月別アーカイブ / 2008年07月

貴州抗議事件:少女強姦説を否定する当局、「レイプではなく、腕立て伏せだ」
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/07/html/d79739.html


 レイプが腕立て伏せだったという話。誰が信じるんだそんなもの。じゃああれの抗議デモは暴動ではなくマラソンだったと発表すればいいのではないか。と思ったら、同じ見解は山ほど出ていた。
"暴動発展の中国・少女レイプ殺人" 実はレイプではなく腕立て伏せだったことが判明
http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/51222863.html


 ソースが大紀元だからちょっと割り引かないて考えないとなあと思ったら、金融機関向けの外信電にも英字で同じようなニュースが流れていたのでガチなのだろう。


 前にチベットで大暴動が起きて、何百人だか殺されたとき、なぜか中国では「チベットで道路に寝るのがブーム」みたいな記事が流れてきて唖然としたことがある。ブームじゃねえよ。殺されてるんだよ。航空衛星写真で大量の人が倒れている模様を察知されたあとのリカバリーとして中国様が考える幼稚園児並みの大本営発表は読む者に文学的素養を深く感じさせるものがある。というか、論理的思考のテストを知恵遅れに実施するような内容なのだから、誰か止めてやれと思う。


チベットで道路に寝るのがブーム
http://news.ameba.jp/internews/2008/03/12120.html


 でもアウトプットがいくら知能指数低そうでも、為政の面から言えば事実そのものを公式に認められないのだから立場上強弁しなければならないというのは理解はできる。問題は、中国当局が「こういう言い訳でもとりあえずしておこう」というのを海外の空気の読めない連中が人権問題として騒ぐかどうかというところだな。我が国の人権屋や市民団体はピクリとも動かないのではないかと思うが。どうだろ。

 まあ「いつかは来る」事態が今日だった、とかそういう話で、よく持ったほうだとは思う。地上波の代替としてインターネットでの動画配信ビジネスをやりたいように見えるドワンゴからすれば当然の譲歩だし、その下にぶら下がるクラビットだのCDNだのも良かったねと胸をなでおろしているかもしれないし、残念でしたねと偽善的な笑みを湛えて電話でもしているかもしれない。

「ニコニコ動画」でMADも削除 ドワンゴが権利者に申し入れ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/02/news093.html

ニコ動「テレビ番組の無断投稿は全削除」とテレビ局に申し入れ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/11/news087.html
 内容自体は良いとか悪いとかではなく、普通に駄目であるので訴えをちらつかされて、とはいえお互いビジネスなので落としどころをドワンゴ側が探ろうとしたけど、そんなもんドワンゴにだけ認めたらほかのあらゆる動画サイトや私的サイトも差別なく認めざるを得ないわけだから業界団体側も突っ撥ねざるを得なくて時間切れでゲームオーバーでございます、と言う流れではないかと。

 とはいえ、JASRACとの包括契約は下馬評通りの内容で締結できたし(ちゃんと払うんだから当たり前だが)、大規模動画サイトが国内でやっていいことと悪いことの線引きは着々とできつつある。ここでOCNをはじめ動画などデータ転送を大量に実施する馬鹿ユーザーをどう今後規制していくのかという論点は必ず持ち上がってくるだろう。つーか、インフラ屋が儲からなさ杉で、そんなチープな値段で24時間使い放題の皺寄せはインフラ屋に来ていてその後のイノベーションを実施するために必要な原資も満足になくコンテンツ屋だけが太るというのは政策的にもビジネス的にもありえないだろう。

 同じく「いつかは来る」ネタで、みずほに支援を打ち切られたソフトバンクが大変なことになって、通信行政が仕切りなおし、みたいなことはあるのかもしれない。その前にウィルコムやイーアクセスが経営的に厳しくなって再編という可能性も高いだろうし、そういう困っているところの上に乗っかっているサービス業者としての動画サイトなんて干上がる池に棲む鯨みたいなもんだ。先に業界団体に天井作られて伸び悩んでおいたほうが傷口は少ないと思うよ。

 そういう意味ではGyaOの撤退がちと早まったUSENは逆に幸いだった。どうしようもねーもの。

 予算の高い順に仕事してたら予算は少ないけどやりたい仕事に皺寄せが。あさってまでには企画に関する返答もしなければいけないし、研究もしとかないといけない。まあ、分かっていたことではあるんだけどね…。またプログラマー急募、とかいってみるテスト。

↑このページのトップへ