怪情報が飛び交っていて訳が分からなくなっている本件ですが、一足先に外務省が組織上の処分としてロシア課長毛利忠敦さんの9カ月の停職ということだけ発表になりました。

外務省ロシア課長を停職9カ月 https://jp.reuters.com/article/idJP2018060501002387

 さらに記事では「処分の理由」が伏せられているため、さらに怪情報が飛び交うわけなのですが、近い将来我ら我らの週刊文春が外務省ロシア課長毛利さんのある種のセクハラについて記事にするということで、直接のネタはそれじゃないかと言われておるわけです。しかも、その「悪質度」やら「累犯」やらいろんな話もくっついてくるので「お前、またか」みたいな話でご時節柄云々ということなのかもしれません。

 ただ、朝日新聞記者の女性が財務省事務次官の福田惇一さんと不適切な会食の果ての常習的なセクハラ問題が週刊新潮に垂れ込まれ、これについては最終的に福田さんのクビが飛んでしまい、なぜか「お前も悪い」と財務大臣の麻生太郎さんまで飛び火してみんな往生してました。それに比べれば、課長級のセクハラ一発で停職9か月ってのは「???」という量刑じゃないかとさらに憶測は広がるわけであります。

 外務省としては、日本とロシアの間での歴史的な交渉経緯を踏まえて、仮に安倍政権下で日露外交が一定の合意に向かい、先行して共同経済活動の前進でまとまるところまでは容認できたとしても、これが事実上のロシア領ロシア法の下で行われる経済活動だとする場合、領土問題でクレームを起こしている日本からすると「ロシア法下での経済活動を日露で行う(日本が資本を提供する)ということは、ここはロシア領であるということを認めるのですね」という、北方領土(クリル諸島)帰属問題ではざっくりと大きな後退を意味するわけです。まあ、他にもいろいろあるけど、故・丹波實さん以降の対ロシア外交では「成果を焦った安倍政権の外交がロシアに手玉に取られた」とも見えるし、「進展が期待できない北方領土問題に見切りをつけ実利的な日露関係の構築に安倍政権になってようやく踏み出せた」とも言えるという実に微妙なところです。

 具体的な経済活動を行う以上、玉虫色はないので、極東開発における日本のプレゼンスを確保するために領土問題をどう棚上げし、国内世論に火をつけないかが大事、というのはまあ分からなくもありません。

 敷衍するべき補助線としては、「世耕弘成さんの対露外交が思い違いの連続でロシア側の不興を買い続けている(おまけに実質的な二元外交みたいになっていて対外的にも評判が悪い)」話と、「欧州・アメリカとロシアの関係が非常に深刻な状態に悪化している中で、東アジアの経済、安全保障だけ見て日本がのほほんとロシアと前向きな外交をして成果を国内向けに喧伝していて馬鹿じゃねーのと思われている」話とが交錯します。

 グランドマップが崩壊しているのに、しょっぱい話で更迭人事するのもどうなのかという気もしますし、そういう人事をやって憶測を呼ぶぐらいなら「事実関係はこうでした」と早めに開示してしまって謝罪したほうが傷口は浅いというのが一連の #Metoo 事案でみんなが学んだ危機対処策だったんじゃなかったのか、と思うわけですが。

 事実関係は別として。


money_yuchaku.png

 以前から観測されていたチャイナモバイルの日本法人が正式にローンチしたようで、記事になっています。

チャイナモバイル、日本法人設立のお知らせ http://www.jcnnewswire.com/japanese/pressrelease/43625/3/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB

 と同時に、通信事業者界隈では、資金繰りの難航が噂されているソフトバンクグループが虎の子の携帯電話子会社ソフトバンクの株式上場に伴う受け皿会社を中華が取りに行ったのではないかという観測が出て、警戒水域が高まっている状況にあります。

 ソフトバンクグループの財務現況については仔細は措きますが、伏線としてアメリカと中国の間で交渉が難航したZTE、ファーウェイ、シャオミなど中華系通信機器メーカーによるベンダーファイナンスがソフトバンクグループとの間で密約として取り交わされているのではないか、という日本政府当局筋の話が出回り、それなりに騒動になっています。

 ソフトバンクグループは、借り入れへの依存の問題も含めてみずほフィナンシャルグループほか日本の金融機関の安定性に直接響く強い引火性があり、どうにか安全策を取ってより良い経営環境を保ってほしいと願う一方で、東アジアにおける米中対立の賭け駒に供されている側面もあるため、米中交渉の進展の内容如何では予断を許さない状況になりかねません。

 上場が予定されるソフトバンク(旧ソフトバンクモバイル、旧ワイモバイルなど、ソフトバンク系通信会社が合併した法人)は、ソフトバンクグループのキャッシュフローを支える虎の子でもある一方、米スプリントの事実上の撤退、国内5Gへの設備投資や楽天のMNO参入なども含めて業界環境の激化を踏まえると、どのような問題を引き起こすのかは予断を許さないものがあります。

 ここでベンダーファイナンス的な毒饅頭を食べてしまうことがあるのか、あるいは打開の方策があるのかは分かりませんが、日本政府やアメリカから見て「中華・アリババ側陣営」と目されるソフトバンクグループがどう乗り越えるのかは安全保障に関心のある向きは注視していく必要があると感じます。

 窮余の結果のドナドナとならないことを、心から祈っています。


dog_hokkaidouken.png

 いろいろとやらなければならないこととやりたいことが溜まって身動き取れない日々が続いておりますが、4月26日に『黒川塾』に登壇することになりました。最初「黒川塾(59)」と書いてあったので、あれ、黒川さんもう59歳だったっけ、月日が経つのは早いなあ、その割には黒川さん若作りだな、並んで立ったら圧倒的に私のほうがおっさんに見えるやんけ、世の中不条理だバーカバーカと思っていたら、単に59回目の黒川塾だったというだけでした。ここで得られた私の怒りゲージはすべてカドカワ経営陣に向けていきたいと思います。もちろん冗談です。冗談ですと書かないと、冗談であることを理解できない精神的特徴のある方がトップなので困ります。

黒川塾 五十九(59)「eスポーツの展望とゲーム依存症を考察する会」 4月26日(木)開催 ゲスト:木曾崇(カジノ研究家)+山本一郎(投資家) +黒川文雄 http://ptix.at/jdg6ev 

 結構真正面からカジノとeスポーツ、スマホゲーム依存症に関する話題を整理して取り上げ、業界周辺に携わる人やゲームを含めたエンターテイメントを愛する人がどういう問題に直面しているのかも含めて概略を解説していきたいと思っております。

 どちらかというと、eスポーツについては推進の立場なのですが、Gzブレイン社を先日失脚された浜村通信さんが不思議なeスポーツ団体「JeSU」を建立したこともあり、その立て付けが不審なので文句を垂れていたところ無事に敵認定されるというヒヤリハット事例がありました。馬鹿っぽい仕組みに対して「お前ら真顔でそんな馬鹿なことして馬鹿じゃねえの」と素直な気持ちで申し上げただけだったのですが、真意をご理解いただけず実に残念です。基本的には適法にやっていただければ「JeSU」だろうが「AMD」だろうが末広がりに頑張っていっていただきたいと祈っておりますので、そこは誤解なきようお願いしたいと思っています。

浜村通信@JeSUのプロゲーマーネタが悪質な件で(修正・追記あり) - やまもといちろう 公式ブログ https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/13175008.html

 また、スマホゲーム依存症については現在進行中の事案で、まだ本格的な対策や路線が決まっているわけではないのですが、どうもヨーロッパではEU規制の枠組みに入る段取りにきていることが確実視され、日本のゲームメーカーも積極的に欧州議会や各委員会にロビイングしているとも思えませんので何らかの歯止めはかかることでしょう。

 また、スマホゲーム依存症はガチャとの関係が深く、一方で依存状態に陥っても日本人の八割以上は放置していても回復します。それでも、数%の人がゲームの世界に行ったまま帰ってこないとして、2,000万人近いリアルタイムゲーマーが日本人にいたらやはり数万人はゲーム依存状態で生活や仕事、就学に障害を抱えることになりますので、それ相応の対応策は業界としてとっていくことを考える必要はあるのではないかと考えます。

 【山本一郎】「ゲーム依存症」問題から見るガチャ商法規制の今後 http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20180402094/

 ほかにも、ゲーム業界には文化差や国ごとの規制の違いによる表現規制摩擦が大きくなり、またインディーが沈没する問題、海賊版の問題などなどさまざまな弊害があるのも事実でして、このあたりの話も視野に入れつつ、包括的にお話が進められればと思っております。

 ご関心のある方は是非どうぞ。



benkyoukai_kunrenkou.png

 なんかもう満員っぽいんですが、ブログで告知していなかったようなので。

#メディアミートアップ vol.6:一人のメディアはどこまで行けるのか 
https://peatix.com/event/368501

 ご一緒するのは日経BPから出奔された井上理さんです。某業界人に井上さんとイベントに出るという話をしたところ、得心したように「あー、確か『任天堂の倒し方知ってます?』の人ですよね?」と言われましたが、あれは石島照代さんであって井上理さんではありません。『任天堂 “驚き”を生む方程式』の著者の人です。

 ホストは我らが徳力基彦さん。お元気そうで何よりです。最近徳力さん何か静かだなと思っていたら、いつの間にか彼のアジャイルメディア・ネットワーク社が小口上場することになっていました。おめでとうございます。鐘連打して叩き壊して東証から出入り禁止になるなどして伝説になってほしいと願っています。

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社、新規上場承認に関するお知らせ|アジャイルメディア・ネットワーク(AMN) http://agilemedia.jp/company/pressrelease/20180221.html

 肝心の会合については、確かに私もパソコン通信時代からずっと「一人のメディア」ではありまして、ただ、パソコン通信からホームページ、2ちゃんねる、mixi、ブログ、ケータイ小説、各種ネットメディアから現在では動画の時代へと変遷し、お客様と一緒に年を取る傾向の強いネットメディア界隈も私のような年代の人は技術革新や新しいメディアへの乗り換えが遅れて沈没して消えていく人が増えてきました。非常に残念なことです。

 沈没せずにやっていこうとすると、結局は「一人のメディア」も性質を状況に合わせて変化させていかなければ生き残っていけません。戦場の移り変わりこそ、リスクでありチャンスでもあります。ネットの片隅でテキストサイトを作って暴れていた私ですが、状況に合わせて生き残り策を模索し続ける毎日であります。

 結局、一人屋号でこのブログを書くよりも、ブログに書いていることをより補強する形でヤフーニュース個人や文春オンライン、デイリーニュースオンラインといった媒体に出かけていって執筆することでお客様とコンタクトする場所が増えることを期待して、好循環を生むよう心掛ける、という方針で技術の進歩によるネットメディアの環境変化が起きるごとに焼け太ってきました。「活躍してますね」と言われますが、書いている量自体は昔毎日のようにブログを更新していたころに比べれば半分以下に減っています。ただ、掲載してくれるネットメディアが増え、読者に対するリーチ手段が揃ったので、私の名前や書いた記事を目にする機会が増えただけのことです。

 さらに、SNS(TwitterやFACEBOOKなど)の勃興や、スマートニュースやGunosy、LINE NEWSなどなど、スマートフォン向けのニュース配信の仕組みが充実してきました。結果として、おっさんに読まれおっさんに愛される書き手である私は、SNSを日ごろ使わない人たちにも記事が読まれることになり、気がついてみると読者の男女比において95%が男性という記録的なおっさん向け執筆者という不動のポジションを確保したわけでございます。女性人気のある書き手が羨ましいというわけではないのですが、さすがにほとんどすべての反響が男性であるというのは悩ましいことです。

 また、ネットリテラシーも年齢が低い方が高くなる傾向があり、いままで「どうせ私の文章は若い人にウケないだろう」と思って切り捨てていた10代後半から20代の読者も、LINE経由などで読まれるようになり、気がついてみると中高年のおっさんと大学生とを繋ぐポジションにいたというのは驚きました。そんな私に広告記事を書かせようという依頼が増えるのは光栄ではあるのですが、私はカネもらって書くのは気分が沈むのです。私にカネ払って提灯記事を書かせようというほうも相当な度胸だと思いますが、私も別に書き物で食っているわけではないので、したくない仕事は断っておるわけです。

 結局のところ、したいことをする、だから継続する、継続する中で環境の変化に早期に気づき、環境に適応することで生き残る、生き残りが少ないので同年代の脱落者が増えて焼け太る、ということを繰り返してこんにちに至っております。来年同じように書き物をして元気に暮らしているかどうかは分かりませんが、一人のメディアとして生きているという点ではそれなりにお伝えできることはあるかもしれません。偉そうなことを申し上げるつもりは全くありませんし、私自身も悩みますし暗中模索を続けている部分はあります。いままではこのやり方で良かったけれど、次の時代も同じやり方で生き残れるとは限らないのです。

 個人的には「うまくやろう」「儲けよう」というより「生き残ろう」「楽しく続けよう」という気持ちのほうが強いでしょうし、長持ちすると思います。もちろん、書き手さんの性格やスキルにもよるとは思いますが、何のために自分は書くことをライフワークとしているのか、その先にどんな生きた証を残せるのかを考えることが大事なんじゃないかなあと感じる次第であります。

 ご関心のある方は、ぜひどうぞ。


先日、乳がんサバイバーの川崎貴子さんが新しく開設された写真スタジオ「フォトスタジオ コノジ」で家族写真を撮ってきました。家内とは結婚10周年の節目であり、また、幸いにしてここ2年ぐらい家内が体調不良で闘病していたのがほぼ職場復帰できるほど快復したのもあって、やんちゃしかしない拙宅三兄弟もいつものお揃いの服を着てお伺いをしたわけです。

 執筆ものの仕事をしていると「不幸を飯の種にするな」とか「闘病記は本人にとって辛いかもしれないけど、みな似たような経緯になるので飽きられる」などと批判されます。うるせえよ。ただ、いったん視界に「死」が入っても、それを克服しようとする人は尊敬しますし、人生の質を上げようという努力を重ねておられる方が多く、ご一緒するにあたってお互い貴重な時間を大事にしようという気持ちになれるのは大事なことだと思っています。

「その程度で悩んでいる状態」こそ幸せであるということ 
http://bunshun.jp/articles/-/6950
フォトスタジオ コノジ 家族の絆を強くする貸し切りタイプの写真館
http://conoji.com



楽天ブックスはこちら

Amazonはこちら

 自分のことを書くのも何ですが、私も持病がありまして、脳動脈瘤奇形(AVM)という不思議な先天的奇病で、他の人よりも脳内出血のリスクが高い病気です。しかも、徐々にうっすら出血しているらしく、ほんのり血液内の成分が脳内で奇形の血管にぶら下がって検査するごとにちょっとずつカルシウムや石灰質の「球」がでかくなっていっています。まあ、爆弾を脳内に抱えているようなものです。パワプロでいえばサクセスで作った選手が途中で膝に爆弾を抱えるようなものでしょうか。

 あまりにも怖いのでタバコをやめ、最近は飲む酒の量を大きく減らして「長く、良い人生を生きよう」というモチベーションを持つようになりました。人間、変われば変わるものです。それもこれも、幸いにして良い伴侶に恵まれ、つつがなく10年の結婚生活が幸せに送れて、また子供たちも元気に育って病気も喧嘩もあるけど楽しくやっているのを見て、いつまでも幸福感を抱きながら暮らしていきたいという、若いころは「そういうことを考える奴は人間のクズだ」ぐらいに思っていた人生を40代になって迎えているのが現状です。

 また、以前は「すいません、脳内に病気があるんですけど」って脳神経外科に予約を取ってMRIを頼むのに3か月ぐらいかかっていました。なんせ、人間ドックで「頭の中に影がある。悪性腫瘍かもしれない」と宣告されたとき、確定診断をするためのMRIを受けるまでの3か月ちょっと、半分死ぬ思いで宙ぶらりんにされていたことを思い返すといまでも胸が締め付けられる思いがします。

 いまはというと、昔楽天におられた濱野智章さんが手がけておられる医療スタジオに行くと、あっという間に頭部MRIを撮影していただけるわけですよ。ありがてぇありがてぇ。とにかく便利なので、もっと知られていいと思います。特に持病に怯えるおっさんとしては。

画像診断クリニック メディカルチェックスタジオ
https://medicalcheckstudio.jp

wainounai_180412.png


 これが、ワイの脳内です。究極の個人情報ですな。この視神経の裏側にある、ぼんやりとした石ころこそ、悩みの種であり共に生きてきた悪友であるわけです。

 んでまあ、今回もまた「いま、お前はすぐそこにある死と向かい合っている存在だ」と知るわけです。もうこれはしょうがないよな。受け入れるしかないだろ、持病なんだもの。だからこそ、いつ死んでもおかしくないから悔いのない人生を送るようにしよう、この時代に生きた証を残せるような活動で限りある人生を精一杯送ろう、と願えるわけであります。家内といる一瞬、子供と過ごした時間、家族の憩いや介護の苦労も人生の一部として、乗り越えるとかいう単語じゃなくて自然に歩んでいけるよう、自分の心をチューニングする必要があるわけでございますね。

 その意味では、旧友の高山知朗さんが書き下ろした病気と向かい合う一冊にはずいぶん助けられました。




楽天ブックスはこちら
Amazonはこちら

 まあ、受け入れるしかないわけですよ。そして、漫然と生きているのでは見つけられない価値が、病気を介して自分と向き合うことではっきりと、見ることができる。限りある命だからこそ、その終わりを見据えて頑張れる。夏休みの終わりギリギリに宿題をやるよりは、もっと自分のペースで与えられた時間を使い、多くのものを見て、感じて、自分を知り、家族を愛して、その最後の瞬間まで歩いていくことの大事さ、って奴でしょうか。

 そうすると、意外と「生きている」って、価値のなさそうな、無駄な時間の集合体のように見えます。でも、実際にはその無駄も意味を持ち、それが繋がって、人生の豊かさへと広がっていく。豊かな人生は、困難と向かい合っていても価値そのものであって、自分にとって価値のある人生であると確信をもって歩けるのだと思っています。

 まあ、怒ったり笑ったり、悟りは開いたり閉じたりするものと弁えて、楽しく幸せに生きていくのが一番なんですけどね。

↑このページのトップへ