月別アーカイブ / 2010年04月

 期が明けて、やっぱり厳しい事態に直面している人々がちらほらと。

 「時間をかければ解決する」類の問題であれば、嵐が過ぎるのを待って頭をすぼめていればどうにかなるんですが、そうではない問題、場当たり的には就職とか借金とか、長期的には業界の衰退とか技術の陳腐化とか、自分が動かなければどうにも解決しないもんであれば、そうと割り切って、気力・体力を振り絞って前に向かって歩かなければどうにもならんのは当たり前ですね。
 困難なときに布団被っちゃう人は、人としてアリだと思います。信頼できる人ほど、そういう状況に陥りやすいし、難局に足がすくむのは、当然だと感じます。火事だ! といわれて、逃げる前に現実逃避してしまうのは、客観的に見れば笑ってしまうけど、当事者からすると怖いわけですからね。

 現実に向き合う恐ろしさというのは、いつだって大変ですけれど、この足が動く限り、目標・目的を定めて歩くことだけが現実の問題の解決法だ、ということです。誰かに助けてもらうことを計算に入れて、自分から転ぶ人はいません。

 問題を解決するために、正しい努力をするということは、ただ前に歩くことではなく、目標・目的を合理的に決めることだと考えます。目標なき前進はラットレースであるし、間違った努力は居眠りにも劣る成果しか残さない。考えることと、前に進むことは、常にセットであるべきだし、何を為せば問題の解決となるかが明確であれば、あとは勇気を奮い立たせて前に進むだけで自ずから解決するんです。

 そこには、他人は関係ない。誰かに何かを言われようと、考えた末に見つけ出した合理的な目標や目的は自分だけのものであって、自分の行く末に何の責任も持ってくれない他人の言葉を聴いて目標や目的をふらふらさせることほど、有害なことはありません。

 こんな私に人生相談を投げてくるのは愚かなことだと思います。私に相談したからといって、私が誰かの問題を解決できるような人間ではありません。私にできることは、私がしたことに対して責任を負うことだけです。唯一、自分の足で立って歩く、ということは経験がありますし、その経験から同じ悩みを持ち、困難に遭うことは多くあります。せいぜいそういうときの立ち回り方を言うことぐらいでしょうか。私はけちで臆病なただの人間です。

 ま、思い悩んだってしょうがないです。意識という恵みが得られたことと、途方もない宇宙の営みに比べたら人生なんてわずかなもんです。やりたいようにやって、狂ってていいんじゃないですか。

 パブリックジャーナリストを自称している大森勇三氏が、また面白記事を書いて酷評されている。

ネトゲ屋に成り下がった「フジテレビ」に放送免許は必要か
http://news.livedoor.com/article/detail/4695484/

 放送事業を含む主要4メディアの収益力落ち込みをカバーするために、オンラインコンテンツにも手を伸ばして放送以外の収入を伸ばし、ゆくゆくはネットにも軸足を置いた総合的なコンテンツ企業になっていこうという話である。考え方自体は、別にFMCに限った話ではない。旧メディアを手がけてきた各社、みんなそう思っている。
 そのうちのひとつに、テレビ放送を刈り取るツールとしてネットゲームに取り組んでみました、という話に過ぎない。そこの部分だけを切り取って、「ネトゲ屋に成り下がった」と評するのは、まるでテレビ局を上に見ている旧態依然の脳みそだ、と自分で証明してるようなもんだ。

 っていうか、テレビとネトゲを比べて上だの下だの言ってる神経が良く分からない。TBSが不動産やってるのはホールディングスにぶら下がった別会社であるし、フジテレビがネトゲなどオンラインコンテンツに進出するのに電波行政など関係なかろう。それとも、放送法で規制でもされてんの?

 もし、フジテレビがこの文脈で批判されるとしたら、ひとつある。
 ブラゲの出来が悪いことだ。

キミのオールスター キミ☆スタ
https://kimista.fujitv.co.jp/

 野球ゲームである。ファンタジーベースボール風味のカードゲームだ。諸君、私は野球が好きだ。大好きだ。だから当然初日からこのゲームは個人的にプレイしている。毎日見ている。ニコニコしながらオーダー組み替えて遊んでいる。他にも野球ゲームはやっているが、そんなことは関係ない。ファミスタDS2010も買った。神宮球場にいって、ついに公式ガイエルグッズも買った。

Kimisuta100402_2

 もちろん、ゲーム中もキャプテンは魔将ガイエル閣下だ。微妙選手がオーダーに入り放題なのはカード資産が少ないからだが、ゲーム的にはそれなりの順位につけていることには満足している。しかしだな。

 明らかに、金がかかってないんだよ。UIも最適化されてないし、エフェクトもしょぼい。BGMとかどうなってるんだ。何よりゲームがクソい。「ファンタジーベースボール的だがペナントも簡易体験できるゲームにしよう」という企画趣意しか伝わらない。結果としてクソゲー。こっちだって、仕事ではゲームやIPを触ってるんだ。ああ、予算が足りなくて苦労したんだなあ、表示回りのQAも選手登録のUIも、βテストやる期間を用意することもできないまま、シーズンインに合わせて投入を強行したんだろうなあ、と思うわけだ。だって、選手能力で試合進行するモードがあるのに、能力表示も守備位置適性表示もないんだぜ。

 その道で飯を喰っている人間としても、一人のスワローズファンとしても、大変残念なデキになっている。球団持ってるフジテレビのサービスのくせに。オンラインゲームに進出するからには、やはりそれなりの予算をかけるべきだと思うよ。

 しっかりお金をかけて、テレビと連動したりIP組み合わせたりして、オンラインメディアで収益を上げる試みには充分な資源を投入した上で、それでもなお成長しない、赤字だ、先が見えない、となったならば、この無能野郎どもと批判すればいいことだ。

 そういうわけなので、神宮球場の演出が去年と同じなのは悲しいので、オールスター明けでいいからヤクルトの新しいスペシャルCGを撮ってやってください。



 韓国サイドから漏れの模様。現在第4コーナーを回って直線に差し掛かったところで、五馬身以上ちぎってリード、といったところでしょうか。あんな札が出ていたら、いかに楽天とかその他成金企業でもなかなか手が出ないんじゃないでしょうかね。

韓国ネット最大手NHNがライブドア買収、来週にも合意へ-関係者
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=alyPnrnNfwzA

 問題は、ジャパンとの統合なんですが、はてさてどうなることやら。

 アバター観て感動したり、流行ってるのでつい使いたくなる気持ちは分かるんですよねえ。

 そして、バッチリ丸かぶりです。お疲れさまです、各社。

● ニフティ

http://www.nifty.com/3d.html
http://megalodon.jp/2010-0401-1520-40/www.nifty.com/3d.html

 我らがニフティ、ページ全体丸ごと3D化してエイプリールフールに参戦。別に飛び出さないです、観てても。
● goo

http://www.goo.ne.jp/special/20100401/goo3d.html
http://megalodon.jp/2010-0401-1520-54/www.goo.ne.jp/special/20100401/goo3d.html

 「平面でのgooは終了」とか別の意味で終了している文言が輝くgooのエイプリールフールサイト。頑張って考えたんだろうなあ。

● ヤフー

http://event.yahoo.co.jp/20100401/3d_first/
http://megalodon.jp/2010-0401-1520-28/event.yahoo.co.jp/20100401/3d_first/

 頑張って作りました系。よくやるよなあ。かぶっちゃってるけど。やっぱり時代は3Dだもんね。表現系として、3Dを研究する名目で予算立ててたのかな。

 書評を久しく書いていなかったので。結婚はともかく出産してから読書量(日本語)が激減したのは内緒だ。

 そのうち第二弾を書く。つもり。はず。
●『ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ』(伊藤 守・著)



 部下とコミュニケーションが取れなくて悩んでるマネージャーって多いですよね。私もそうですが。いや、人を率いるというのは、やはり向き不向きがあるようで、何を取っ掛かりにしたらいいのか、誰に相談したらいいのかすら分からんということもまあ多いもんです。

 シンプルなマネジメント術と謳いつつ、「問いを共有する」とか「なぜ決めたことが実行されないのか」といった結構深いところまで手を突っ込んで準備しておかないと3分間部下と有意義な話をすることも実はむつかしいということがこの本を読むと良く分かります。

 仕事とはなんぞや、マネジメントとはなんぞや、という方向から、人が人を動かすための根本的なところに光を当ててるところに深い感銘を覚えた本です。今日からやれ、といわれても、内容を咀嚼して「こういう方法でいこう」と考えがまとまらないと実行になかなか移せないのが難点ですが。

● 『日本経済「常識」の非常識』(上野 泰也・著)



 いわゆる閉塞感本のなかでも、経済を切り口に分かりやすく論ずるのがこの本。「サイボーグ経済崩壊の始まり」と題して清朝末期の経済情勢に模するなど、随所にニヤリとさせられる論述があってとても面白いです。経済情勢に関する見識では、前著「デフレは終わらない 騙されないための裏読み経済学」で論じられていた未来予測はある程度命中していることを考えても、確かに常識のフレームを抜いて純然と経済のことを考えればそうなるしかないのだろう、という部分は感じられます。

 この手の本の反論に「では、何をしたらいいのか、という根源の問いに答えがない」というのが多いんですが、それは経済学の範疇ではなく哲学なんだろうなあと思うわけで、むしろ「自分がどう生きたいか」のグランドデザインを作る際の参考として読むべき本だと思います。

 最近、経済論壇みたいなものが、どうしてもリフレ派・反リフレ派や、BI論争などでショー化、プロレス化している状況なんで、一線を画して粛々と論ずる上野氏を高く評価したいところです。

● 『ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」』(中川 淳一郎・著)



 どちらかというとイタい人たち側に見られがちな私もなるほど納得の論述が多い好著。処女作の「ウェブはバカと暇人のもの」に比べるとはるかに論考がしっかりして、書き慣れた感じを醸し出すんですけど、ネット上ではいまひとつ話題になりきらず残念な感じがします。いまこそ論ずるべき内容だと思うんですけどね、twitterが流行りそうだし。

 「ネットは成熟した」という文脈から、ネット社会の一般化とそれに伴うガキ・キチガイ排除の論説はとても冴えていて、私もネットは現実社会に遭遇して取り込まれていくだろうと思っているのでまったく同意する部分であります。

 むしろ、炎上のようにネットコミュニティの剥き出しの部分より、今後は出会い系サイト化したケータイゲームサイトやソーシャルアプリで起きる「本格的に悪い大人をどうするか問題」に足を踏み入れるタイミングが来たような気もするけど、これはまた後日に。うん。

● 『ネット帝国主義と日本の敗北―搾取されるカネと文化』(岸 博幸・著)



 プラットフォーマーの寡占がコンテンツプロバイダーの収益基盤を侵し、結果として文化の再生産サイクルが磨耗して大変なことになりますよというのが本書の基本的な趣旨。まったく賛同。それに対してどうするか、という部分については、現在各業者業界は生みの苦しみで、とはいえ経済原理に反した介入をするには時宜を逸したのも間違いなく、各所で苦しい戦いが続いています。

 日本の敗北、という観点では、まあ文字通り敗北なので、どういう負け方をすれば次に繋がる戦いができるのかという観点で論じて欲しかったところですけど、ようやく知的財産権に関する国の対策も徐々にまとまりつつあるので「どこまでが敗退許容ラインか」みたいな論争はこれから起きるんでしょうかねえ。

 興味深い業界の事例なんかも盛り込まれていて、ああ他の業界の戦線はこうなっておるのだなあということを実感できる良い本です。

↑このページのトップへ