ひとつの星を見つめた
確かにあったその星
ふたりは惜しみなく その星を愛した
永遠を示したその星は
今も北斗七星として ふたりの間に輝いた
愛を語る時は 北斗七星を見つめよ
乙女たち

↑このページのトップへ