ao
                        【 月 】


                 松尾芭蕉
     本名 松尾宗房(むねふさ)

                しばらくは

                  花の上なる

                    月夜かな


                      Ruhashi

      水温む

                         早春

     皓月千里(こうげつせんり)


     まぼろしと

          夢に見た影

                     春に酔い

                     山影静か

                     朧月夜に


           暗闇の

                   柳の枝葉は

                   風に揺れて

                   隙間に望む

                      お月様


            盃に

                  月を浮かべて

                 春の宴(うたげ)




George Benson/ジョージ・ベンソン

                        cover


  Shania Yan/シャニアヤン

     Nothing's Gonna Change My         Love For You


        もし君が いない世界で
    生きなければならないとしたら
           毎日が 空っぽな感じ

            夜は長く感じるだろう

    nothing's gonna  change my 
                  love for you

        “僕の愛は変わらない„



                 ささきやすえ
       詩集
                      【想い】
                   風に感じて
                    春夏秋冬
                        より

      【想いがはじけた時】


             想いがはじけた時
                  空はちょうど
       昼から夕に移る曖昧な色で
               すとんと地平線に
           落ちてゆくところでした

             隣のあなたの鼓動が
          大きく揺れてゆきました

             曖昧な色とこの時を
              美しいと言いました

                  そう、その瞬間
      
                 想いははじけて
        ふたりの時が始まりました


                吉俣 良
         +
          弦一徹ストリングス
                   
           弦一徹(1stバイオリン)
                森拓哉(ビオラ)
         永田真希(2ndバイオリン)
                森田香織(チェロ)
                   
                    【 COTO 】


      谷川俊太郎
                        詩集
すこやかに おだやかに しなやかに
       より
           【おだやかに】

                  追い求めると
    楽しみには哀しみしか残らない
                      甘えると
        苦しみはいつまでもうずく

        失なうもののないこころは
            喜びが流れこんでくる

                   怒りが閉ざす
                  こころを閉ざす
               うぬぼれがしばる
                  こころをしばる

        おだやかにあれ こころよ
                    のびやかに 
                    しなやかに
                    はれやかに






↑このページのトップへ