birdwingという人のブログを初めて読みまして、なるほどと思う部分が大きかったので勝手ながら掲載。


アルファブロガー批判。
http://d.hatena.ne.jp/birdwing_tn/20070513/P0



 表題はアルファブロガー批判ということになっていますが、事の次第は要するにdankogai氏批判のようであります。そうならそうと明示すればいいんじゃないのと思ったんですけど、慎み深くご指名はナシであったので、dankogai氏かなあと思ったのはあくまで私の判断だということで、ひとつ。


書評 - フューチャリスト宣言
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50825977.html
書評 - デジタル・ワークスタイル
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50824675.html



 個人的に思ったのは、もちろんbirdwing氏の言うような、商魂逞しいアルファブロガー(笑)と献本に至った執筆者との立ち位置の遠近で書評が甘辛焼きになる実存の問題というのもあろうと。私だって献本が来たら嬉しいし読むし面白ければ掲載するしつまらなければブックオフ逝きであるのは間違いない。ただ、面白かったものを無原則に掲載していくとほぼほぼ私の読者日記状態になってしまうのを恐れ、dankogai氏ほどに熱心に読書遍歴をすべて出すわけではない。


 一方で、(敢えて触れなかったと思えるが)birdwing氏は書き手のステータスとその人に求められる言論のクオリティという、一種の虚像については触れられていない。ウェブから出てきた社会も語れる論客として、実績はともかく階段を登っていく梅田望夫氏と、むしろウェブ社会(つか、ブロゴスフィア)のキーマンとして社会的にはメジャーではないけれど一定方面に影響力を保持している徳力基彦氏とを、同じ視点かつ同じハードルで書評をする必要はないだろうとも思うわけである。


 dankogai氏の場合は、私が勝手に代弁するのも何だが、彼が目を通す書籍の量そのものが多いのもあって、dankogai流解釈というのが良いも悪いも一本化されている部分が強く、そこが逆に”定点観測者としてのdankogai”の価値を上げ、これから本を読もうと考える一部の諸氏にとって、それなりに参考になっているだろう。だからこそ、彼のブログからamazonで本を買う人が多いのであろうし、それがアルファブロガー的な意味合いを達成してるか否かの条件だということであれば好きに判断すればいいんじゃね、という話にすぎない。


>タダで本をもらっておいて言いたい放題とは思い上がったものだな、その程度のレビューでそんなに偉いのか、アルファなんとか(苦笑)


 というのはごく真っ当な心象だろうし、誰もが賛同し、誰からも支持される事案など存在しない、という真理において、何ら否定されるべき性質のものではない。


>率直にいって(ひがみも少々入りつつ)、ぼくはアルファブロガーという権威に疑問を感じていて、ただでもらった本をけなしているアルファなひとたちのレビューなんか信用できない、と思っています。


 これは… 正直、私には良く分かりません。私は私の書いた書籍で、dankogai氏から酷評を貰った。別に献本してないが(笑)。それ相応に売れた本なので、評価して欲しいと願う反面、あんな書き方で万人からウケるはずもなかろうという目線もあり、dankogai氏から下のような評を貰ったことこそ、私は彼の本に関する審美眼はある程度以上の信頼を置けるものなのだろうという評価を逆に下さざるを得なかった。


http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50162467.html



 翻って、フューチャリスト宣言@梅田氏の今回の著作は、いままでの梅田的世界観からすると風呂敷の右から左まで辻褄がぴっしりと合ってきていて、げっぷが出るほどポジティブで、輝いた眼をした若いころは私もきっと梅田万歳とか確かに言ってただろうなと思う点で、非常に考えさせられた本だった。


 それゆえ、birdwing氏が自力で書いちゃってるように、己の価値観が「ポジティブに未来を考えようとしているエヴァンジェリストやフューチャリストのような方たちの言葉が参考になる」のであれば、dankogai氏を含めポジティブかネガティブかよりも、実現可能な未来を実証的に語るかどうかで判断する人間の書評は相容れないだろうと思う。


 その後の


>フラットだからこそ意義のあるブログの世界
>ぼくはブログに書かれた文章は、アルファだろうがなかろうが、すべて尊いと思っています。フラットであるべきではないのか。


 以下の立論は蛇足というか荒すぎて評に耐えないので無視するとしても(原始情報共産主義かよ)、なるほど書評ってのは案外難しいもんだねそうだねということであります。いやはや。

 ご心配をおかけしましたが、先ほど再起動しました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 週刊東洋経済が微妙に提灯気味のヤマダ電機特集をやった直後に、公取が入るという芸の細かい事態となり、感動しています。あんだけ序盤に提灯分析しといて、最後の最後で山田社長引っ張り出してきて「噴出する批判に大反論」。01年10月、業績不振だった富士通の秋草社長が東洋経済のインタビューで煽られて、うっかり「従業員が働かないからいけない」とか言ってしまい、出井神が出現するまで経済人ウォッチ界のアイドルだったさまを彷彿とさせます。


我らが週刊東洋経済
http://www.toyokeizai.co.jp/mag/toyo/
激しく煽られ逝くヤマダ電機
http://www.toyokeizai.co.jp/mag/toyo/2007/0512/tsuri.html
直後を襲った激動の事態(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007051000496
【個別銘柄】ヤマダ電機が急落、公正取引委員会が立ち入り検査と報じられる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000007-tcb-biz


 東洋経済の記事が思いのほかデキが良いだけに、せっかくあれだけの取材を積み上げておいて「なんだよ、ヤマダ電機の利益の源泉は優越的地位の乱用でコストをメーカーに付け替えてただけじゃねえの。死ねや」と思われてしまうと勿体ない気もしますが、要はこのタイミングであの社長インタビューってのが肝なわけですよ。経済ジャーナリズムは両論併記でゴーという基本に忠実な姿勢に限りない好感を覚えます。アオリからして「量販の王」だってよ(笑)。絶対、編集部は分かっててやってると思います。


 まあ、いろんな人にとって、ここまで綿密に考え抜かれた間の悪い記事というのは久しぶりに見るわけですが、最近のヤマダ電機といえば、何か読売新聞がやけに頑張っていろんな記事を書いていた記憶があって、辿ったらいろいろ出てきました。


ヤマダ電機、メーカー派遣者に指示…職安法に抵触(07年1月23日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070123i201.htm
ヤマダ電機の回収家電1600台、委託業者が横流し(07年3月30日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070330i405.htm
ヤマダ電機記事巡る 読売VS週刊文春「戦争」
http://www.j-cast.com/2007/03/15006204.html


 また文春か。でも読み返してみると、確かに「そろそろ何かあるんじゃねえの」と思わせる内容もあります。業界内での読売新聞の立ち位置であるとか、文春に書かれてこぶしを振り上げたように振舞う読売新聞とか、マスメディアを巡る高度な神経戦のありようを感じさせる内容である一方、東洋経済は過去にも様々な先出し優良記事を出し続けてきていたのでなお一層頑張って欲しいです。


 だからなんだと言われると別に何もありません。


--
ヤマダ電機、メーカー派遣者に指示…職安法に抵触


 家電量販店最大手「ヤマダ電機」(本社・前橋市)の大阪市内の大型店舗で、同社員が雇用関係のない家電メーカー販売員に対して、職業安定法で禁じられた業務の指示・命令を行っていたことが、関係者の証言でわかった。メーカー側が人件費を負担し、自社製品の販売促進名目で量販店に常駐させる「ヘルパー」と呼ばれる販売員で、本来、店側から販売方法や勤務時間などを指示・命令できない。しかし、この店では、指示に従うことを文書で誓約させていた。
 雇用関係をあいまいにさせる行為で、労務管理上の問題があるとして、大阪労働局は同法に基づき、近く同店を立ち入り調査する。関係者によると、職安法違反の疑いがあるのは、昨年3月オープンした大阪市浪速区の大型店「LABI1(ラビワン)なんば」。
 出退勤時刻の記録、休憩の取り方、接客態度など35項目の指示事項をまとめた「チェックシート」を作成。ヘルパーに、項目ごとに「確認済み」の印を入れさせ、「以上の項目を守り、誠実に勤務します」と印字された下欄に署名・押印させていた。
「他社の売れ筋商品の知識習得」も義務付けており、複数のヘルパーが「他社製品も販売しており、店の幹部から残業を命じられたこともある」「誰に雇われているのか、わからなくなる」などと話している。


 ヤマダ電機はヘルパーの受け入れ人数を明らかにしていないが、その大半はメーカーが人材派遣会社と契約して確保した派遣労働者。
同店はヘルパーと契約関係はなく、メーカーにヘルパーの常駐を認めているに過ぎない。厚生労働省によると、指示・命令できるのはメーカー側だけで、店側が指示・命令した場合、メーカー側から店側への違法な労働者供給とされ、職安法44条違反になる。店側が指示・命令するなら、社員やパート従業員のように直接雇用するか、派遣会社と直接、派遣契約を結ぶ必要があり、人件費は店側の負担となる。
 ヤマダ電機経営企画室の話「以前から法令を順守しており、社内調査の結果でも違法な行為はなかった」


(読売新聞 2007年1月23日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070123i201.htm


--

ヤマダ電機の回収家電1600台、委託業者が横流し

 家電量販店最大手「ヤマダ電機」(本社・前橋市)から不要になった家電の回収を委託された埼玉県内の業者が、家電約1600台をメーカーに引き渡さず、リサイクルショップに横流ししていたことが同社の調査でわかった。

 家電リサイクル法違反として同社は経済産業省と環境省に報告。回収業者を、埼玉県警熊谷署に業務上横領容疑で告訴した。

 同社によると、横流しされたのは、熊谷配工センター(埼玉県熊谷市)が2006年12月~07年1月に、客か引き取った洗濯機、冷蔵庫など計1594台。

 同センターと委託契約を結んでいる回収業者のリサイクル実績が極端に低いことが1月、社内の監査で発覚。同社が調査したところ、この業者の従業員が回収した家電をメーカーなどに引き渡さず、リサイクルショップに横流ししていたことがわかったという。従業員は客が支払ったリサイクル料金も着服していた。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070330i405.htm
--

 遅ればせながら反応を…って、矢田先生まで登場。いろんな噂が出ていたようですが、記事になったということは立件しない判断なんでしょうか。ぜひ社内調査は進めていただいて、適正な処置を通じて市場の健全化を図っていっていただきたいです。もちろん、かかる疑惑がシロであるのが望ましいのは間違いありませんが。


http://www.bookoff.co.jp/ir/pdf/070509.pdf


 ただ坂本さん、報道される事前に株売ってますわねえ。やっぱり気になります。微々たる率だけど、外資系あたりに貸し株だして、先読み記事出る前に売ったんじゃないかとか、いろんな邪推が成立してしまいますし非常にナニです。派閥争いなんでしょうか、合意含みの後継者決めならいいんですが。今回、トーマツの名前が具体的に挙がっているようではあるんですけど、リベートを巧妙にやられてしまったとき監査法人の調査では全部をうかがい知ることなどできないので、結局内部告発でやらないといけないってことなんでしょうね。一般論で言えば、お金(多額な創業者利益を含む)と特定方面に関心のある権力者というのは概して女性を要職につけて要らぬ風評を巻き起こしがちですが、今回もその方向で解釈されてしまうのでしょうか。


 といっても、リベートかどうかはともかく特定取引先でずっとやってる大手コーヒーチェーンとか、同様の取引が噂される大手ファミレスなんかも名前が挙がってきてしまうわけで…。そもそもFCというビジネスは多店舗展開するにあたって什器を共通化し、開店コストを下げる一方、選定される業者は真面目にやってる限り旨みのある商売で、上場、非上場を問わずほぼ例外なくリベート行為の温床となってしまうリスクを孕むもんでしょうし。このあたり、ブックオフがとびきり悪質な何かをどうかしたのかというと、そうでもないように見えるんですけど、どうなのでしょう。


 ブックオフが今回報じられた理由も、もちろん特定方面のネタが出てきたから書いたんでしょうけども、そろそろお前いい加減にせーよという感じもあったのかなあと思うわけです。無論、再販制度がいかんよねという議論も別に当然存在するのですが、業界の隙間をあれだけ強引にこじ開けて、開き直って著作者団体を作ろうと頑張ってしまったのでは敵ができてしまうのも致し方ないのかなあと感じます。


 こういうのも、ひとつのビジネスであって、稲盛塾がどうとかいう話ではないと思うのですが、当然、この手の”あぶく銭”が出回る商売ってのはいろんな人が周囲を徘徊することになります。坂本さんがその辺の知恵を回してこっそり株式や小銭を脇に寄せておくようなタイプには見えないので、周りに誰か変なことを吹き込んで、サイドビジネスに手を染めちゃっていた人とかいたんじゃないですかね。


 この辺を見ると、なるほどそういう人たちにお世話になったスピリチュアルな人がユカイ銘柄を量産してるんだなと思う反面、見てて「ああ。たぶん次はこの人とその周辺が摘発の対象になるのだろうな」とビビッドに感じる阿吽の呼吸を鍛えていただきたいです。モンゴルあたりにイルカ印のプライベートジェットが札束満載で飛び立ってそうで怖いですね(棒読み)。


 下のほうに第3として微妙な人リストが掲載されています。
http://www.sawada-holdings.co.jp/pr/2004/040910_1.pdf


 まあ、ひとつの仕掛けでひと儲けが終わったので、あとはみんなよろしくやってくれよ、という話なのかも知れず。今後とも各方面で頑張っていただきたいです。

 先日の番組余波で、場外乱闘が発生。


真のアルファブロガーになるには何をすればいいのか?
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070508_alphablogger/
GIGAZINEが「アルファブロガー」になれないたった一つの理由
http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20070508/p1


 改めて読んでみると、GIGAZINEって編集部体制をとっていたんですね。全然知らなかった。まあ、ネタとしてTERRAZINEは書いてると思いますが。が。が。


>GIGAZINEは編集部体制になってからも全員がよくよく考えると世間一般で言うところの「アウトサイダー」な人間オンリーなのもポイントかと。


 どっちかっていうと、複数人が関与して構築されるブログは商用(企業)と思われがちなところもあるんじゃないですかね。個人のフリーランサーが営業目的も兼ねて書くケースは救われますが。


 dankogai師曰く
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50827276.html


>GIGAZINEは、blogであってもbloggerではないから。


 たぶんそうなのだろうけど。一方で、GIGAZINEが挙げていた条件で言うと、首をひねる部分は無きにしも非ず。「4.来たるべき注目される時、すなわち「運」が向いてくるまで上記3つを行い続ける」を含む四項目、別にブロガーとして注目される過程だけの問題じゃなく、事業でも趣味でもすべて当てはまることだろうと。つまり、必要なのは才覚と根性と運。欠けてる奴は何をやっても燻ってるわけで……。


 もうひとつ、新聞やテレビが煽り始めたらその事案はおしまい、その前にいかにうまくネタを見つけてツバをつけておくか、みたいな先物買いの感覚というのは、結構大事なのかなあと思いましたよ。だって、それこそGIGAZINEが2002年当時にブログやってたら、いまごろダントツになってたかも、ですよ。私が一連のエントリーで感じたことは、着手が遅かった、そうであるがゆえに… ということかと。逆も真なりですがね(笑)。


↑このページのトップへ