こんにちは。
京都ではちらほらと桜が咲き、いよいよ春の到来を感じます。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、事務局よりお知らせです。
来る4月6日(土)に京都市上京区の興聖寺において花まつりが開催されます。今回、ご住職とのご縁で蔵の修繕費用の寄進をお願いするため、「蔵修繕勧進能」と題して、お寺の方丈で舞囃子を舞わせていただくことになりました。

事前にお寺へのお申込みが必要となります。入場は無料ですが、一口1,000円より寄進をお願いしております。

お問い合わせ・お申し込みは
興聖寺までお願いいたします。

電話 075(451)4722 (9時~18時)

_20190321_221709.JPG


◎蔵修繕勧進能◎

日時 4月6日(土) 14時~15時半
場所 臨済宗 興聖寺
(京都市上京区堀川通寺之内上ル2丁目上天神町647)
最寄りバス停「天神公園口」
(市バス9・12系統)
地下鉄今出川駅より徒歩20分

内容 
◇解説
◇お囃子の紹介(笛・小鼓・大鼓・太鼓)
◇金剛流 仕舞「網之段」  豊嶋晃嗣
◇金剛流 仕舞「船弁慶キリ」宇高竜成
   -休憩-
◇金剛流 舞囃子「羽衣」 山田伊純

※仕舞とは... 
能の曲のなかで有名な部分や盛り上がる箇所を切り取り、地謡(コーラス)と、シテ(舞手)のみによって演出する形式を仕舞と呼びます。 紋付姿で舞います。

※舞囃子とは...
仕舞よりも少し長い寸法で、お囃子が入り演出されます。本来の演出と違う点は、ツレ(準主役)・ワキ(脇役)などの登場人物が省略され、仕舞と同じく、紋付姿で舞います。
_20190321_222216.JPG


この機会にぜひ足をお運びいただけますと幸いでございます。清く澄んだお寺の空気のなかお能を楽しんでいただけることと思います。

皆様のお越しをお待ちしております。