• LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社のバリューを最近考えました。厳密にはいつも言っていたことをもう少し分かりやすい言葉や刺さる内容にしようしました。

logo_big.png


ビジョンが
「クリエイティブで世界中に感動を」

ミッションがでした。
「“世界”に通じる新しいMANGAコンテンツを作り、 そのコンテンツを届ける新しい出口を構築する"」

それらを実現していくためにはもう少し会社には指針となるものが必要でそれをしっかりと落とし込んでいく必要があります。そこで綺麗にまとめたのが以下です。

バリューが

「強く思い描く」

途方もなく大きな願いであっても諦めず考え続ければ必ず実現すると言うもの。まずは強く思い描いてからがスタート。思い描けたらそもそも実現もくそもないので。


「期待を超え続ける」

人を感動させたりするには、あっと驚くようなことや、そこまで考えてくれていたのかなど、期待を超えたバリューを提供する必要があると思っています。またそのためには相手を知る必要があります。


「変化を楽しむ」

信じられない速度で技術は進歩し、世界は変わっていきます。直近は凄くその速度が早いように思います。そういった変化を楽しみ、受け入れられる者だけが歩みを止めず突き進めるのではと思っています。



行動指針はそれぞれのバリューに3つずつ存在しており、それはまた別途どこかでご紹介出来ればなと思っています。

ブログのタイトルと関係無いじゃんと言うことですが、上記バリューの中で「変化を楽しむ」「強く思い描く」と言うのがありますが、ここで私が最初に創業したシェアコト時代からやり続けていることがあります。

それは情報収集です。

現状は以下から情報収集しています。
・フィルタリングされたソーシャルメディアのフィード(Facebookの厳選された友人のフィード)
・各種ニュース系アプリ
・googleアラート及びはてブのキーワード(興味関心があるキーワード10個くらいを選んで)
・書籍

世の中の変化に追いつくには常に情報をキャッチアップして、それを上手く自身のビジネスにどう繋げるかをひたすら考えると言う癖がついています。変化に対応しながら、楽しみながら、
「あ、それと漫画やイラストを繋げるんだ!」
的な発想まで出てきます。

実はこれは「強く思い描く」と言うところの導入にところで役立ちます。そもそも知りもしないことは”強く思い描く”こともできないからです。

なのでひたすら情報収集をしています。

で、最近情報収集の4つ目の書籍が去年一年間は少し避けていました。人というフィルタを通して、流通を通して入る情報はどうしても遅くなるのではと思ったからです。


しかし今年は上記バリューを考えるに辺り改めて、そこを見直しました。

書籍は人の膨大な経験や調査などから伝えたいことに絞って、数百ページのパッケージとしてアウトプットされていると言うものを短時間に吸収できる良いものだなと。そう言った観点だとブログや記事でも質の高いものはそうなんだろうと思いますが。

書籍も質の高い人からのレコメンドは良いとは思います。自分が何を吸収したいかなどにもよりますが。


で、一旦固定観念は捨てて、ここ最近読んでみたい本をより好みせずピックアップしてみました。
(年明けにピックアップしたので、既に何冊か読んでしまった本が多々ありますが。またどんどん読みたい本は増えています。)

これらの書評等もここで公開しながら、私自身 ”視座” を高めていきたいと思います。
※「視座を高める」は最近私のホットワード
-----------------------------------
エッセンシャル思考

ブルー・オーシャン戦略

顧客サービス戦略

ザ・プロフィット

メリットの法則 行動分析学・実践編

なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?--数千年に一度の経済と歴史の話

大前研一ビジネスジャーナル No.9(世界のリゾート&ツーリズム徹底研究

資本主義の終焉と歴史の危機

10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をして

Q思考

ビジネス思考実験

インターネットの次に来るもの

チームが機能するとはどういうことか 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

アクティブラーニングがよく分かる本

幸せはいつもちょっと先にある

0秒リーダーシップ

人事評価はもういらない

ワークシフト

ワークルールズ

ビットコインとブロックチェーン 暗号通貨を支える技術 アンドレアス・M.アントノプロス/著 NTT出版

HIGH OUTPUT MANAGEMENT:人を育て、成果を最大にするマネジメント

紀州のドンファン

クリティカルチェーン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



フーモア
の芝辻です。最近漫画(マンガ)広告周りのビジネスを本格化しました。2017年はナショナルクライアントさんとかと大きなビジネスを進めていく予定です。


海外の違法漫画(マンガ)サイトはwelq問題で起きた構図とやや似ており、海外で個人的に好きな作品を翻訳してブログに公開している作品を、違法サイトが勝手にコピペしてキュレーションをしているというのは周知のことかもしれません。

mangafox_2.png

海外の方が個人的に勝手に翻訳してブログにアップロードすること自体も違法です。
彼らの主張としては好きな作品が翻訳されていないので翻訳してファンに届けているということのようです。
日本の出版社からすればコストも掛かるしペイしなければ翻訳しないという悲しい現象が起きているのです。

そこの翻訳者の好きの搾取をしているのが違法サイトで、翻訳者にも大元の出版社にも作者にも還元されていない状況は非常に深刻な問題となっています。

そんな違法サイトの一部は以下です。もっとたくさんあったりします。
・Mangafox(http://mangafox.me/
・ReadMangaToday (http://www.readmanga.today/)
・Bulu Manga (http://bulumanga.com/)
・Kissmanga (http://kissmanga.com/)
※日本からアクセスできないサイトもあり、日本政府がアクセスできないようにしているのだと思われます。
残念なことにスマホのアプリは存在するんですね。。そしてリジェクトもされていない。。
 

さて、タイトルで言いたいことはすべて言い尽くしているのですが、海外の違法マンガサイトを見ていると(あくまで情報収集としてで、漫画をここで読むことはしていません!!)、ここ最近のランキングに異変が現れていました。



韓国製、中国製の漫画が上位にランクインしているのです。
以下サイトごとにトラフィック等は異なると思いますが、各サイトのランキングをベースに、海外違法サイトで読まれている漫画のランキングを作りました。

--------------------------------------------------------
A-Rank (全漫画サイトのトップ50に載っているタイトル)
・FAIRY TALE (日本)
・Girl the Wild's (韓国)
・マギ (日本)
・食戟のソーマ (日本)
・The Gamer (韓国)

B-Rank (ほとんどの漫画サイトのトップ50に載るタイトル)
・アカメが斬る (日本)
・BLEACH (日本)
・僕のヒーローアカデミア (日本)
・七つの大罪 (日本)
・NARUTO (日本)
・Noblesse (韓国)
・One Piece (日本)
・進撃の巨人 (日本)
・Soul Land/Douluo Dalu (中国)

C-Rank (半分ぐらいの漫画サイトのトップ50に載るタイトル)
・ブラッククローバー (日本)
・銀魂 (日本)
・ハイキュー!! (日本)
・はじめの一歩 (日本)
・史上最強の弟子ケンイチ (日本)
・Hunter x Hunter (日本)
・監獄学園 (日本)
・キングダム (日本)
・ニセコイ (日本)
・Panlong (中国)
・落第騎士の英雄譚 (日本)
・Red Storm (韓国)
・スキップ・ビート! (日本)
・盾の勇者の成り上がり (日本)
・The God of High School (韓国)
・東京喰種:Re (日本)
・トモちゃんは女の子! (日本)
・Tower of God (韓国)

IMG_9271.PNG

--------------------------------------------------------

考察としては、単純に以下が考えられます。
・韓国・中国製の漫画も日本の漫画と同等レベルまで来ている
・左上から右下でかつ文字が横文字で、読みやすい(海外で漫画読んだこと無い人もでも読める文法になっている)
・日本の漫画は連載が既に終わっているものがあり、アップデートがされず、アップデートされているコンテンツが現状ランキング上位に来ている

これを見て、もう日本の漫画が他国より面白いから大丈夫なんて言ってられない状況だなと思いました。
人口も資本も大きい中国や、政府(失墜してしまったパク政権下では)が全面バックアップしている韓国などにどんどん追いつかれ、追い抜かされるのではと危惧しています。

中国のアニメ企業、日本に「漫画家村」設立―中国メディア


うちの会社としても頑張っていきたいなと思いました。来年は海外へどんどん出ていきます。
 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フーモア
の芝辻です。LINE BLOGがいつの間にかログインできなくなっていて調べたらアプリと紐付けを行うことになっていて、急遽対応したので、久々にブログを書こうかと。

最近NetflixがアメリカのiOSランキングで一位をとるなどゲーム以外がアプリで結果出し始めていて感無量。
私自身もdアニメを月額500円払い、影でこそこそアニメを観たりしているんですが、(はたらく魔王さま!の2期やらないかなぁ…)


ちょっと古い記事ですが、以下のように各方面でも海外展開が盛んなようです。





個人的には日本のアニメーターによる命削る睦まじい努力により支えられてきたアニメ産業は世界的にもアドバンテージがある状態であると思っています。


そんな中、結構どうでもいいのですが、アニメの語源はなんだろうと調べてみました。

Animation


animationっていう英語からきてると思ってたら大間違い!!!

そもそもアニメって言葉。
animationっていう英語からきてると思ってたら違いました。。

本来の英語ではcartoonと表記されるらしいです。正直私自身cartoonは漫画のことだと思っていました(恥)。
そう言えば日本の英語の授業でも、英会話教室でもアニメ=cartoonと教わったような気がします。

animationは本来「生気」や「活気」という意味で、ラテン語の「anima」からの由来。
animaとは「霊魂」「魂」という意味だそう。

止まっている絵に命を与え活動させることから、動画の意味も後付で入ってきたとか。

日本でアニメという言葉があまりにも有名になってしまい、逆に海外でもanimationという言葉が使われたんだとか。

animationの綴に「e」が存在していないので、本来はanimeとはならないのですが、米国では日本製漫画映画の事として定着しているようです。
凄いですね。。和製英語。やはり現地で通常漫画映画の呼称はanimetic cartoonまたは、単にcartoonなようです。


CV = Character Voiceだけどもこれも和製英語

中国のゲームで「陰陽師」 というのが出て、世界のアプリ売上げランキングで上位に食い込んでましたが、驚いたのが、声優が日本人で日本語というところ。絵柄もかなり日本っぽい。
日本の豪華声優が大勢出演! 中国の和風ソシャゲ「陰陽師」がスゴすぎる!!

そんな声の主たちは、アニメでCVといえばCharacter Voiceのことで、声優さんのことを指すのは一般的ですね。
ソーシャルゲームでもCV誰々のようによく表記されています。


これ日本でしか通じないようですorz

Name_that_voice


英語ではVAです。Voice Actor。

CVは英語では履歴書か航空母艦。。。

お恥ずかしい。。





↑このページのトップへ