美の姿は愛の縺れ
永遠の光に魅せる
その姿こそ真の美
愛の炎の中に
その美は肌で奏でる
愛の歓喜こそ
美の中の美であり
瞳から一粒の愛の雫が溢れ
愛の唇を濡らしてゆく
永遠の愛を詩う時
エロスの愛の交わりこそ
美の全てであり
人生の生きる道でもある
女性の中に美の素顔を魅る