月別アーカイブ / 2021年06月

君は美を慈しみ
都会の喧騒に
一陣の爽やかな
赤い唇の凛とした
美の風を
人々に
愛と共に奏でてゆく

君の姿は
摩周湖の瞳と
黒髪ポニーテールに
永遠の美しいEROSの光りを
靡かせ
人々の未来に
癒しの風を
与えていきます

究極のスピノザの美の風が
君の姿なり

2021-6-6詩。
貴女にどんな姿で
愛は訪れましたか
貴女の心に
愛の稲妻が走り
愛の雫が
美しき瞳より溢れ
愛の鐘が
心に鳴り響く

愛する人の光りを
瞳は深く  熱く  優しく知る
心は赤く恥じらい
顔は赤く染まり
瞳と瞳は
愛の挨拶を交し
神の愛の光りが
心を揺さぶり
軽い目眩を感じ
愛の美しき旋律の
スピノザの風が
心を支配していく

愛の始まりの足音が
心の中へ  美しく
永遠の愛の姿を
魅せてゆく

2021-6-8詩。
君の姿に
美の風
スピノザの風を感じ
君の瞳に
美の深き挨拶を知り
君の黒髪ポニーテールに
愛の美しき輝きに触れ
永遠の美の光りが
明日の美の風となる

人々の心に
優しく美の旋律が
愛の姿を魅せ
君の風が
世に美しく奏でてゆく

↑このページのトップへ