詩人からのお願い)
僕の詩の友となって下さい!
僕の詩は
淋しがり屋だから
貴女の友として下さい
貴女との愛を感じたら
僕の詩は
生きものだから
貴女の優しい愛の
一粒の涙で
詩の赤い唇を触れて下さい

貴女の心の愛となり
貴女の恋人とになります
詩は貴女の詩となり
詩を愛してやって下さい
《詩は!貴女の愛を  永遠に守護します!