今日は七夕ですね!
この特別な日に合わせ、2019年初のブログを更新します。笑
究極の3日坊主ですが許してください٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5358.JPG
番組では今日も七夕のお話をたっぷりさせていただきました(^^)

ロマンチックな遠距離恋愛のイメージの七夕ですが、離れ離れになってしまったのは二人がおしゃべりに夢中でお仕事をサボってしまったから!

そんなに夢中になってしまうほどの楽しいおしゃべりってどんな内容だったんだろう。
織姫か彦星か二人ともなのかはわかりませんが…実はかなりのトーク力の持ち主なのでは?と想像してしまいます。
私もそんなトーク力が欲しいなぁ…(*´-`)
 
それにしても、雨の季節に七夕ってどうして!?天の川も織姫・彦星も見えないよ!なんて思ったことはありませんか?

もともとの七夕は現在使われている暦ではなく、太陰太陽暦の7月7日に行われていました。今の暦の7月7日は、もともとの七夕より約1ヶ月早く、梅雨真っ只中の七夕になってしまったんですね。

国立天文台では、伝統的七夕という言葉を使って七夕の日を決めています。
今年の伝統的七夕は8月7日!雨の季節が去ったら夜空を楽しみましょう(*´-`)
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5357.JPG
さて。みなさんは短冊の準備はばっちりでしょうか??
実は今、アンドロイド系お天気キャスターのウェザーロイドアイリちゃんのコンビニブロマイドをセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのマルチコピー機で購入可能です。短冊デザインもあるのでぜひダウンロードしてみてくださいねっ!
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5376.JPG
ぜひ願いを書いて撮影し、「#七夕ポン子」のハッシュタグをつけてツイートしてくださいね。
みなさんのお願いごとを、ポン子ちゃんとマネージャーの私でチェックしますー!(*´ω`*)

それでは、また会う日まで。
(↑と、書いておくとブログをサボっても良いような気がして気持ちがラクになる…。笑)


みなさんは、流星を見たことはありますか12月14日(金)は、3大流星群のひとつ「ふたご座流星群」の活動のピーク!条件の良い場所(街明かりや建物に邪魔をされないところ)では、1時間に50〜60個前後の流星が予想されています(*^^*)
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9004.PNG
「山のほうじゃないと見られないんでしょ?」とよく聞かれるのですが、私は東京で何度も流れ星を見ています。それも、自宅のベランダで!笑
写真や映像で見る流星も美しいのですが、実際に空を見上げて見る流星は何倍も美しく感動しますよ(^^)

活動期間→ 12月4日~12月17日
ピーク予想→ 12月14日(金) 21時頃


【見られる時間は?】
月明かりがあると暗い流星が見られなくなってしまうため、月が沈む14日(金)23時頃から15日明け方の観測がおすすめです。

【見る方角は?】
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9009.PNG

画像はおすすめのアプリiステラ。14日21時東の空の星座です。ピンク色の「ふたご座」の文字のあたりが「放射点」です。
流星群の流れ星は放射点を中心に四方八方に飛びます。空のいたるところに流れるため、どの方角を見ても流れ星が見られるチャンスがあります。
晴れている方角、街灯が視界に入らない方角を探してみてください。放射点の方向だけを見つめるのではなく、空をぼんやり広く見渡すのがコツですよ。

【15分は空を見上げてみてください】
多くの数が予想されている流星群ですが、流れるタイミングはランダム。見られないからと数分で諦めてしまうのではなく、最低でも15分くらいは空を眺めてみてください。私は流星観測する際は、「30分空を見上げて、ひとつ見られたらいいなぁ」くらいの目標で探しています。ただ、寒いので無理はしないでくださいね。万全の寒さ対策と、夜ですので安全な場所での観測を心がけてください。

【お天気は?】
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9005.PNG
14日は冬型の気圧配置となり、太平洋側を中心に晴れるところが多くなりそうです。日本海側は寒気の影響で雲が広がりやすいものの、雲の隙間を探してみてくださいね。とにかく流星観測は寒いので、防寒必須ですよ!詳しくはウェザーニュースタッチ(アプリ)でお天気をチェックしてみてください。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9007.PNG
【冬の星座】
冬の星座は明るい星が多いので、どんな星座があるのか探してみてくださいね。名前が付いているのは明るく輝く一等星!(←※星は、数字が小さい方が明るい)
冬は他の季節に比べて一等星が多いので、ふたご座流星群をきっかけに探してみてください。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8996.JPG
一等星全て見つけるのが難しくても、オリオン座を見つけたら、そこから正三角形の冬の大三角を見つけることができるので、まずはオリオン座と大三角を目標にしてみてください(^^)/
(↑過去の写真で月の位置が違うので注意)
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8994.JPG
また、オリオン座はいろんな星や星座を見つける目印になるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

みなさんに冬の空と流星群の魅力が伝わりますように( ˘ω˘)☆風邪を引かないように気をつけながら、まったり星空をお楽しみください♪

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3305.JPG
こんばんは!
今夜はいよいよ、みずがめ座η流星群の
活動がピークを迎えますね。
私は中継に行ったことがある思い入れのある
流星群なので今からわくわくです(*´ω`*)

今年の出現ピークは6日17時頃の予想!
日本では6日深夜から7日明け方にかけてが
流星観測に適した時間となります。

ぜひ、空を見上げてみてくださいね!
と、言いたいところですが、
見られるお天気となるのかをマップにした
「流星見えるかなマップ」を見てみると、、、
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3307.PNG

難しいエリアばかり。。。
現在、全国的に雲が多く、
低気圧や前線の影響で西日本ほど
強い雨となっています。
流星観測にはあいにくの空となるところが
多くなりそうです。

でも!安心してください!
ウェザーニュースの
インターネット気象番組
「ウェザーニュースLiVE」では
ニュージーランドから
みずがめ座η流星群を生中継!

みずがめ座η流星群は南半球で
多く見られるチャンスがあり、
1時間に50個程度流れる流星群として
知られています。
日本など北半球では放射点があまり高く
昇らないため見られる流星の数が
少なくなってしまうんですよね。

ぜひ、一緒に番組で流星を楽しみましょう!
このあと23時から、ウェザーニュースの
ウェブサイト、
LINE LIVE、
ペリスコープ、
FRESH!
Facebookライブなど
各動画サイトでご覧いただけます。

番組はどなたでも
無料でご参加いただけますよ。
コメントもどんどん書き込んでくださいねー!
ひとつでも多くの流れ星を楽しめますように!!!

私もお願いごとを言いながら
流れ星を探そーっと!
金、金、金ー!!
(↑言いやすくておすすめ。笑)

↑このページのトップへ