンツを投入していけるのかを考えた結果、こうなった、という感じであります。

 何故かDeNAさんが似たような感じの中国進出をされておられますが、AndroidやFLASHベースのゲームを中国で打ってみたいけどローカライズとかできないしってお悩みの方は、是非ご相談をいただけると良いことがあるかもしれません。ただ、日本のように「キャリアやPF事業者側3:コンテンツ提供側7」とかいう割合ではなく、逆にひどい場合では「中国側8:コンテンツ提供側2」とかになることもありますので、そこは安心料みたいに思ってもらえればと。

 よろしくお願い申し上げます。

 まあ、理由の大半は社業ほっぽらかしてロシアだルーマニアだ寒いところへ足を向けているからなんですけれども、東京にいなければいないでシンガポールで出火、シンガポールに顔を出すと東京で面白事態がということで、エンドレスなもぐら叩きというのはある意味マネジメントにおいては宿命だと思うのです。

残念な部下が「残念な上司」に量産される不幸
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20120323/387862/

 まあ… 私が残念な上司であることは疑いようもないところなのですが、もう「上司は部下に仕事の目的や納期、成果物のイメージをきちんと伝えるところにこそ、時間を使うべき」はごもっともです。その通りなんですよ。
 この仕事は誰が相手でこれを納品すると規定するのは簡単なんですけれども、手がけるにあたってどうしても複数の事案を平行で行わなければならなかったり、リソースが足りないので選択肢のどれかを諦めなければならないときに、単純に「これ作って」という指示だけでは部下が混乱してしまうのは分かっているんですよね。でも、明確な指示は出せない。何故か。そこを決めるのが一番しんどいからなんですよ…。

 とりわけ、複数の仕事の納品日が重なりがちな2月から期末の間は、炎上とまでは言わずとも必ずどのラインも何がしかのトラブルは抱えるわけで、リソースをマネジメントしている私からしますと「どこに遊軍を貼り付けて戦線が崩壊しないようにするか?」を考えなければいけません。で、往々にして、この読みを外す。外してしまう。もうね、堤防が決壊するんですよ。戦線が崩壊する。そうすると、もうなかなか元には戻せません。

 そこへ、出張だけでなく誰ぞ逮捕されそうだとか、どこぞ摘発だとかって話が立て込んで、情報が飛び交っているという妙なストレスも加わって、もう忙しすぎるからtodoリストをこなす前にうなぎでも食べに逝きたくなってしまう衝動に駆られます。人ですから当然ですよね。で、上記の通り「仕事の目的や納期、成果物のイメージ」が部下と共有できていないケースもままありますから、いろんな取りこぼしがエラーになって、惨事へと繋がっていくわけですね。

 やっぱり細やかに工数は管理したいと思うので、工数ごとの見積もりをしたり、このぐらいで着地するだろうという予測を立てるのは大好きなのですが、だけれどもやっぱり着地はどっかズレます。仕事は見積もりと計算なんだと思うんですよね。この人数を投下してこのぐらいの予備費を考えておけば大丈夫だろう、なぜならこの仕事の目的はこれである以上このぐらいの工数が必要だから青果物はこうで、と簡単には導き出せない。やっているうちに、現場だからこそ感じられる不具合とかが発生するし。

 最近では、開発業務だけでなく、別の仕事に踏み入れることが多くなった分、経験値が足りなくて勉強しなければならないことが増えました。部下が増える分、部下任せではない方法論を考えなければならず、結局、全業務の状況把握や管理に必要なリソース管理という本末転倒なところになってきて、ええい優先順位など考えず上から全部todoこなしてやるわとかいう力技では突破できなくなってきたでござる。

 あー、早くmixi潰れないかなー。

 一度は訴状が飛び交い、山岡さん側が謝罪広告を出すということで一件落着したはずが、本格的に高松国税局がネタを掘り起こし始めると朴茂生さんが東南アジア方面に行方をくらましたまま帰ってこなくなってしまいました。朴さんが脱税に主体的に関わっていたのかどうかはいまなお議論が分かれるところではありますが…。

ついに大手マスコミで解禁になった、本紙既報の「パチンコチェーン重大疑惑」
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/cat8062190/index.html

 このネタに関していえば、いかにもアクセスジャーナルの後追いでマスコミが記事にし始めたと言いたいようですけど。常識的に考えて脱税ネタなんて裏を取って事件化してからでないと記事にしづらいのは当たり前であって、ワンソースでブログネタにしてしまうほどのフットワークの軽さを既存マスコミがやるはずもなく、そういう書き方をする山岡さんのところに訴状が飛んでいくのもなかば当然だと思うんですよね。もちろん、そういう向こう見ずなところは私も大好きではあるのですが。
 で、この手のパチンコ脱税マネーが出て逝った先が俄然気になるわけですけれども、前提条件の話が幾つかあって、脱税したからには摘発して終わりでは本来なく、何に使われたのかが非常に重要なのであります。

 そもそもパチンコチェーンの脱税の絡みでは一番最初に摘発を企図したのは他でもない地域のヤクザ屋さんであります。彼らが、このチェーンの経営者と個人的な金銭関係のもつれで恨み、ある大手調査会社に依頼して資料作りをしたというのがバックグラウンドのようです。当然、そこまで「刺しにいく」からにはそれだけの大事があったということでもありまして、問題となったパチンコチェーンもろとも指南役や、そのヤクザ屋さんとは関係のないチェーン店まで文字通り一網打尽となったわけです。
 いわば、朴茂生さんはとばっちりで、その顧客もオーバーキルだった、とも言える物件であり、また一連の事案で出てきた不思議なウェブ屋さんや、ホールシステムの納入会社さんまで掘れる状態となって、ヲチャーとしては思わぬ大漁であったと言えます。他にも、我が国と国交のない国家の民族団体と係わり合いが深い複数の朴さん(木村さん)がおり、それってそういう意味であったのかとここに来て膝を打ってしまった次第であります。

 でも、一部は違うけれど指南を受けたとされるパチンコ会社は概ね同じような規模、利益水準であり、脱税にいたった方法論も一緒で、結果として似たような資金を秘匿していたということになるんですが、どう掘っても「たまり」が国内に見つからないチェーン店が幾つかあるようで… つまりは、脱税の部分はこの朴茂生さんが何らか関係していた可能性はあれども、それはピースのひとつに過ぎず、結果として資金を海外に転出させ、何らかの形で還流させるような別の仕掛けがあったんじゃないかと推測されます。

 この還流の部分でヤクザ屋さんと分け前で揉めたのでは、という情報もあるようですが、こう言っては何ですけれどもそこまでの資金を国内海外とやり取りするような複雑な仕掛けを構築できるような人たちじゃない(だからこそ、腹いせに当局へ情報を提供して相手を「刺し」にいった)という話が出てきます。もしそういう還流の最後のピースをこのヤクザ屋さんが担当していたのならば、もう少し金回りは良かっただろうと思うんですよね。何しろ、脱税した資金を海外に振り出したパチンコ屋さんからすれば、外れては絶対に困る出口のところですから、ヤクザ屋さんが何もせずに手放すとは考えづらいのです。

 そのようなわけで、本物件は非常に興味深い事例なので、さらに朴さんの周辺とあれこれお話していたところ、なんかそういう"出口専門"のブローカーの人がいるんですってね。なんでも、税務関連の本まで出しておられるとか。オープンリーチというか何というか。ただ、とても少女体もとい小所帯で頑張っておられると聞いて、なるほどそういうことかと得心が逝きまして。

パチンコ店30グループ、3千億円損失計上準備
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120214-OYT1T00024.htm

 当然、損失計上を準備していたということは、納税しないで済ませられるであろう資金のプール方法や還流方法もある程度決まっていて、それの手引きも含めてようやく完結するよねという話であります。

 あれこれ掘ったら何となく回答に近づけたという確信が持てたこともあり、各所には紙爆弾の素材となる物質をpdfでまとめて送っておきました。どっかで大爆発して、それが国民生活の安寧と国益の増大に寄与するといいなあと説に願うところでございます。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。

--
パチンコ店30グループ、3千億円損失計上準備

 パチンコ店を運営する全国約40の企業グループが租税回避行為を行ったとして、総額約1000億円の申告漏れを指摘された問題で、このうち約30グループが、さらに計約3000億円の損失計上を準備していたとして、国税当局から是正を求められていたことが分かった。

 これまでと同様、子会社に含み損のある株式を抱えさせるなどの方法で、租税回避を図ろうとしていたとみられるが、大半のグループが国税当局の求めに応じたという。

 関係者によると、各グループは、東京都内のコンサルティング会社の助言で、資産を簿価(取得時の価格)で移動できるという企業再編税制の優遇措置を利用し、含み損を抱えた子会社株を簿価で現物出資するなどして、次々と子会社を設立することで、含み損を“コピー”。その後、利益の出ている他のグループ会社と合併させるなどして、法人所得を減らしていたことが判明している。

↑このページのトップへ