クソ忙しい状態ですが忙中暇有。取材もあったけどディスインフォメーションについては文春で記事にしました。

ロシアのウクライナ侵攻が、日本にとって「他人事」ではない深刻な理由 #文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/52417

 で、今日になって揉め事勃発で岸田文雄官邸も大変かもしれませんが、報じられる前に懸念される事項があるとするならば、気軽に「有事に備えよ」と言ってももうすでに総力戦になってきつつある、その実態はエネルギー価格の高騰とそれに伴う物価の上昇で、世界的な景気低迷・スタグフレーションに陥るときの社会不安をどう払拭するかなんですよ。

 そして、ディスインフォメーションは英語圏だけでなく、日本語圏でも多く飛び出すようになりました。みんな追いかけてますが、文脈的に共通しているのは実のところ中国中南海が出している露宇紛争での声明の中身です。

Wang Yi Expounds China's Five-Point Position on the Current Ukraine Issue
https://www.fmprc.gov.cn/eng/zxxx_662805/202202/t20220226_10645855.html

[Quote] 1. China maintains that the sovereignty and territorial integrity of all countries should be respected and protected and the purposes and principles of the UN Charter abided by in real earnest. This position of China is consistent and clear-cut, and applies equally to the Ukraine issue.

 中国は、まずロシアがウクライナの主権を踏みにじったことを認めてます。

[Quote] Given NATO's five consecutive rounds of eastward expansion, Russia's legitimate security demands ought to be taken seriously and properly addressed.

 そして、ロシアがウクライナに戦争を吹っ掛けた正当性について、NATOが5度にわたり東方拡大したと認知させていることですね。

 で、ご存じの通りNATOが東方拡大したという話は小泉悠さんが2020年に解説書いてますが、たぶんそういうことだろうと思います。

ロシアの軍事戦略における中・東欧 : NATO東方拡大とウクライナ危機のインパクト
https://researchmap.jp/cccp1917/published_papers/35788853

 おそらくは、露中の電話会談その他でこのあたりの立ち居振る舞いと開戦理由、ウクライナで新設した2共和国に対する独立保障といった(ちょっと安易な)舞台装置については概ね話が出揃っていることになります。

 「こんな話で押すのか?」という話はありますが、押すんだと思いますし、実際押している以上は、それに対処しなければならないのは私たち日本人も、であります。

 そして、この論法で容認されるのであれば、台湾海峡どころか結構どんなところの何であれ押せてしまいます。核兵器云々もそうですが、中国の言う通り「冷戦思考を捨てる」前提でいくならば、本当に何でもできてしまう世界観になるのでしょう。

 日本語圏におけるディスインフォメーションの一部も、見事なまでにこの中国の露宇紛争での立場や5つの主張ポイントに近く、いわば「どっちもどっち」を超えてウクライナの主権は認めるけどNATOの東方拡大というロシアのクレームは正当だとする内容に収斂しています。

 まずいんじゃねえのと思いますが、状況がまずいんだから対処するしかないよなあというのが正直なところです。

 いまみたら、JETROがレターの中で訳文入れてました。ありがとうJETRO。ご関心のある方はこちらもご一読ください。


王外交部長、ウクライナ問題に関する中国の5つの基本的立場を表明(中国、ロシア、ウクライナ)https://www.jetro.go.jp/biznews/2022/02/507ae7a9937af87f.html