月別アーカイブ / 2010年04月

 今度は時事の調査で23%という数字が出まして… 結構いろんなものが待ったなしの情勢になっております。如何したもんでしょうか…。

内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持-時事世論調査
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041600629

 かんべえ先生ご謹製のこちらの図表も、近いうちに更新しなければならぬようです。

新・報道2001「今日の調査から」その1
http://tameike.net/pdfs8/poll%204administration.pdf
 歴代の官房長官と見比べてもちょっと厳しい感じの平野さんが、敢えてWPの記事に不快感を示した結果、かえって米国内でもきちんと酷評されていることが広まってしまうという微妙な情勢になっておりまして… さてどうしたものなのかと。とはいえ、WPに書いたコラムニストは「あの」Al Kamen氏なので、まあ割り引いてもいいと思うんですけどね。

「一国の首脳に非礼」=官房長官、米紙に不快感
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041500679
Among leaders at summit, Hu's first
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/13/AR2010041304461.html
[引用]By far the biggest loser of the extravaganza was the hapless and (in the opinion of some Obama administration officials) increasingly loopy Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama. He reportedly requested but got no bilat. The only consolation prize was that he got an "unofficial" meeting during Monday night's working dinner. Maybe somewhere between the main course and dessert?

 要するに、アメリカにとって同盟国として信頼するに値しない政権、と言い切っておるわけですが、かといって、日本の民主党が脱米を進めて中国に擦り寄るリスクというのはまったくない、中国も鳩山政権にあまり深い関心を持っていないという妙なジレンマもまたありまして… 政権として弱体、というより、長く持たないだろうから触らないでおこう、という不思議な弛緩状態が気になるわけであります。

 先日、鳩山さんがオバマさん非公式訪問で冷遇された件についてのエントリーを書きましたが、どうも誤解もあるようなので。

鳩山さんが普天間の件でオバマさんに「責任取れるのか」と突き放されたでござる
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2010/04/post-ad50.html

 個人的には、民主主義である以上、自分が民主党に投票しなかったとしても、違う意見を尊重してなるだけ良い仕事をしてもらえるようにするべき、と思ってます。現在の鳩山政権を選んだのは紛れもない日本の有権者であって、ここで一年かそこらでまた鳩山さんが政権を投げ出す、なんてことになりますと、安倍さん、福田さん、麻生さんに続いて我が国は四年連続して一年政権になってしまいます。

 さらに、次の参院選で民主党が負けたとき、もう全然、重要法案通らなくなることも予想されます。どうであれ、法案が通らなくて政治が麻痺したら困るのは国民であって、ねじれ現象を以って不人気政権の行動を縛るという行動原理が貫徹されるにしても、山積みになっている各種政策課題はまた解決に時間がかかることでしょう。

 本来ならば、民主党も自民党も割って、政策的に統合された新政党に再編されるべきだ、という議論はあるのでしょうが、現実にまだそのような動きもまだまだの状況でもありますので、もうちょっとどうにかならんかなあと思います。

 今日放送があったらしい「素直になれなくて」というドラマ、twitterを題材にしたホラードラマだったそうで、私は宴会中であったために当然観ていないわけですけれども、その余波が静かな湖面に漬物石を投げ込んだが如く全方向に広がっており楽しいわけです。

http://twitter.com/halu1224/status/12224554458
[引用]好意的な意見ばかりでうれしいです。実況中継したら、もっと叩かれるかと思ってた。

http://twitter.com/halu1224/status/12224755034
[引用]攻撃されても平気だってば。だって私には、すごく心強い味方がいるから。それは、チームスナナレ。「素直になれなくて」のスタッフキャストです。マジで。そして、私を応援してくれる人たち。あなたのような。信じる心が人を強くします。マジで。

 酷評の矛先は北川悦吏子に向いておるようですが、普通に「さすがゴッグだ、なんともないぜ」の風情でtwitter上で仁王立ちしており興味深いです。
 私はドラマを観ていないので何ともいえないんですが、オフィシャルサイトを見ておりますとどうにも微妙な雰囲気がいたします。

http://wwwz.fujitv.co.jp/sunao/index.html

 公式のメッセージボードでは、歯が空中浮揚しており、まるでtwitter上での酷評などなかったかの如くの感動巨編だったようであります。やっぱ大本営発表ってすげえなあ。

http://wwwz.fujitv.co.jp/sunao/message/

 この辺を見ると、ある種のマナというか磁場を強く感じずにはおられません。

http://twitpic.com/1fs9xq

 なんていうか、この手のご当地ドラマって、現地人が気持ちよくなるように作るのが基本だと思うんですが、脚本家自らがtwitter住民を煽って火をつけて「お前ら気持ち悪いんじゃー」オーラを全開にするあたり、画期的すぎます。「お前ら、一般人からするとこんぐらいキモいんです」という宣告のようで。

 二回目以降も是非頑張ってください。私は観ないと思うけど。

 日米の関係者やらウォッチャーやらシンクタンクの皆さまが色めき立っております。

「きちんと責任取れるのか」=米大統領、首相に疑問呈す-普天間移設
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041500370
ワシントンで「サクラチル」=鳩山首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041500415

 解釈を巡ってさまざまでありますが、珍しくアメリカサイドからは詰問した(cross-examine)という表現が出ていることから考えても、鳩山さんの公式訪問を受け入れなかったアメリカの姿勢が日本の現政権に極めて厳しい姿勢を取っていることが分かります。
 肝心の外務官僚が横を向いているので微妙なところではありますけれども、外相としての岡田さんの評価もなんか低いんで、ちょっとどうなることか気になります。というのも、密約問題を追及するのは過去に対しての外交課題であり、将来・未来の枠組みをどう発展的に議論するのかという外相に問われる根本的なセンスに疑問符をつけられかねないからです。

 日米外交の基礎をなすコミュニティにとっては大変がっくりな状況でありまして、重要だけど両国間の関係を崩すほどではない外交案件の値段が吊り上がってしまったのは正直遺憾であります。鳩山政権が韓国・のむひょん政権と同列に扱う話もアメリカサイドから出ちゃうというのは辛いですね…。

 それでも国民が選んだ政権なのだから、頑張って支えるしかないんですけどね。

 本当なら民主公明みんなの順であり、「民公み」連立なんだろうけど、ごろだけ見ると「みみ公」ってのがジャパンらしくていいねという結論になりまして。

 公明の代わりに国民新党ってのはあり得ない感じみたいなんですが、「みみ国」とか。つーか、みんなの党が民主の連立に参加すると「みみ」になるわけですね。何だかみんなの党が、二階さん率いた保守党のような立場になってきました。また政治評論家に座布団呼ばわりされるようになるのでしょうか。

 これから頑張って一昨日締め切りだった原稿を仕上げるので、またあした。

 有識者会合にうっかり顔を出して、死ぬほど消耗している間に、凄いタイミングで興味深い事件が続発したわけですが… 深夜早朝まで大騒ぎでした。もちろん、国内の部局が騒いだところで何ら解決するわけではないのです。ただ、興味対象を等しくする海外部局もまた興奮しているわけで、その興奮を共有するのもまた仕事の一環、ということでしょうか。

 その積み上げた頂点には当然のことながら蛤さんと戦国が鎮座まします一方、深刻な海外の有事対応以前に、我が国元首の脳内が有事であるのが興味深いです。

http://twitter.com/hatoyamayukio/status/11983095503
[引用]昨晩は、ポーランド大統領機墜落、緊迫するタイ情勢などへの対応に追われました。「カチンの森事件」の追悼式典への大統領の強い思いが、この悲劇につながったのでしょうか。あらためて、ポーランド大統領をはじめ亡くなられた方々に追悼の意を表したいと思います。
 インテリジェンスという言葉をあんまり安易に使うべきではない、と思うんですけど、海外の情勢分析においては技術的な革新が手法の刷新になかなか結びつかないというジレンマはあります。良質な情報はネットに流れないし、緊急度が高いほど情報の精査は不可能になるし、何より戦略に結びつく交渉は重要な情報や判断に基づくからそれを察知する手段は最終的に人間の五感に頼るほかない、ということになるわけです。

 現場では状況察知が充分行われているのに、それを報告する先である上のほうへ届かなかったり、握り潰されたりするのは洋の東西を問いません。日本だけの問題ではないのは自明です。とりわけ、有事の際には。

 前掲の鳩山発言は、まず間違いなく鳩山さんの素の発言だろうと思います。何の計算もそこには含まれておらず、彼にとって最高確率の状況認識と、最高級の追悼の言葉を紡いだ結果、凄い発言になっちゃったわけです。で、意外にスルーされるかもしれませんが、「…対応に追われました」との発言が含まれていることから、現在の日本の情報機関や外務省から現状知りうるすべての情報がタイムリーに鳩山首相にインプットされたことを意味します。

 そのアウトプットが「「カチンの森事件」の追悼式典への大統領の強い思いが、この悲劇につながった」という不思議な準公式声明であるわけで、しかもタイ情勢への言及がないことから鳩山さんの脳内は「かちんの森>>>タイ情勢」という不思議な感じになるわけです。

 別にまあしょうがないんだけど。選挙で勝っちゃったんだから。

(追記 00:18)

 こちらも参照。

http://togetter.com/li/13807

↑このページのトップへ