「新電力は日本の電力安定供給の邪魔だから潰れちゃえよ」という趣旨の業界レターを書いたところ、お叱りと激怒の内容証明が届いたのが今年2月下旬のことでした。

 彼らにも確かに言い分があって、経済産業省の電力自由化方針の下で割とザルな小売電気事業者に対する電力供給力確保義務のお陰で電力システム供給体制が不安定になったというのは、あくまで政策の不備であって、俺たちの経営がクソだったからではないという趣旨の話であります。

 しかしながら、火力がゴミのようなメガソーラー発電の具となりサブ電源として変動する電力量を補助する側に回った結果、電力会社における火力発電所の操業が慢性的な赤字となり、改善がなされないことから、ベースロード電力の確保は原子力発電を主力にせざるを得ず、しかし原子力発電はリプレースがすぐには困難なことから、むしろメガソーラーを徐々に廃止し、LNG火力発電所を早期に新発してベースロード電力を担ってもらわないといけないというのが現状です。

 「政策が間違っていたのであって俺たちが悪いわけじゃない」というのも一理ありますが、他方でクソのようなエネルギー政策に乗せられて特段の発電能力を持ち合わせていないのに国民に広く「電力が安くなる」と騙してサービスを販売してきた新電力や関係事業者の罪は重く、エネルギー危機に際して突然十数倍近い電力費の負担を求められた法人やご家庭もあるなかでお前ら充分な説明を顧客にしたのか、また、特段の供託金も積まずにいきなり廃業する悪質業者も出る中で業界対応はそれでよかったのかというのは当然論じられるべきことだと考えています。

 資源輸入の観点からは、ワイら業者の問題として中長期的な電力動向と目先の資源調達計画とがまったく合わねえぞ馬鹿野郎というブチ切れを日々感じながら毎朝毎晩「質の悪い新電力死ねばいいのに」と思っていることは、抗議があろうが物議を醸そうが無関係にそういうものなのだと思ってもらうしかありません。立場があまりにも違いますし。

 サハリン2を扱ってるロシア屋のポジショントーク云々と言われてますが、ぶっちゃけLNGの入りの問題とお前ら新電力やメガソーラーの一部が存在自体がクソであることとは無関係です。そればかりか、電力会社や調達中間会社が資源輸入して何とか発電しているところへ、不安定な電源だけ基幹系に放出して火力をベースロード外にして首都圏で停電を起こさせたのはシンプルに新電力やメガソーラーのゴミを電力会社が背負わされたからです。

 そういう話を現代やエネルギー系、原子力学会誌でも引き続き書いていこうと思っておりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

(お詫びと訂正 8日 20時03分)

 複数ご指摘があり、当該記事で内容証明を送った事業者は「新電力」であり、タイトルや本文中にあるような「新電電」ではないのではないかとの内容でしたが、確かに当方のミスで、正しくは「新電力」の一部でした。誤記となりましたことを付してお詫びいたしますとともに、謹んでタイトル・本文を修正させていただきます。ご指摘いただいた皆さまには深く感謝申し上げるとともに、誤解を受けることになった「auでんき」ほか新電電系の皆さまや関係者には伏して謝罪いたします。申し訳ございませんでした。
 



 臨時国会も無事召集されたため、政治・時事問題を扱うメディアもネタ取りに議員会館に足を向けるなどして慌ただしかったんですよ。ただでさえ、アメリカ軍を引き連れたアメリカ下院議長のペロシさんがいきなり台湾訪問するもんだから、中国が威嚇の軍事演習をやっている目と鼻の先に与那国島やら宮古島やら石垣島やらがあって、これほんとどうすんだよという話でね。

「ペロシ米下院議長が台湾訪問を強行」の波紋|山本一郎(やまもといちろう) #note https://note.com/kirik/n/ncf0a8faadd31 

 なんか日本政府も弛緩したような対応なんですが、4,000人ぐらいいる近隣住民の人たち(民間人)が、万が一有事のときにどう安全なところに逃がすのかというNEO(非戦闘員退避活動)が回らないので大変だというところで、某党の偉いおじさんから議員会館の廊下で「山本君、山本君」って声を掛けられたわけです。

 あ、これはひょっとして統一教会ネタを振られてしまうのか。確かに実名名指しで統一教会の回し者として省庁に圧力かけたとかいう記事がどこぞに掲載されていたため、お前が書いたんやろとド詰めでもされるのかとドキドキしながら立ち話してたら、

「ねえ、あのガーシーってどういう人なの?? 来るの? 来ないの??」

 とか聞いてくるわけです。ギャルかよ。

 正直ガーシーさんとは10年近く前に何度かお目にかかったことがあるだけで、腰が低い人物だったという印象があるものの昨今のyoutubeでの変貌ぶりや、担いだNHK党の立花孝志さんがいかれた感じで「文春記事は山本一郎が黒幕だ!!」みたいな妄言をぶん投げていたので、どこぞ編集部でも「こんにちは黒幕」とか「悪党の山本さんの記事は明日締め切りです」などノリノリの連絡が来るなどして面白いわけですよ。なんでも、楽天三木谷浩史さんの醜聞報道を私が握りつぶしてるらしいよ! 凄い悪い奴じゃないですか、その山本一郎って。クソアホらし。

 NHK党の比例得票の大半がガーシーさんで、有権者が「国会にガーシーさんを送り込みたい」って言ってるんだから、民主主義、政党政治の仕組みとして当然重みがあるわけですから、ガーシーさんなり立花孝志さんなりが適法な範囲内で好きにやればいいんじゃないかと思うんですよね。参議院の定数248で、半数改選ですから124議席、そのうちの1議席がNHK党でガーシーさんが議員になるとして、そりゃ124人中1人どころか6人7人いかれた人がいかれた国民の代表として国会に登院するなんて確率的に当然でしょうし。

「や、良く知りませんが来ないんじゃないですか」って話はしました。なにぶん、知りませんからね。

 ただまあ、共通の知り合いは多いし、ドバイに飛んでったのも秋田新太郎さん関連だろうし、別に仮想通貨トラブルで反社会的勢力繋がりがあったんだとしても面白いからいいんじゃないかと思うんですよ。かつては普通に浜田幸一さんとか議員やってましたからね。統一教会どころじゃねえじゃんかと思いますけれども、いまではもうそういう冗談は通じないんでしょうか。

 年寄りの秘書さんもやってきて、ガーシーさんが失職したら議員になるかもしれないNHK党がリスト次点になってる山本太郎さんってご親戚ですかとか聞いてくるんですよ。NHK党もいかれてるけどこのジジイもいかれてると思うんですよね。山本って名字が一緒だと全員親戚なのかよ。

 やっぱり、世の中このぐらい馬鹿馬鹿しいほうが退屈しなくて良いと思います。自民党全体の問題として統一教会どうするかとか、有識者会議完全に棚上げした状態で政府がコロナ対策打たずに感染大拡大でとんでもないことになってるとか、ペロシ台湾訪問強行問題でみんなで眉間に皺寄せて「米中対立が」とか深刻な討論をしている横でガーシーですよ。

 ついでっちゃ何ですが、FC2の高橋理洋さんもNHK党繋がりになってたみたいです。比例で出馬もしてましたね。どこぞで記事読みましたけど、国際指名手配なんてされてないと思うんですけどね。でも川上量生さんのドワンゴと戦うらしいです。川上量生さんと戦って圧勝した私が言うのもなんですが、あの人たいした人じゃないっすよ。「クビになれ」とか「NTTグループに忠誠誓ってたのに役に立たないと断じられて切られたようですがお元気ですか」など、彼に刺さるメディアでコメントをお贈りすると顔真っ赤で内容証明付き郵便が来たりしますよ。ドバイまで。

 面白そうなので、ガーシーさんの本買ってきました。クソ忙しいのでまだ読んでませんが、版元が幻冬舎ってのも笑いました。むしろ、新たなる暴露メディアとして継続的に週刊ガーシー的に張り切って芸能マスコミの新星としてやってってほしいんですよ。ドバイにいても暇でしょうし。

 今日はそれほどでもないですが、猛烈に暑い日々なのに黒いスーツ着てウロウロしてる私も、正直何してるんだろうなって思うときがありますからね。
 限りある人生、ストレスなく楽しいのが一番ですよ。



 ネットではもちろん賛否両論で、どっちの意見もきちんと出るというのはいいことだなと思う一方、論拠については割と雑にみんな扱っているのと、国民葬でも国葬でも民主主義的にはどちらもあまり変わらないこともあって岸田文雄さんが「安倍ちゃんの葬儀は国葬にしたい」と決断したんならまあそれでいいんじゃないかとも思っております。

 NHKでは、早速世論調査をしていました。気のせいか70代以上のジジイが多く回答しててちょっと偏ってねえかという気もしないでもありませんが、議論は二分しており、おおいに安倍ちゃんの治世についてあーだこーだいう言葉の手向け的にはこんな感じじゃないのかなと思います。

 亡くなって初めて分かる、安倍ちゃんの存在感。

「国葬」を「評価する」49% 「評価しない」38% NHK世論調査
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/86361.html

 若い人が割と安倍ちゃん国葬に賛成が多いのは、いくつか世論調査でも特徴的に出る傾向が今回も分かりやすく出ているのかなと思うのですが、何よりも「アベノミクスで(選ばなければ、安くても)仕事はあった」「若い人にとって、(良くも悪くも)日本政治イコール安倍晋三であった」ことに尽きると思います。選挙権を持ち投票所へ向かうとき、ずっと内閣総理大臣は安倍ちゃんだった世代は、穏やかな日本経済の状態の中で受益したという意識はある程度あるのだろうなあと思います。

 国葬儀のありようについては、弁護士の山中理司さんが分かりやすくまとめておられます。
 ぜひご一読ください。

国葬儀
https://yamanaka-bengoshi.jp/2022/07/16/kokusougi/

 岸田文雄さんのいう国葬の法的根拠も、戦前の国葬と異なり国民が喪に服す義務を課さない違いなど、議論が整理されていますが、過去の議論を敷衍しても、まあこんなもんなんじゃないかと思います。それでも国葬に法的根拠はないのだ、国は予算を出すべきではないのだと主張する人がいるのも事実ですが、それはそれとして、粛々と国立武道館で国葬がしめやかに執り行われることになるのでしょう。

[引用] やはり国の立場におきましてそれに相当すべき場合に葬儀を営むという考え方はとれるのではないかという認識を持ったわけでございまして、具体的な例といたしましては、故吉田茂氏の葬儀の場合に、昭和四十二年十月二十三日の閣議決定によりまして国葬を行っております。
--

 安倍ちゃん級の人物が亡くなって、国際的な話題のなか海外からの多くの弔問客をお受けするにあたって国葬やるぞってのは、儀礼的にもまあ適切なんじゃないですかね。

 重ねて、神の御許に召された安倍晋三さんの魂が限りない平安のうちにあることを心よりお祈り申し上げます。






 峯村健司さんが、結構ピンズドな議論をしていて、昨今一層顕著に見える清貧的な習近平さんの思想の根幹がロシアの作家・チェルヌイシェフスキーの著作にあるのではないかという話で、言われてみればそうだな、と。

【プーチンと習近平】世界でもっとも危険なふたり 習近平が“籠絡”されたプーチンからのプレゼント|NEWSポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20220706_1768841.html

 チェルヌイシェフスキーは極東とも縁が深く、まあ要するにやらかして政治犯として長年シベリア送りになっておったわけですが、何を言ったかといえばマルクス社会主義国家建設にあたって、資本家の清貧的活動であったり、『農村共同体論』という、ある種の計画経済・マルクス経済学の政策実践のひな型のような著作を持ち、またユートピア社会主義を体現したような人物でもあります。

 なもんで、確かに習近平さんの中国共産党入りに強い意味を持っていた父・習仲勲さんの訪ソと、それにまつわる思想的バックグラウンドが奈辺にあるのだとすれば、確かに帝国主義の旧領回復にいそしむ(脱近代化に失敗したロシアという意味での)プーチンさんの思想と、ラフメトフの書中での説話に影響を受けた習近平さんとの間柄において、習近平さんが「私たちは似ている」と公式に発言するのも理解はできるよなあと思うわけですよ。

 対中国ではいろんな論評が成立するものとはいえ、習近平さんが実はユートピア社会主義のような、ある種の原始的というかナマの社会主義思想の持ち主であるだけでなく、権力者としてそのような方針で社会建設をしたいと考える人物であるならば、確かに出世もするし有能なんだろうなあとも感じます。習近平さんがあれだけの反腐敗運動をやり、収まるかと思いきやもっと苛烈に進めているのも、チェルヌイシェフスキーの著作に思想的な共鳴をしていたのだとするなら(習近平さんの説話を見るとびっくりするほどマルクス回帰的だけどベースは何かは良く分かっていなかった)、すごく類似点があるよねと思います。

 それがマルクス主義的に厳格であるからこそ、原理的であるがゆえに、各種政策を浸透させるロジックとして非常に強固であって、また遊びがなく、権力闘争に持ち込まれても堅牢な理論的バックを持つのかなあとすら感じるんですよ。だって理想の社会主義建設をするための中国共産党なんだもん。

 類例として、2,300万人上海市において、またコロナが増えてきたからゼロコロナ政策して都市封鎖再開するぞって話で、いままでは、どっちかっていうと一度トップが決めたことをひっくり返せない組織的硬直性を指摘する話は多く流布されてきました。私もどっちかっていうとそうなんだろうなと漠然と思っていたわけですよ。

高口康太×安田峰俊×山谷剛史
「B級中国2022コロナを封じるユニバーサル異国飯教えますスペシャル」
https://bookandbeer.com/event/20220527_bc/

 ただ、ここに峯村健司説でユートピア社会主義の影響が強かったんだよって補助線が入ると、見え方が変わってきます。これ、ただのゼロコロナ政策の推進ではなくて、あるべき社会への建設にあたり、コロナ対策が十全に行えない国民や行政の対応は怠惰だよって話ですよね。国民は身を切ってでもコロナ対策をしろ、不適切なものはきちんと除去するのが責務だという話になります。「ぜいたく禁止令」もその一環ということになりますし。

 これだとよく中国観察で見られるような幸福な監視国家論も成立しつつも、上層部はさらに苛烈で、本当の意味でのマルクス主義的な清貧国家観じゃんと思うわけですね。豊かだけど真面目に働く国民の社会、本当に望ましい働き方をしているのかは監視して共産党が統制いたしますよ的な。そこまで首尾一貫でできちゃうのが習近平さんの優秀さ、有能さであると同時に、改めて中国とロシア双方の隣国としてこりゃ大変なところでワイら民主主義やってるぞ、と参院選直前に震撼してしまった次第であります。





 しつこい勧誘で業務停止命令が出た神戸のリフォーム屋「新生ホームサービス」の話が報じられました。

しつこい勧誘で業務停止命令 https://reut.rs/3a1mkaA 

 ポイントは当社に特別顧問に俺たちの竹中平蔵さんや岸博幸さんが就任しており、派手な広告宣伝としつこい勧誘で業績を伸ばしてきた側面があるのだろうなあというところですね。

 で、興味を持ったのは、同業種リフォーム屋に比べて利益率がとても高いように見える割に、官報見てみるとどっかで利益処分でもしてんのかと思うような数字に感じられる点です。何か素敵なことでもされているんでしょうかね。

 現任社長の赤樫武尚さんはもともと施工部門の責任者からの社長抜擢ですが、その大元は吉都紀太介さんで、なぜかダイヤモンド社から自費出版されてます。名刺代わりの一冊なんでしょうか。出版時点での肩書は新生ビジネスパートナーズ社になってますね。ただ、別の財界録で見ると、本丸の会社さんは新生不動産パートナーズ社になっています。手広くやってるぞ、ということなんでしょうか。

 もちろん、本の帯に登場しているのは我らの岸博幸さんです。菅義偉政権時の内閣官房参与ですが、新生不動産パートナーズ社方面は維新筋に見えますし、まあそういうことですよね。

 身体検査もろもろ、ご安全に。









↑このページのトップへ