出張の移動時間の友として携行した本書、読み終えたもののどうしても再読したくなって二度読み、三度読みしてしまうぐらいに興味深い内容でありました。いわゆる「病める大国・アメリカ論」に類される内容でありつつ、テーマとして辺境の厳しい環境で歯を喰いしばって生活をする地元のアメリカ人やメキシコ人たちの苦境と葛藤。あるいは、豊かな地域に生まれ育ちながら、精神的に行き詰まり、自問自答しながら命を繋いでいく人々の記録と記憶が詰まっているのが本書『グローバル資本主義VSアメリカ人』(篠原匡・著)であります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グローバル資本主義VSアメリカ人 [ 篠原 匡 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/2/14時点)




『グローバル資本主義VSアメリカ人』Amazonリンクはこちら

 序章から、筆者のアメリカ大統領選に対する読み違えの懺悔があり、実は現実のアメリカ人が何を考えているのかを知りつつメディアが有利とするヒラリー・クリントンさんの勝利を疑わなかった経験を踏まえ、本書は始まります。冒頭に元吉烈さんの手によるものと思われる引き込まれる写真、また取材アシスタントをした長野光さんへの修辞も踏まえて、繁栄するアメリカにおける「B面」とは何であるかというテーマが提示され、グッと引き込まれるわけですよ。

 どうにもならない現実が、ここにあるんです。

 そして、アメリカからすれば偉大なアメリカを取り戻す大統領であるドナルド・トランプさんの「移民を防ぐ壁」を巡る、国境線付近でのアメリカ人コミュニティやメキシコ人移民のリアルが提示される。あるいは、復権するアメリカの前で教育問題やドラッグ、妊娠その他個人の事情で立ち往生する人々の現実が突き付けられ、そういう本物の当事者の声を取り上げながら、さらにその外側にいるアメリカ人保守層やリベラル層が取り巻く環境を解き明かしていきます。そして、誰の人生においても「正解」は、ないのです。

 センセーショナルに物事を書き連ねるよりも、淡々と人々の人生で直面している事実を重ねていくのを読み進めるたび、移民する切実な事情、生きていくために必死な人たちの心情、売春婦に身を落とした母がせめて我が子は良い教育を受けさせ辛い生活をさせたくないと願う愛情とが奔流のように本書を覆います。そこにあるのは人生そのもので、圧倒的なリアルであり、あっさり死ぬ母親、違法行為をする父親、経済的な事情で四散する家庭、地域や家庭の事情を斟酌せずに蹂躙しようとする圧倒的な政治の力とそれに巻き込まれて大混乱する人々。そして、何よりもまわりにあるリベラルなボランティアから戦場を失い行き場のなくなった退役軍人まで、拭い去れない状況に立ち向かう、胸をかきむしられそうな当事者の心が伝わってくるのです。

 良質なルポルタージュというのはこういうものだと思いながら、何度も読み進めるたびに行間に込められた著者の情念が湧き上がってくるようで、そこには無限の同情とどうにもならない諦観と、しかしこれを詳らかにすることで何らかの魂の救済を願うかのような余韻が輻輳して、章ごとに綴られる地域とそこに息づく人々の人生の重みを痛感します。深い。そして、どうにもならない。

 文化は違えど人の心は同じであり、良い生活をしたい以前に生きていくのに精一杯だけれども、家庭を養い愛する人たちがせめて自分の後で苦労しなくて済むように奮闘する、しかし環境や制度がそれを許さない、地域によっては麻薬組織との折り合いや中産階級を作りたいメキシコの政策による環境の変化などあり、これ、私たちが知っている綺麗なアメリカの真の意味でのB面だと思うんですよ。

 本書は、そう多く売れる本ではないかもしれないけど、社会問題に関心のある人や、日本とアメリカとの関係を考えてこれからどうしていったらいいのか考えたい場合に、太い補助線を引いてくれる快著であることは間違いありません。単に、異世界探求もののルポとして読んで良し、あるいは人権や民主主義を大事にしていきたい西側自由陣営の日本の未来を思い描く材料としても良し、人によって陰影の深い読み解き方のできる内容であることは保証いたします。類書は多々あれども単なるアメリカ事情ではとどまらない深みを是非読み解いて戴きたいと思ってしまうような本です。

 何より、大統領選を控えるトランプさんが、明らかにボケ老人のようなイケてない政治家にすぎない人物であるにもかかわらず大統領となっただけでなく、少なくないアメリカ人になぜそこまで評価されどうやら再選しそうだという下馬評にまでなっているのか、本書で記されたアメリカ人の現実を読むだけでも随分スッキリ分かってくるんじゃないかと思うんですよ。著者の篠原匡さんが繰り返しB面のアメリカを強調する割に、でもそれって世界帝国であり繁栄しダウ3万ドルを目指さんとする好況に沸くアメリカの、その繁栄から取り残された少なくないアメリカ人のリアルそのものだと思うのです。

 翻って、経済後退や人口減少による国威低迷を宿命づけられた日本も、地方経済や移民への依存で起きるリアルも今後はどんどん表面化でてくる問題でしょうし、アメリカの直面する課題を自分なりの価値観で正面から捉えることもまた、知識と慎みある日本人として為しておくべき事柄なのではないかと改めて思う次第です。

 久しぶりに、出色だなと思えるルポでした。必読だぞ、と言わせてください。そして、登場する一人ひとりに、自分だったら何と声をかけるのか、もしも自分がその立場だったらどうするか、自問自答してみることを強くお薦めいたします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グローバル資本主義VSアメリカ人 [ 篠原 匡 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/2/14時点)


『グローバル資本主義VSアメリカ人』(篠原匡・著 日経BP・刊)



america_daitouryousen2.png


 Facebookで萩原雅之さんがこんなグラフを掲載しています。私が読み解くに「百度で公開されている、中国政府公式の武漢発新型コロナウイルスの患者数・死者数がほぼ完全に一定の二次関数にそって増えているなあ」という印象を拭えません。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10221598978465149&set=a.1827887538305&type=3&theater

84921050_10221598978505150_6565256862290149376_n.jpg


 確かに発生が問題になった当初は、感染者数が概ね1,700人ぐらいずつ伸びていて、そのときは「きっと検査可能な能力がMAX1,700人ぐらいのため、フル回転で感染確認をしているからこうなっているのだろう」と思っていました。ですが、経過から2週間を過ぎてこの数字というのは何らか数字を管理しているのではないかという雰囲気にはなりますね。

 もっとも、本件は社会不安を引き起こす感染症に関する数字であって、厳密な数字の正確さよりも、政府がきちんと情報を管理して国民に知らせ、対外的に発表することで余計な不安を引き起こしたり混乱が起きないようにしているのだ、と考えることもできます。私は民主主義者なので「そういう数字の解釈は国民の側が主体的にやるから、国や官公庁は統計をいじらず実数を粛々と公開して欲しい」と思う側ですが。

 さて、我が日本の状況においては、例の停泊中クルーズ船で集中的にコロナウイルス感染者が発見されて日本の感染者数が一時的に激増、その後、いやそれ日本にまだ入国していないからという理由で撤回されるというすったもんだもありました。橋本岳さんのBLOGOSリンクを置いておきます。

クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」について #BLOGOS https://blogos.com/outline/434981/

 これを見る限り、国としての問題対処とは別に、やはり感染者を含めた乗船者個人個人の精神的なストレスや、感染だけではない健康へのケアが大事だという話になります。クルーズ船の乗客は一般的に70代以降のリタイア組がメインになっていて、慢性疾患を投薬でコントロールしながら日々を暮らしておられる方々も少なくないのでしょう。

 現状では、そういうクルーズ船の入港を各国でたらい回しにして、門前払いをしている印象が強いのですが、もちろん検疫の問題はありつつも、日本がうまく挙手して制御可能な上陸港と医療サービスを提供しますというアピールができんものかな、とは思います。それで国内患者数が一時的に激増することはあるかもしれませんが、それ以上に今回のコロナウイルスそのものについては岩田健太郎先生の説明する通りおそらくはインフルエンザウイルス同様にかなり制御できるものだという知見も確立しつつあります。まさに、楽園はこちら側、楽園は自ら作り出すものです。

「「新型肺炎」日本の対策は大間違い」、は大間違い
 https://georgebest1969.typepad.jp/blog/2020/02/新型肺炎日本の対策は大間違いは大間違い.html

 もちろん、現状ですでにパンパンな我が国の医療現場について、もう少しどうにかしろという議論は尽きないわけですけれども。
 ただ、疫学上の議論はかなり分かってきたいま、日本が「いや、コロナウイルスについてはもちろん大事なことなんですけど、ちょっと騒ぎ過ぎではないですか」と言えるといいなと思っています。


virus_corona.png

 今月発売になった『消費者法ニュース Vol.122』で、ニセ科学を宣伝に使い消費者が信じ込んで効果がない製品を買ってしまう事案についての小論を寄せました。

『消費者法ニュース Vol.122』
http://www.clnn.net/

 そして、今回の消費者法ニュースの特集は、なんとネットで無料で読めます。太っ腹!

特集1 ニセ科学 科学を装った消費者被害
http://www.clnn.net/image/cln122-SE01.pdf

 当ブログやBLOGOSでも時折消費者関連の記事は書いているのですが、やはり「問題発生から、事態把握ののち解決に向かう」プロセスに少し時間がかかってしまうので、気がついたころには盛大に消費者が騙された後で収拾がつかなくなることもあり得ます。

 がんに効くと標榜する高額な免疫療法や若返り・疲労回復を目的とした血液クレンジングも問題になりましたが、今回の特集では識者がテーマごとに執筆する所見が構造から哲学、実務まで幅広くフォローしている点に価値があります。

 例えば、科学ライターの松浦晋也さんがご自身の介護の体験を枕に、一番効果のある標準医療よりも未認可で効果的な特別な治療があるとして、効き目の乏しい健康食品から効果のない自費診療までの構造をカバーしています。これに、各論者が構造問題から具体例、訴訟戦略まで順を追ってカバーしているという特集であって、いま目の前に起きているニセ科学関連の消費者問題を総覧できるような内容に仕上がっています。

 この手の話は「問題が起きてからでは遅い」という部分もあり、騙された後で速やかに問題を解決できるような仕組みと、被害を受けてしまった方への補償を行える体制まで踏み込んで進めていくべきです。しかしながら、個人的に『消費者法ニュース』を通しで読んでいて思うのは

(1) そもそも消費者被害を起こす事業者の数が多い。監視の目が行き届かない。
(2) 消費者被害は業界の仕組みに根差している場合がある。事業者だけの問題ではないので、仕組みや法律を変えるために時間もパワーもかかる。
(3) デジタル・プラットフォーム事業者がらみなど、ネット経由も含めた技術的に新しい分野の消費者被害が増えた。

というあたりが特徴なんだろうなあと思うわけです。おそらく、消費者問題に取り組む関係者が懸命にフォローアップしたとしても、なかなか解決にたどり着けないのだろう、と。

 某パイプテクターも、謎水問題を長年追いかけてきたウォッチャーと、科学的な知識のある有識者とが組み合わさり、役所に私も何度もヒヤリングにいって働きかけてようやく突破口ができたというのが実際で、ずいぶんながく時間がかかったなあと思うわけであります。

 美しき世界は与えられるものではなく、自らの手で作り出すものだ、という風にも感じます。

(※ 補遺)

 松浦さんの介護って? って質問がありましたが、この辺ぜひ読んでみてください。

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記 /日経BP/松浦晋也
https://product.rakuten.co.jp/product/-/8af562f3b84a5be52ab84ed889f6db4b/


sagishi_man.png

皆さんからすると一生に一度あるかないかの経験であろう個人にまつわる賠償の裁判ですが、私自身からしますと比較的経験しているほうでありまして、件数が多いこともあっていまや「山本さん割引」なるものまで存在してしまう昨今です。裁判沙汰になったところで弁護士費用は経費ですから、国に納める税金が少し減るだけですしねえ。

 で、『ビビッド・アーミー』CTW社が、詐欺アプリ批判をした『アップトーキョー』との裁判において地裁で完敗、その後、新たにとんでもない「控訴理由書」を引っ提げ高等裁判所に突入するも無事に門前払いとなる事件がありました。

 事の次第は、その『アップトーキョー』運営者の深町卓史さんのnoteに記載されております。

CTW株式会社に名誉毀損で訴えられ弁護士に依頼せず本人訴訟で挑み勝訴した話【高裁編】|アップトーキョー #note  https://note.com/apptokyo/n/n01fe62d2f276

 なぜこの裁判で私が突然出てきたのかと言いますと、どうもCTW社の佐々木龍一さん、この『アップトーキョー』のライティング用のペンネームに「小山本武良」という名前があるのを発見し、ピコーンこれは山本一郎に違いない! ということで、その控訴理由書に『アップトーキョーの運営者は山本一郎である』などと途方もないことを言って控訴してきたからであります。

 私が言うのも何ですが、都合の悪いことを書かれた企業が「あれは山本一郎の仕業に違いない」と見知らぬサイトの預かり知らない記事について削除申立の仮処分を私に対して行ってくることがあります。それ、私じゃありません。

 先日も、チームストイカという阿部重夫さんのやっている調査報道チームが東洋経済に記事を出した際、あれを書いたのは山本一郎だと勘違いをした人物が私の自宅宛と不動産管理会社宛に記事削除を求める内容証明を送ってくるという事件がありました。それ、私じゃありません。

 昨年は、市況かぶ全力二階建というサイトで中傷された不動産業者や上場企業が同じく記事削除の仮処分申し立てを行うにあたり、私を名指しで訴えてきたので、半笑いになりながら債務不存在の申し立てをしにいったところ「いや、山本一郎はこのサイトの運営者と同一のはずだ」と力説されるという事態まで発生しておりました。いや、それ私じゃありません。

 このように、明らかに別人で、私は無関係なサイトでお前らが誹謗中傷されたからと言って、私を訴えたり私が関係者だと主張して、法廷上で中傷するような真似はやめて欲しいと思います。別人なんで。私もまあ「こいつら馬鹿だなあ」と思いながら対応しているんでいいっちゃいいんですが、なぜか今回AppBank社の「マックスむらい」こと村井智建さんまで登場し、出どころ不明の記事を引っ張ってきて「だから『アップトーキョー』は山本一郎の仕業だ」みたいな話を堂々と高裁でしちゃうわけですよ。確かに一緒になってAppBank社をいじっていたのは事実ですが、それはmixi社製『モンスターストライク』を使ってリワード広告を展開してダウンロード数を水増しするブーストをやっていたから記事にしただけのことです。この前代表が交代したAppBank社に関しては「こいつら馬鹿だなあ」と感じるところもありますが、真面目に前を向いて頑張っていってもらえればと思います。

グノシー他、AppBank「モンスト攻略」ブーストでアプリダウンロード数を水増し(山本一郎) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20150613-00046604/

 わざわざ高等裁判所までいって「それ、私じゃありません」と言いに行く経験って、皆さんしたことないでしょ。それも、全然無関係なんですよ。記事も一文字も書いてないところへ、「あれはお前だ」って活字になって訴状となり、その内容が審議されてしまうという。

 そして、私に対する頭のおかしい中傷サイトの内容を事実と思い込んで証拠として高裁に提出されるも、気持ちいいぐらいに全く採用されないという素敵事態も発生しました。そりゃそうよね。

 世の中退屈しなくていいなあと思いつつも、今回のCTW社についてはすでに他の媒体でも記事になっていますが、今度は単なる村ゲにエロ広告をつけて景品表示法上の不実記載に近いネタまで提供して物議を醸しています。どうしてこう、次々とろくでもないことばかりするのでしょう。そんなの『アップトーキョー』でなくても「お前らいい加減にしろ」と言いたくなるのではないでしょうか。

 CTW社からは、別の件でも訴訟になりましたが、なぜか秘匿条項なしで和解になっています。

「ビビッド・アーミー」「KOF '98」CTW社・佐々木龍一氏との裁判は、和解になりました - やまもといちろう 公式ブログ https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/13245469.html

最近の誤爆 - やまもといちろう 公式ブログ https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/13228629.html

 世の中、かくも馬鹿馬鹿しいことがたくさんある世界であるほどに、大事なものが輝いて見えるのもまた真実でありまして、好きなことを見つけて楽しく生きていくのが一番であります。

 これからも、どしどし頑張ってまいりたいという気持ちになれました。CTW社の皆さん、佐々木龍一さん、本当にありがとうございました。

「広告と中身が全然違う」「美少女ほとんど出てこない」勘違いを誘発するゲーム広告、景表法違反の可能性も 弁護士や消費者庁に見解聞いた(戸部マミヤ)https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2001/20/news031.html

『ビビッドアーミー』などの詐欺的広告は規制されるべきではないか。ゲームを破壊する詐欺的広告問題 http://www.gamecast-blog.com/archives/65956843.html





qpptokyo_2.png



war_gobaku.png

 お騒がせしておりますが、表題の件、一社)日本SF作家クラブの私および関係先に関する公式ツイートは削除されました。

 爾後、同会が開催する「日本SF大賞 授賞式」が終了するまで本件については当方から公式に、また取材として触れることはございません。

 よろしくお願い申し上げます。


kakuseiki_businessman_angry.png


 

↑このページのトップへ