コロナ対策で自粛要請が鳴り響く中、人通りが消えた大通りに面した店やオフィスで働いている人たちの気配も途絶えて大変なことになっております。

 休業補償だ、いや持続的給付金だという財政出動の話もありつつも、これから出てくるものは大失業時代の幕開けであることは間違いありません。それも、短期的に数十万人、百万人以上が新規の失業者として出てくるだけでなく、日本の雇用制度そのものもかなり揺らいでくるのではないかと思っています。



 労働関係の本はたくさん読んできたけれど、再読して膝打ちしたのは『雇用改革のファンファーレ 「働き方改革」、その先へ』であります。執筆は企業労働法の専門家で、我が国の雇用慣行の問題を間近で見続けてきた弁護士・倉重公太朗先生です。




Amazonリンクはこちら『雇用改革のファンファーレ』(倉重公太朗・著)

 本書でもテーマとして貫徹しているのは「対話の重要さ」と「パッチワークではない、日本の労働の実情に合わせた、しっかりした労働法制が必要」という筋論です。現状でもフリーランスだ非正規雇用だという不利な労働属性がコロナ対策のような厳しい経済環境の前に立ち尽くすような事態に労働者を守るための労働関連法規が必ずしも労働者のためにならない、という残念な現実を予見していたかのような内容になっており、一読して感慨を覚えます。いま私たちが働く人たちの苦難を前に思い悩んでいるのも、この本にある通り、時勢や時代、労働環境にあわせて制度をしっかりと改善・改革してこなかったがゆえに起きている不合理が、緊急事態となって寄せる大波のように打ち寄せて大変なことになりそうである、ということに他なりません。

 不合理の象徴となるのは、日本型雇用そのものです。もちろん、経済成長している最中には日本型雇用は安定した経済環境を担う一翼になったのでしょうが、そのような時代はとうに過ぎ去り、世の中は知的労働、コト消費、付加価値による経済活動へとシフトしていく中で、どんどんスペシャリスト型に、また、プロジェクト単位での活動が増えてきました。企業がある種の雇用の保護区、あるいは安全弁として機能してきた時代は経済合理性の荒波の中で捨て去らざるを得ない雇用慣行であったにもかかわらず、狭いところで正社員として雇い、それ以外の人たちは補償の対象外で、今回のような経済危機がダイレクトに業績に響くことになると真っ先に切られるのが本来は企業に収益をもたらしてくれるはずのスペシャリストである非正規雇用者であり、専門家であり、フリーランスなのです。

 そして、政府の対策もほとんどにおいて事業者に対してか、世帯に対する補助・補償の割り当てとなり、独立事業主や非正規雇用の人たちはいつ支払われるのか分からない雇用調整助成金でのみ対処されることになります。私自身も、今回ほど雇用のセーフティーネットの重要性を再認識したことはなく、またそれが不十分であるがゆえに、本書で触れられているような解雇の金銭解決制度に改めて思い至るわけです。厚生労働省でも、ゆるゆると検討会は開かれている一方、今回のような日本全体を覆う構造問題の一端には間違いなく時代遅れな労働法制が足かせとなって、それが休業に関する考え方や雇用をどう守るのか、あるいは企業が解雇をしやすい代わりに手厚い職業訓練を行う制度へのシフトも含めてきちんと考えていかなければならなかろうと思うのです。

第9回解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08440.html

 我が国の労働の在り方を決めるためにも、実体経済を担うすべての働き手に平等に、くまなく実情を詳らかにし、本書であるような労働環境の違いによって受ける受益が違ったり、一番最初に大学や高校を卒業して正社員になれなければ一生不利になるような雇用慣行そのものが不合理であって、同じように若い人も高齢者も、男性も女性も、あるいは外国人にだって、税金を納めているすべてのステークホルダーに対して行き届いた行政にしていかなければならないわけです。ブラック企業にしがみつくのも企業がなかなか解雇できないので座敷牢を作って退職強要するのも、概ねにおいて「辞めたら二度と就職できないかもしれない」という雇われる側の働かされ方に問題があり、これを糺すには単にブラック企業に制裁を加えることではなくいつでも辞めても損をしないセーフティーネットを用意することでそういう企業には人が居つかないことも考えるべきだと思うのですよ。

 また、成長する企業が正社員雇用に億劫にならないよう、また、非正規雇用が経済の上がり下がりの局面における調整弁で終わらないよう、国民の働き方本位で制度と企業と国民とがある程度はイーブンになれる仕組みが理想であろうと私は思います。本書を読んでいて、書き手の倉重先生も、対談相手の濱口桂一郎さんら有識者も、雇用と労働についての高い意識と熱量をぶつけあっていて、非常に感慨をもって何度も読み返しています。いろんな労働問題の書籍はあるけれど、本書は人を雇う側の論理もきちんと踏まえたうえで理想論で終わらない優れた手引きになるでしょう。

 いままで人事、労務といえば遠くにあると思われる方でも、また、実際に人事や労務で苦労をされている方は特に、本書は「刺さる」内容です。また、単に本書で終わるものではなく、この本をきっかけに労働問題を扱う各種書籍にも世界が広がる、優れた解説本になっています。ぜひ手に取って今の問題、ご自身の生活、これからの働き方も含めたコロナ「後」を考える際の補助線にしていただきたいと願っています。

非常事態宣言後の休業手当、厚労省の見解は(倉重公太朗) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/kurashigekotaro/20200411-00172627/





有志が告知用アカウントを作ってくださいまして、よろしければフォローをお願いします!
https://twitter.com/kirik_news
『ズレずに生き抜く』(山本一郎・著 Amazonリンク)

job_yarigai_sausyu.png