月別アーカイブ / 2008年01月

 いや、私は鯨肉とかあんま喰わないし、毎日鯨がないと死んじゃうというほどでもないのでどうでも良かったんだが。


 ただ、グリーンピースとかシーシェパードとかが日本の捕鯨船に嫌がらせをしているというので、興味を持って文書をちらちら見ていたところ、よく理解できない話がいっぱい。これが文化摩擦というものか。


 どう読んでもそれほど大事なこととは私には思えん。何か高度な政治的事情とか、鯨がないと一家心中しちゃうみたいな切羽詰った人とかがいるのかしら。攻撃している環境主義者も鯨大事と言ってる日本人も、ことさらに問題視する姿勢が理解できない。


 どうでもいいから放置じゃまずいの?

 いろいろと批判をされている小沢氏の本件コメントですが、基本的にはまったくの事実だろうと。


http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080123k0000m010063000c.html
 いまちょうど中国での事業の撤退戦をやっていたところなのだが、いやもう凄いことになってもおかしくない。バブル崩壊とかいうレベルの話ではなく、本当の意味で社会における富の偏在の辻褄が合わないわけです。かつて文春新書で書きましたけど、いざ慌てて引き上げようとしてみると、それはそれは妙ちくりんなことがたくさんあるんです。


 では中国政府が無能だったかと言われるとそうではなくて、むしろよく保ったほうだと私は考えております。昨年下期にはすでに中国のバブル崩壊でうんたらというスタディは各所でやっていたと思うんですけど、もっと早く危機が表面化してもおかしくなかったかと感じる次第です。


 純経済的には、日本の地位が相対的に低下して、というのはその通りでもっともなんですが、いま中国が無視できないのは本当に崩壊しかねないからで、市場に精通した経済人ほど楽観視し過ぎているきらいがありまして。


 だから、小沢氏は「なぜ日本の心配をせずに、まず中国なのだ」という批判があるとのことでしたが、状況からするに中国で政府が倒れかねないぐらいの大きな障害が発生したとき、日本はその意志に関係なく巻き込まれることは間違いないのだということを知っておられるのでしょう。


 まだ上海閥がどうとか政治的なつばぜり合いをしていたほうが、中国の権力闘争という意味では健全だったのだろうかと思えます。下手をすると大躍進政策よりもマズいことになるかもしれません。しかも、ゆっくりと。

 私は単にホテルアイビスのほうから六本木駅に向かって歩いていただけなのだが、例の裏路地方面の駐車場から見知ったおっさんが出てきたので興味本位で誰だろうと思ったら彼であった。まあ仕方がないんだろうけどねえ。業績不振なのは仕方がないし、精力的な健康男児であれば風俗のひとつもこなしたくなるだろうから、それ自体が悪いとは思わない。でも目が合って一礼したら挨拶するでもなく取り乱したふうのおたおた姿を見ると、お前の性欲なんかどうでもいいから早く入金してくれとか思うわけである。
 まあ、払えない状況なのは知ってるけど、それでもいい女を抱きたいものなのかねえ。私には縁のない話ではあるが。そういえば、彼が頻繁に主催していた合コンもめっきり回数が減ったね。ヒルズ族とやらはどうなってしまったの。六本木ヒルズも当時居た企業で健全なところは軒並み出て逝き、駄目なところは倒産し、ヤバいところは逮捕されてしまった。レジデンスにも足を向けなくなった。


 大幅な株価の下落ってのが直面すると、いろんなところでいろんな人が金策に動き出すので、景気のいいときこの人は誰と親しくて、どう思っていたのかはっきり分かる。親しいところから順番に金を無心しに逝くから。そりゃあ売掛金回収されると思えばうちからは金を借りに来づらいだろう。そこまで優しくないからね、私も。


 来期は直前期とか騒いでたベンチャーもどうなるんだろうね。上場して一攫千金なんて夢をまだ抱いてるのもどうかと思うよ。ほんとに。

 個人的な予想で逝くと、今年の上期のうちの流れはこんな感じ。



・ 調子乗って日本買いぶっ放してた外資系ファンドが大損して撤退、だるま落とし的に株価が春過ぎまで低迷

・ 外資系が買ってるので値上がりしてる日本株に乗っかっていた企業が大損して業績悪化

・ 思惑で実力以上に買われていた銘柄とそれなりにイケてる銘柄が選別されて堅実系ファンドが底買いを始める

・ 世界的な信用クランチで成長性より安全性が投資方針にて重視されて、もっと円が買われる

・ 円買ったはいいけど円の使い道がないので、また株式市場にそよそよと資金が流れ込み始める

・ 決定的な景気後退局面に直面して、大規模で本格的な業界再編がそこら中で開始される

・ 再編の対象になりそうな財務健全な中堅上場企業が草刈場になってヒャッホー


 なんつーか夢がないな……

↑このページのトップへ