月別アーカイブ / 2010年08月

 もちろん、アジャイル「的」な開発方法はきちんと手がけていけばアリなんだとは思うけれども、日本と北米とか、日本と欧州で分担して制作するとなった時点で、アジャイルを成立させるための基本的な要件を満たさないのかなあとか思ってしまう。

アジャイルはウォーターフォールよりも難しい
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20100820/351255/

 普通に工程表組んで、各パートごとに専任ディレクター置いて、セル単位で工数管理したほうが早いのではないのかのう…。というか、海外の外注使った瞬間に、毎週イテレーションやレポーティングとかって死ねるんだが。
 で、4gamer見てたら強者を発見した。

CEDEC事前インタビュー:アジャイルで大規模開発? スクラムを使ったゲーム開発の可能性とは
http://www.4gamer.net/games/105/G010549/20100821003/
[引用]しかし,これはゲーム業界ではずっと以前からやっていたことなんですよね。逆にいままで,ゲーム業界でそういうやり方でやっていたものに,「やっと名前がついた」っていうのが私のイメージなんです。

 お金のある会社は言うことが違うなあ… 嫌味でなく。うちに試作を持ってくるところなんて、3ヶ月でクランチってところばっかだからね。エンジン、システム部隊はともかく、コストの大半を占め外注の割合も大きいVAやアイテム班とかはちょこまか改良とかあんまりしない。過去資産からGMツールの洗練化作業をやって、あとは方針決めて息吐いてる限りディスプレイ見て働けという感じ。レベルデザインとかだと試作ツールやビューワーを揃えておいて、あとは頑張って、という感じなので、参考になる。

ゲーム版『タイタンの戦い』発売後のゲームリパブリック社長のコメントが涙を誘う件
http://jin115.com/archives/51681991.html

 で、目標70万本とな。

Review: Clash of the Titans: The Videogame
http://gamrreview.vgchartz.com/review/38406/clash-of-the-titans-the-videogame/
Clash of the Titans: The Videogame
http://gamrreview.vgchartz.com/browse.php?name=Clash+of+the+Titans:+The+Videogame

 制作スコアを見ると、確かにグラフィックは優秀という雰囲気で、制作グループは仕事してる。ただゲームとしては面白くなくて微妙という評価になっているのは仕方がないのだろうか。セールスもXbox360とPS3で都合8万本とな。EMEAA(europe, middle east, asia&africa)は健闘したとは言えるけど。

 制作の足回りは良くても、モノがなかなか良くならないというのは宿命なのかしらねえ…。

 以前、堀江貴文氏が「金貰ってツイート」ということで少し話題になっていたが、気の利かない広告代理店だとバズ広告の提案を受けるとき「誰さんと誰さんに書いてもらって幾ら」という話を普通にしてくる。
 この辺が結構曖昧なのだが、ツイッターを使うから【広告】と入れないでOKで、ブログやウェブメディアだと【広告】と入れましょう、とか、あんまり線引きがない。ソーシャルアプリでも丸ごと広告ということもあるわけで、その場合はアプリごとみんな受け入れている。

 最近では、mixiアプリ単体での収益は見込めないので、どうしてもタイアップや誘導なんてのが企画の俎上に上がるのだが、これってどこまでユーザーに「見えて」いるのだろう。

 同じく、バズ広告の代理店が「著名人に金払ってブログ記事やツイートしてもらう」というのがどこまで公平性を考えているのか不思議に思う部分もある。別に悪いという話じゃなく、ただ一応ウェブとはいえメディアなのだから、元来はそうすべきものだと有名人、著名人の側から言うべきなんじゃないだろうか。

 逆に、メディア論など偉そうなことを言っておきながら、金貰ってツイートしてほっかむりしている人もいる。誰かの商売の邪魔をしたくて言ってるわけではないのだけど、既存メディアの存続を話題にしているのであれば、なおさらその辺の襟は正しておいたほうが、あとで暴露されたときに傷が浅くて済むことぐらい分かりそうなものなのだが。

 まあ、そんだけ既存大手メディア脱藩組の人が「ウェブメディアで成功しているように見える」ことにより、既存大手メディアの人々の嫉妬を引き起こしているとも言えるんだけど。

 まあ、確かにごもっともなので。

呼びかけ:「SAP」をSocial Application Providerの略として使うのはやめませんか
http://www.publickey1.jp/blog/10/sapsocial_application_provider.html
ソーシャル ゲーム パブリッシャーはSGPであり、SAPと呼ぶのは止めましょう
http://blogs.itmedia.co.jp/sakamoto/2010/08/sgpsap-81e6.html

 アプリ屋側をSAPと呼び始めたのは私の記憶が正しければ確かmixiだったはずなので、戦犯はmixiということで満場一致したところで、今後はSGPと呼称を変更することにしたいと思います。私が。

 ついに出ました、EMA認定出会い系サイト同士の戦い。今期が最高益になって、その次の期ももっと利益を出そうとすると、市場全体の伸びが止まって飽和したいま他の大手から客を奪わないと伸びしろがないことを良く分かっての話だろうと思うわけですが、やり方が下手すぎてとても楽しいです! コナミ法務部を見習って欲しいです。

[jp]モバゲータウンのオープンゲームの囲い込みが始まった!
http://jp.techcrunch.com/archives/jp20100820mobage-town-open-games-matter/


 もちろん私らSAP的には共倒れ希望であり、配分率をもっと出してくれたりMGちゃんと切ってくれるプラットフォーマー万歳というところなんですが、一番大事なのはアプリケーションの品揃えを強化してもお前ら制作のコンテンツばっかりプラットフォーム上でフィーチャーしやがるので、PLひいてもそれに達しないコンテンツが一杯出始めてることでしてね。自分のコンテンツだけ分厚く広告宣伝すんじゃねーよ。

 公正取引委員会にお話を持ち込んだりコトが大きくなるフェイズに突入する直前に、素晴らしいタイミングで記事を掲載したTechcrunch Japanは偉大だなあと思うわけですけれども、GREEには釣りゲーでDeNAに、しかもその下請け巻き込んで差し止めかけやがった「前科」があって、いや、権利を守るために差し止めすること自体はいいんだが、そのポリシーや思想のようなものはまるでありません。業界全体として知的財産権を守ろうという話ならいいが、もともとお前らドワンゴのコンテンツをパクって作ってんじゃん。つまりはGREEは結局対抗業者を潰すため「だけ」に法的アプローチをかけた、それに対して今回はDeNAの反撃はSAPに「踏み絵」を踏ませる形でGREEに嫌がらせをしている形なわけですね。お前らだけで好きにやってろ、と。

グリー、DeNAを提訴--釣りゲームの配信差し止めと賠償金を請求
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20400532,00.htm

 儲かってるのは自社制作の上位タイトルが中心で、実態はコミュニティ機能つけてほとんど出会い系として使われている実態があるため、話題性を惹けるコンテンツを今後は外部依存していく方針にシフトするのは仕方がないのだが… フランスに攻め込む際マジノ線迂回するためにベルギー踏み潰したドイツ軍みたいな感じでDeNAは好戦度(BadBoy Rate)高いっすね。

 繰り返しますが、野次馬的には壮絶な戦いが起きSAP奪い愛合戦の末にコンテンツ調達費が上がって成長性鈍化したうえで二年ぐらいかけて轟音とともに共倒れ希望です! ついでにmixiとかも巻き込んで一緒に潰れてください!

 ほのぼのニュースからは程遠い感じだけど…。

米国:ドナルドが痴漢 胸触られた女性、ディズニー訴える
http://mainichi.jp/select/world/news/20100820k0000m030044000c.html


 ドナルドって、分厚い手袋みたいなのしてなかったっけ? 痴漢になるんだろうか。まあ、精神的ショックを受けて仕事休んだりしたんだったら、訴訟にはなるだろうねえ。

 つい先日、家内、息子とディズニーランドに逝った際、スティッチの劇があるというので抽選したら通って、そのまま劇を見てたらやたら放水されて一家でずぶ濡れになって、店員らしき千葉県民にクレームつけたけど謝りもされず、赤ちゃんだけタオルで拭いて着替えさせて帰宅した一件があったのを思い出した。幸いにして風邪ひとつひかず、単に放水ですっぴんにさせられた家内が帰りの電車の中でしょんぼりしていた程度の問題だったから良かったものの。

 この手の奴って、お約束ってのがあるらしいんだが、正直どこまでが演出で、どういう許容ラインが客との間にあるのかすら良く分からん。

↑このページのトップへ