なぜなら、私の存在自体が冗談みたいなものだからである。