月別アーカイブ / 2016年12月

の続きです

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0690.JPG


能が素晴らしいと言うのは
私が能楽師だからであり
能という形だけ切り取って仕舞えば
くだらないものだと思う
人々がそのように感じれば誠の話

肝心なのは人々が能の中で
何かを見つけ出すか出会うこと
能に限らずモノコトは全てそう

そこらに転がっているモノコトと
能の違う点は簡単な話で
伝統的に先人から伝えられているから

能そのものとの出会いは遠くとも
一度知れば本質との出会いは
極めて容易いのものかも知れない

表面的な出会いの容易い
スターバックス珈琲はどうだ
そこから人間の考えを探ろう
だなんて考えたら、日が暮れる
その話ができるのは
極限られた人間でしょうな

結局の行き着く先は同じ
可能性が高い

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0724.JPG


さて、

来年のブログ抱負は
少しずつ能のお話を書き溜める

です


また最後にご報告です
年末に私は大切な方と
結婚式を挙げました


今後とも応援
宜しくお願い申し上げます
これでブログ納めにします
本年も有難うございました

aM4IiHnHIM.jpg



昨日、冬至でした
秋の見納めは、紅葉の写真
先日、飲み納めは既に終わる

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0839.JPG

能というものを全くご存知ない
方々が多くいらしているので
その方たちに能の素晴らしさを
伝えることが近日の私の仕事
の様になっているが…
本当は少し違うのだ

既に能を知り観ている方々の為
感動していただく可能性を
最大限に広げる為の舞台をつくる
その技術を芸というのだが
これを高めながら日々の舞台を
勤め上げるのが玄人のお仕事である


「自分が表現したい」
というのは少し違う
私は芸術家になるつもりは
毛頭ない、むしろ恥である

能の普及は、この時代を生きる
われわれ能楽師の為でもあるが
何より日本人の生活のためだと
私は考えている

ゆえに本当は能の普及ではなくて
能から学ぶことのできる
最も原始的で誠に自然的である
大切な心構えを伝えたいのだ

人間の考え方というものは
昔から変わらず普遍的だと言われる
これが素晴らしいことであろうと
そうでなかろうと
中々目に見えないことが
現代人が理解をしようと
試みる上で実に問題なのである

そこで能のように有形のもの
形が昔から残っているモノを
じっくり探ると
上で述べたような無形のものも
目に見えてくるのである
そこに能の可能性はあると
信じてやまない

目に見える人間の作り上げたもの
これは所詮はくだらないもの
確かに人間の実現している
凄い技術はたくさんある

しかし全ては自然が既に叶えている

例えば姿を消したりすることが
可能になればノーベル賞もの
正にドラえもんの道具
ところがカメレオンは既に体を
消したように見せることが可能

これに劣らずとも並ぶほどの
本当に尊いことは人間の考え方だ
これは実に自然的だ


_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0781.JPG

ということを
体に優しい蕎麦ウドンなど
食しながら考えるのが
最高に苦しくて嬉しい
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0782.JPG

※頭の中のことを書き込むだけなので
支離滅裂なのは失礼申し上げまする


つづく…


寒くなりましたが
皆様お変わりないでしょうか

公式サイトを新しくいたしました
是非ご確認ください

「yamadanatsuki.net」から
「yamadaisumi.com」へ変更しました
松本先輩と雲野さん、本当に有難うございました‼︎

周りの方のご協力をいただき
少しずつ独立後の体制を
整えております

_MG_7088.jpg
上)
後ろのお軸のごとく
墨継ぎせぬ一本線
真直ぐに頑張ります
いつでも素直な心で

下)
内弟子修業中に催しました
姫路・妙行寺での
能楽講座の写真です
友人である副住職の
上田英尊さんとの共同主催

第二弾を考えております!
_MG_7050_1.jpg

今後はLINEブログに加え
新しい公式サイトにて
公演情報も更新いたします

応援よろしくお願い致します



_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0603.JPG

むげ 

物の考え方や形式など
何にも囚われない
自由な様のこと

1jwJ7yX3C7.jpg

家のタンスの中を開ければ
冬のセーターが色とりどり

夏は蚊取り線香の漂うた
土間のあたりも
今では灯油のかほり

葉書の書き出しも
向寒の候と書き改める

アッと言う間の秋は
山田家の庭には
ご挨拶もなしに過ぎていた

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0678.JPG

風邪も流行しているなか

こんごう の こんご
(金剛の今後)
を若手で考えるための
会議もあと何回か

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0698.JPG以前、社長さんとはお仕事でご縁がありました

愛用中の開化堂さんの
高級茶筒を購入

家の錫、真鍮は既に良い色に…
今度は銅製を手に入れました

無機質な金属も
年月を経ると
良い顔を見せるようだ
気になる方は本店の展示品を
是非ご覧ください

日常の道具も
心を込めて使わせていただき
共に生きていくと
必ず面白い発見がある



_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0666.JPG
芋の子を洗うような
電車に乗る

狭い中に多くの人間がいて
空気が薄くなる
苦手な空間である


昔の人の申ししことに
袖振り合うも他生の縁
などとありますが

一見は赤の他人でも
どこかで繋がっているだろう

考え方は人それぞれだが
この世の中は"ご縁"
という実態のないモノで
繋がっているのだが

それは過去現在
未来を想定した我々が
お互いに作り上げた関係性
のことだと思う
決して単なる精神世界などと
馬鹿にできないものだと

隣人を愛せとは言わぬが
隣人を許した方が良いと思う

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0643.JPG
紅葉も終わり
真っ赤な色

花でもないのに
何故訴えかけるような
美しい色だと思いますか?

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0644.JPG
流儀の先輩のお仕事にて
亀岡にある大本教さんへ
背筋の正しい立派な方が多くいて
己の勉強になった

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0645.JPG
ご近所さんと
芋煮会というお食事会

山形ご出身の方のおうちで
温かくいただきました

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0665.JPG

熱い話のなか 夜は更け
語り合えることの喜びを
噛み締めました

↑このページのトップへ