いろいろとアカンことになっている米中対立ですが、ここにきてアメリカ側がかなり具体的に企業名指しで中華サービスやアプリをアメリカ市場からBANする動きが出てきました。

 気を付けるべきなのは、11月3日に行われる大統領選挙に向けて、俺たちのトランプが人気取りのために政権ごと対中強硬策に前のめりになっている、のではなく、むしろ共和党・民主党の超党派で対中国政策を固めるなかで国務長官ポンペオさんを中心に政策をどんどん進めているという点です。

米トランプ政権、中国を5つの分野で締め出す「Clean Network」立ち上げ - ITmedia NEWS https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/07/news060.html

 中国側としては、一連の問題について「いかなる法律的な根拠でそんな名指しで中国企業をエンバーゴーの対象にするのか」と声明を出しているのですが、一方で、米中貿易体制については一定の交渉進展もある中での話ですのでこれはこれでプロレスなんじゃないかとも思うわけですよ。

 一方で、アメリカ議会で検討されている「アメリカのデータを中国企業のクラウドに存在させない」という方針が共和党・民主党ともにGOとなった場合、単純にアリババやテンセントが困ることになるだけでなく、テンセントが少数出資しているEpic Games(40%)が展開している「Fornite」だけでなくゲームエンジンである「Unreal Engine」も影響を受けることになります。

 いままでのブロック圏経済は、言うまでもなく米ソ対立で冷戦下は特にドル決済圏とルーブルその他決済圏とで分かれておったわけですけれども、新しい米中対立はさらに「データをどこに置くか」で対立軸が決まるという点が新たな論点になるんだと思います。日本の場合はいうまでもなくアメリカ側につかざるを得ない前提ですので、アメリカの「クリーンネットワーク」陣営に入れてもらうために法律を作り中華資本をICT関連からパージしましょうという流れは加速することになります。

 とはいえ、日本も無批判にアメリカの方針に乗っかって前のめりになったところで、我が国最大の貿易相手国である中国と決定的に決別することのリスクもまたあります。コロナウイルスが流行して対策を進める中で終わりなき経済対策をやらなければならない日本の選択肢が随分少なくなっているところへ今回の事態というのは実に厳しい踏み絵だなと思いながらも、立ち止まっていても仕方がないので涙を拭いて歩き続けるしかないのかなと思います。はい。

新たに連絡用のTwitterアカウントを取得しました。よろしければフォローをお願いします!
山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)

 

 みんな大好き我らが千代田区長・石川雅己さんですが、例の三番町タワーマンションの事業協力者向け住戸を抽選無しでゲットした件が千代田区議会で百条委員会マターとなり、無事に議決が刑事告発相当となったわけですよ。



 そしたらその刑事告発の議決をもって区長への不信任だということで、地方自治法に基づいて区議会の解散だ、と石川雅己さんが大騒ぎしたあたりまでは、皆さん報道でご覧いただいておったかと思います。

 ところが、今日になって千代田区選挙管理委員会が総務省の裁定通り「不信任議決にはあたらない」との判断が出て、我ら~我らの石川雅己さん大ピンチであります。お爺ちゃん頑張って!

https://www.facebook.com/100003876882193/posts/1714904651982081/?d=n

116641966_1714904628648750_1818262249113515033_o.jpg


 適法な手続きを欠くと言われてしまったからには「漢・石川雅己、怒りの千代田区議会」を展開していただきたいと思うんですけれども、千代田区民の私としましては区長・石川さんに何としても給付金一人あたり12万円、我が山本家72万円の支給を進めていただきたく、声を枯らして石川雅己さんを応援してまいりたいと存じます。

 いしかわくちょう、がんばえー

 で、放送やメルマガでも一部書きましたが、本件は区長・石川さん本人というよりは奥さんの問題であって、他のマンションや千代田区が進めている土地取引その他、嫌疑のかかるネタは他にもありますのであまりに面倒くさい事件がどかどか出ると、次々とスキャンダルが出てきてしまうことになります。

やまもといちろう 『人間迷路』
https://yakan-hiko.com/kirik.html

 どっちにせよ21年2月に千代田区長任期満了で、さすがに漢・石川雅己といえど79歳で5選するべく禊選挙に打って出るとは思えないんですが、如何したものかとおもうんですよね。

 あれだけ勢いのあった都民ファーストも本件ではサッパリ見る影もなく、また小池百合子さんも会見の質問においても用済みとばかりに放置宣言をしておりますので、援軍もないまま石川雅己ラストマンスタンディングであります。

 人間「晩節を汚す」というのは紙一重なのだなあと思うわけでありますが、良い意味で最後まで粘って任期全うしていただければと願う次第でございます。

山本一郎(やまもといちろう)YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCYngjP_3hOC-yu2A077rKbQ

山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15879273/


movie_tokusatsu_kaiju.png



 身の回りで「伊藤春香(はあちゅう)さんから代理人を立てられ、訴えられてしまった」という事案がいくつか並行で発生しました。興味津々です。私は単なるはあちゅうファンのため訴訟になどなるはずもありませんが、どうも内容を見ていると「自社のサービスにハアチュウさんに対する誹謗中傷らしきものが書き込まれたことに対して、削除を行うなど管理を怠った」みたいな話もあるようで、何だか良く分かりません。

 きっと、はあちゅうさんにはこの方面に詳しい弁護士が代理人として立っているのでしょう。

 ただ、はあちゅうさんは事業者や個人に対してちょっと微妙な雰囲気の訴えを起こしているような話も出ているので、私・山本一郎は個人的に本件に関する陳述書を皆さんに広く提供したいと思っています。

 陳述書の雛形は以下の通りですが、起きている法的紛争によって、冒頭に書くべきことも変わりますし、陳述書内のURLなどで記した内容についてはスクリーンショットとpdf、Excelでのリストによる「はあちゅう訴訟対応欲張りセット」もご準備しておりますので、ご用命の方は私宛のメール、メッセンジャー、または大声などでお声がけ賜れれば幸いです。可能な限り、カスタマイズには応じてまいりたいと存じます。

伊藤春香(はあちゅう)さん訴訟向け;山本一郎陳述書雛形
https://drive.google.com/drive/folders/1ZibfJnikJnx9Nyd5naB5Nzb9G-lnN4Wb?usp=sharing


 そのままフォルダにpdfや画像類を掲載するとクソでかいので、まずはwordファイルによる陳述書のみということで、ひとつ。

 また、ご要望として出るようでしたら「みんなで作る、私たちのはあちゅう活動の軌跡 wiki」でも立ち上げて、無用な裁判を起こされてしまった皆さんの一助にできればとも存じます。

 なお、見聞きしている範囲でのはあちゅうさんの申し立ては、概ね門前払いになる程度のものにも感じますが、皆さまにおかれましてはかかる事態に萎縮することなく、堂々とはあちゅうさんに対する意見論評を重ねてネット社会の誇る文化として大輪の花を咲かせていっていただきたいと切に願う次第でございます。

 神の御許に召され、まだ心に生きるHagex師の魂の平安のためにも。

(リンク修正 21:48)

 途中、はあちゅうさん訴訟向け陳述書を入れたGoogle Driveが承認必要の設定になっていました。変更しまして、どなたでも閲覧できるようにしました。ご指摘をいただきまして、ありがとうございました。

山本一郎(やまもといちろう)YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCYngjP_3hOC-yu2A077rKbQ
山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)

 安倍政権が繰り出す『GO TO』キャンペーンの目玉である「Go To トラベル」が評判悪すぎて鼻水が出るわけですが、政府の真意も理解はできます。このままいくと、地方経済がガチで倒れるだけでなく、コロナ対策予算として積み上げた企業向けの「新型コロナ感染症特別貸付」などの各種無利子無担保枠の拡大で地方で頑張る企業への貸付が軒並み焦げ付く危険性すらでてきておるのです。

 しかも、よせばいいのに政府系金融機関(商工中金や日本政策金融公庫など)だけではなく民間金融機関にも支援窓口を用意していて、正直これ単体で言えば本来は「経済産業省も金融庁も総務省他各省庁も短期間で良く調整してくれた」と褒められるべき政策のはずが、地方経済ごと総崩れになって地方金融機関の経営問題に直撃をすることになると「お前ら何をしてくれちゃってるの?」というお叱りに一変するという大変リスキーな事態になってしまうのであります。



 この辺は、コロナ騒動がいつ終息するのか、経済再開までもたせられるのかという「読み」が外れた、実際にはもっと深刻な事態だったけど、できることを全部やろうとした結果、総力戦が玉砕になりかねないことになります。ここまでは、政府は別に悪くないんですよね。

 でもねえ、もう財源がないんだよ。

 もっと国債出せばいいじゃん、んで日銀に買わせればいいじゃんと気軽に言う人は多いのですが、そんなことをしたら死ななくてもいい人が死に、将来の世代に借金だけ残すことになるので現役世代で回せるところまで頑張って回し、死んでも仕方がない人は死んでください的な議論が勃発してトロッコ問題に発展することになります。



 つまり、『Go To トラベル』自体がトロッコ感の強いアクションで、究極の選択を安倍政権に突き付けている、とも言えます。

 このままいくと: 観光業を中心に、まず地方経済が大きく低迷する。産業を担ってきた民間への貸し付けが破綻急増と共に焦げ付き、不良債権となって地方金融機関の経営を直撃する。地域金融の再編を待ったなしで進めるにあたり、地方経済はオケラになり、受け皿金融機関を作る際に兆円規模の公的資金注入を余儀なくされる。福島や北海道、熊本と違い、全国的に発生する地方経済衰退のため短期の復興をさせるための予算確保がむつかしい。

 「Go To トラベル」なら: 8月上旬からの事業開始で、地方観光業の見た目の売上がほんのり回復するため、10月からの破綻ラッシュは回避できる予感がする。ただし、1.7兆円規模でしかないため、我が国の巨大な観光業市場全体を支えられる期間は短く、一時的なカンフル剤に留まる。もって2週間から1か月程度の延命であるが、その間にコロナが終息の方向に向かうことを国民みんなで祈る、しかし、「Go To トラベル」のお陰で無症状のウイルス感染者が地方都市にたくさん訪問して日本中でコロナ祭りになる恐れもある。

 どっち転んでも大惨事なので、みんな操縦は安倍晋三さんにお任せして、何か安倍ちゃん周辺がやらかすたびに文句だけ言っていればいいという楽なポジションを取りたいというのも事実なんですよね。その点では、安倍官邸はお友達だと揶揄されても責任をしっかり背負って政策実現しているあたりは頭が下がる一方、もう少しやるべきことを精査したほうが良かったんじゃないのとも思います。

 日本の観光業は実のところそれだけ巨大なのだ、ちょっとやそっとの予算投下では救われないのだ、という事実については、中田先生が記事を書いておられるのでこちらをご覧ください。

しかし、このままだと観光産業は死ぬ ~Go Toトラベルをどう考えればいいのか~(中田大悟) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/nakatadaigo/20200714-00188107/

 まだこの「Go To トラベル」事業に対する世論調査は出揃っていませんが、都市部も地方も概ね酷評されるであろう不人気極まりない政策に仕上がっていると思われます。どうもこう、事態を甘く見た官邸内の経済再開派が珍しく各種調整をスピーディーに済ませた結果、打ち手がことごとく事態の更なる悪化に見舞われて死に金に終わるという残念な結果になっているのが気になります。

 「コロナ騒動は夏ごろまでには終息しているはずだ」という読みは、まあ確かに希望的観測以上に現実味があると思っていたから調整が進んでいたわけですが。

 ただ、実際には日本には神風はもう吹かず、経済再開とともに感染拡大が進んでコロナ対応劣等国に転落する恐れが強くなります。さて、どうしたものかと思うわけですが。

 「経済再開のためにどのくらい感染のペースを抑える活動が取れればよいのか試算しようぜ」って話は次世代政策基盤研究所でもモデル計算しようぜという話は出ているのですが、いかんせん有識者会議がいろいろアレなのでみんな大変だなあと思っております。

次世代基盤政策研究所(NFI) 緊急シンポジウム ポストコロナ時代の災害に次世代基盤政策が果たす役割とは https://nfi-japan-symposium02.peatix.com/

次世代基盤政策研究所(NFI)https://www.nfi-japan.org/

 世の中、うまくいかないときってこんなもんなんですかね。

山本一郎(やまもといちろう)YouTube
やまもといちろう文春オンライン記事一覧


 怪著と言えば怪著で、物凄く読む者を選ぶ本書『Winny 天才プログラマー金子勇との7年半』ですが、執筆者の弁護士・壇俊光さんがセンシティブなブログを書いていたので改めて読み返しておりました。

8回忌?
http://danblog.cocolog-nifty.com/index/2020/07/post-00278a.html


『Winny 天才プログラマー金子勇との7年半』(壇俊光・Amazonリンクはこちら)

 通読していて思うのは「技術と友情を取り巻く話として熱い」のに「そこに至った環境は冷たい」というコントラストであって、もちろん理不尽なことがあったからこのような優れた物語が生まれる。その一方で、その結論は金子勇さんの望まれない死であって、イケてない某京都府警と司法制度全体のエラーという残念な現実があるわけですよ。もちろん、実名で語られる、事件と法律を取り巻く人々の裏側や、不条理に立ち向かう技術者と弁護士の友情が投げかけるものは決して小さくない温度差をモロに感じさせます。

 結局、何が正しいのか。社会正義を実現するために私たちや警察官検察官が持つべき健全な猜疑心とはどういうものなのか。あるいは、ひょっとしたらこれは社会的にアカンから逮捕されるかもしれないとブレーキをかける私たちの心にある公共心というのは、実は意外と陳腐な役所の人事で白にでも黒にでもされかねないものであって、運悪く見つかった人たちが送り込まれる地獄へのベルトコンベアーなのではないか。

 人呼んで「47」氏というチャーミングな技術者が辿った数奇な運命は、この世界でもっとも面倒くさい警察組織のラビリンスに絡みつき、そこで壇俊光という、これまた筋論にうるさいけど善良な精神を宿す弁護士と出会う。ある意味でサウナと水風呂の関係のように、また47氏サイドからすれば不当な逮捕の経緯を辿るにつれ、この事件が社会に投げかけたものを再構築し、惜しくも早逝してしまった47氏の果たそうとした役割をも読む者に印象付けてくれます。

 文芸読みからすれば、本作品は粗削りなところも多く「もうちょっとこうすれば」とか「説明が足りなくない?」などと感じる難読ポイントは随所にあり、技術と法律、そして警察検察という世界に興味がない人は容易に挫折しかねない内容ではあります。しかしながら、それを乗り越えてなおあまりある熱量と冷たく悲しい現実とのコントラストこそ単なる事実ベースの物語では終わらない、継続する未来を感じさせるのです。

 その点では、本書は文芸でありながら、かなりハイコンテクストです。逆に言えば、一過性の、いまサラッと読んで楽しく終えて何も残らないような、単なるエンターテイメント本ではありません。もしも自分が47氏ほどではない存在だけど、何かの理由で公権力の都合でハメられて、酷いことになってしまったときこんな情愛に満ちた解決へ一歩を踏み出すことができるのだろうか。あるいは、多少は公権力側の人たちと居並ぶとき、そのようなベルトコンベアーに悪質とも思えない人々が乗せられて笑っていられるだろうか。

 そして、新しい技術であれ、ネット社会であれ、現実には意外と読み解かなければいけないコンテクストをひとつ間違えたら簡単に罪を着せられたり、大変な思いをしかねないことはあり得るのです。それは、必ずしも警察官や検察官が悪徳な存在ではなかったとしても、彼らが単に仕事の一環としてこの事件はやらなければならないと判断したり、人事や得点稼ぎのために手を出してしまって引っ込みがつかなくなったり、結果としていろんな世の中に起きている不条理な事実を突きつけられることでもあります。

 「優れた人が、世間的に無難に生き抜くのはむつかしい」のは、結果的に優れた仕事を受け入れることのできない人たちのほうが多い社会の宿命でもあるのだろうなあと思いつつも、もしも最先端技術と法律の現場との相克を垣間見たい方はぜひ手に取って(ダウンロードして)見ていただければと存じます。



山本一郎(やまもといちろう)YouTube
山本一郎非公認 告知用Twitterアカウント


taiho_rouya.png

↑このページのトップへ