月別アーカイブ / 2007年08月

 一軍合流の知らせとほぼ同時期に伝えられた、西武予告先発大沼。防御率は貫禄の八点台後半。対するロッテは防御率トップの1.70、完封3度、勝率9割の若きホープ成瀬。しかも、大沼はぎっくり腰が伝えられるなか、悠然と先発マウンドに向かい、つい先ほど5回1/3、2失点でランナーを二人残し山岸に後を託した。充分すぎる戦果。素晴らしい。観る者全てに生きる気力を与えた。力投をありがとう大沼。佐藤は死ね。そして山岸がタイムリーを浴びる。山岸はいますぐ切腹すべき。大沼ローテーション入り希望。

 我が国だと適当に泣き寝入りしといて後で外資系に勤めてる個人から「ストックオプションは所得だった」とか言って税金をむしり取るケースですが、韓国って凄いね。


http://www.asahi.com/business/reuters/RTR200708230100.html


 要するに、韓国経済を直撃したアジア通貨危機の際に、経営難に瀕した韓国外換銀を米投資会社のローンスターが買収し、これを立て直して売却して利益を確定させようとしたら、韓国検察が不当に安い値段で韓国外換銀をローンスターが買ったかどで強制捜査って話の延長戦。


 まあ好きにしてよねというのもあるけど、ローンスターに限らず米系ファンドは韓国検察の目の敵にされてる部分があって、相変わらず良く分からん理由で資産移動を停止させられるファンドが出たりして面倒くささ抜群の状況で、結構なファンドが韓国から足抜けしてしまった。


 問題は、外資から見捨てられた韓国経済はどこまで持つのやらと眺めていたらどうもそれほど長くは持たなさそうだというコンセンサスが出来上がりつつあることでありまして。これって第二次アジア通貨危機みたいな問題を起こしかねず、そうすると問題回復の一部、あるいは大部分を日本が面倒を見なければならないという話に。うわ面倒くせえ。


 我が国だと、韓国外換銀といえばTSKビルとか事件師系の物件でよく名前をお見かけする韓国系銀行ですし、ローンスターといえば東京スター銀(旧東京相和銀)なんすよね。いやー。


 我が国で本件に類例的な事案というと、やっぱり新生銀行(旧長銀)誕生のときの瑕疵担保条項を利用した不良債権一掃で安値で買取&税金で不良債権処理のリップルウッドに一杯喰わされたように見えた件。ただ、リップルウッドはここで手にした利益を日本に再投資して、結局は… というのを考えると、景気のいいときは金融屋にやらせるだけやらせておいて、そこであぶく銭掴んでもひとつ潮目を読み違えると大損して経済の肥やしになるというわけで、長い目で見て考えましょうや旦那。


 そういうわけで、韓国が勝手に一人でひっくり返るのはまことに結構なことですが、何卒我が国の財政に影響が及ぶようなことのなきよう、万全の準備を今回は願いたい次第なのであります。

 トゥデーのガイエル様は、ブラジルから来たユウイチさんの大活躍のために一死一二塁から地味に歩いて満塁弾を激しくアシスト。七回には二塁手関本のアホプレー誘発の微妙ゴロを放ち内野安打&失策得点をマークして箱根の向こうから神宮へお越しくださった客を帰らせるなど鬼神の如き活躍です。空間歪みすぎ。


 守ってはライト前に飛んだ打球を捕ってから二塁に投げようとして三遊間過ぎまで投げ込むゴミプレーも披露。一塁側スタンドに爽やかな笑いを巻き起こしました。魔将の凄さは守備範囲は狭めだけど球際にアホみたいに強い守備、肩はえらい強そうだけど捕ってから投げるまでが絶望的に遅い送球、最高スピードはかなり速いけど加速は著しく遅い走塁と、非常に良い意味で「ワールドクラスのB級感とは俺のプレーことだ」と全身でアピールしてて最高です。遠くから見ていると、シルエットがどう見ても腹出てるんです。気のせいかもしれないけど。


 ただ、少々お疲れ気味な感じはしました。守備固めでなぜかメッシーが右翼に入っていましたが、実は魔将ももうすぐ1万35歳。日本記録のかかる死球もペースダウン。選手古田も二軍落ちしたところですし、何かリフレッシュ策を考えて欲しいです。大量に乳製品飲ますとか。飯原との併用で元気なはずの宮出@巨神兵も今日は置き物モードでした。一死満塁で内野フライとか、いつものヤクルトを演出しすぎな気がします。畠山とか衣川あたり上げてこないんですかね。


 あと福川。昨日、川本がシコースキーさんのパスボール&ワイルドピッチ取れずで二失点というのもあってか、ベテランらしい堅牢な働きをしていました。70試合以上出場しているのに阪神ファンから「誰やお前」呼ばわりされるあたりは無類のマイナー感を漂わせています。得点圏では三割近く打ってるのにね…


 一方、ひところの打棒を取り戻しているシーツ先生、初球を打って三ゴロ併殺というクソ打撃もありましたが、打球も全体的に速くていいですね。阪神は今年が最後かもしれませんけど、ぜひヤクルトに。あと、一仕事終わってやれやれお疲れモードに入ってるヤクルツ打撃陣を目覚めさせる桟原。何をしに出てきたんでしょう。阪神ファンで埋め尽くされた三塁側スタンドが静まり返っておりました。


 あと、中四日のグライシンガーを六回裏の攻撃で代打武内でも出して降ろさず七回表になって130球も投げさせたところでようやくポケモン花田@花火師に替えた古田監督&伊藤昭光はグライ神を何だと思っておるのでしょう。八回裏には意味なく代打の切り札真中が出てくる始末。高井館山はテストだからいいとして、メリハリきかなさ杉。眼鏡を拭いて出直して欲しいと思います。


 4点リードがセーフティリードではないヤクルト中継ぎ陣にとって、昨日2失点した吉川だの毎日のようにブルペンにいる木田だの一昨日出てきて2四球与えて大逆転アシストして戸田に逝ったストライクの入らない田中充だのストライクが入らない遠藤だのストライクが入らない高井だのストライクが入らないシコースキーだの満塁弾サヨナラ打たれる館山など全面的にろくでもない状況は何とかしないといけないですね。


 今日は中五日で石川だろうなあと3タテを充分視野に入れながらの観戦でしたが、ここでグライ神ということは横浜三連戦は谷間、谷間、谷間ということになりそうで、大矢横浜を強烈にアシストしそう。ホームゲームなのに。明日はビール党なので神宮逝きませんが。今年からヤクルツ応援モードになって神宮で3勝15敗なんですよね。古田監督は私に恨みでもあるんでしょうか。ぜひ来季監督残留に向け頑張ってください。


 一塁側のヤクルト応援がショボい、というかユニフォーム着てても誰も声だししないので三塁側から溢れてきた阪神ファンが一塁側でジェット風船を多数飛ばすなどおとなげない現象が見られ、今年で最後かもしれないFプロジェクトというのは何だったんだろうと思い返さずにはいられない夏の終わりの神宮でした。

 監査時の継続前提に疑義を集めたリストが、この前なぜかZAKZAKに報じられる。恒例っていやそれまでだけど(笑)。


http://company.nikkei.co.jp/disclose/


 やはり目に付くのはバナーズ=宮入バルブのような仕手筋大作戦が大失敗したように見える銘柄とか、クオンツとかYOZANとかバーテックスリンクとか微妙銘柄とかが中心になってるとこですかね。


 昔だと、こういう表にどこがメインバンクかとか、主幹事や監査法人の情報を付記したリストが出回って問題人物の洗い出しをやったもんだけど、最近では匿名ファンドなどに隠れててよう分からんことが多くなったのが困る。


 来年にはこういうリストにREITやら金融業者やらなんかもバンバン入ってきてわけわかめな展開になるといいな。


 そういえば、以前取り上げたGMOの金融事業撤退、どうもややこしそうですね。グレー金利で返還リスクのある債権をまとめて押し付けられたんだとかいう話でしたが、どうなのでしょう。言われてみればライブドアもマルフク押し込まれてたけどね。

↑このページのトップへ