神のエロスを
赤い唇で詩う
神の舌で美を味わう
さりゅう
やはり愛のステージの違いが
エロスの姿に
赤い風と共に踊る
美しさだけを語る
人々とは 風が 光が違う
神の領域を知る
美の人さりゅう
君の燃える魂が
今 社会に正しき光として
魅せる
IMG_20200611_051758.jpg