巨大台風一過ということで、凄い快晴になって気温もぐんぐん上昇して夏本番の東京界隈ですが、一昨日から昨日にかけて、かなりの暴風雨が吹き荒れて本当に往生しました。これはもうなるようにしかならないと思い、テレビ観ながらの宅飲みを決め込んでビール出してきて飲んでたんですが、階下は雲が低くて実に微妙でした。低気圧ってほんと何か変なのが降りてくる感じがします。亡くなられた方は大変気の毒ですが想定していたほどの大事件もいまのところなくて良かったですね。

 で、テレビで連呼されていた「落ち着いて、命を守る行動を取ってください」という表現、凄く大事なことだと思うんですよね、災害で大変なところを田んぼや川の増水の様子を観に行って死んでしまっては元も子もありませんから。また、もう台風が吹き荒れてしまっているところでうっかり外出して身を危険に晒すよりは、頑丈な建物の上階にいてじっとしていることがこの手の災害では一番の方策であることは良く分かっています。

 もちろん、そう呼びかけられたところでどうにもならないだろうという気もします。東京都でも、荒川区や江戸川区、墨田区のあたりは台風による堤防決壊だけじゃなくて高潮にも注意しないといけないし、いま「高いところへ逃げろ」と言われても、もう逃げられる状態にないわけでね。

IMG_20191012_133036.jpg


 まあ、意識高い系東京都民としてはそういう事態に追い込まれて右往左往する前に、なるだけきちんと備蓄の水や食料を買っておくことや、乾電池や懐中電灯、バッテリーなどの準備は大事だってことは分かってます。ですけど、あればあったで「あれ、3日分しかないお。これでうっかり本格的にここが陸の孤島になったらどうなるだろう」とか「目の前に流れている神田川が御茶ノ水駅を超えてこっちにきたら大丈夫か」などと余計な心配を始めることになります。

 高い建物に住んでいたら住んでいたで、台風のような大風だと建物全体がギーコギーコと音を立てて揺れるわけでありまして、猫ちゃんは暴れるし、赤ちゃんも泣き止まないので、まったく落ち着きません。

 そんなわけで、心配なので雨脚が強くなる前にと思って買い物に出かけると、みんな似たようなことを考えているのか見事に商品がない。


img_2.jpg

 雨に濡れながら、戦果なしで帰宅するわけであります。ハイリスクノーゲインですよ奥さん。

 でもまあ、家庭の中では台風がゴーゴー言わせる風の中で、家族みんなでワイワイ言いながら一日中ごはんを食べ、テレビをみんなで観て、穏やかに過ごしました。

 で、朝になって地域の活動に出てみると、さすがに都心なだけあって堅牢な建物の上階に避難するなどして、みんな無事で、落ち着いた表情をしていました。あら、元気なら何より。意外としぶとくて安心しました。

 交通機関が死んでいるので、仕方なく車で浜離宮経由で青海方面に行くのですが、例のトライアスロン会場の近くを通ったら大変そうな物体がたくさん浮いていました。大雨だからあれこれ垂れ流しになるのは仕方がないとはいえ、大腸菌祭りと流木大集合のコンボって結構しんどいと思います。小池百合子が悪い。

tenki_hare_otoko.png