今朝、人工知能や統計的処理の界隈で話題になっていた記事はこちら。

(魚拓)採用選考に「AI」を導入しようとしたが、断念した会社の話が面白かった。
https://megalodon.jp/2018-0208-1612-38/blog.tinect.jp/?p=48905

 結論から言うと、こんな馬鹿な導入事例は存在しないだろう(少なくとも人工知能を生業にしている業者の周辺では)ということで、あっさりガセネタ判定というか与太話だろうで終わったんですけれども、問題は「人工知能に対するありがちな誤解が詰まっているよなあ」ということでありまして。

 先に結論を言うと、人工知能はそもそも何かを判断しません。出すのはおおよそのスコア(点数)であって、その点数に足りる人か足りない人か、採用の可否を判断するのは「このスコア以上は合格」と決める企業の人事の側です。

 また、記事中では「なぜその人を採用するに至ったか人工知能は説明できない」ことになっていますが、そのスコアを導き出したベクトルの大きさは、どのような経過であれ検証可能です。もちろん数式が読めないとか、そもそも教師データから導き出された(かもしれない)スコアが理解できない人はいるかもしれませんが、そういう人はそもそも採用選考にAIを導入することはできても運用することができませんから、断念することもあり得ません。もしも数式が分からない役員に説明しなければならないなら、その数式を自然言語に翻訳処理してくればいいだけなので、むしろ馬鹿が説明するよりも合理的かもしれません。

 例えば、その会社の面接までもっていく基準がスコア70点だったとして、そのスコアというのはその会社が「うちの組織で働くのにふさわしいと思われる基準」だと最初に人間による”決め”があります。むしろ、”決め”がない会社はそもそも人工知能による採用システムが導入できません。いちから決めるためには、高額のコンサルさんを雇ったり、たくさんのおカネをリクルートやNECその他の人工知能ベンダーに支払う必要があります。

 また、人工知能を構築する上での教師データは、たいてい過去の採用状況を食わせることになるわけですが、不幸にして早々にして退職してしまったとか、会社内で問題を起こして損害を与えた人というものも混ざってきます。そして、スコアリングすると女性のほうが大抵圧倒的に早く退職するので、人力でスコアに下駄を履かせたり、そもそも男性採用と女声採用で総量を決めて工数にかけます。しかし、それでもさらに体育会系出身者は今度は「キャリアが終わって辞めてほしいときに限って辞めてくれない」というジレンマをもったり、同業他社に転職して揉める可能性の高い某大学湘南藤沢キャンパスの塾員はスコアにマイナスがかかるなどの個別事情がどんどん出てきます。

 したがって、そういう「うちの会社にとって、欲しい人材ってそもそもどういう人なんだっけ?」という組織内の暗黙知を人材採用時の効用として掘り起こす作業がどうしても人工知能導入の前捌きとして必要になるのが実際で、人工知能による足切りを導入する企業は増えてもその運用は概ねテンプレ的なものにちょっとした「自社の風味」を加えた程度で回しているので、エントリーから面接まで辿り着けない人は何社受けても辿り着けないことになりかねないし、中途採用でもスコアが低くなる転職者をたくさん輩出している企業が経歴に書いてあると弾かれることになります。それは本人の適性というよりも、本人の出身校や経歴に書いてある企業の過去の面々が盛大にやらかしていると「ああ、こいつも同類なのだな」と人工知能に勝手に判断されて、人事担当者から活躍をお祈りされることになるのです。

 また、どこの人工知能ベンダーが提供しているサービスも、書類選考においてさえ、しっかりと基本設計された「その会社が欲しい人材」の定義づけがされていると、やはり運用2年程度でもはっきりと短期離職率が下がったり、事前に性格特性がきちんと把握されることが多いように見受けられるのも特徴です。逆に言うと、会社勤めが経歴的にも性格的にも向いていない人は、真の意味で歴戦の敗者になる可能性はあります。個人的には、人工知能がどんどん使われてほしいという気持ちもある一方、そういう人工知能に門前払いされるぐらい本格的にダメな人が会社に潜り込める可能性が低くなることで、性格による差別が起き得るよなあという危惧は持ちます。性差を除けば、圧倒的に勤続年数や会社に対する貢献の予測にマイナスのスコアリングになるのは双極性障害などの精神疾患やギャンブル依存症の可能性が高くなるエゴグラムの形(ビッグファイブなどで計測される)です。

 「能力はありそうだけど、問題を起こす可能性の高い奴は要らない」というのが組織にとっては当たり前ですが、まだ問題を起こしているわけでもない個人が「起こす可能性が高いから」といって就職で不利になるのはどうなのかなと思うのと、そういうのはそれなりにちゃんと運用すればスコアに出てきてしまうので、そう遠くない将来、これは就業における差別だという話はどっかで出てくるかもしれません。

 なお、前述の記事で書かれていた人工知能関連の与太話というのは非常に多く、先日もNHKで「人工知能にきいてみた」と称して、ヤバい内容が放送されていました。

NHKドキュメンタリー - NHKスペシャル「AIに聞いてみたどうすんのよ!?ニッポン」(前編)
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586960/
『AIに聞いてみた』の疑問点を「NHKに聞いてみた」 “AI”から受ける印象と実態の「ちぐはぐさ」
(1/2) - ITmedia NEWS http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/02/news035.html

 人工知能研究の最前線を自称する人でさえ、その監修した番組で「健康になりたければ病院を減らせ」とか「40代一人暮らしが日本を滅ぼす」などと平然とご宣託を出してしまうのが実情でありまして、データサイエンスという言葉は流行ってもなかなか地に足の着いた利活用の方法は広まらないのだなあと憂慮するのでありました。


ai_pet_family.png

 身の回りで、メンヘラ気味の厄介な人につきまとわれて困っているという相談を受けることが多く、私自身もそういうメンヘラ気味の人たちに絡まれやすい人生を送ってきたので、何となく分かるんですよね。

 しかも、自分の親しい人がメンヘラなときは親身に対応したい気持ちになるけど、ネットで知り合った程度とか、パーティなどで何度か一緒になっただけの人がやらかしに来るときは間合いが非常にむつかしいわけであります。とりわけ、人間関係が入り組んでいるところでメンヘラが被害妄想モードを炸裂させたり、親しくもないのに親しかったかのようにネタを回されると、その周辺の人間関係が壊れてもいいから切り離すしかなくなります。

 親しい界隈でメンタルヘルスに病んでしまった人は、だいたい原因が彼らの周辺に思い当たる分、早めの通院と治療を促す方向で動き、かつ原因を除去するためにあれこれ手伝うことになります。まあ、あの手この手を使いますわな。ネットが悪影響ならネット絶ちさせたうえで釣りに連れてったり、相場で損した、浮気された、ガン宣告された、人間が「メンヘルになるとき」はだいたい耐えがたいストレスであるので、そのストレスから遠ざけてあげるのは大事なことだと思ってます。それ以上に、ちゃんと治療してもらえるよう手配をするのも大事ですけど。

 問題は、たいして親しくない人がメンタルヘルスに課題を抱えたときです。
 どこまでその人の人生に入り込んでいいんだか分からない。基本的に、害があるかどうか、才能や稼ぎがある人なのか、問題を乗り越えてでもその人と何かをしたくなるぐらいその人が「好き」かどうか、家族はどうか… さまざまなことはあるんですけど、やっぱり判断のポイントはクッソ長文の身の上話が来たり、誰かの悪口を送ってきて共感を求めたりするときですかね。いろんな人間関係に刺さり込んでいても、関係を切らざるを得ないわけですよ。

 病気になって塞ぎ込みがちになったり、奥さんに浮気されて離婚で悩む旦那が心を暗くしているのは同情するし、どうにかしてあげたいと思います。ただ、辛さや恨みを抱え込んで、別の燃料にしてミサイルを飛ばす人は少なくない数います。そういうメンヘラの人と無理に折り合ってもどうせ関係が長く続かないのは間違いないでしょうし、そう親しくないのに良かれと思って親切にしても、いずれ嫌な思いをすることになることが多いのです。だからこそ、パッと人間関係ごと切っちゃうほうがストレスが少ないってのは真理だと思います。

 結局は、自殺未遂してしまったり、なんか仕事でやらかすことになるんですけど、やっぱり「あ、このままいくとこの人やばいな」となったとき、親しいかどうか、この人が好きで長く付き合いたいと思えるかどうか、SNSで反応してグルーミング先として残せるかどうかってのは大事な判断だと感じるんですよね。自分で気持ちを立て直したり、病院にパッといって必要な治療を受けられるというのは大事なことですんで。

 顔見知りだから、知人だから助けてあげたいことも多々あるけれど、投資で失敗して金がないから貸してくれとか、別れた誰それが憎いから手助けしてほしいとか。つたない私の人生でも地雷はいっぱいあって、それなりに踏んできた中では、やっぱり付き合っちゃいけない瞬間ってのはあると思いますし、踏んじゃいけない地雷も数多あるんですよね。

 結局、ストレスなく生きようとするならば、そういう人との関わりは問題のないレベルで済ませるべき、としか言いようがありません。
 悲しいけど、そういう人を本当の意味で助けられるのは結局はプロの医師や弁護士なんですよね。
 だから、できることは「病院に行け」、と。

mental_health_woman.png

 コインチェック社への金融庁立ち入り検査の決行は、2月13日に控えた報告書期日を待たずに事実上の「討ち入り」となりまして、何ともお疲れ様です。

コインチェックに立ち入り検査へ 金融庁 財務内容を調査 | NHKニュース   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180202/k10011312381000.html

 ギリギリのタイミングでコインチェック社の被害弁護団が立ち上がって、もしもお困りの方がいれば弁護士を立てるかこちらの被害弁護団に早々に相談されるのが良いと思います。

コインチェック被害対策弁護団
http://www.ccbengo.jp

 いずれにせよ、仮想通貨バブルの終焉を告げるコインチェック社も最終局面を迎えるのではないかと警戒感が高まっているところです。

コインチェック社問題を理解するうえで知っておきたい経済事案あれこれ(追記あり)(山本一郎) - Y!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180202-00081158/

「罪に問えない」インサイダー取引が横行する仮想通貨界隈で問われる投資家保護の在り方 | プレタポルテ by 夜間飛行
http://pret.yakan-hiko.com/2018/02/01/yamamoto_180201/ 

 個人的には、やはり顧客口座と会社の運転資金がきちんと分別管理されていなかったことで、預け入れをした顧客資産が運転資金や広告宣伝費に充当され、大幅に毀損したことが問題だったんじゃないかと思います。確かにNEM/XEM流出はあったにせよ、580億円程度の損失の補てんを巡り、数兆円に上るかもしれない顧客の預かり資産が毀損する可能性があるというのは実にマズい状況になり得ます。投資家・消費者に対する被害が拡大するだけでなく、他の相場にも影響して仮想通貨市場が大幅に下落してしまうトリガーになる危険性さえもあるからです。

 だからこそ、コインチェック社には早々に金融庁が入って顧客資産を勝手に逃避させたり他に流用させないようにすることが肝要です。さすがに、兆単位の預かり資産を全部溶かしてしまったということはないでしょうし。

 ただ、ここで経営陣が申し開きの余地がないと判断するようであれば、破産申立や、会社更生法の申請を即日行う可能性もあり得ます。何しろ、時間が経過するほど相場が溶解して大幅下落していくわけですから、破綻を時間かけて検討する必要がないわけです。

 恐らくは、コインチェック社の経営陣はまだまだ仮想通貨バブルは続くと見込んで、3月末に期限の来るみなし業者の失効までに身売り先も含めてさまざまな健闘は重ねてきていたのだと思います。だからこそ、一刻も早く金融庁に入ってもらい、なるだけ早く業務停止命令をかけて顧客資産を少しでも保全できるようにするのが良いでしょうし、冷温停止したコインチェック社も保身のために早々に倒産しようとするでしょうから、その辺の駆け引きは週末をまたがずにだいたいの様相が見えることになると思います。

 問題は、トリガーになったNEM/XEMは本当に不正に流出したのかという点です。かねてから、仮想通貨界隈では中華系ファンドがシンガポールやマレーシアなどに分散して一大勢力になっていることもあり、まあ大変微妙な情報も乱舞しているようです。昨今、米先物委員会が召喚したテザー社(Tether)の件もありますし、兌換してXEM/NEMだけではなく大量のイーサリアムやLISKに流入してきた経緯もあるなかで、日本国内法での解決がむつかしかったときに、投資家の被害がもっと大きくなっていく可能性は否定できません。

 なんにせよ、破綻はあり得る状況になったいま、これを教訓として資金決済法ではなく、きちんと金商法の対象として、インサイダー規制やノミ行為の最良執行方針の義務付け、投資家保護のための預かり口座分散などはがっつり規制強化の方向にならざるを得ません。一獲千金の夢は潰えて市場はまた低迷するかもしれないけど、本来のフィンテックというのは投機の対象ではなかったはずなので、これが良かったとなる日も来るのでしょうか。

 寒い一日になりそうですが、今日も生き抜きましょう。


kabu_chart_smartphone_man_cry.png

 「やりたいことができる人生って素晴らしいんだろうな」と感じる人は、一年のおよそ半分を大好きなサッカー観戦で海外を旅する村上アシシさんの話を聞いたほうがいいと思うんですよ。

 一見風来坊で無茶なことをしている人物のようには見えますが、ある意味で「いまを最高に生きる」ことにおいては文字通り第一人者です。対談もしたんですけど、相変わらず尖っていました。その辺にふよふよしている風船が片っ端から割れるぐらいの鋭利な尖り方です。

優秀でなくても半年で1000万円稼げる! 脱・社畜のススメ (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
https://dot.asahi.com/dot/2018011900047.html

 私が彼を見ていて思うのは「目的に対する集中力の高さ」です。突き詰めれば「私はこれがしたい」と具体的に落とし込めているので、いつの間にか南米にいたりロシアにいてもまったくブレないし、周りも驚かない。

 でも、私もお前も「お前の人生における目的はなんだ。それに集中すれば、半年だけ働くことで充実できますよ」と言われても、頭では「そうか」となって、その後は実際に、あれ、吾輩の人生って目的なんだっけ、何が楽しいんだっけ、ってなってしまうわけであります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

半年だけ働く。 [ 村上アシシ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/1/23時点)


楽天ブックスはこちら

Amazonはこちら

 やはりですね、人生を謳歌するには謳歌する歌詞を覚えなければならないし、節も丁寧に歌い上げられなければならんのですよ。一方で、対談でも今後出てくると思いますが、背負うものも出てきます。独身で稼いだ金は自分のものだから好きに使える時代もありましたし、親の介護や育児その他で走り回るようになると、やはり学校の暦にあったお休みしか取れなくなります。親になんかあれば、旅行先から飛んで帰ったり、いままさに旅行に行こうというところで歯噛みしながら帰宅を強いられることだってあります(実話)。でも、自分の楽しさの実現だけが人生ではないと思い至れるようになると、むしろ村上流の「半年だけ働く。」ことの意義も貴重に思えてくるのです。

 何かに打ち込み、これが好きだと言える自分と、何かを背負い、これを果たさなければと考える自分とを切り分ける苦しさも、やりくりしてどうにかする情念も、すべては自分の人生を如何に豊かなものにしていくか、また、自分が生きた証を打ち立て、生きる意味を見出し、価値のある人生を誰憚ることなく送ることができたという納得感に直結します。

 だからこそ、村上アシシさんのモノの考え方をそのまま鵜呑みにして実行するというよりは、己の人生の中で「何に意味を見出そうとしているのか」を見定め、限りある人生を楽しく有意義なものにするためにどうするべきかを考えるほうが良いと思います。哲学的なことではなく、自分自身の生き方は自分でしか決められない、だからこそ、稼ぎ方と使い方とを制御できるようにすることが、良い人生を送る最善の方策なのだということに気づくための書だ、ということです。

 彼と私は随分違う人生を歩んでいるけれど、それは当たり前であって、私は彼ほど爽やかでもないし人懐っこくもないので、それ相応のスキルを別で磨いて家庭を築き子供を儲けて楽しく生きています。これは、読む人ごとに良い生き方がある前提で、どう実現するかを思い描き、羽ばたくために気後れせず前に進めるための本だと感じます。読んでいて「そりゃ村上さんが優秀だからだろ」とか「子供いて介護始まるとそんなこと無理だよ」ってツッコミもいれたくなるでしょうが、自分を再考するという意味でもお薦めしておきます。

 さきほど、45歳の誕生日を迎えました。

 別に大台というわけでもないし、この歳になって誕生日が来て年齢を重ねること自体には何の感慨も無くなっているなあというのが正直なところですが、自分自身は持病もありつつ健康で、また家族に囲まれて幸せに暮らせているというのが何よりの感謝です。今年も家族親族とともに、静かな、それでいて騒々しい年の瀬、新年そして誕生日になりました。

 一昨年から半常勤や時間拘束のある仕事の量を大幅に減らし、セミリタイア気味の日々を送りつつも、介護や育児、合間を縫っての執筆や資産運用、ご相談事の仕事と、なんだかんだで慌ただしく過ごしています。親族の術後の闘病生活も幸運なことにめどが立ち、長く共に暮らしていければと願っています。

IMG_0093.jpg

 子供たちも至らぬ私にも似ず順調に育ち、長男は熱中すれば脇目も振らずどこまでも、次男は人の輪にあって物おじせず友達と仲良く、三男は旨い具合に要領よく、三者三様見事に個性的な男子に成長してきました。家内も育児の苦労と闘病でしばらく大変でしたが、このところは体調もかなり戻り、まずはホッとしているところです。今年一年で視界が晴れるといいなと強く願う次第です。

 昨年は、自分の人生から余分なものが削げ落ちて、生み出せる価値に忠実に生きていくための準備が整った一年があったと実感しています。今年は、そんな一昨年からから昨年にかけて蒔いた種も充分に育ち、あまり手を広げず、丁寧に一歩一歩進めていきたい取り組みにしていきたいと思います。

 神と家内と子供たちに限りない感謝を。今年もよろしくお願い申し上げます。

↑このページのトップへ