日本全体が半旗を掲げて伊藤春香(はあちゅう)さんの離婚というか事実婚解消を悼むセレモニーをしめやかに執り行うなか、よく考えたらこの前裁判をしている福永活也さん宛に被告として陳述書を裁判所に提出していたのを思い出しました。申し訳ございません、すっかり忘れていました。

 内容については、代理人として立ってくださった神田知宏先生が修正、整形をしていたようですが、本件ではそのまま原文をアップいたします。神田先生、ご対応を賜りましてありがとうございました。



 伊藤春香さんの代理人をやっている福永活也さん、その事実婚解消相手であるAV男優しみけんさんと親しくしている画像が最近出ていたので、何か上手くいかなかったのかねえと思います。詳しいことは知りません。

 陳述書中、うっかり「福永活也さんが女性弁護士と旅行に行った先で肉体関係を持とうとしたけど女性弁護士に断られたので女性弁護士を自費を払わせ先に帰した」逸話について盛り込み損ねました。失敗しました。控訴審でもあったら北浜弁護士事務所時代の東京電力原賠ADR訴訟の話と、伊藤春香さんから振り込まれたはずの弁護士報酬は本当に金銭のやり取りがあったのかについて改めてお伺いしたいと思っています。

 別訴のガムテープ弁護士呼ばわりで敗訴の件や、パパ活也でも敗訴の件、弁護士を訴えて全敗の件などは、そのうちネットメディアで事実関係を整理して掲載する予定です。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

----

陳述書



原告・福永活也さんの裁判ビジネスと司法制度のフリーライドと度重なる暴言について

・誹謗中傷対策ビジネスに関して

 福永活也さんは著者として「日本一稼ぐ弁護士の仕事術」という書籍を刊行しており、その収入の過半が東日本大震災に伴う福島第一原発事故における、東京電力ホールディングスに対する原賠訴訟やADRで被害者原告からの受任を行って成功報酬として報酬を得たものではないかと見込まれます。

 これら原子力発電所での事故に関わる賠償請求などの法的措置は事故後11年が経過したことなどから件数が減少し、これらの被害者原告の代理人業務で日本一稼いできた福永活也さんはこれらの事件経由の収入が減ってきたことなどから、昨今インターネット上で問題となっている誹謗中傷対策を、無償で法的対応するなどと標榜し、成功報酬で簡便に開示請求や裁判を起こせるとの触れ込みでネットでの誹謗中傷対策を行いたい著名人に食い込み開示請求を乱発して原賠訴訟と同じスキームで収益を上げようと考えたのではないかと想定されます。

 勝てる見込みが乏しい案件でも積極的に大量の開示請求を行い、また本訴をすることで裁判所他の大量の司法リソースを空費せしめ、かつ、依頼人の法的利益を考慮することなく、賠償金付き示談案件で2,000万円程度の回収とした(22年8月31日)と福永活也さんは公言しています。

 同様に、福永勝也さんは「僕が誹謗中傷の裁判を大量にこなしているけど、これは完全無料でやっていたり、成功報酬を基本として報酬総額を相場からかなり下げているから成立してる。相場の弁護士報酬でやろうとしたら、依頼者の多くは泣き寝入りになってしまう。
これだと再現性、持続性がない」(20年10月3日)「書いた側に、あの気に食わない◯◯に5万円払わせたってので十分」(20年10月13日)などとも公言しているが、完全無料を標榜しながらも、別の裁判においては後述のように実際には資金の支払いが請求書や領収書の発行なしに行われている旨の説明を法廷で行い、また、実際に裁判費用が福永活也さんに支払われているのならば、5万円程度の慰謝料や賠償金の支払いでは被害を訴え出た原告の利益に資することはないだけでなく、貴重な裁判所のリソースも価値の乏しい裁判の乱発によって空費させられていることになります。

 しかしながら、福永活也さんが手がけているとされる数百件以上の裁判の件数からすれば、仮に福永活也さんの言う通り2,000万円程度の回収にとどまっているとするならば、一件当たり数万円の回収もできていない計算となります。別添した資料でも、確認できる裁判の状況や獲得できている賠償金の状況から見ましても、明らかに誹謗中傷や侮辱の申し立てをした原告の期待に応えているとは言い難いものがあります。本当にこれらの正当な開示費用を原告が支払っているのならば、確かに福永活也さんは儲かりはするのでしょうが、一方で福永活也さんは成功報酬での無料受任を謳っており、後述の通り、他裁判での本人尋問の内容から見ると大きく矛盾しています。


 さらに、福永活也さんは弁護士費用ではなく裁判費用を一連の開示請求や賠償訴訟の原価としている節があり、「訴訟費用ってのは、弁護士費用ではなく、裁判自体の費用で、10-0の勝敗の事件でも2-3万円程度」(22年8月31日)とも書いています。これは、我が国の民主主義の根幹とも言える国民の開かれた裁判制度において、一件ごとに司法判断を行い、時間をかけて内容を吟味し判決文を認める裁判官や書記、事務の皆さんの仕事にフリーライドをする倫理観を欠いた考えであるように見えます。

 それでありながら、福永活也さんは「日本一稼ぐ弁護士」を標榜し、大量の開示請求訴訟で代理人を担いながらも、視認できる限り名誉棄損や侮辱で訴え出た原告の利益に資するだけの賠償金を確保できているとは到底言えません。本当は、原賠ADR裁判の代理人のように、成功報酬で示談や賠償金が入ってくれば手堅く収益が得られると思っていたところ、実際には著名人・有名人に対する名誉棄損や中傷と言えども必ずそこにはその発言に至った文脈があり、適正に吟味をすれば、社会的に問題視されるべき書き込みばかりであるとまでは言えないというのが実際だったため、ビジネスにならなかったのではないかとも感じます。

 例えば、同じ弁護士の高橋雄一郎さんを相手に起こした名誉棄損裁判は、行った6件の裁判すべてに全敗しています。また、NHK党の立花孝志さんの訴訟においては、見る限り開示請求は概ね退けられています。外形的に見て、福永活也さんが手がけた名誉棄損裁判における勝率が極端に低いのは、福永活也さんが自身でTwitterで書いていた通り手数で稼ぐつもりが当てが外れた形にように見受けられます。

 仮に裁判を起こして勝訴しても得られる賠償金が少ないと見込まれるので、心に傷を負っても誹謗中傷や侮辱を我慢するべきだと主張したいのではありません。ただ、社会的には対外的に発言する際し、挑発的な物言いをしたり、批判されてしかるべき言動を行った場合に、相応の激しい論評を第三者から受けるのもまた当然でしょうし、その中で、受忍限度内と思われる範囲の書き込みに関しては、弁護士としての経験も充分に持つ福永活也さんならば理解しているはずです。

・勝てない裁判を乱発する事情と弁護士報酬の支払いについて

 福永活也さんが勝てないと見込まれる裁判でも行うのは理由があると考えられます。

 福永活也さん本人のツイートにおいて、裁判費用は実質数万円としたうえで、これらの裁判を行うこと自体が広告宣伝費だと位置づけ、東京地裁などに行う開示請求の仮処分を大量に行うことは福永活也さんの弁護士活動におけるブランディングだと説明しています。

 つまり、安価に名誉棄損裁判や開示請求を引き受けること自体を営業活動とし、そこで得られた賠償金を成功報酬とすることで、前述の日本一稼ぐ弁護士としての名声を維持したいと考えているに他なりません。「訴訟費用数万で、高い広告宣伝効果にな」り、また「謝罪示談案件がめちゃくちゃ増える」ことを期待して、成功報酬で収入を得ることを福永活也さんは企図していることは明白です。これらはいわば愉快犯的で、かつ、明確な目的を持たない連続通り魔のような無差別の開示請求を行っていると言っても過言ではないでしょう。

 しかしながら、別の裁判においては、伊藤春香(はあちゅう)さんの名誉棄損訴訟の本人尋問にて、伊藤春香さんの代理人となっている福永活也さんに対し、ひとり特定するごとに60万、総額で弁護士費用を1,000万円ほど支払った、と述べています。

 この法廷での伊藤春香さんの発言が事実であるならば、無料で名誉棄損や開示請求を引き受けているという福永活也さんの公言は嘘だということになるし、逆に、伊藤春香さんが実は福永活也さんに払っていないのだとすれば法廷での本人尋問で虚偽の内容を語ったことになります。

 いずれにせよ、訴訟費用数万で裁判や開示請求を乱発できるのは広告宣伝目的だとしながらも、本当に原告である伊藤春香さんから1,000万円を支払わせているのだとするならば、取れる賠償金の程度からしても原告の利益を充分に斟酌して福永活也さんは弁護士活動を行っているとは到底言えません。これは弁護士として不誠実であり、倫理観を欠く行為であると感じられますし、本件裁判においてもこれら原告との弁護士費用の支払いに関する事実関係について明確な形で福永活也さんには説明をしていただきたいとも思っています。

 福永活也さんが乱発している他の裁判においても同様に、きちんとした代理人報酬を取っていたかどうかも定かではありません。上記・伊藤春香さんの本人尋問においては特に、伊藤春香さんは紙の請求書を受け取ってから支払いを行ったと説明する一方、同じ裁判の席上で福永活也さんは紙の請求書を送付していないとしています。弁護士に対する報酬を、現金で手渡しで領収書も満足に発行されず、自宅に現金があるとき払いである、ということは実在し、そして適切なのでしょうか。

 一事が万事この調子であるので、福永活也さんが精力的に開示請求や非常中傷裁判などで活躍しているとしつつも、公開されている裁判の結果を見る限り誹謗中傷などの被害に遭ったとする原告の法的利益には資した状態とは総じて言えず、また、代理人としての無料受任や成功報酬を標榜していながら、請求書も領収書も明確な形で管理されているようには見えません。また、福永活也さんの預かり金口座で資金を管理しているとしつつ、賠償金と弁護士費用の明細・収支資料にあたる書面が原告である伊藤春香さんに渡されることもないのが事実であるならば、誹謗中傷に関する開示請求も賠償申し立ても適切に管理されているとは言い難いでしょう。

 本当に弁護士費用の支払いにおいて請求書も領収書も発行されていないのだとするならば、一連の法的行為自体の適法性に懸念があるとも言えます。

・暴言に関して

 福永活也さんのTwitterなどでの表現については、もっぱら女性にモテずコミュニケーションに問題がある男性という意味合いにおける「陰キャ」「インキャ」という日陰属性のキャラクターに対する揶揄が数多く見られます。

 これらは、後述するホームパーティー好き、煌びやかな女性との交流を嗜むと見られる福永活也さんが、女性にモテない男性に対するマウンティングをTwitter上で繰り返し行うことで、自身の活動の充実や華やかな私生活を知らしめるパフォーマンスを行って、これを自らのフォロワーなどに見てもらうことによって、承認欲求を満たす目的で書き記しているものと思われます。

 もちろん、Twitterでの書き込みなどは他の人物の権利を侵害したりしない限り、個人の書きたいように自由に書き込んでよいものであるので、弁護士である福永活也さんがこれらの倫理観を欠く挑発的な書き込みをしたところでただちに特段の問題があるとは本来言えません。

 しかしながら、これらの書き込みは、おそらく受任した開示請求の仮処分が地裁で開示命令となり、弁護士として書き込み者の本人特定をし、人物の確認をしたところで揶揄しているものも多くございます。

 例えば、誹謗中傷などでの「開示請求で空いて特定すると、多少は属性がわかる」としたうえで、相手の容姿に対して「マジで禿げちらかしたニートおじさんが3匹の子豚のような家に住んでる」(22年8月31日)などと記述し、誹謗中傷に悩むべきではないという書き込みもしています。

 他にも福永活也さんの手によるTwitter上での暴言の数々は枚挙にいとまなく、一連の誹謗中傷裁判や、伊藤春香さんのような著名人の法的措置については多くの人たちが注目しており、問題発言については別添資料のように有志が漏らさず記録を残しています。もちろん、特定された個人に対する誹謗中傷ではありませんが、これら陰キャなどの属性に対して自認のある人たちからすれば、福永活也さんの書き込みを読んで傷つき、落ち込んだり、反発をするのもまた当然と言えます。

 さらに、ネット上での著名人や芸能活動を行っている人物との交流を誇示するための写真も複数Twitter上に投稿しており、また、彼らのネット上でのバッシングなどに対して、誹謗中傷裁判を代理人として受けるかのような発言も繰り返しています。これらも、Twitter上などでは無料での受任を強調する書き込みをしながら、実際には伊藤春香さんの裁判のように支払いがあったかのような取り繕いをしている場合もあり、実態は定かではありません。

 福永活也さんはこれらの挑発と暴言をネット上で常習的に繰り返し、その都度話題にされることで誹謗中傷に悩む人たちに対して弁護士費用の無料受注を謳い数百件の開示請求と名誉棄損訴訟を仕掛けてきました。裁判そのものは国民のために安価に行える制度を半ば悪用し、程度の低い訴訟を乱発する手法については、厳しく判断されるべきなのではないかと思います。

以上