ji ma ma

                   【 大丈夫 】


             なんの根拠もなく

                無責任な言葉

                     大丈夫...


                    それでも

        幾度となく

                     繰り返し

                      自分に

              

                   大丈夫...と



           それは

              おまじないの様に



                      何度も...

                      何度も...



           涙のつぶて
                    掌で掬って
                     この木に
             花を咲かせましょう

                    僕らの道に
             愛を咲かせましょう
                          と...

         何方かの詩の
                      心持ちに
            今年も
                   春は訪れて...




       もさを。

                     【 桜恋 】




      サクラ色

                   染まる柔肌

                   春に震わせ

                   触れし指先

                   花月の吐息..




        陽だまりに

                   包み包まれ

                      春風に

                揺れて揺らいで

                   心浮かれて..


   親愛なる閲覧者様の皆さん
      御無沙汰しておりますが
                まったくもって
                 日々余裕なく
            皆さんのブログへも
          訪ねることかなわずで
             申し訳ありません...









                  菜の花で
              黄色く縁取られた
           おいらの春の散歩道...

      江戸川の土手の桜も
             誇らしげに


         佐藤直紀

          映画
         ALWAYS三丁目の夕日64
                         より
                   【幸せとは】



                    坂田寛夫
 1925年(大正15年)10月18日生誕
  2005年(平成17年)3月22日死没
                   享年80歳


     【夕日がせなかを おしてくる】

       夕日がせなかをおしてくる
        まっかなうででおしてくる
          歩くぼくらのうしろから
         でっかい声でよびかける

              さよなら  さよなら
              さよなら  きみたち

          ばんごはんがまってるぞ
           あしたの朝ねすごすな

        夕日がせなかをおしてくる
       そんなにおすなあわてるな
           ぐるりふりむき太陽に
      ぼくらも負けずにどなるんだ

               さよなら さよなら
                 さよなら 太陽

          ばんごはんがまってるぞ
           あしたの朝ねすごすな


          三丁目の夕日作者
                    西岸良平
   1947年(昭和22年)7月30日生誕




↑このページのトップへ