_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1550.JPG
1.サイドとトップ&バックを合わせてブロッキングします。

2.トップとバックを1つにして、ゴムで結びます。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1546.JPG
3.毛束を3つに分け、上から三つ編みしてゴムを中央にして巻きつけます。
その後、下2つも同じように三つ編みして巻きつけていきます!

*この時巻きつける時の外側に来る方だけ、三つ編みをほぐしていきます。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1547.JPG
4.右サイドを編み込み、左サイドを三つ編みして同じように巻きつけます。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1549.JPG
5.花に見えるように立体的にほぐし、全体も引き出して完成です。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1541.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1550.JPG

美容豆知識

おかっぱとはその名の通り河童(カッパ)に似ていることからきています。

今は女性の髪形として多いですが、江戸時代には男子に多い髪型だったそうです。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1499.JPG
1.サイド、トップ、バックでいつものようにブロッキングします。


2.バックを1つにゴムでまとめて、三つ編みしてシニョンを作ります。

*量が少ない場合はねじり編み(ツイスト)した方が立体感が出せてオススメです。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1500.JPG

3.トップをねじって、シニョン付近にピニングします。


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1501.JPG
4.サイドを緩くねじってシニョンに巻きつけていきます。

*3回くらいでOK
*ねじりすぎるとルーズ感がなくなってしまいます。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1497.JPG
5.全体をほくじて完成です。
*とにかくしっかり崩します。
ただ全体を崩してしまうとボリュームを出すだけになってしまうので、間隔をあけながら崩していきます。


シニョンのイメージですとどうしてもしっかりしたまとまってるイメージになりやすいですが、ラフな感じでルーズに作ることもできます^ ^

是非試してみてください(^^)


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1450.JPG
美容豆知識  美容用語

レイヤーカット-上が短く下が長いこと。レイヤーにすることで軽さと動きを出すことが出来ます。

グラデーションカット-上が長く下が短いこと。グラデーションにすることで丸みと重さを出すことができます。

セイムレイヤー-上も下も同じ長さのこと。



1.トップ、サイド、バックでブロッキングする
*サイドは少し7:3ぐらいの割合で編み込みの量をとっておく

*サイドの量もいつもより多めにとる

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1441.JPG
2.毛先をギブソンタックしてまとめる

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1442.JPG
3.左サイドを編み込み、右サイドを裏編みこみする

*頭の丸みに沿って、頭皮に近いところで編みこんでいく。

*毛先はギブソンタックに巻きつける


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1454.JPG

4.全体をほぐして完成

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1445.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1450.JPG

↑このページのトップへ