月別アーカイブ / 2021年12月

         
                          詩
                     Ruhashi

                     【 手紙 】


       薄れゆく 記憶の影

                  背伸びした

             夕日におののいて

                 紙上に戯むる

                      筆先が

                 君をなぞりて

                    恋しがる。



長い長い夜は明けようと...

貴女を..
貴方を..
そして
君を..
思い
したためた年賀状
面影をなぞり
想い満載に
詰め込んだ手紙。

心をこめて
今年もありがとうございました。

日々変わらずに
クスッと
束の間の笑顔を

明日も
明後日も
年が明けましても
この場を借りて

おいらの
ユーモアを持って
愉快に過ごさせて
頂きますぜ!!

で、
ありますからして
姐様方も
旦那衆も
遅れずに
ついて来てよっとくらぁぁ!!



本日
クスクスッが
なくて...
ごめんよぉぉ!!

こちらのブログ最後
追記させて頂きました。

Amebaブログへの
投稿結果
これはくだらない自慢では無く

おいらの小さな発信が
低能なおいらでもの
切なる想いが

少しばかり賛同を得たことの
思いと解釈してからの
追記であります。


以前のブログであげました
記事ではありますが

今一度
少しばかり想いを足して
本日の更新とさせて頂きます。

わたくしは
憶測で物事を語るべきでは
無いとは言え
悲しく、辛い出来事に
心は痛みます
わたくしはテレビを観ないので
この方の活躍や人となりなどは
存じ得ませんが

逝ってしまわれた方の心
鎧を纏い
誰にも言葉で表現できず
打ち明けることすらできずにいた
想い...

そのような
心をも覆った
鎧の内側の
その方の想いを思うこと
これが一番悲しいですね。

今、自ら鎧を纏い
苦しんでいます方の
鬱いだ心に響けと

林部智史さんの
素敵な曲に
谷川俊太郎さんの
素敵な詩
そして、わたくしの想いを    詩的に綴り
添えさせて頂きます。



                    林部智史

            【 あの頃のままに 】



                  谷川俊太郎

                 写真ノ中ノ空
                         より
                       【 雲 】



    思い出は よみがえる
         石洗う 手向けの水に

             幼子の ばらの頬
          母の手に ほほえんで

           大空は はてもなく
      消えかかる 雲のひとひら



      どうか
     一方、一方の心に
           そっと響きますように

     好き放題に生きてきた
                   わたくしも
                     かつて...

                   いまだに...
         持ち合わせています想い
                   悔い等無く
                いつの時でも...

                 しかしながら
                 逝く勇気など
                
         持ち合わせておらずに...


                   - ruhashi -

       いつの頃でありましょうか
        逝ってしまった母を想い
                 ふと、見上げ
                 仰いだ空は
                とても広大で 
         悲しみを超えた
     優しさで
                包んでくれた

                流れ行く雲に
           貴方の優しい笑顔が

            生きてるよ..母さん

              俺は、生きてる...
       と。

                 
               封印したはずで
                   ありますが
            ただ、生きて欲しい
       そんな
                    想いから
    発信させて頂きました。



【12/25 追記文。】

一昨日 Amebaブログにて
掲載しましたこちらと同じな
わたくしからの発信記事

カテゴリーポエムランキングで
記事総数153434記事の中
16位を獲得できました


そして
小説、エッセイ、ポエム
記事ランキング
総数10539人中
116位を獲得できました
総合記事別ランキングでも

54位獲得することができまして

これはくだらない自慢話でも無く
たくさんの閲覧された方々が
存在したこと
この方々が
わたくしからの
とても小さな発信
わたくしの切なる想いに
賛同を得たこと
わたくし自身
この記事を掲載した意義が
有りましたことに
感激しております。
ラインブログでは
カテゴリーがしっかりと
組分けされていませんが
こちらでも
わたくしからの
とても小さな発信では有りますが
少しばかりの方の心に
より一層多くの方の心に
響いて頂ける事を願います。。


尚 やはりこちらの記事をあげたことで
そして
わたくしruhashiの正体を明かしたことで
即刻に
来られなく成りました
以前のブログ閲覧者様も事実としていらっしゃいます
しかしながら
それは、それで
わたくしの身勝手な行い
反省して
真摯に受け止めなければ
ならない事柄と考えます。

冒頭文章一部削除してあります。

再、再度
最後まで目を通し
読んで頂いた方々へ
おいらの想いに
寄り添って頂いて
ありがとうございました。

↑このページのトップへ