月別アーカイブ / 2010年01月

 強制捜査ですってね、奥さん。っていうか、私の会社のどまん前ですよ。

東京地検、小沢幹事長「陸山会」と「鹿島」捜索
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100113-OYT1T00974.htm
「陸山会」事務所など一斉捜索 東京地検
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100113NT001000413012010.html

[引用]関係者によると、陸山会は04年10月29日、秘書の寮を建てる目的で、東京都世田谷区の宅地476平方メートルを都内の不動産会社から約3億4千万円で購入。04年分の収支報告書に記載せず、05年分の報告書に同年1月に購入したとして記載した。

 突破口としてはまあこんなもんじゃないでしょうかね。小沢会見が事実であれば、物証はあらかた検察が前回持っていっているはずなので、見せしめ的側面もあるのかなと感じるところですが。
 もう関係証言だけでも立件しようと思えばできるんだろうなあというところで、セレモニーとしての任意での事情聴取をかわされてしまったので、小沢さんを是が非でも取りに逝こうというのが我が国のあり方なようです。鹿島はちと新しいなあ。何か出てくるのでしょうか。掘ってたら、お台場のテレビ局の偉い人の自宅がロハで建った件とか出てきて巻き添えになったりすると面白そうですけど時効か。

 検察リークに頼らずとも公表されている時系列を見るとそれ相応に事案の核心がオープンになっている、というのがこの手の政治疑獄絵巻では新鮮な取り組みであります。というか、全国紙の政治部の人たちだったら、小沢さんの土地取引のことぐらいみんな知っていたよなあ。深沢の件は登記上げれば誰でも政治資金規正法違反であることは把握できます。

 これが大騒ぎするほどの重大犯罪か、という疑問は残るんですが、まあ突破口なんだろうと。何をしようと思っているのかは分かりませんけれども、時効になってなくてかねてから言われていた物件については、時間を置いて出そうという腹なのか、固めきれないからここで何か出てくるのを期待しているのか、ちと分からんところではありますね。

 多少問題の軸足としてはズレるかもしれませんけど、佐藤優氏が、かねてからの自説の延長線上でこんなことを書いておられました。

【佐藤優の眼光紙背】千葉景子法務大臣は検察を適切に指導せよ
http://news.livedoor.com/article/detail/4543253/

 判決の出る前から犯罪者に仕立て上げる空気作りに検察リークが使われるというロジックでやっておるわけですけれども、まあそういう側面もあるのでしょう。実際、そういう三味線が美しく奏でられないと偉くなれない器量なしだという判断になるのかもしれませんしね。

 その一方で、検察対権力の構造では、故・金丸さんのころから天の声で摘発が沙汰止みになったり、露骨な左遷があったりと、検察官の側もまた案件を潰されないようにするための手法として、リークとまでは言わずとも記者クラブにヒントを流して独自取材してもらうという事例は多かったわけです。「メディアスクラムが組まれてバッシングを受ける辛さは、それを受けた者にしかわからない」のは事実として、ただバッシングされた事例というのはそれなりの自信のある事案を潰されないためのマスコミ操縦がコインの表裏にあったし、そうであるがゆえに大概高裁、最高裁まで争っても「有罪」の結果になる、という部分もあります。公判が維持できなさそうだったら、単純に週刊誌の見開きになって終わる、というのもあるわけで。

 検察対権力という図式が矮小化されたマスコミ的な記号にすぎない、とまでは私は思わないけれども、解散した政党の資金を私的な政治団体に横流しして着服した件や、所定の公共事業で建設業者から秘書を通じて天の声を演出し権勢を誇ってきた手法が明るみに出た件は、小沢さんとある程度行動をともにした代議士であれば多かれ少なかれご存知なんじゃないかとも思います。

 国家権力がどうとかいう文脈ではなく、単純に「悪いものは、悪い」でいいんじゃないでしょうかねえ。

 まあ、紛らわしいというのもあるけど、検察リークなど関係なく、実際に目で検分できる話なので、公務員の守秘義務とか明後日の方向から検察批判をしている人は何らかの背後関係があるんじゃないかと疑ってしまいますね。

 朝日新聞の図が分かりやすいので参照においておきますが、官報に掲載されているのは図にある資金の流れの(6)にあたる部分です。その前の時系列の(1)でなされた資金流入(陸山会への貸付)の意図や性質を糊塗する目的で、新たに(6)の資金が入金され、これが偽装だと問題になっているので、官報に掲載されていて当たり前なんです。

土地購入の原資隠しか 小沢氏団体、銀行経由で4億円
http://www.asahi.com/politics/update/0110/TKY201001100256.html
http://www.asahi.com/politics/gallery_e/view_photo.html?politics-pg/0111/TKY201001110093.jpg
Ozawa_money100112

 良く分からない人は、こう考えてください。

「小沢一郎さんは、自身の政治団体に4億円を振り込み、団体から4億円を返済され、団体に4億円をまた振り込みました。官報に掲載されているのは二回目に振り込んだ4億円で、一回目の4億円は、支払われた時期も金額もイマイチはっきりしません。こちらは官報に掲載されておらず、問題になっております」

 だから、官報に小沢さんからの4億円の入金が掲載されていたとしても、問題の本質にはあんまり関係ありません。でもまあ、誤報じゃないのは事実ですなあ…。
 なぜか永田町異聞でも、同じネタ元から話を聞いてきたのか、バッチリ間違ってます。うーん、ここまで来ると、いま問題として問われている小沢さんの陸山会との資金移動の何が違法と思われているのか、世間ではあまり理解されていないということになるのかもしれません。「永田町異聞がいけない」というのではなく、というか、各ネット媒体がいちいち官報突き合わせて帳尻を読み解くなんて活動をするはずもなく、結果として官報に載っているから小沢さんがシロだという稚拙な印象操作をせっせとやっている人がおったんではないかと妄想するわけです。

 単に金額が一緒なだけで、性質も使途も時期も全然違うものです。というか、しょっぱなの入金が10年以上前とか、自民党離脱したときじゃないかとか、そういう方面のミステリーだと思います。

「小沢貸付4億が不記載」という誤報の拡散を憂う
http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10430206343.html

 しかも、マスコミがごく当たり前のように突き合わせして報じている内容を、何故だかマスコミのミスであるかのように語られたり、逆に検察のリーク批判になったりしてますけど、小沢さんの土地取引を巡って後援会や政治団体がおかしな資金移動をしている件は随分前から知られていたことだったと思うんですよね。

 山岡俊介氏のストレイドッグも巻き込まれて大誤報気味。「これが本当なら、検察のシナリオは大きく崩れかねない。一体、何が起きているのか!?」って何も起きてねえだろうよ。といっても、課金してないから本文読めてないんですけれども。東スポ方式に、肝心の記事部分でしっかり誤報であると指摘していることを希望します。

小沢一郎政治資金規正法違反疑惑に驚愕の新事実ーーキチンと記載されていた!? 小沢氏個人からの4億円借入
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2010/01/post-4539.html

 ついでにいうと、「小沢一郎の陸山会」と「小澤一郎」とは結構不思議な契約書を結んでいるのは、つとに知られているところです。元記事が魚拓にしかなってないので、こちらをご参照。

当時の記事 小沢代表、事務所費を公表…秘書宿舎建設に3億7千万
http://megalodon.jp/?url=http%3A%2F%2Fwww.yomiuri.co.jp%2Fpolitics%2Fnews%2F20070220it12.htm&date=20070221021149

[引用]また、陸山会と小沢氏の間で「小沢氏個人は不動産について何の権利も有さない」との確認書を交わしており、これも合わせて公表した。

 もうロジックとしては分かると思うけど、小沢氏の政治団体である陸山会の物件なのだから、小沢氏の個人資産ではなく、私服を肥やしている形には当たらない、という弁明に等しい内容になっております。確かに、個人の政治団体はその個人のものではない別の人格なのだから、何の権利も有さないという契約があれば問題追及は逃れられると当時は考えたのだと思います。

 この確認書が有効であるかどうかは、本件が立件されたとき、裁判所が判断することなので第三者的には何も言うことができません。ただ、一般的な理解でいくなら、印紙も貼られていない、同一人物同士が交わした確認書であり、公正証書もない代物がどこまで有効であるかは何となく察しがつくかなと。

 で、振り出しの4億円については、出所が小沢さんの奥さんの個人資産という説明になっておるようです。「タンス預金だと思う」とか訳の分からん説明を石川さんが何故したのか、とても不思議に思うわけですが。

 今日は日米外相会談や日米パネルが行われる日でありまして、画期的な前進はなくとも適度な融和を確認できればと思うのですが。

12日に日米パネル討論 「同盟深化」の道筋探る
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010010501000519.html
 しかし、日米関係がこじれた、というか、一方的に日本がアメリカに日米同盟の「修正」をはかって、そのやり方があまりにもアレなのでアメリカ人に嫌がられているという、タリバン問題におけるパキスタンみたいな状況になっているのが難点であります。

 中国に大訪問団送り込んだり、首相が南京訪問とか、明らかに日本外交のタブーに入り込んでる。いや、タブーに入ること自体は悪い話ではないのだが、タブーに触れるのであれば順序があるだろうという話で、アメリカから見れば基地移設問題含めてあれやこれや難癖つけたうえで米中の間の日本が中国よりに「立場をスライド」させるために日米同盟の「修正」を図っているとも言えるわけです。

 まあ、今回はショートしてそれほどの重量級ではないんですけどね、ただ確実に空気は出ると思います。いま民主党に「民主主義同盟の意義」とか「民主主義の普遍的な価値」とか言い出せる人が一人でもいればいいんですが。

 モノはこちら。

asahi_tokyo
http://twitter.com/asahi_tokyo/status/7597001217
JAL上場廃止を朝日新聞がTwitter経由で超速報 【日本航空/日航】
http://blog.livedoor.jp/tabbata/archives/50783017.html

 気になったことを、主に三方向から。

○ twitterを活用するようになったんだね(含:それは特ダネなんだろうか)
○ 報道の仕組みについて
○ JALはどうなんだろうね 
○ twitterを活用するようになったんだね

 新聞社としてのtwitter活用の試みとしては、とても画期的で、速報性も優れてて良いなあと思います。

 個人的には、ある程度市場も世間も上場廃止は織り込んでいたように思うのと、明日市場開いてないからなあ、というのがあり、葬送曲としては若干インパクトが薄い部分もあるかなと思いつつ、こういう試みがどんどん増えるのはいいことですね。

○ 報道の仕組みについて

 新聞社同士の特ダネ取った取られたの業界内ゲームと、twitterほか新しいデジタルツールを使う上でのもっと広い意味でのゲームが混在していて、なかなかむつかしいところであります。

 ネットでのニュースバリューと、新聞社の考えるスペシャルネタとの差異を少し感じました。紙面では使えないけど、ネットみたいな収益性のない軽量級メディアで使える小ネタなんかも並列でもっと扱えばいいのに、と少し思いました。

○JALはどうなんだろうね

日航CEOを京セラ稲盛名誉会長に打診 本人は回答保留
http://www.asahi.com/business/update/0110/TKY201001100225.html

 稲盛さんに長年支援されて、念願の民主政権が成立したお礼が、何とJALのCEO就任打診という、恩を仇なのか老骨にSMなのか判断に苦しむ状況なのが笑えます。このまま朝日新聞社にはワコール社外取締役時代にピーチジョン買収した際の稲盛さんについても取材していただきたいところです。

↑このページのトップへ