PA260425.jpg



ハロウィンとは


堂々と


コスプレをする日。




違います。本当は違います。


でも、正直なところ、我々にとってはコスプレの日以外の認識は
ほぼない。
かろうじてお嬢は学校でハロウィンイベントあるんで、毎年それも楽しみにしてるようですが。





わたしがアメリカに住んでたころは本当にtrick or treatingしにくる子供たちを迎え入れてお菓子配ったりしてました。
そしてお酒を飲める21歳を超えてからは日本の若者と大して変わらず、ハロウィン=仮装して飲む日として楽しんでました。
ベタにメイド服とか着ちゃってクラブいったりね・・・・・(遠い目)




それが10年ちょっと経った今では


PA260443-2.jpg



カオナシですわ。





20台前半のメイド服からの振れ幅。
セクシーさの欠片もない、最低限の露出。
本当は手袋もあるので手袋付けたら更に露出減る。



こんなにハロウィンコスプレに力を入れまくる我らですが、8年前、お嬢はじめてのハロウィンはまだお嬢未熟児で入院中。
ハロウィンのことなんて微塵も頭になかったけど、有志のお母さんたちが入院してる子供たちにちっっっっちゃいハロウィンのコスチュームつくってくださって、ナースが写真とってくださいました。
その時はじめて、なるほど、ハロウィンって子供と楽しめるんだなとはじめて気づいて。
そのあとから家でもハロウィン楽しむようになり、多分最初に一緒に仮装したのはお嬢1歳か2歳。
お嬢がひまわり、わたしがフラミンゴ。
統一性のなさ)

急遽、家にあったもので仮装。
ええ、ひまわりもフラミンゴも何故か家にあったんです。



それから親子仮装するようになり、いまではお嬢は1年じゅう、「つぎのハロウィンでは〇〇やるから、ママは○○ね!」と常にアイディアを探しているようです。 
わたしもこの8年でいかに安く、ハロウィンに間に合うようにコスチュームを仕入れるかの知識がつきました。笑


もちろん、今年の千と千尋の神隠しもお嬢のアイディアです。


本当はわたしにハクやってほしかったらしいのだけど、それを断ってカオナシにしてもらいました。


PA260446.jpg
PA260416.jpg真剣にポージング打ち合わせ中↑
PA260431.jpgカオナシ、太ももプルプルしてます。




お嬢、今までたくさん仮装してきました。

恐竜、ひまわり、キョンシー、スパイダーマン、赤ずきん、犬、ピカチュウ、キキ、アリス、セーラーマーキュリー、そして今年の千。


8歳なのにすでに11種類の仮装を経験済み。
ハロウィンの数と計算が合わない。 
何故なら1ハロウィンあたり複数仮装してる年があるからです。笑

1ハロウィンっていう単位いま初めて使ったけど。








今年のハロウィン当日は特に予定なかったんですが、ハロウィンだしなんかしようよ!とお呼ばれしまして、お友だちの家でごはん食べさせてもらえることになりそうです。


もちろんカオナシで行きたいとは思っているんですが、子供たち、たぶん、泣く。
お嬢も実はこの写真たちを撮った日泣きました。
こうなってくると、せっかく用意したけどカオナシ封印の可能性大です。







今年学んだこと。
ハロウィンコスプレは
子供ウケがいいものを選んだ方が吉。






やっぱハクにしとくべきだったか.....。