私のやっている経営情報グループ『漆黒と灯火』ですが、コロナ禍にもかかわらず会員さんがほぼ減らず、しかし一年近くも募集無しもまずかろうということで若干名の募集を開始しました。蛮行のような気もしますが、まあいいか。

 よく「これはオンラインサロンですか」と言われますが、どちらかというとリアルサロンです。リアルイベントを月一回東京近辺でやり、ゲストをお呼びして二時間ほど語り、終わり次第居酒屋に流れて閉店まで駄弁るのが活動の基本となっています。

 また、地方の会員さんでは弁護士などの士業や投資家、地方議員の方が多く、上京の際にご連絡いただいて会合をアレンジしたり、お前らの事業で困ったことがあった場合はカネを貸す以外のお世話をさせていただいたりしております。

 オンラインでは主にFacebookを使って交流していますが、ほとんど大喜利かROM専に向けてお話をする感じの交流です。

 11月のゲストは翻訳家でコンサルタントの小林啓倫さん、12月は自民党衆議院議員の橋本岳さん、23年1月は漫画家・エッセイストの西原理恵子さんをお呼びして対談する予定です。
 先月はキヤノングローバル戦略研究所の伊藤弘太郎さんに来ていただいて日韓関係について政治、経済、文化面からの雑談をいたした次第です。基本的には、どのような方がゲストでも2時間きっちり雑談させていただくスタイルです。最近どうですか? とか。

経営情報グループ『漆黒と灯火』
https://yakan-hiko.com/meeting/yamamoto/

 思い返せば足掛け8年ぐらいやってたっけって感じですが、短期集中サロンのはずが長丁場となり、会員として初期からご一緒している方も少なくなく、肩ひじ張らず背伸びせず、身の丈プラスアルファのところで時事放談したり情報交換したりという大人のサークルのような感じになっています。この前キングコングの西野さんがオンラインサロン冬の時代とか仰ってましたが、彼らが取り込んだ水素をあっという間に燃やし尽くす主系列星とするならば、私らはどちらかというとそういう恒星から光を受けながら軸傾けてゴロゴロ回転している天王星のようなものでしょうか。冷たいガスと氷のかたまり。

 
なので、活気よくワイワイやってるというよりは、結婚するメンバーを祝福したり、起業したいメンバーを手伝ったり、世情を騒がす問題について議論して知見を深めたり、ゆるゆると一生の付き合いができそうなメンバーと緩やかにネット社会を生きるという感じの会合です。

 何しろ先のことなど分かりません、行く手は真っ暗の闇を手探りで進むことを宿命づけられているのが私たちですが、持ち寄った知識に光を灯し、冷静に、慎重に、しかし確実に前に進む人たちのために集まった会です。

 ご興味がおありの方は是非。
 なお、画像はAIが思う『漆黒と灯火』です。確かにこんな感じかもしれん。

やまもといちろう文春オンライン記事一覧


山本一郎現代ビジネス記事一覧



 結論から先に申し上げますと、テーマがはっきりしていて紅組と白組に分かれてワイワイ議論している状態というのは民主主義として理想的な形ですから、私は良いと思うんですよ。

 どんどん論じ合ったらいいんです。

統一教会、伊藤詩織、辺野古移設、死してなお問題を残しまくる偉大な安倍晋三 杉田水脈VS伊藤詩織も統一教会もひろゆきVS沖縄極左も根源は同じ(1/4) | JBpress (ジェイビープレス) https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/72380

 中でも、沖縄タイムスの阿部岳さん、面白いじゃないですか。賛成する反対するどちらでも構わないんですが、ああいうキャラクターがいること自体が大事なんです。

 実際、ネット論壇に限らず配信されたニュースの閲覧数やページパワーを見ていても、西村博之さんの関係先以外の流入がとても多く、きっかけこそ「ひろゆきの辺野古基地前の座り込み誰もいないよ画像」だったとしても、途中で問題が周知され、幅広い年齢の男女が改めて沖縄基地問題に関心をもってサイトを訪問していることが分かります。これはいいことだ。

 もちろん、既存の議論でも沖縄県民に多くの基地を押し付けていいのかとか、でも沖縄県民よりも県外から来た活動家が騒いでいるだけだとか、台湾で戦争が起きそうなところで与那国島ほか関係海域の人たちはもっと多くの介入を望んでいるとか、そういう話題はどんどん議論したらいいんですよ。

 そんな中で、沖縄の県庁所在地である那覇市長選や、沖縄市議補選が行われました。沖縄市長選ではオール沖縄が推す翁長Jrが敗退して与党系の知念覚さんが当選、逆に沖縄市議補選ではダブルスコアでオール沖縄の前職の永山盛太郎さんが勝ちました。これは右だ左だ沖縄県民のバランス感覚だという評価よりも、一般的に地方選は人物本位で決まる傾向が改めて出たということであって、亡くなった翁長雄志さんの弔い合戦とはいえ評判の悪い翁長雄治さんが出て一回で勝てるとは誰も思っていなかったという話ではないかとも思います。

 名護市長選も自民党と公明党が推薦した渡具知武豊さんが当選するにあたり、今回問題となった辺野古基地の問題は敢えて是も非も掲げず現職の実績を掲げて押し切り勝ちになっているというあたりを見ても、必ずしも沖縄全体の世論としては一方向へ流れるものでもないのだろうと思います。その点では、沖縄の地政学的な立地の面からも米軍基地問題は典型的なNIMBY問題(Not In My Back Yard;その施設が必要なのは分かるが、私の裏庭にはおかないでほしい)と言えます。

 社会保障問題にせよ原発再稼働にせよマイナンバーにせよインボイス制度にせよ、どれも賛否両論あるけれども反対を押し切って何かをやるためのハードルが明確にならない以上、ゴールポストが動いたり、さして正当性のない反対なのに説明が不十分だなどとしてずるずると決定が後回しになるのもまた日本らしさの象徴と言えるのかもしれません。

 また、今回の選挙ほど、ネットの野次馬が世論を大きく左右した事例もなかったように感じました。逆に言えば、ネットで政策を見て投票する層がさまざまな方面に浸透したとも言えるもので、なるほどねえと強く思う次第です。

山本一郎有料メルマガ『人間迷路』好評配信中
https://yakan-hiko.com/kirik.html





 そりゃそうだよなあという結論になったようです。

AIによる契約書審査 弁護士でなければ「違法の可能性」 法務省:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASQBG5212QBGULFA00W.html 

 しかも金星を挙げたのは俺たちの弁護士ドットコムということで、リーガルテックを標榜する界隈に冷たい雨が降り注ぐ展開となって鶏鍋が美味い季節になっております。

 以前、こんな記事を書きましたが、その後、関係先が一生懸命抗弁のセミナーやパブを打っていたものの、常識的に考えれば弁護士による鑑定業務をAIが代行するからと言って中小企業にこれをサービスとして売り捌いたら当然のように非弁でやんすという当然の結論となったのは致し方のないところです。

漢・法務省、グレーなリーガルテックに対しグレーゾーン解消制度でグレーゾーン回答を敢行 - やまもといちろう 公式ブログ https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/13306215.html 

 それも、追い聞きした結果、法務省から「しつけーな。非弁だよ非弁」というグレーゾーンの中でももっともクロに近いところに追いやられましたので、痛みに耐えてよく頑張った。感動した。

 で、正直言うとひな形を決めてAI(人工知能)で契約書を診断、と言われると何となく凄そうですが、いま手近なツール使って検証しても、ほとんど誰でも検証できてしまいます。
 リーガルテックと言ってもはっきりいってローテクのレベルで、ほとんどIF GOTO文をたくさん並べたBASICでもなぜなに判定できてしまうような代物なので、深入りしないうちに非弁認定されてお通夜を経験して涙を流したほうが、あしたに向かって確実な一歩が踏み出せるんじゃないかと思うんですよ。

 逆に言えば、あれだけ資金調達しておきながら光通信全盛期もかくやというようなセールス攻勢して幅広く面倒くさがられる業態になっているのも、契約書レビューを月額課金するほどの件数をこなす必要のない中小企業にとっては押し売りに近いものがあったんじゃなかろうかと思ったりもします。

 もうここは割り切って最先端な感じの大塚商会を目指す中小企業向け営業会社としてキントーン導入の代理店でもやると喜ばれるのではないかと思いました。

 また、無駄金使っちゃったところも結構あるようでしたが、ボク言いましたよね。

 皆様のご武運を心よりお祈り申し上げております。




 J-CASTがネットで拾った徹夜関連の記事を掲載していました。

「31歳の時に突然徹夜ができなくなった」 人生の先輩たちが伝える「年を重ねて分かったこと」まとめ https://www.j-cast.com/2022/10/10447490.html

 私は今度50歳になるジジイですが、だいたい月に5回から6回は徹夜しています。しかも、ここ数カ月は徹夜の回数は増えています。
 徹夜自慢ではなく、徹夜を繰り返しているからこそ見えてくる人体の神秘ってあると思うんですよね。良く知りませんが。

 徹夜が増える理由は単純で、時差のある地域への出張が増えたため、時差ボケ解消のために薬の力を借りながらもずっと起きているほうが楽だからなんですよね。昔は、寸暇もこまめに寝ることで体力を温存しようとしていたのですが、何度も寝て起きて荷物を持って移動することの負担のほうが大きいことに気づき、ずっと起きてることにしたら随分楽になった気がします。

 徹夜で辛いのは、

・徹夜で作業すること自体は問題ないが、徹夜の結果、ダメージが大きく翌日使い物にならなくなって効率が悪いこともある
・集中して物事に取り組んでいたらゾーンに入りっぱなしになり、結果的に徹夜してしまった形となり、その物事以外のことに全く手がついていない

 というあたりでしょうか。特に、徹夜によるダメージは歳と共に大きくなってきていますが、一方で、使い物にならない時間帯に、考えずに物事を済ませたほうが効率的な雑用系タスクを割り当てること(書類を整理するとか郵便物を出すとか)で仕事と作業の凸凹を意識するようになり、慣れてくると「あ、来週の火曜から金曜は下手すると徹夜だから、その集中力が切れて激眠い時間帯にやるべき雑用のtodoを整理しておこう」という割り切りになってきます。

 徹夜明けで集中力の切れているタイミングで、考えずにこなすタスクを入れると捗るんすよ。

 一方、徹夜翌日で辛いのは、やはり運転とか年寄りのデイケア送迎、子どもたちの送り迎えです。特に運転はヤバイ。国内ならなるだけ電車やタクシー、海外ならガイドを雇い運転手を連れてくるほうが安全です。一方、送迎は精神力を要求されます。寝不足でイラついてるところでお着換えに時間がかかり、軽い謝罪もなく当たり前のような顔で子どもが出てきたときに余計な一言を言ってしまったり、罪のない保母さんがたに心の中で呪詛を唱えるようなことは人として避けねばなりません。

 むしろ、徹夜明けでリモート会議は結構大丈夫です。ずっと座ってるだけなんで、いわゆる「眠い波」さえ来なければ乗り越えられます。

 仕事柄、徹夜がつらいという相談は良くされますが、私が思うに集中しなければならないタイミングで「眠い波」が来ないよう調整するしかないと思うんですよ。仕事でも相場でもゲームでも海外が相手となる物事はたいてい、このやってくる「眠い波」をいかに瞼を落とさず乗り切るかにすべてがかかっています。この精神の省電力モードには、座りやすく腰を痛めない相性の良い椅子と、物事に対する適度な刺激(ストレス)が必要です。逆に言えば、モノを運んだり、歩いて移動したりするときその場は覚醒するのですが、座った瞬間に意識がシャットダウンしてしまう危機に晒されます。ずっと座ってるのが一番です。

 ただ、最近徹夜で作業していると、何か知らんがApple Watchが低血圧や頻脈の警報を鳴らしてきて不必要に覚醒させられることがあります。うるさいんや。集中が途切れて糞ウザいのですが、万が一のことを考えるとApple Watchは外せません。どうも私は生まれつき脈拍数が少ないらしく、生きていくことに対して燃費が良くコストが安いようです。液晶の向こうでクズが何かやらかすと一気に血圧が上がって脈も速くなりますが、それでもジジイになって声を上げるほどブチ切れることも少なくなりました。寄る年波には勝てませぬ。

 最近では、特に必要もないのに徹夜をしています。自分でも何で徹夜してんのか良く分からんのですが、書き物をしたり、読書をしたり、ビールを飲んだり、ゲームしたりしてずっと起きていて、翌日も普通に活動した後、今夜は寝るかどうか悩んでたりして自分でも意味が分からない。

 いずれにせよ、徹夜はあんまりお薦めしないですが、人生に悟りを開いたり閉じたりしたい人は是非どうぞ。



 「ネットやイベントでは乳繰り合っていたし、書籍も一緒に出版されていたので、山本一郎さんは中川淳一郎さんと親しいと思って取材の連絡をしました」とかいう連絡や取材依頼が複数舞い込んでおります。

 ただ、中川淳一郎さんの近況を直接はまったく知らず、二年以上(それこそ、コロナ騒動が起きる前ぐらいから)中川さんともお会いしていません。共通の友人から、中川さんの近況を伺ったり、仕事仲間から連絡があるぐらいで、リアルに中川さんの状況は存じませんので、私に聞かれても何もして差し上げられません。

 必要なことがございましたら、中川さんと一橋大学の同窓でレスラーの常見陽平さんにご連絡ください。→ 常見陽平 yoheitsunemi@gmail.com

 私見ですが、中川さんはデリケートな人で、ニュースポストセブンやAbemaタイムズといったネット媒体での仕事がひと段落して以降、世間的にはかつて所属していた古い博報堂ネタを引っ張るようになったため、地方移住も相俟ってアルコール依存でも進んでしまったのではないかなあと思っています。

 他方、中川さんのいう「コロナ観」の問題は、少なくともワクチンやマスクの有効性については中川さんが素人なりに考えた結論よりは、医学的に専門家が研究した結果のほうを社会的にも政策的にも信じて対策を講じるのが当然と思っています。意見が違うからお互いを尊重しようという類の話題ではなく、人が多く集まる屋内や機内などの場所ではきちんとマスクをして感染が広がらないようにすることが(少なくとも日本国内の)マナーであるとも考えます。

 それに関して個人相互の理解が得られなかったばかりか、最近では「コロナ脳」などとして積極的に陰謀論を流す側になってしまったので、中川さんと距離を取らざるを得なくなった人もいるのではないかと思います。

 そんな中、中川さんはTwitterで暴言を繰り返し、ついにBANされてしまったとかで、改めて、中川さんの発言の妥当性や真実性が問われている面はあるのでしょう。いちいち見に行っておりませんが、TwitterアカウントをBANされるなんてきっととんでもないことを書いたのではないかと思います。

 ただ、中川さんに関してはTwitterに限らずSNSを断ち、ネット界隈からも少し離れて、ご自身を改めて見つめ直す機会を設けるとともに、何らかの依存状態にあるのだとするならば、ご家族やご友人の力も借りながら気持ちを立て直していって欲しいと願っています。

 そのように感じておりますので、私に対して「中川淳一郎はどうにかならないのか」と連絡をくださったり「見解を寄越せ」とメールやメッセを戴いたりしても、私としては「(もう)知らんがな」という対応しかできませんので、あしからず、ご了承ください。

 また、関係先としては前述の通り常見陽平さんというDJがおりますので、そちらに連絡いただくと開運するのではないかと存じます、併せてご承知おき賜れますと幸いです。

 引き続き、よろしくお願い申し上げます。



↑このページのトップへ