お世話になっている次世代基盤政策研究所で、みんな大好き財政再建・均衡をテーマとしたシンポジウムを開催します。21年6月26日土曜14時から、オンラインで。

 同じく分科会でお世話になっている経済学者の小林慶一郎先生、元日銀・前リコー研究所所長の神津多可思先生、日本総研の翁百合先生に、座長は森田朗先生ということで、実に際どいセッションになるようで楽しみにしておるところです。

第6回NFIシンポジウム「財政バランスの長期的持続性をどう考えるか」
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/029785dm3wq11.html

 ただでさえ令和2年度(2020年)は補正予算3回もやって総額175兆円とかいう空前の予算規模となった割に、予算消化でつまずいて沢山積み残しが出た割にその原資のほとんどが国債発行となっておりまして、借換債やら新発国債やら財政のあれこれについてはいまから危機感を抱いている当局関係者が多くおるところです。

 他方、世の中にはこれだけ財政規模がデカくなったのにMMT理論を信奉する経済学者や市政の皆さんもたくさんおられ、このあたりの経済・財政政策についての相互理解がもっと深まるといいのではないかなと思っておるところです。

 私としては、あくまで市場に関わる人間として「日本円もドル決済でも、相対的に通貨に対する信認が失われて、商品市場や都市部不動産、BTCのような『有限なもの』が有利になる資産バブル状態へ移行してしまった」という相場観をもっており、通貨の価値喪失はダイレクトに「持たざる者」の財布から積極的に価値を抜き取るものになりかねないなあ(=政策が打たれるたび、不利な立場にある持たざる者に貧困が押し寄せる)ということで、相対的に貧富拡大になる方向へ走っているのではないかと思ってもいます。

 もちろん、MMT理論だけでなく積極財政を考える人たちの話も理解できますし、借り換えられるうちはできる限り積極的な支出をしていくべきだという理屈も何となく分かるので、脱コロナ局面で、うまく経済成長に導けるような政策を実現していってほしいというのが切なる願いです。

 他方、国家財政の観点からは、二律背反的な予算主義による単年度の緊縮財政批判・MMT批判とは別のベクトルとして、公共政策と行動経済学とでより弾力的で実効的なテーマで財政を検証し直そうという動きもあります。

 第一線の財政や公共政策、金融政策の専門家の皆さんのお話を伺える機会でもありますので、ご関心のある方は是非ご参加・ご聴講賜れれば幸いです。

 NFI(次世代基盤政策研究所)では、どうもこの手のシンポジウムを重ねて開催してシリーズ化するそうなので、チェックしてみてください。

一般社団法人次世代基盤政策研究所
https://www.nfi-japan.org/

第6回NFIシンポジウム「財政バランスの長期的持続性をどう考えるか」
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/029785dm3wq11.html