ch0RFDh_UP.jpg

ご報告。
無事に終わりました😭

楽屋でしばらくグズってしまいましたが、社中の皆さんの優しさと家族のサポートにより、無事ご機嫌を戻すことができました。

hOG3wEIbnZ.jpg

思えば、三歳児にとっては長旅で過酷な挑戦でした。


家の玄関を出て、元気な声で「いってきまーす」してから、タクシーに乗り京都駅へ向かう。かような時に限って道が空いていて、あっという間に到着するものだから、予定の車両を待つ時間がたっぷり。子どもは待てないのです。


コトコト新幹線に揺られて2時間ちょい…この時間はいつもなら会の演目をひたすら頭でリピートできるのですが…今日は子供の世話で追われました。おまけに親にとっては悪魔の時間にもなりうるので、闘いを想定していました。が、今回は意外にも外の風景を見たりお絵描きをして楽しんでいました。

そして東京駅からあと少し頑張ると、やっと矢来能楽堂に"つきにけり!"

※事情により家内は家で次男とお留守番。お父さんと2人きりの長旅は初めてという、小書き付き!
dzwHjGbzXb.jpg

色々あって、何とか舞台に立ちました。いえ、立たせてもらいました。一人ぼっちは嫌だったやうなので、特別に後ろに付いてあげました。(2度目😅)

家で教えた通りに
前を向いて
扇を手に持って

「たかさごや〜」

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0214.PNG

途中リピートしてしまいましたが、最後までしっかり謡えました。

おつかれさま!

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0198.HEIC

幼児乗せて新幹線にて東京へ参ります。
本日は矢来能楽堂にて仕舞や地謡を勤めます。

しかし…
自分の舞台のことを考える暇が一瞬もない。

どうなることやら😅

26iIJHpaX2.heic

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0189.HEIC

明日は東京・矢来能楽堂にて東京社中の発表会"純星会"がございます。

息子、東京にて2回目の舞台となります。

実はこの番組を作成するギリギリの頃に、先日の初舞台 鞍馬天狗の稚児に出られないかもしれない事件が発生しており、出演できなかった際のリベンジ用として社中会に名前だけ載せておりました。(本来なら玄人としてはあるまじき行為でしょう😅)

PIpxmJ6SEu.jpg

出演は、高砂の待謡。これは彼が初めに覚えた謡です。無事に勤められますように。

今回は"舞台慣らし"と思って、気楽に付き添うことに致します。

…朝まで、行けるかわかりませんが😭
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0192.HEIC

4月4日 10:00始曲 矢来能楽堂
純星会 春の会
仕舞「清経クセ」山田伊純 14:20頃
独吟「高砂」山田直愛 13:50頃


yhmTpmoZEC.jpg

本日は金剛定期能「鞍馬天狗」にて、長男の初舞台でした。シテは贅沢にも金剛宗家。私の時も先生の百萬だった…

この曲では源氏の子 牛若丸とそのほか平家の子たちが沢山登場します。その平家の稚児役の一人として、出演のお声がけを頂き、お邪魔してまいりました。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0149.HEIC

息子は3歳になり、今回が初舞台なので、記念として佐々木能衣装さんで扇袋を誂えました。

又この着物入れに使用している風呂敷は、知る人ぞ知る!貴重なもの…

折角のハレの日なので、準備してあげられる事はいたしました。
5_c0o8qGb5.jpg

おうちで簡単に"オケーコ"という名の遊びを致し、申し合わせ(リハーサル)前に、宗家による舞台稽古に参加。

さて3日前にあった申し合わせでは、楽屋にいる沢山の能楽師に圧倒されてしまい、泣き出しました。小さな子特有の可哀想な泣き方をしたので、親としてはどこか切なく、けれど能楽師の先輩として"クヨクヨするな!"と言い出しそうな厳しい自分もおりました。

結局その時間は、練習の装束を着けるどころか、舞台にも上がれませんでした。

数時間後は、ラムネを食べて復活。

自ら、「なおくん、着物着て、舞台でるよ」

と言って、反省していた。子は子で色々と考えているものだと感心した。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0154.JPG

肝心の本番は…

やる気満々にて楽屋玄関から参上。楽屋全て挨拶を終えて、装束の間にて大人しく着替えていました。

ここまでは良かった。

彼の"まだかまだか"という気持ちが、いよいよ幕前の頃に爆発してしまい、静かにしなければならない場所で、「仕事(舞台)したい」「電気消さないで」などと、口に出してしまい…

仕舞いには、幕が上がる頃に扇を突き返してきました。今思えば限界の合図だったのだと思う。

私は、涙目の我が子の手を振り解くことができず、仕方なしに後見として、彼の横に登場し支えました。幕離れから橋掛かりで立つところまでは何とか出来ました。

が、橋掛かりから舞台へ移動する際に彼の小さな心はとうとう挫けてしまい、私が手を引いて連れて行きました。舞台へ入ると皆で座る型がありましたが、そこで終に泣き出してしまったので、抱きかかえて切戸口へ帰りました。

これが彼の初舞台。

帰宅後、お風呂で話を聞くと、「お客さんがこわかった」と… (なんてことを😅) 

申し合わせでは予期せぬ能楽師先生たちの数に圧倒され、今日はお越し頂いたお客様の数に圧倒されたようです。

お越しくださった方々、改めまして、誠に有難うございました。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0150.HEIC

ちなみに、私は彼を無理に能楽師にするつもりは毛頭ありません。

今回の舞台で、幼い子があれだけの人前に立つことの大変さや厳しさを改めて知ることになりました。しっかり稽古をしてやればよかった、という気持ちも起こったのですが、本格的な稽古は6歳と決めているのでこれで良かったのだと思います。何より本人が嫌な気持ちになっていなければと願うばかり、です。

これは息子のための備忘録みたいなもの。

line_536217415268945.jpg
昨日は“しるべさろん”仕舞五番立ての会をご視聴の皆様、有難うございました。タウンハウス様のご協力を賜り、無事に配信することができました。

ご視聴叶わなかった皆様、ご安心ください。数日後から一定期間限定の「見逃し配信」ございます。
line_536205695850981.jpg
ゲストには流儀の先輩と後輩にお越しいただき力添えいただきました。出演はそれぞれ宇髙徳成さんと湯川稜さんでした。

今回の反省点としては、少し話が長くなりすぎたことです。2曲目の時に30分経過していたので、うっかり。やはり私はトークが苦手です。

line_554116855813209.jpg

帰宅後にレコーディングされたものを少し見返しておりました。前回までとは違い、パソコンのカメラのみではなく機材をお借りしたことは本当に大きな力と感じました。

特にカメラワークによって仕舞も格段に見易く、能面や装束のズームでは表情や柄も細部まで見ることが可能でした。

line_554111152982586.jpg

私の不勉強で、途中少しハウったりとミスがありましたが… オンラインでの配信に可能性を感じました。まだまだ伸び代がありそうです。
ただ、このオンラインの先には、エンタメとしての完結ではなく、あくまで生の公演に足をお運びいただくことが最終目的であることは言うまでもありません。是非宜しくお願い申し上げます。
line_554122805083259.jpg

            活動報告            
3/26 東京・水道橋 宝生能楽堂
夜能にて 能「葵上」を勤めさせていただきます。このような御時世ですが… 是非お越しいただけたら嬉しいです。



能楽師 山田伊純のPVが完成しました。コロナ禍で取り組み始めた事業の一つです。みなさまに能楽堂へ足を運んでいただきたく制作しました。



こちらは金剛流能「雪」を無観客公演にて実施してYouTubeに掲載したものです。能楽をまだ観たことのない方に向けて作りました。(じっくりご覧になりたい愛好家には物足りないかも)



是非、チャンネル登録をお願い致します。活動の励みになります。


山田伊純の公式サイトです。お仕事のご依頼やお稽古体験希望などは【お問い合わせ】よりお願い申し上げます。


↑このページのトップへ