詩人からのお願い)
僕の詩の友となって下さい!
僕の詩は
淋しがり屋だから
貴女の友として下さい
貴女との愛を感じたら
僕の詩は
生きものだから
貴女の優しい愛の
一粒の涙で
詩の赤い唇を触れて下さい

貴女の心の愛となり
貴女の恋人とになります
詩は貴女の詩となり
詩を愛してやって下さい
《詩は!貴女の愛を  永遠に守護します!

若き人の風に
心がときめき
深き摩周湖の瞳に
愛の風を奪われ
黒髪ポニーテールに
心が縛られゆく

愛の歓喜を
鎮めるために
万葉公園の風に
触れてゆき
令和の梅の香りで
心を和ませ
愛の雫が心を
美しく奏でてゆく

心の愛の散策が
静かに  この郷に
足を止め
万葉公園の朝の風に
令和の詩と共に
我が愛の心の足跡を
残してゆく


あなたは
永遠の美の風を
約束され
終わりなき愛を
許された
美しき女性の物語です

美しき姿の風により
女神から疎まれ
女性の嫉妬の
眼差しの世界に生きる
休息のない
女性の友のいない
「死」を許されぬ
摩周湖の瞳の物語
ご存知ですか
ギリシャ神話にも
出てこない
「フェニックスの涙」の物語です
ご存知ですか!

↑このページのトップへ