P5071254.jpg
何度も何度も書こうとして

やめて

を繰り返してきたんですが

さらっと書こうかな。
久しぶりにブログを更新することにします。



書こうとするといろんな感情とか考えとか
溢れてしまってねぇ。



コロナ騒動が始まってから数か月。
こんなにも自分の判断を深く考えながら過ごす日々は人生で初めてじゃなかろうか。
外に出ること、買い物にいくこと、人に会うこと。仕事のことや、子供の学校のことも。
まさか4月に子供を学校に行かせるか行かせないかを悩むなんてね。学校は、やってたら行くもの、って思ってたのに。
何に関しても、目についただけの情報や他人の意見に簡単に流されず、自分の考えを持つにはいろんな意見やデータを見ないとどうにも判断できないな、と、インターネットの世界でいろいろ記事やら何やらを徘徊しているとこんな時間になってしまいます現在午前2時。
緊急事態宣言が撤回されても、もともとの「普通」に戻るにはきっと何か月、もしかしたら何年、もかかるんだろうなと思うと、今じゃなく半年先、来年、再来年どう生きていくかを考えなきゃいかん・・・と頭を捻る毎日です。




ほら、さらっと書くつもりがついついこういうトーンになってしまう!暗い!重い!
だからもう何回も書いてはやめて、を繰り返してきたんですが。




気を取り直して、この数か月の間でよかったことを考えてみることにしよう。そうしよう。


はんっっっぱない経済的打撃と引き換えに得たのは、我が家初めての濃密な家族時間。
うちは普段本当にパパがいないので、数日でも一緒にいるのは奇跡。
なのにまさかこんなに毎日一緒にいるとは。
というか、今までわたしも夫と一緒にいなさ過ぎて、一緒に長い時間いる、という想像が全くできなくて。
「老後二人ともリタイアしてずっと一緒にいたらどうなるんだろ」って、思ったこと今まで何度もありました。
が、案外穏やかに過ごせている。へぇ。長いこと一緒にいるとこんな感じなんだな。っていう、新発見。
知り合って10年以上たっての新発見。


あともうひとつ、発見が。
私にとっては世紀の大発見。


夫と付き合って、結婚して、今まで、10年以上。ずっと料理はほぼ100%私担当。
どんなに忙しくても、残業してても、アパレル時代シフトが夜10時半に終わる仕事してたときも、どんなときもわたし。
たぶん今まで夫に作ってもらったのは片手に数えるくらい。

ですが、現在私はコロナ前から基本的にテレワーク。仕事量も幸いにも変わりない。むしろいつもとかわらないフルタイムの業務にコロナの不安と娘の家庭学習先生役というのしかかる状態。ぐぁぁ.....。
なので、パパが家にいるようになって初期に心を決めて「昼ごはん担当は基本的にパパと娘です!」と言い切ってみました。

すると、パパが台所に立つように。
娘もパパと作るご飯が嬉しそう。
しかも結構凝った料理がでてくる。
ジャガイモがほろほろになるほど煮込まれた肉じゃがとか。
下味をつけて漬け込んだ豚肉を刻んで炒めたチャーハンとか。
私の料理は9割「時短と効率」を重要視しているのに反して、自分のこだわりを貫く姿勢がわたしと正反対。


てか。
料理作れるんじゃん?
なんで隠してたの10年も?
なになに?能ある鷹は爪を隠す的な?
いや、何のために?理由を問いたい。


コロナ前、残業して遅くなったりするとたとえもしパパが先に家に着いていても
「今会社出た!ダッシュで帰ってご飯つくるから!!」とパパと娘に電話してスーパーに走ってた自分を止めて、教えてあげたいわ。


「信じないと思うけど、君の旦那さん、料理、作れるよ。」





てなわけで、このコロナでパパがご飯を作るようになったというのが我が家の一番大きな変化だったと思います。
もしも世間が普通に戻っても、この我が家の変化は戻さず継続したいところです。
毎日とはいわなくてもさ。




そして、ずっと家にいる間に、娘に関してもいろいろ気づいたことがありました。
知っているようで知らないこと、多かったんだなーと。
娘とのことに関しても、またブログに書いておこうかなとおもいます。


さて。久しぶりのブログ。これを機会に書き癖が戻ってくればいいのだけど。
書かないと忘れちゃうな、長文の書き方。


ではではもうじき3時です。
寝よっと。おやすみなさい!