何度も申し上げていることですが、私は山本一郎であって、山本太郎さんじゃないんですよね。

 その山本太郎さんが立憲民主党との調整が済んだということで東京8区から来たる衆議院選挙に立候補をするということで波紋を呼んでおります。何でも、かねて地元で活動していた立憲民主党候補予定者の吉田はるみさんというラジオパーソナリティではないほうの人とバッティングしたとのこと。

 野党共闘においては、公党同士で候補者調整をするのは当然ではあるので、最初山本太郎さんが東京8区から出るということならば、とっくにこの辺の調整は終わっているものだと思っていました。

 なにぶん、今回の衆議院選挙は任期満了も10月21日に迫っているので、どっち転んでも11月までには選挙があることは分かっておりましたので、野党連合に参画する立憲民主党と共産党、社民党、れいわ新選組は手持ちの現職や元職、新人予定者は織り込んでかなり事前から調整することができていたはずだからです。

 そこへ、自民党の落日石原帝国の当主、石原伸晃さんが議席を確保している東京8区は杉並区が中心の選挙区で、皆さんご存じ極左の皆さんも牙城にされている地域ですので、必然的に山本太郎さんが選挙活動をしやすい地の利がある場所だということで「ここで出たい」と言ってもおかしくはないのです。

 ただ、そこはなにぶん山本太郎さんなので、菅義偉さんのお膝元の神奈川で出るぞと言ってみたり、国民民主党のプリンス前原誠司さんの京都も選択肢と騒いだり、ある意味で話題作りも兼ねた小党なりの「振り回し」がありました。さんざんいろんなところで出るぞと観測を流した結果、最終的にホームグラウンドである東京8区を選ぼうとしたのは、彼らなりに勝ちにいったのだと私は思います。

 もちろん、たまらないのは地元で地道な活動をしていたとされる立憲・吉田はるみ陣営で、党利党略の末に候補者調整のタマにされて公認候補として降ろされる危機に直面しておりますので、そりゃ騒ぎにもなるでしょう。ただ、定点観測的な事前調査では知名度にかけ活動も選挙区内に浸透していない吉田はるみさんの苦戦は必至で、早く滅亡して欲しい石原帝国の主・石原伸晃さんにはダブルスコアに近い得票で負けかねない危機にありました。

 そんな弱い候補は降ろしちゃえと公党本部が考えるのは当然のことで、とはいえ山本太郎さんが出たら勝てるのかと言われるとそれもまた良く分かりません。山本太郎さんにとって東京8区は「活動しやすい」というレベルであって、出たら善戦できる保証はなにひとつないのです。いわば「単に山本太郎が東京8区で出たいと言ってるだけ」です。

 とはいえ、石原伸晃さんもオールド自民党員に刺さっているだけで、何となくの与党票を固めることはできても杉並区にそれなりに多い野党支持者や無党派層の票を切り崩せるかというとなかなか無理そうなので、山本太郎さんほどの知名度と実績のある人が出れば何とかなるかなぐらいの話のなのかと思います。

 それでも地元で吉田はるみさんを応援していた人たちからすれば、立憲民主党本部から直々に梯子を外されたことになりますのでたまりません。親族の入院見舞いがてら某駅前に足を向けたら吉田はるみさん個人を支持している人が30人ぐらい集まってなんかデモってました。話題作りになるのは良いことですが、私たちにデモられても何もして差し上げることはできませんので、埼玉5区の枝野幸男さんのご自宅に催涙弾を投げ込むなどの伝統的な手法で不当な決定に対する是正を迫り、何とか良い調整ができればと願う次第です。

 逆に言えば、それだけ野党連合の事前の仕込みが上手くいっていないことの証左でもあるのですが、困ったことに山本太郎さんが立憲民主党支持者だけでなく共産党員からも反発を喰らったようです。そこに来て事態を観た彼らが山本太郎さんの所属するれいわ新選組や山本太郎事務所ではなく、何を間違えたか私・山本一郎の所属先に抗議電話をしたり、TwitterのDMやメールなどで罵倒を投げて来られます。週末から今日にかけて、延べ50件ほどの抗議を頂戴しておりますが、全件例外なく批判、抗議、罵倒、中傷です。

 それも、単に「東京8区から降りろ」というだけでなく「裏切者」「能無し」「クソ不倫野郎」などの中傷も多数寄せられるなか、私も仕方なく朝からテンプレを作って所属先職員さんと一緒にせっせと「私は山本一郎であって、山本太郎ではありません」と折り返して、正しい情報の伝達と理解の促進を図らざるを得ません。

 どうしようもないのは、山本太郎さんと私は明らかに別人なのは間違いないのに同一人物と信じ込み、違いますよと折り返しても信じてもらえないことです。それどころか、山本一郎派言い逃れをしているとか、メールのタイトルに「山本太郎に抗議します」と書いてあるのに本文中では山本一郎になっているなど、知性という点から課題を抱えている皆さんが怒りに任せて感情をぶつけてきておられるのは間違いありません。フィルターバブルとかいうレベルではありません。完全に常軌を逸しています。

 また、書いたご本人も勘違いだと思いますが、次に選挙区で見かけたら襲撃するかのような犯罪予告めいた内容もありました。山本太郎さんが活動している場所を襲ってもそこに私はいません。これは千の風になっている状態でしょうか。一方で問題のある予告であることは間違いありませんので、念のため、警察に相談したりはしました。

 逆に申し上げれば、それだけ東京8区で山本太郎さんが立候補されるというのは影響の大きい事案だったということでしょうし、日本の多様な民主主義制度を維持していくためにもチャレンジできる世の中は大事だとも思っております。

 ただ、私は山本太郎ではございません。だんだん冗談が通じなくなってきているので心配でなりませんが、本当に滅茶苦茶な連絡が次々とやってきて困っておりますので、もし読者の皆様の周りに勘違いをしておられる方がいらっしゃいましたら「それは人違いですよ」とお伝えいただければ幸いです。

 なお、最近ごく稀にですが、群馬県知事の山本一太さんのコロナ対策の不備に関するクレームが複数寄せられるようになりました。どういうわけか、実在する自治体職員の方からじきじきに抗議電話が入り、さすがにネタだろうと思って半笑いで折り返してみると電話口で怒鳴られるという得がたい体験もしました。

 さすがに心が痛いので、恐れ入りますがどうか理解促進のためにご協力を賜れればと存じます。
 よろしくお願い申し上げます。

山本太郎さん、都知事選出馬強行のお陰で罵声メールが今回もやってくる|山本一郎(やまもといちろう) #note https://note.com/kirik/n/ndd2617b74d52
山本太郎砂漠(追記あり) - やまもといちろう 公式ブログ https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/2999401.html
最近の誤爆 - やまもといちろう 公式ブログ https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/13228629.html