月別アーカイブ / 2008年11月

 何か騒いでおりますね。

民主・増子議員、問題マルチの監査役 党のパー券も仲介
http://www.asahi.com/politics/update/1102/TKY200811020196.html
民主・増子議員がマルチ企業の監査役、月20万円の報酬
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081103-OYT1T00427.htm
 年末までに選挙があると思って先走ってリークかけちゃったのかと思うぐらい、続々と話が出てきて「やめられない止まらない」状態なのかもしれませんけど、一般論として「マルチはいかん」というのは簡単として、これってどこまで防げるものなんだろうかというのがあります。

 で、変なところに飛び火をしていて、何だろうと思うわけです。

三菱東京UFJ、ずさん融資300億円 「問題先」にも
http://www.asahi.com/national/update/1101/TKY200811010215.html

 「内部調査で分かった」というのはどういう配慮でそうなったのか、外部からは良く分からないんですが… ただ、常識的に考えて微妙企業からの政党、政治家への献金が問題視されるという流れで言うならば、そのうちパチンコ・パチスロ業界からの献金問題や政治家経由の口利き問題なんかが出てくるんだろうかと妄想するわけです。

 まあ、世の中はいまそれどころじゃないですけどね。

 最終爺のとこを読んでて思ったんだけれども、とりとめのない雑記を書く。それがどうしたとか、話がつまらんとかいう罵倒は甘んじて受ける。

 帰着点としての軍隊(自衛隊)に対する文民統制ってのは、題目としては大変真っ当で当然のように感じていたのだのだが、良く考えるとそれっていうのはどこまでどういう統制が可能なのだろうかということについてはあんま良く分かってないことに気づいた。

 歴史的に正しいの正しくないのというのはbewaad氏のとこ参照。

実際の理由はさておき、その歴史の不勉強さだけでも更迭に値した田母神前航空幕僚長
http://d.hatena.ne.jp/bewaad/20081102/p1
 ただ問題は、最終爺の指摘する「歴史の不勉強で更迭されてはたまりませんよ」ってのは、言われてみればそうかもしれないと改めて思った。

■朝日社説 空幕長更迭―ぞっとする自衛官の暴走 : asahi.com(朝日新聞社):社説
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20081102/1225582423

 もちろん、望ましいかそうでないかという問題でいうならば、大石せんせのとこで言い尽くされていたので議論の余地はあんまりなさそう。それは、そうなのだろう。

将官の資質に非ず
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2008/11/post-f5e9.html

 が、軍隊に限らず「資質に非ず」の話はたくさんあって、その意味では自制&自省せいということもな。「ああ、このタイミングでそれを言うなよ、それもお前の立場でよ」と思うことも、たぶん第三者が私に対して抱いてることもあるんだろうなあ的なもんとか。

 一番痛いのは、これを世間様相手に投げてみて、その反応次第でいろいろとその後のシナリオについて調整するというような、観測気球ですらなさそうなんだよなあということ。最終爺の考える意味でしか、もはや意味を考える価値すらない、みたいな。

 関係先のファンドさんがインボイスだかの増資交渉の話を聞いた瞬間にダイナシティが飛んでますけど、これって「痛みに耐えてよく頑張った! 感動した!」と讃えるべきなのか、それとも「悲しいけど、これって戦争なのよね」と侘び寂びを感じるべきなのか。

ダイナシティが再生法申請=マンション中堅、負債520億円
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2008103101165

 ついでに、石原王国の黄昏的な事案がこれ。
石原都知事、公的資金注入の新銀行東京除外案を批判
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081031AT2C3102431102008.html

 常識的に考えて、当然のように除外されるべき新銀行東京について、除外される原因を作っちゃった石原都知事が何を言っても無駄なのかなと感じるところですが。「経営責任を明確」という条項については、「経営悪化の原因となった乱脈融資の実態を公開」と同義とするならば、議員による口利きとか特定の元行員らが行った不正融資等の事案もひとつひとつ詳らかにする必要が出てくるということで、新銀行東京が問題になってもそれほど困らない与野党からすれば政争にすらならないような気もするんですけど、どうなんでしょう。

 日本振興銀行はどうするのかという話も出るんでしょうか。

為替介入、10月も「ゼロ」 財務省
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081031AT3S3102531102008.html

 相変わらず何もしないあたりに好感が持てます。まあ、一過性の変動にいちいち出動してたら効果のほども含めていろいろ手の内バレちゃいますからね。政策金利も0.25%引き下げと思ってたら0.2%という寸止めぶりもたまりません。なんだろうな。

↑このページのトップへ