月別アーカイブ / 2018年05月

いつもライブに来てくれる人
いつもツイッター返信くれる人
勇気出してライブに初めて来てくれた人
たまたま出会ってくれた人
なんかメッセージをおくりたくなった人
そんなファンってわけでもないし、ライブとか行ってないけどシロセ気になるひと
日々いろんな出会いがある。
きっとそんな誰かは
今日もイヤホンをしてくれていただろう。
出会ってくれてありがとう。

その人たちは
笑顔で見てくれたり
俺のことを心配してくれたり
曲を聞いてくれたり
通勤の時に俺のギャグでクスッてしてくれたり
シロセいいとか言ってくれたりする
そんな、大事な人。

なんやろう?
まるで俺のこと、部活の先輩みたいな感じで接してくるように思う。
だから、俺もファンっていうか後輩みたいに思ってる。
これからもよろしくな!後輩よ。
おれより年上の人も、後輩として雑にあつかうぜ!^^


いつも、どんな気持ちで笑ってるんかなって
どんな気持ちで曲を聴いてくれてんのかなって
妄想したりする。
ライブでいつも、泣いたり笑ったり、みんなの顔もよく見えてるし。
見えてるつもり。歯に挟まったコーンまで。

あの時なんで泣いてたん??
どんな気持ちでその返信をくれたん??
いつも聞きたくても、聞けないことをツイッターで聞いてみた。

日々おれには、わからないようないろんな事と戦ってるんやなぁ。
日々そんな気持ちで歌を聴いてくれてたんやな。
すごいわ。


[1、ミオフェス@仙台]
先週は仙台でスリーマンやってんけど
その主催のミオさんたちとは、インディーの頃からの仲間。
特にマネージャーであり社長のさだふみは、東京に出てきて普段一番あう友達
で、ありライバル。チーム同士の親友やな、ゆうたら。

ミオさんは、よくツイッターで炎上しまくってるけど
そういうのを見ると、「お!やっとるなー!戦っとるなー!」ってなんか嬉しくなるし
おれもよく2ちゃんとTwitterで2万件くらいディスられまくるけど
そんな時は、あっちも「あ!炎上してる人だ!笑」とか言ってくる。
そういうジモティーみたいな関係。

でも、どんなことがあっても
何を言われても、おれらは
ずっと歌い続けるし、もっと面白いものを作っていく。

だって、おれらのファンもいつも聴き続けてくれてるし
聴くだけじゃなくて、それを聴きながら日々戦ってくれてるの知ってるから。俺もダキョッてられへん。

1年に1度。3年連続、おれとミオさんの誕生日の月にバトれて嬉しかった。
来年もきっと、また再会できる。
この日はまた次の夢も話したし
もう一つのバンドのファットマンズ・アフタースクールの「440」って曲も良かったなぁ。
最高な日だった。

あぁまた楽しみにしてたライブが終わっていった。1年に1度のライブが。
あ、ライバル、バンドとか言ったけど撤回。
ミオさんたちは、普通の友達かも。笑 
友達と久々ディズニー行って、帰り道って結構さみしいやん???記念に、ようわからんキーホルダーとか買ってまうような、そんな感じ。

そのようわからんキーホルダーは、オマモリみたいにずっとすてずに居たい。


[2、ターニャ]
おれは昔、夏が嫌いだったのだけど
今年から結構、好きになるかもしれないと思っている。

もうこれくらい気温が上がってくると
やる気ナシオ君になり外に出たくなくなるのだが
今年はこの暑さが気持ちいいし
もう6月7月のワンマンツアーが楽しみでほんま仕方ない。あつくなりそう。
それはミオフェスとか
その前の、岡山とかその前の京都とか最高だったからだと思う。


みんなもいつもライブで、おれらが出てきた時
「きゃー!!」とか「うわー!!」とか「シロセーーー!!」とか「ターニャー!!(おれの地元のあだ名)」とか呼んでくれてるよな。

ほんま、楽しみにしてきてくれたんやなって思うし
もしかしたら今叫んだ「ターニャー!!」は、人生で初めて叫んだやつかもしれんし
毎回叫んでる「シロセーーー!!」も、もしかして勇気出して1番初めに叫んでるやつかもしれんし
ほんますごいっていつも思うが、だが!!!

みんなより、おれのほうが楽しみにしてる自信あるで!!笑
おれが、ほんま1番楽しみにしてるわ。絶対。負けへんで。
俺も今度、初めに「きゃー!!!!!!」っていきなり叫んでやろうと思ってる。笑

心の中では、君らに「キャーーー!!!」してるからな。
ほんま最高やで。


[3、帰り道]
帰り道はいっつも寂しくなる。
楽しかったら楽しかった分、心が窒息する。みんなもそう??
けど、今回のツアーはちゃんと帰りも息ができそう^^
みんなが
#WHITEJAMライブレポート してくれてるから。ワンマンライブのネタバレ入り。
あのレポートを見て、また初めてライブに来てくれる人もさらに増えたで!
やっぱり、本当に楽しんでくれてる人の、本当に楽しんでくれてる文章は、本当に読んでても楽しい。
最強に最強で最強のプロモーターやな。^^

ツイッターの悩みメッセージもまだ半分も見れてないし
このツアーの帰り道で、全部読破してやろうと思ってるねん。
まじやばいやろ。目ワルナルで。あんたらのセーヤ!!笑


[4、存在]
アーティストをやってると寂しいこともある
全部ライブ来てくれてた人が、全く来てくれなくなることとかももちろんある。
「ファンなんかいっぱいいるし、そんなにちょっとくらい来なくなってもわからんやろ」
とか、思ってるかもやけど、ステージからはいつも顔見えてるから、結構わかるねんなぁ。
でも届いてると信じて俺らは歌うしかないし
今日書いたこの歌も、絶対届いてるって信じる!
つか、絶対、聴いてる。

そんなことを思っていたら
ライブに来なくなったとある子から、メッセージが届いてた。
手術やったんやって。
そんなこと全然知らんかった。
これないライブのチケットを買って、俺の音楽を日々きいてくれてんねやって。
すごいわ。なんも知らんかった。


悩み。
仕事のこと
家族のこと
友達のこと
学校のこと
恋のこと
夢のこと
将来のこと
選択のこと
禁断のこと
コミュ障のこと
メンヘラのこと
見た目のこと
病気のこと
年齢のこと
亡くしたもの
昨日のこと、昔のこと

いつも人に言えないような悩みまで
打ち明けてくれた人たくさんいて
そんな存在になれて嬉しい。

全部一つ一つ
心込めて
ストーカーするし。


[6、ファン]
俺はいつもファンの顔を見てると思ってた
けど、意外となんも、ファンのこと知らんねやなぁ。
みんなは俺のことを、めっちゃ知ってくれてんのに
俺はみんなのことをあんまり知らんなんて
せこい!

昔から俺は
伝えることばっか考えて
受けとることを怠りぎみ。
これからも少しづつ教えてくれ。


[7、サマーツアー]
サマーツアー
京都、岡山さいこうやったよな。まだ2公演しかやってないけど、過去さいこうのライブをしてるっていう実感がある。自分でも脈拍が抑えられへんくらいドキドキしてるよ
こんなドキドキをありがとうな!!!

6月が来る。いよいよ6月は
名古屋、千葉、北海道、宮城、福岡、鹿児島、静岡やな??
そして7月は
大阪、広島、東京FINALやな??


岡山に来てくれた人へ
となりの広島でもワンマンが開催されます。
岡山からも近く、徒歩で35時間ぐらいでこれるので
よかったらまた遊び来てや!

WHITE JAM SUMMER TOUR
広島公演
7.8 (日)

S__15310902.jpg


東京ファイナルは、ホフク全身で6日でこれるらしいから!
またあおな^^

S__15310903.jpg


来たくてもこれへん時もあると思うけど
寂しくなった時は
イヤホンしてや。
そこに、俺らいるし。



[8、いつか]
みんなは
俺の知らない悩みをたくさん持ってて
日々戦ってる。

すべて解決してあげれるわけでもないけど
一つだけわかったことがある。
みんな俺に

焼肉おごってほしいやろ???

いつか、みんなと焼肉行きたい。焼肉に行こう。
そして、焼肉行ったそのときには、一緒に悩もうぜ
タレか塩か。

日々大変やけど
この手で変えていこうぜ
時代もアミも。

(笑)




あとがき。
今日の日記は、公開できるレベルじゃなかったかも。ごめん。笑

________________________________________________________________
WHITE JAM SUMMER TOUR 2018
「雨音」
http://whitejam.net/s/live/

6.2(土)愛知
6.9(土)千葉
6.10(日)北海道
6.16(土)宮城
6.23(土)福岡 (もうすぐ売り切れです!!)
6.24(日)鹿児島
6.30(土)静岡

7.7(土)大阪
7.8(日)広島
7.22(日)東京

19歳で上京した頃。
京都の田んぼで育った俺は
渋谷スクランブル交差点の人の多さにまずビビった。

肩がぶつかっても、謝りもしない
人ゴミにもまれて、靴ひもがほどけて
埋もれても、誰も気にもしない。
冷たすぎる人たちに俺は
「カッコイーーー!!!!」
と思うようなバカだった。

誰も、他人に興味がない街
渋谷東京。
俺は、この街が世界で一番大好きだ。


[1、東京の音楽]
そんな東京で流行っている音楽が知りたくて
その辺でライブイベントのチケットを売りさばいている
ギャング達に自らカモにされにくこの俺。笑

金を巻き上げられたついでにきいてみた
「東京で一番流行ってる音楽って、誰なんですか?」
何人かの名前が出てきたけど、全然知らない名前ばかりだった。

テレビには映らない、そしてまだ大人達は誰も知らない
東京で流行っている音楽。

俺は、その音楽を片っ端からききに行ったし
たくさんライブを見に行った。
東京で、住みだしてから最初の数年で衝撃を受けたラッパー達がいる。
しかも、そのラッパーたちは同世代らしい。

[2、ジャンル]
渋谷にはいくつかのジャンルや、コミュニティーがある。
ロックのコミュニティーもあれば、ラップのコミュニティーもある。アイドルのコミュニティーもあれば、見たこともないような、アコースティックなジャンルもあった。
その中でそれぞれリーダーというか、スター選手がいる。

R&B・コミュニティー は、歌の実力派が集まる集団。F.O.Hさんとか、シュガーシャックさん、TEEさんとか、その遺伝子を引き継いだ若手の中で、俺と同世代のめっちゃかっこいいやつがいた。同い年なのにダンスもめちゃくちゃうまくて、渋谷中のシンガーやラッパーが認めてる。それが「ピース君」というやつだった。身長が190近くあって、もともとバスケの国体選手らしい。

インターナショナル・コミュニティー は、バイリンガルの人とか、ハーフの人とかの音楽集団。見たことのないファッションをして、たいていモデルとかをやりながら、ラップや歌をしてるやつが多い。そこのナンバーワンがいつもサングラスをしてるホーミーくんだった。ホーミーはいつもサングラスごしに人のことを見下している。その感じすらかっこよくて、渋谷で一番、女にモテていた。

インターネット・ラップ の世界は、SNS上で曲が公開されるようになった初期の頃にできたジャンル。You tubeとか、ツイッターが流行る前の時代だから、ケータイ電話の中で名前も知らない誰かの新曲が聴けるのが、スッゲー!!!その中に「ヤック」っていう、誰も顔も見たことのない、伝説のラッパーがいる。ヤックに憧れてラップを始めるような人はいっぱいいて、メジャーアーティストの中でもこのヤックに影響を受けたラッパーは多い。そのヤックの大ファン中の大ファンの、細身のガリガリの高校生みたいなやつがいる。それがカク。
そして、ヤックはのちに「NOA」に改名される。今のノアくんだ。

田舎者の俺には、どれも刺激的で全く知らない世界。みんな独自の文化があるから、別のコミュニテイーの人と交わるなんてことは、あまりよしとはされてなかったように思う。だから

その後、そのピースくん、ノアくん、ホーミー、カクがグループになるなんて思ってなかったし
そのプロデュースを俺がやってるとは、その時の自分は思ってないかも。

俺はそのカリスマ3人と、一般人のカクが所属するラッパーたちのグループ名を「ラップオバケ」という名前にした。
そのラップオバケは、今日、ブエノスという渋谷ライブハウスの聖地でワンマンライブをやった。初ライブから、お客さんは満員。人生でなかなかない、絶景。


[3、結成まで]
「ラップオバケ」が結成するまでには歴史があって
もともとは「ワードストア」というグループだった。「ワード(言葉)」と「ストア(お店)」がテーマになった
ノアくんとカクが中心のラップグループ。
その頃から、俺はプロデュースをさせていただいている。
でも2014年3月に人気の絶頂の中、ワードストアは、メンバーの不仲により解散した。
みんな精一杯やったけど、解散。解散。悔しい。


[4、ドライブ]
ワードストアが閉店して以来、3年前、カクと久々に会って一緒にドライブをした。

あってない友達の話とか
辞めていってしまったラッパーの話とか
身内ギャグとか
たまに、音楽の話。
最近カクのライブで、お客さんが減ったこととか
WHITE JAMがメジャーデビューしてからの話とか。

プロデューサーとアーティストとして、ではなくて
ただの友達としての会話。みんなも普段、友達とするような、どこにでもある、他愛のない話。
の予定だったけど、カクの車から…

ワードストアが流れた。「Sorry」という曲だ。
俺もカクもしばらく曲を聴いて、無言だった。
あの時の気持ちは、なんていう気持ちかわからない。

人間には、「悲しい」とか、「嬉しい」とか、「切ない」とか、いろいろ、感情の名前があると思うけど
あの時の俺と、カクの気持ちは、今まで味わったことのない、何かだった。自分の中の何かが「グアーン」となったので、俺はあれをグアーンと名付けている。ちょっとお腹が減った時の、あの「グイーン」の感じと似ている。でもグイーンより、優しくて、もう少しオレンジな感じ。

「ワードストアいいグループだったよなぁ」。
っていうセリフを頭の中で、作って
でも、なんかいうのをやめてみる。
それと同タイミングくらいで、カクが言った。
「ワードストアいいグループだったよなぁ…」

同じことを思ってたカクに対して、
言葉が見つからないうちに、曲のサビが来た

■サビ
I keep promise 今日はやっぱり会えそうにないよSorry
I keep promise 期待してたような週末いつも取り
ゴミ箱で見つけたParty Plan、もう約束の時間 〜♪

俺はその曲のサビを、一緒に歌った。自分たちの中で、何かがグアーンとしながら。



[5、ラップオバケ]
解散から、何年経ったって、ワードストアと撮った待ち受け画面は変えられなかった。前のスマホ。
変えられてはないまま、今日が来た。
そのことを知っている、NIKKIと一緒に会場に向かった。

2018.5.26
ラップオバケヤシキ
@渋谷ブエノス

ラップオバケのワンマン、今日が当日。初めてのワンマン。
ワードストアが解散した会場。ブエノス。


お客さんは満員。お客さんが幸せそうな顔をしていることが、嬉しい。
イントロがなった時、拍手をしているお客さん。
その光景を見て、泣きそうな顔をしているNIKKI。
NIKKIもずっと待ってたんだな。

なぜかその光景を見て、お腹が減った。
違うな。
もしかしたらこれは…
「ミニグアーン」。
イントロで、すでにミニグアーンか。今回、グイーンではない。


[6、選択]
ライブの最後の方で、ホーミーがMCで
「選択」っていう言葉を使ってた。いい言葉だ。

もし俺がスマホの待ち受け画面を変える選択をしていたら
この景色が見えなかったかもしれないし
その選択に自分でも感謝してる。

でも

俺は今日、待ち受けを変えることを選択する。
今日から、何かを変える。
きっとメンバーそれぞれの中でも、何かが変わる。
そんな日だ。いい日だ。


[6、ラップオバケ]
人は、人生の中で
何度かレールを敷きなおす。
敷きなおすチャンスが来る。
そう信じて、今日もみんな生きてる。

でも、チャンスが来ない人もいる。
チャンスをつかめない人もいる。
ラップオバケにも、ここまでチャンスが来なかったように思う。
「あぁしとけばよかった」
「こうしとけばつかめた」
「本当はこうできる」
「もっとこうできたのに」
「もっとこうしてあげれたのに」
「あれを言っておけばよかった」
「今、思えばできた」

…成仏できない、そんな気持ちが俺にも4人にも、みんなにも日々あるかな。
ラップオバケはそんな怨念から生まれた、成仏できない心の中のグアーーーーンからできたグループだ。

でも運命は

「チャンスではなく、チョイスによって変えることができる。」
俺の一番好きなラッパーの言葉だ。
今日、この時からできる。
今からできる。

ラップオバケ。
成仏できない心の中のグアーーーンは
「選択」という、お札を俺にもくれた。


[7、ありがとう]
ラップオバケを好きになってくれてありがとう。
今日好きになってくれた人もいるし
ずっとこの時を待っててくれた人もいる
WHITE JAMのツアーで知ってくれた人もいるし
仕事とか日々頑張ってて、きょう来れなかった人もいるだろう
心の中のグアーーンで、なんか見る気になれなかった人もいるかもな
オバケヤシキへようこそ。

お返しに、この曲をプレゼントする。
「レール / ラップオバケ feat. GASHIMA from WHITE JAM」

ダメだよ!これ、ラップオバケLINEの限定公開だよ!
という、そこの背後霊たち。
ですよね。笑
もう、無理とか言われても、無理。
ラップオバケを聴いて欲しい。

「レール、feat. GASHIMA from WHITE JAM」
Prod. SHIROSE from WHITE JAM
https://youtu.be/l9tTbshV1SQ

では、お腹が減ったから。
きょうは、いつもよりお腹が減ったから。
打ち上げに、行ってくる。
グイーン。



________________________________
ラップオバケワンマンライブ
〜ラップオバケヤシキ vol.2〜
@VUENOS TOKYO
2018.09.24

S__15237206.jpg

100個のことを思いついたとして
実際に形にできるのは1個くらいだ
誰も日々生きててそうかな?
とても、悔しいよな。

だけど、近頃
本当に、周りのおかげで
形にできることが多くなってきた。
WHITE JAM FAMILYがいいチームになってきたから。

スタッフも、ファンも、友達も、じぶんの会社、ニッキも、ガシマメンバーも
今、俺は周りに対して満足できないことは一つもない。
きっとステージで歌ってるじぶんを見て
シロセって幸せそうに歌うよなって思われてるかもな。
それは、なぜかとうと、えーと、
幸せだからだ。

5月13日。WHITE JAM SUMMER TOUR 2018「雨音」
地元京都公演は、どしゃぶりで幕を開けた。

【1、イントロ】
1曲目、2曲目、3曲目、4曲目、あの辺バリバリ好き。
もうネタバレ駄目とか、言われても無理。ごめん。
言っちゃおう。笑
みんなも言っていいよ!笑 言いたいよな!
序盤スニーカードリーマーごっりごり歌いました。笑

その時点で、思ってたよ。
「あ、今日は、マジで、この曲の今までのピークを迎えてるかも知れん」。
シンプルに言おう、前半続いたあの4曲は
これまでのベストを更新した。

もし俺だけがそう感じてるとしても、
本当に幸せにしてくれてありがとうと、自己満足したまま死なせてくれ。
次の曲が始まるたびに、みんな発狂してたよな?
安心して、俺の方が、発狂してた。

実は始まる数日前から、何も考えられないくらい緊張してた。
ハラハラして、ドキドキして、ワクワクして
もう脳みそがシャットダウン。ミスりまくった。
それは前回のツアーが最高だったから。最高欠作、さいこうすぎたからかな?俺ん中で。
努力や挑戦は語るもんじゃないと思うけど
何かの変化を感じてる。今回、そういうツアーにが始まる気がもうしてる。
違うな。もう何かが変わっていってる。


【2、序盤】
客席を明るくして、お客さんの顔が見えるような照明にした序盤。
とある曲を歌ってる時、後ろの方で見てくれている
背の低い女の子と目があった。
一人できてくれたのかな??初めてきてくれたのかな??一生懸命見てくれてて、汗の一粒まで見えたし
何なら時間軽く止まってる感じ。

「今日は最高になるかもしれない。」
毎回、あの無敵にしてくれる曲はそういうシンクロ率を俺にくれる。
勝手にそう信じててい??
カンチガイしておきます。”助けてくれて” サンキュー。


【3、中盤】
あと、中盤の あいのデータ からのセクションは、逆に人に言いたくないくらい楽しかった。
あれは、あんま、ネタバレせずに、チラバレくらいの感じで友達にも秘密にしといて!笑
あの辺は、さいきょー。

ってか驚いてる顔見るの好き。
人にご飯作ってあげて、「え?なにこれ?どうやってこんなおいしいの作ったの?!」
って言われたら嬉しいよな。
そんな感じ。自分ちでライブしてるみたいやったで。いつかご飯作ってあげたいとか、ライブちゅうおもってた。笑
ライブ中はそういうわけわからんことも考えてるのは
スンマヘン


【4、終盤】
㊙︎サプライズ(ひみつねー!嬉しかったありがとう!)を終えたら、もうすぐ
あの曲の時間がやってくる。
今回のツアーやアルバムのタイトルにもなってる曲だ。

ここからは、もう人に見せられないくらいの長~い日記になってるから
ここには載せないでおく。笑
そりゃそうだ。

一緒に、あの日、駅伝のタスキをつないだメンバーとか、地元の友達も見にきてくれたから。
「雨音」という曲は
実は、友達や恋人に嘘をついた日のことを歌ってる曲。
時間をこえて、あの日の記憶にふれる。

目をつぶって、手を伸ばしたら、その日に戻れる。
何もなかったみたいにみんな笑ってる。


【5、下校の時間】
あれから時間は経って
今夜も下校のチャイムが鳴る。
あの日の想いを聞きに来てくれた友達も、笑いながら泣いていた。どしゃぶりだ。
10年という時間はあっという間
120分という時間はあっという間。
時間が止まることはやっぱりなくて、ライブが終わっていった。
きっと人生はあっという間に終わるんだろうな。

みんなが雨音を聞いたときに浮かぶ景色はどんなものだろう?
言いたくても言えなかった想いかな?
誰かとの別れかな?
上京するときに、離れ離れになった恋人かな?
約束したのに叶わなかった夢?
俺のように友達に嘘をついたことだろうか?

きっと、この曲をきいてくれている人がいるとしたら
俺と似たものどうしなんだと思う。ありがとう。


どしゃぶりの京都。
昨日までは晴れてたのになぁ。
人生は、思いがけないところで
雨が降る。

それでも、僕らは走り出さなきゃならない。
もし、この日記を見てる誰かも
ライブとか来たことない人も
その一歩目を踏み出すときには
歩き出すそのときには
イヤホンをしてください。
そこに俺らがいるから。
俺らが一緒に走ってることを忘れないでください。

僕らはまた走り出す。何かをなくしたその日から。
雨音ツアー、全12公演。今日のような明日を作りにいこう

シロセより。
WHITE JAM SUMMER TOUR 2018「雨音」~僕らはまた走り出す。何かをなくしたその日から~
京都公演の日記。 2018.05.13

_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4644.JPG





【あとがき】,
あの後、京都に帰って、朝9時まで誕生日パーティーをした。
ライブん前日から寝てなかったから二日間オールして遊んだ。
そこには

WHITE JAMも
ラップオバケも
地元の友達も
むかし、一緒に駅伝を走った友達も
GANMIも
サプライズできてくれた
ダイスのタイキも
東京から祝いにきてくれた友達も
京都のアーティスト仲間も
集まってくれた。

想像してみて!!!!!!
地元の友達と、たいきめんと、GANMIが、8時間も人狼ゲームしてるねんで??
幸せすぎた。
つか、「Changes feat. たいきめんばー、ホミオ、ガシマ、シロセ」もバチクソやばかったよな!!!!俺からしたらアベンジャーズだ。2番の歌詞は、本当に一生涯のギフトになった。すごいよな。人生はたまに映画みたいに、素晴らしいことが起こる。
ギフト。

地元での様子もあげたいな。でもプライベートすぎるので
シロセ塾限定であした21時に公開しようかな!写真多めにしよう。

_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4645.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4646.JPG


みんなのレポート
いつも本当に楽しみにしてる!!
握りしめるように、書いてるやろ?
みんなの握りしめてるものが、テキストから伝わる。
いつもありがとう。

ネタバレとか気にせずいいよ。
「ネタバレしたら楽しみなくなっちゃうー」といかう
キャワイイこと言って言うてくれる子も沢山いるけど
責任持って幸せにしてくるから。

なぁ
日々、みんなからのレスを
読んでないとか思うこともある?
あるかもやけど
一個の趣味みたいな感じで
心を込めて
ナガラ読みしてる^^

そっちもそうなのわかってる。
リプライたくさん送れない時もあるやろ
ライブに来れなくなる時期もあるやろ
この先、いつかファンじゃなくなる時期もあるかもね
でも、届いてると信じてる。

↑このページのトップへ