よく法人さん向け研修やウェブセミナーなどでご一緒する倉重公太朗さんのウェブセミナーでの対談が、どういうわけか全文掲載になりました。

日本型雇用の不合理とコロナ時代を生き抜く方法【山本一郎×倉重公太朗】第1回(倉重公太朗) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/kurashigekotaro/20200915-00198297/

日本型雇用の不合理とコロナ時代を生き抜く方法【山本一郎×倉重公太朗】第2回(倉重公太朗) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/kurashigekotaro/20200915-00198303/

日本型雇用の不合理とコロナ時代を生き抜く方法【山本一郎×倉重公太朗】第3回(倉重公太朗) - Y!ニュース  
https://news.yahoo.co.jp/byline/kurashigekotaro/20200915-00198306/

日本型雇用の不合理とコロナ時代を生き抜く方法【山本一郎×倉重公太朗】最終回(倉重公太朗) - Y!ニュース  
https://news.yahoo.co.jp/byline/kurashigekotaro/20200915-00198309/

 なげーよ。文字に起こすと大量ですねえ。

 で、まあ、なんでこんなことをいま言い始めているかというと、やはりコロナ禍で4月から6月にかけて経済減速したのが響き、また、消費者のライフスタイルや都市生活も変容したもので、そういう問題に対応できない(業態的にコロナ禍では操業・営業しようもないという意味で)事業者がやはり持ちこたえられず、持続化給付金切れとなる9月から11月にかけてかなりの勢いで倒産しかねない状況だよというのがあります。

 次いで、生き残る会社も先行きの経済見通しが悪いところを中心に人員削減や業容縮小に転じるところも多く、とりわけ6月7月に売上が回復しなかった事業者を中心に派遣社員さんの雇止めや、アルバイト・高齢者嘱託などを中心に解雇が増えています。これは、回り回って新卒採用にも響き、特に地方経済において若者に対する採用内定取り消しへとダイレクトに繋がっていきます。さらに、2022年卒の採用戦線においてはそもそも新卒採用見込み人員自体が大幅に低下する可能性があります。

 これは、先日総理大臣を勇退することを発表した安倍晋三さんが、辞任会見後に支持率が急回復しているというある種のセンチメントにも関係するのですが、20代30代男女になぜ安倍政権が支持されたのかと言えば、「仕事を無理に選ばなければ、そこそこ喰える仕事がある」という穏やかな景気拡大と雇用情勢の安定があったからだと見られます。積極的に安倍ちゃん万歳とはならなかったけど、まあ喰えているからいいかというあたりに安倍政権の7年8カ月に及ぶ長期政権となった原動力があるのでしょう。



 翻って、足元の景気低迷が破壊的に進行し、地方経済を中心に雇用問題として国民生活を直撃することがあるのだとすると、否が応でも政策対応を追加で打っていかなければならなくなります。菅義偉さんが総理になって最初に取り組むべき課題は、本来は解散総選挙でご祝儀支持率を背景に大勝することよりも、国民生活の困窮の元となっている経済対策を安心できるレベルで早期にしっかりと打つことが求められます。それは消費税減税のような縫合策だけでなく、もう一段の財政出動(真水)を伴う仕組みをどう政策として打ち出すかじゃないかと思ってるんですが、菅政権の入閣布陣を見る限り、どうもそうはならなさそうです。もちろん財政規律は大事なんですが、上手いバランスを取ろうという方向にいくのでしょうか。

 私もバブル経済崩壊後の失われた10年からの就職氷河期で苦労した口ですが、それでも同年代で本当にロスジェネに直面して経済的に困窮している同期が結婚することもできずにおひとりさまをやっているのを見ると胸が痛みます。おそらくは、コロナ発のロスジェネが今後何年も続かないようにどう若者の社会参加を促し、経済的に自立できる環境を作り、安心して働いて生活できる経済状態の中で結婚し、子どもを儲けて育める体制を作っていくことが急務だろうと思っております。そのためにも、働く女性やシングルマザーのような人たちに対する扶助をどうするのかという話が本来は政策の主眼になるべきなんじゃないのかなあと。

 こういうことを書くと非常に不人気なのですが、菅義偉さんのいう「改革」の中身を見極め、どのようにして経済再建を果たしていくのか、直近苦しい若者や失業者、高齢者には地方にもう少しお金を入れて、ニューディール的な時限的産業国営化も視野に入れた政策を考えてほしいと思っています。

山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊) https://books.rakuten.co.jp/rb/15879273/

有志が告知用アカウントを作ってくださいまして、よろしければフォローをお願いします! 山本一郎非公認 告知用Twitterアカウントhttps://twitter.com/kirik_news


syusyoku_nayamu_neet_woman.png




 私は経営情報グループ『漆黒と灯火』という有料サロンをやっとるのですが、明日に迫った9月10日に、元新潟県知事にして、おそらく合流新党から新潟5区あたりで出馬が予定されている米山隆一先生をお呼びして会員さん向け限定の月例対談をやる予定になっておったのですよ。

 もちろん、そんな毎月ピンポイントに「対談やるぞ」といって60名の会員さん全員が集まれるはずもなく、そもそも半分が地方都市や海外にお住まいなのでどうしようもないですから、対談の様子は毎月会員の皆さまにDVDとしてお送りさせていただいております。至れり尽くせり。

経営情報グループ『漆黒と灯火』
https://yakan-hiko.com/meeting/yamamoto.html

 そしたらですね。会員さんたちの間から「知人や友人にも米山さんと山本一郎の対談を見せたい」というお声が掛かるようになり… まことにありがたい限りなのですが、実は当会会員は60名が満員で、ずっと満員状態が続いていて新規入会を半年以上受け付けていないんですよ。なので、入会のご希望についてはしばらくお待たせをしてしまっている状態です。

 とはいえ、対談を見たいというご希望を無碍にするのもどうなのよ、という、運営をお願いしている夜間飛行さんの菩薩のような心意気もあり、明日、一日限定で会員さんを募集したいと思います。

 会場は都内某所、9月10日(水)19時〜21時。会議室にて対談の予定ですが、もしご興味がある方は、下記よりご連絡くだされば幸いです。なにぶん会の実施まで時間がありませんので、申し訳ないですが、できるだけ早めにご連絡くださいますと手続きがスムーズにいくかと存じます。

https://yakan-hiko.com/meeting/yamamoto.html

 ネットでは、女子大学生美人局に引っかかって「ハッピー米山」などの愛称でいじられる一方、先般は室井佑月さんとのご結婚も発表された米山隆一先生は、個人的には然るべき立場で、いま一度良い形での再登板ができれば国民・有権者の請託におおいに応えられる優れた人物であると思っています。

 もちろん、物議を醸す書き込みが沢山あるのも事実ですが、私はそんな米山さんを知事時代からとても好きでしてね。不倫とかしていたならともかく、独身で、相手も成人した女性で、しかも米山さんをハメにかかってる連中相手のトラブルでしたから、知事なんか辞めなくても良かったのに、ととても惜しく思う人の一人です。

 また、私のサロンにも(久しぶりの募集でソワソワしますが)ご関心のある方はぜひご一緒させていただければと存じます。
 よく考えたら、サロンはもう6年目に突入していたのですね…。ありがたいことです。

 よろしくお願い申し上げます!


nagareboshi_oinori_negaigoto_man.png

 どうも自民党総裁選は何事もなく官房長官の菅義偉さんへと移行するようで、安倍晋三さんの総理辞任会見以来すったもんだした件は収まりそうな気配であります。テレビの力は偉大だぞと思うわけでありまして、それまでどの調査でも全国ヒマ人にイタ電をかけて「お前、次の自民党総裁は誰がいいと思うんだよ?」と聞き出した結果が「コミュ障の正論吐き」石破茂さんトップから「苦労人の叩き上げ」菅義偉さんへとあっさり移ってしまいました。

 また、センチメントもあるとは思いますけれども、辞任会見をした安倍晋三さんに対して国民の賭ける声は優しく、どの調査も概ね20%もの内閣支持率アップという結果となり、いままでの支持率低迷はどちらかというと懲罰的なものであって、それ以外は穏やかな景気と雇用の拡大があれば良いという「国民の生活が第一」という路線とほとんど変わりません。たとえそれが国内の富を取り崩して国民に大盤振る舞いしているだけの政策であったとしても、当面は若い人たちが食いつなげるだけの仕事があり、就職氷河期を作らなかった、というのは実に偉大なことだったのだと思います。経済と景気と社会保障、この辺がまあなんとかなれば、モリカケや沖縄、北朝鮮のようなネタがあったとしても国民はまあまあ支持してくれるのだということの裏返しなのかなと思ったりも致します。

 で、海外でも安倍ちゃんの勇退を惜しむ声が一服すると、さっそく「次の総理らしいガースーってどんな人よ?」という質問がいっぱいやって来るわけですけれども、これがまたなかなか説明しづらい。38歳で地方議員をやり、遅咲きの政治産業叩き上げのおっさんです、という説明をしても、海外の人たちはあまり良く理解してくださいません。秋田というカントリーサイドから出てきたおっさんですというと、なぜ彼は秋田が地盤ではないのかというところから説明しなければならない。

 官邸や政党の基盤は引き継ぐ前提なので、政策に継続性がありますという説明をしても「なぜ菅さんでなければならないのか」がなかなか理解してもらえないのです。安倍ちゃんを投手だとすれば、菅さんはキャッチャーのようなもの、官邸を二人三脚でやってきたので政策も人事も事情も良く分かっていて… と解説をすると「それなら麻生太郎さんなどほかの政治家でいいんじゃないか」と海外から言われてしまいます。

 いや、そうじゃないんですよね。菅さんだから、勝負をかけてみんなすんなり乗ったのだ。そういう説明を海外に分かりやすくするにはどうしたらいいんでしょうかねえ。「Somewhat suitである」、というと必ず「何で?」となるし、どうにも摩訶不思議な人事なのだと思われがちでありまして。

 そのガースー新総裁を説明するためには、どうしても党のマネージャーである幹事長(この幹事長というのを説明するのもややこしい。事務局長のようなもの、とでも説明するほかないのですが)である二階俊博さんを開設しなければなりません。




 ところが、その二階俊博さんという人物を説明するのも困難なのです。なぜ彼はパワフルなのか。親中派とされるがそんなのがなぜ日米同盟の枢要なカウンターである自民党のマネージャーなのか。

 で、二階派は党全体を仕切れるほどの大派閥なのか、と言われると、まったくそんなことはありません。ある意味で二階さん以外は党内基盤のそれほど強くない寄せ集め的な部分があり、二階さんが仮に何かの理由で引退したら、なんかこう、バラバラになっちゃうんじゃないかと思うぐらいに希薄な派閥であって、幹事長に二階さんを推し上げるような力技ができるわけでもない。

 なぜ幹事長を最大派閥や多数派が仕切らないのか、と言われると、誰にも説明がつきません。せいぜい言えば、安倍さんが二階さんでどうぞと言ったから。何故? いや、安倍さんに訊いてよ。その安倍さんはなぜ菅さんで良いといったのか? 副総裁の麻生さんじゃないのか? 副大統領みたいなものなんだろ、しかも元大統領の。いや、麻生さんは人気がないから… じゃあなぜ人気のない麻生さんを副総理にしていたの?

 いやまあ、なにひとつ合理的な説明を海外にはできないんじゃないかと思うぐらい、日本人的な組織の阿吽の呼吸みたいなものですべてが決まっています。名状しがたい何か。「岸田文雄さんだと多数派工作が可能だったんじゃないか」とか言われれば「いや、私は岸田さん本人ではありませんので…」みたいな。

 日本は議会が強いのか? いえ、議会は弱いです、官邸が強いです。なぜ官邸が強いのか、それは霞が関の人事権を握っているから。霞ヶ関? 行政機関のことだよね。そうですね。じゃあそれを握ることがなぜ官邸の強さに繋がるの。法律決めてないのになぜ官邸は独自で政策を打ち出して予算をつけることができるの。

 なんかこう、説明しづらいところだらけなのが我が国の政治のむつかしさであり、よくできているところなのかなあ、と。まあ、ちょっとそう思いました。

新たに連絡用のTwitterアカウントを取得しました。よろしければフォローをお願いします!

 巷で知られた、超スピードでプログラムを組みやがる有名人、小野和俊さんが本を出したというので読んでみたんですが、読むだけなら一瞬で読み終わるんですよ。読み慣れた人なら40分ぐらいで終わりますかねえ。


『その仕事、全部やめてみよう』(小野和俊・著、ダイヤモンド社・刊)Amazonリンク

 ただですね、この人、凄く合理的なんですよ。この著書にもその合理性が表れていて、冒頭から、木の根元がドンとあり、そこから太い幹が出て、さらに遠くまで葉を茂らせるための大きな枝があって、その先にはっぱをたくさんくっつけた細い枝がある。

 章立てはわずか5章、厚手の紙で、222ページ。しかし読み通してみると「あ、あれはあそこで語られていたことと対比になっておるのかな」と読み直しして「お、そういうことか」と得心するような本の出来。面倒くせえけど面白い。たぶん、こういうことを書こうという話を整理して、時間をかけて5章という太い枝のところに言いたいことを全部詰め込んでいく作業をやった結果、比喩から参考例のような葉っぱのところまで著者らしく無駄のないクッソ合理的な本に仕上がったんじゃないかとすら思うんですよ。

 これは、凝り性の人が途方もない(人生や仕事での)考えをたくさん詰め込んで書いた本だ。そう思うのです。読むだけならさらっと読めるけど、何かを得ようとするならば、その的確な比喩や分かりやすく短い文章の奥にある、きっとこれが言いたいに違いないという合理的な想像を読者に強いるタイプの。

 例えば、著者は「ラストマン戦略で自分を磨け」と煽る。読者が素直に「なるほどそうか」と思えばそれでいいんでしょうが、でも実際には第一章で書かれた欠点を潰そうとするマネージャーや、ユーザー発信を金科玉条にするコンサルのような失敗談、また第二章で新しい武器を手に入れてしまって嬉しくて使いたくなる技術者特有の傾向に言及したことと対になっています。ひょっとして、いま読んでいる章の次に、新たに相関する内容が言及されて読み直されなければならないタイプの本なのか。

image0.jpeg


 結局、5章ある本を順に読んでいけば「ああ面白かった」では終わらず、実際に本の構成は五芒星のようになっていて、他の頂点と結びつく考察を別途読者が紐づけていかなければおそらく著者が考えているであろう究極の合理性(と、それへの理解)には辿り着かないという酒を飲んだ清水亮なみの面倒くささが発揮されている優れた本であります。

 なので、おそらくは何度も読み返しながら「あ、小野和俊は、きっとこういうことを言いたいのだな」と指さし確認して時間をかけて読んでいかなければなりません。通常、この手の著書は何度も似たような話を繰り返して本が訴えたい「テーマ性」を補強することが往々にしてありますが、本書は容赦がありません。一度出たエッセンスは二度と本書に出てきてくれないのです。すべてはおのおの独立した枝であり、その先についた葉っぱなのですが、木全体を見るには読み直さなければなりません。

 こういう面倒くさい本を書く人なので、最後の山田先生の逸話は「やっぱり面倒くさい人なのだな」と理解させるには十分な、木のてっぺんです。大完結。納得のあとがき。まあ、よくもこんな面倒くさい高い木を作ったもんだなと思いますし、これに付き合ったダイヤモンド社の編集者さんは発狂したんじゃないかと予想します。

 そのぐらい、モノづくり精神に溢れたプロダクトマネージャー兼プログラマーの化け物のような小野和俊さんですが、金融を扱う私の側からの視点で言いますと、あまり「価値」とか「意味」には本書には言及がありません。散らかるようなエッセンスはことごとく省かれており、非常に機能的で、合理的です。たぶん、著者にはそういう方面に興味がないというか、そういう発想がないのでしょう。

 プロダクトをプログラマ目線でいかに最適かつ合理的に作り上げるのかという点では本書はバイブルであり、モノづくりやプロジェクトにかかわる人たちであれば「ああ、言われてみれば」とか「自分はこの考え方が足りなかったな」とか「俺は正しかったかもしれない、もっと突き詰めよう」などと膝打ちすると思います。技術屋大絶賛。しかしながら、本書は驚くほどカネの匂いがしない内容です。

 コストとかリスクとかダメージコントロールとかオーバーヘッドとかお金に換算したくなる話が出ず、すべては人とテクノロジーとプロジェクト方針に関わる合理性や生産性、それに従事する人とそのスキル、そういう人が集まるチームという題材に完全にフォーカスされていて、良い意味でも悪い意味でもこじんまりしている部分はあります。いわば、柵の中に草を最大限生やしいかに乳牛を効率よく飼育して素晴らしい牛乳を出荷するかが良く分かる一方、柵を広げたり馬を連れてきたり他の農場を買収したりという話には一ミリも繋がっていかないあたりが著者のワールドを示していてすがすがしい。

 たぶん、著者はそういう方面は興味がないんでしょう。そこがいいなあと思いながら、行ったり来たりして面白く拝読できた、良い本でした。プログラマとかプロジェクトをマネジメントする人、あるいは技術者を多数率いる必要のある人には刺激がたくさん詰まっているのではないかと思います。



新たに連絡用のTwitterアカウントを取得しました。よろしければフォローをお願いします!
https://twitter.com/Ichiro_leadoff
山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)


computer_programming_man.png

 コロナウイルスの感染拡大が進んでいる中で、これへの対策を行うための法律的な裏付けが必要だということもあって、新型インフルエンザ特措法などの改正や、経済支援の枠組みの再調整などの議論はどうしても必要だと思うんですよね。

 で、昨日掲載の産経新聞にこんな記事を寄せました。

【新聞に喝!】コロナ対策、臨時国会召集は必要だ ブロガー・投資家・山本一郎 https://www.sankei.com/column/news/200809/clm2008090003-n1.html

 ところが、自由民主党は臨時国会の早期の召集に後ろ向きなんだそうですよ。閉会中審査でええやんけ、という話ではありますが、まあ、憲法53条にもそう明記されておりますからね。

与党、臨時国会召集を重ねて拒否 野党、首相の国会での説明要求:東京新聞 TOKYO Web https://www.tokyo-np.co.jp/article/47967/

第五十三条 内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

 確かに、自民党が言うように、臨時国会の召集について憲法は「いつまでに決定せよ」とは書いていませんので、それが10月でござるとか、上手い具合に「臨時国会をやらないとは言ってない」と逃げることは可能だと思うんですよ。

 でもですね、この臨時国会は単に野党が自民党や安倍政権の失政追及をしたいから開けと言っているものではなく、いま目の前の、問題となっている感染症対策をどうするのか、また、国民の生活で大打撃を受けているところにどう国家が追加で手当てをするのか、あるいは減税だ増税だ、様々な国家の大事に関わる議論をしなければいけない時期だからこそ、憲法第53条に基づいて「国会を開いてくれ」と言っているんだと思うんですよ。

 これもういまの政権や自民党が国民のほうを向いているのか、安倍晋三さんのほうを見ているのかが如実に分かってしまいかねない部分はあるんじゃないでしょうか。

 もちろん、表に出てきた稲田朋美さんだけの話ではないでしょうから、稲田さんがどうこうということではなく、いまの政権の問題として、これどうするつもりなのよ、って。

 そして、一連の「憲法第53条に基づいて臨時国会開いてよ」「やだよ」って流れで言うならば、少なくともいまの政権は憲法を守るつもりがないのだ、という批判を受けることになりますね。安倍政権が、安倍晋三さん本人が、政治的使命として改憲を進めるのだ、それを花道にするのだ、という願いを持つのは結構ですけれども、見た感じ、憲法を守るつもりのない安倍政権で憲法改正をして良いのか、という議論は出ると思うんですよ。




 いや、ほんとこれ、大丈夫なんですかね。素で、心配になりました。マジで。

新たに連絡用のTwitterアカウントを取得しました。よろしければフォローをお願いします!
https://twitter.com/Ichiro_leadoff
山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)

seiji_souridaijin.png


↑このページのトップへ