「こんな夢のようなイベントを作ってくれてありがとうございます」

昨日の帰り道でドリームメーカーのシュンゴが言ってくれた。

でも、作ったのは俺らの世代だけの力ではないし、こんな俺たちにもかつて
チャンスをくれた先輩たちがいて、俺もそんな先輩のようになりたいとここまでみんなで作り上げて来た。

このトラックスタイルというジャンルには今や、200組以上のボーイズグループ、RAP ユニット、DJ スタイル、ダンスボーカルのグループやボーカリストたちがいる。

しかも、その出演者の中には、数年前までファンとしてSWISHに足を運んでくれて客席にいた子達もいる。時間が経って、こうして今日ステージの上で肩を並べられていること。自分にとっては、夢のようなイベント、夢のような時間だった。

S__29704259.jpg


[1、ようこそSWISHへ]
数年前までは、たった7組の出演者をずっとローテーションしていた。
渋谷ブエノスという、俺たちの世代を作ってくれたライブハウスだけで毎月開催されていた時期だ。
そして、その7組で、ついにツアーをやれるようなチャンスをこのイベントがくれた。
初めて、仲間と一緒に地方にドサ回り。
ツアーのやり方なんか、わからなくて、グッダグダのライブをしてしまったとこもあったし
打ち上げで、潰れすぎて、柱をぶっ壊してしまったこともあったし
オールして朝まで語ってしまい、声がガラガラになったこともあった。笑
もちろん今ほど、お客さんはいなかったけど、胸は高鳴って、死ぬほどみんなでドキドキした。あのグダグダなひとときでさえ俺の宝物。
あのドキドキをこれからも、新しいアーティストやお客さんたちが味わっていくと思うと幸せすぎる。^^
ようこそSWISHへ。



[2、いつか]
あの時に、移動の車の中で話した、夢とか、このイベントの将来。
その時に話していた未来は、まさに、今日のような日の事を言ってたんやな。
あの日のみんなと話した事、たいきと実家で話した事、神戸で乾杯して誓った約束。
昨日のステージからの景色は、自分のなかですべてを回想させてくれた。この景色を守っていきたい。

そして、2018年10月13日。また新たなコラボも誕生した。
S__12394503.jpg


「SWISH HEYLAS 〜次は誰の番?〜」
GASHIMA (ラップうますぎ)
JUDAI (可愛すぎ声よすぎ)
YUYA (言葉新しすぎ)
KENTO.I (アドレナリンですぎ、まじファンになった)
honoka (天才すぎ、動きしなやかすぎ)
YUKI (かましすぎ、ほんまはリンともやりたすぎ)

世代、場所、ジャンルをつなぐマイクリレー。これも、昔話したことの中の一つ。
今日、SWISHを代表するラッパーたちが叶えてくれた。

昨日出演してくれたアーティストの中には
「夢だったんです」と言ってくれた人もいるし、メッセージも沢山もらった。
こちらこそ夢やったんやで。ありがとう。

きっと、昨日見に来てくれていた子の中にも
ネットを通して、応援してくれていたこれなかった人の中にも
アーティストを目指してる人もいるだろう。うん、絶対、いる。

このコラボが、また次の世代まで、ジャンルや、地域を超えてつながるようにと想いを込めて贈ったのがHEYLASマイクリレー。客席にも、歌手を目指してる子もやっぱり沢山いた。
そのうちのひとりの名前を聞いたら「くるみちゃん」という女の子。
歌い終わった後、くるみちゃんに、HEYLASのカラオケ音源を贈った。「次は君の番やで」そんな、想いをCDに託した。

いつか、一緒に歌おう!くるみちゃんにも届きますように。届いてるよな、きっと。



[3、これからのSWISH]
2019年一発目には、なんと今度はSWISHが2DAYSで開催されることに。
松下優也さんも、Banana Lemonも、SOLIDEMOも出るん、超やばない?俺が一番みたいわ。
たくさんのアーティストが正月を気が気でないドキドキ緊張モードで過ごすことになるだろう!笑
だが、次回はWHITE JAMは、出演しないことになった。

松下優也/BananaLemon/COLOR CREATION/DREAM MAKER/First place/FlowBack/FREAK/MADKID/UNIONE/SOLIDEMO
BANQUET/BUZZ-ER./COLOR CREATION/DREAM MAKER/First place/FIZZY POP(ナチュラル炭酸)/IVVY/lol(エルオーエル)/SELLOUT/UNIONE/WAVE/WhiteA/XOX

全23組のSWISH。

今回、俺らが出演しない理由は、とても言葉にはしにくくて
いろんな思いが詰まっている。
ただ、ここまで応援してくれたファンには、ちゃんと向きあわないといけない。
なので、正直に。実をいうと…



スケジュール合わへんかってん。

笑。

ワンマンツアーと、被ってもうててん。



ほんまごめん。笑


心配させたかな?でもぜんぜん大丈夫。
なんども、なんども、言葉にしておくけど
俺らがSWISHを抜けることとか、ないから。
それどころか、俺らは、いつもSWISHの事を考えてる。
俺も、あいつも、いつもSWISHのこと話してる。
なにげ常に、「ヨイネ」おしてる!笑
むしろ、俺らのオススメたちを絶対チェックしてくれよ。


新しく出演するアーティストには、あの日の自分を重ねるし
同世代のSWISHアーティストとは、出演しない時だってSWISHの事を話してる。
主催のT&T氏にも、スタッフの皆さんにも、年始の企画について、やれることがあったら、遠慮なくという想いは伝えたし。

KAZと、はるはると、ゆうくんと、イッシーにもリハーサルでもステージでも、沢山話せた!と言いつつ、みんなめっちゃ才能すごいし、教えてもらうことの方がまだまだ多かったんやけども。
考えたらめっちゃ楽しみやん。
つぎ出演するアーティストの皆さんにも想いを任した。そして
ファンのことも信じてる!

新しいアーティストも沢山出るから、ちゃんと迎えてあげてや!
年始のSWISHは頼んだぞ!
わかりましたかー!
うん、サンキュ^^

あと、いうの遅くなったけど、昨日、めっちゃ楽しかった!
来てくれた人、出会ってくれた人、ありがとう^^
もっともっと思い出作ってこう。



[4、夢]
「すごいよね、SWISH」
「いつかアリーナでできたらいいね」
「ずっと続くイベントになればいいな」

何回も言うけど、俺らはブエノスの時から全員、そうするつもりで関わってるし、スタッフも、そう思ってはるで。きっと昨日出てた出演者もそう思ってくれてる。そう信じてる。その景色を、俺も一緒に描かせてもらえてることが幸せやし、これを最後まで読んでくれた君も、ともに歩んで欲しいなって心から思う。


そんな想いを込めて、俺は
「これからは一緒に作っていこう」
かえりぎわ、シュンゴにそう返した。


Respect T&T
20181010_181014_0007.jpg

こないだはショップサイトのことで、心配をかけてごめんなさい。

カートに入れたのに、購入しようとするとその間に他の人も買って、売り切れになってしまい買えなかったり?
新グッズが一斉アップでなくて、順次アップになることが、ストレスだったり?
システムについて、見直しました。

順次アップじゃなくて、一斉公開にできるようにアプリを開発してもらえることになったので
もうこの心配がかかることはなくなる。年内には、完成できるようにするので待っててね!
自分が作ったサイトなので、こうしてファンも色々言ってもらえるほうが、「一緒に育ててる」って感じがして嬉しかったりしてる。


そして「SHIROSE SET」について。
すぐに売り切れてしまって、その後、追加分も含めて売り切れになってしました。
そのため、時間かかっていました。

生地を変えたり、工夫をすることで、もっと早く追加販売もできたんですが
絶対、俺と同じものを手に取って欲しくて、粘りました。
グッズも、作品みたいなものなので、ファンのみんなもきっと同じように思ってくれると、時間をかけました。

そして、受注という形ですが、なんとか、シロセセットをまた作ることができた。
発注してくれれば、お手元に届きます。チェキ会の参加券もね!
http://whitejam.theshop.jp


あ、あとお問い合わせが多かったのは
会場で、グッズを買うのでチェキ会の参加券をつけて欲しい!!
という質問。
協議中ですが、最新今のところ、時間的にも、制作的にもできる予定です。
握手会の参加券はワンコイングッズでも参加できるから、絶対きて。
なんなら、金なかったらおごる!!!
それは無理か!笑

考えたグッズ、今回もいっぱい出せたけど、そんなにいっぱい全部買わず、大切に買ってくれればいいからな!
お金も一つのエネルギーやから、大切に使って欲しいし!
その代わり手に取れたものを、大切にしてや^^
うん、してくれてそう。知ってる。

よろしくね^^
お待たせやで^^

えっと、何が伝えたいかというと、ツアーめっちゃ楽しみにしてます。
時間なくて、適当なこといっぱい書いてごめん!
でも、言葉にしておきたくて、車酔いしながら書いてる。


ツアー、20公演始まるけどもちろん
過去最高なものにしようぜ!なる気がしてる。


______________________________________
千葉公演のタイムスケジュールあげとくね!

WHITE JAM WINTER TOUR
「シューズ」10/7 @千葉 柏パルーザ
当日の物販や特典会情報をまとめました✨

<スペシャル当日券>
https://www.funity.jp/tickets/babyface/show/WJ18tojitu/1/1/
※当日0:00より発売開始

<グッズ&CD>
グッズ販売 16:00〜
整列 17:00〜
入場 17:30〜
当日券 17:30〜

<握手&チェキ会>
終演後に開催!(20:45 過ぎより -)
______________________________________

あとがき。
グッズきて写真撮って、俺に送ってくれてる人。ほんま、わかってるー。つか、ハートのやつも、めっちゃ嬉しかった。"絵"から想いが伝わる。"想い"が"絵"になってる。

GOODS_181004_0012.jpg

「なかま」という言葉がある。
日々、どこにでもある、だれでも使っている言葉。

この3文字を世界で一番重くてハッピーに歌うバンドが
その6人のライブが、今日でラストだった。
Brand New Vibe - Grand final


①ジェルとメガネ
ねぐせ全開で、いつも通りいこうかと思ったけど
敬太郎とマァ君がいつも「写真とろう」って言ってくれるからヘアジェルをつけて、いつも履かないブーツを履いて向かった。

なんとライブ前の楽屋に来いよって誘ってくれたから
ついでにメガネもかけて、かっこつけてから
リハ終わりの、楽屋をノックする。
いつも通り、俺は差し入れを渡したら
やっぱ、マァ君と敬太郎が写真とろうって言ってくれた。
俺の差し入れした、6本のボールペンも一緒に写真をとった。俺とおソロのペン。
「また後でね」って、いつも通り、見送ったらもう30分後にラストライブが始まる。
開場前には、WHITE JAMのファンもいっぱいいて、嬉しかった。
俺ら、デビュー前から、たくさん一緒にライブしたからかな。
リフレンズもきてた。


②開演。
バンドの離散のことは前から知ってたし
深夜に長電話もしてくれたし
見にいく時点でいろんな事が覚悟もできてたし
人にはそれぞれ事情がある。

だから、もう見届けるとかいうより
誰よりも噛み締めて、誰よりも楽しんでやった。
消える会場の電気。
誰よりも、一番先に出した声。
誰よりも、一番先にこみ上げた拍手。

イントロの演出も俺好み。
いいね。やっぱブランニューやばいし、俺、今日むちゃくちゃ楽しめてた。
一曲目までは。

二曲目のアップチューンはみんなで大合唱する曲。
サビの歌詞が「ケイ、ノブ、リョウ、シゲ、ユーヤ、マァ」と、メンバーの名前になっている。

なんか分からんけど、アップテンポを楽しんでるのに涙がこぼれるほど楽しかった。
このサビを叫んでるお客さんの声は、いつもより楽しんでて、いつもよりでかかった。

2番のサビがきたときに
「あぁ、この曲を叫ぶの、最後か」
て、気持ちで、もうメガネをかけてられないぐらいビショビショになってた。

ラストのサビがきた。ラストのサビは、ライブの掛け声というよりも、何かが、切り裂かれるようなお客さんの声。もう奇声に近い。

このときに始めて、気づく。
俺も楽しいから涙が出てたんじゃなかった。もう結構キツかった。


③ナイフで刺された
人が泣くときには、「かなしい」とか「悔しい」とか「寂しい」とか、いろんな感情がある。でも、今日はそれのどれとも違う。

ナイフで心臓さされたような気持ち。
もし通り魔に刺されたら、寂しいと、悲しいを、何周かしたあと、育ててくれた人に感謝したり、「愛してるって言いたかったな」とか思ったり、色々おもうけど、もう意味なかったり、もう刺されたから仕方がなくて、泣いて、倒れこむことしかできない。もう何もできないし、意味ない。流れてる血を見てその量にビビったりはするかもしれない。そして俺は、いま流れてる何かにビビったりしてる。

二曲目で、ここまで刺される事は想像してなかった。敬太郎の言葉と、ブランニューバイブの音楽のコード関係は、時に優しくて強くて苦しい。前半から、心をVibeさせにきた。

途中までしか入れなかったけど、敬太郎のMCが聴きたくて、もう少しここにいたくて、ねばった。でも時間は残酷。あと五分で出なきゃならない

でなきゃ行けない時間を10分すぎたら、MCがきた。敬太郎のMCも、シゲのふざけも関係者ガン湧き。さすがやん。あぁ、いいところ見れた。そのあと、数分して出た。心に何か刺さったまんま、俺は帰った。メガネをかけた。


④ライバル
次へ向かう道の途中で、ライバルって曲を聴きそびれた事を後悔した。なんか、あの曲は、俺のようなやつのことを歌ってくれてるような気がするから。気がするというか、そうだろうきっと。

だから、ききたかった。いま戻らないと、もう一生あの曲をきけない。でも次に向かって歩いてる。

またメガネをとって、ビショビショになって、道の真ん中で止まった。そういうとき、外人は親切だな。話しかけられそうになったから、やっぱり歩き出した。この人達もきっと、道の真ん中で泣き崩れたことが、人生の中であったのかもな。この先の人生で、道の真ん中でビショビショになってる人がいたら、俺もこの外人にみたいに優しく声をかけよう。とか、違うことを考えようとしたけど
やっぱり止まって、ビショビショになった。


⑤約束
ナイフは刺さったまんま。
きっと明日の朝おきても、何かが刺さったままだろう。
でも明後日には、明日よりも少し傷は癒えて
来月には、傷口が塞がってるかもしれない。もう思い出になってるのかよ。
人生ってキツイ。でも、それが人生。
お別れの時間。

マァくん。いつも写真とろうとか言ってくれてありがとう。中学のときの俺の親友に似てるマァくん。
リョウ。リョウの誕生日にキスしたことあるよな。キモ楽しい思い出。
シゲ。敬太郎のMCの時のピアノ、あれ好きやったわ。あれが俺のブランニュー好きになった瞬間。
ユーヤ。いつも、私服カッコいいのに、ステージ衣装ださすぎた。
ノブくん。ノブくん&敬太郎へのサプライズの時、ノブくんにバラしかけてごめんね。もしかしたら、気づいてたけど気づかないふりしてくれてた??やとしたら、優しすぎ。
敬太郎。お前とライブ前、猛暑で代々木公園ですれ違ったの忘れない。あの猛暑で走ってるの、俺とお前だけやったな。あれはタマタマ?だとしたら、ああいうタマタマのことを"運命"と呼ぶ。同世代からはなたれる、そのカリスマ性に、おれはいつも、とても影響されてる。

そういえば、あの猛暑の日に、「ライバル」の曲フリトークで俺の話をしてくれへんかったっけ??やっぱり、俺みたいなヤツへの歌やったんやな。嬉しかった。嬉しかった。

「あの日描いた夢
叶えよう。」

こんなどこにでも生えてる雑草のような言葉を
世界で一番重たくてハッピーに歌う
そんな同世代でカリスマ的なバンド。「Brand New Vibe」

でも、叶えられてない約束が一つある。
「音霊で一緒にイベントやろうぜ」

全員が音楽を続けるのかは、わからんし
ここまで走りぬいてきたんやろうから
ゆっくり考えていけばいい。

でももしステージにたったら、音霊でイベントやろや。
もしステージにたたなくても、強制的に音霊あそびにきてくれ。その時には感謝を込めて
チケット代を、前売り価格にしてやる。

そのノートの切れ端みたいな約束を握りしめて
俺もまた歩いていく。
心に何か刺さったまま。

2018.9.24. Brand New Vibe - Grand final

S__18776072.jpg




あとがき。
今日俺が差し入れしたペン。
6人には、これからも何か同じものを使ってほしくて
その差し入れにした。

俺も昔から使ってる、好きなペン。
引き出しをあければ
共に描いた日々を思い出せるように。

↑このページのトップへ